大好きなコーヒーにダイエット効果あり!適量と飲むタイミング

コーヒーのイメージを聞くと一概には言えませんが、その方の持つ印象で、だいたい年齢層がわかるような気がします。悪い印象をお持ちの方は少し年齢層が高めかなと思ってしまいますし、いい印象をお持ちの方は若い方や、健康、ダイエットに意識の高い方なのかなという印象を持ちます。コーヒーも時代とともにいわれている効能が変わってきています。昔は身体にあまりイメージが良くないものが多かったですが、現在では血圧を下げるなど、飲み過ぎはよくありませんが、一定の量を飲むことはむしろ良いという報告がされています。そんなコーヒーを使ったダイエット法があります。そのダイエットの仕組や飲み方について調べてみました。御覧ください。

コーヒーダイエットの仕組みと効果

ダイエットは、難しいですよね。やろうと決意するまでにも時間がかかったりするものですよね。またやり始めても継続が難しい、そんなダイエットですが、

今回ご紹介するコーヒーダイエットは、飲むだけで気軽に始められますし、続けるのも、そんなに難しいことではないような気がします。

でもせっかく始めるのでしたら、その仕組や、効果などを理解してから始めたほうが無駄がないような気がしませんか?

では、コーヒーダイエットの痩せる仕組みについてご説明したいと思います。コーヒーにはクロロゲン酸やカフェインが多く含まれています。

そのクロロゲン酸とカフェインには脂肪を燃えやすくする効能があります。脂肪燃焼効果があるということです。

またカフェインには血行を良くする働きもあり、そのため基礎代謝が上がり、痩せやすい身体を作り出せるという仕組みです。

コーヒーダイエットの効果については、まずリラックス効果、脳の覚醒効果、血行促進効果、ストレス解消効果、ダイエット効果、高血圧のリスクを下げる効果、がん予防、二日酔いの解消などが挙げられています。

リラックス効果は、コーヒーの香りが大きく関係しているようです。コーヒー豆の焙煎具合によってもリラックス効果は変わってきます。深煎りのほうがよりリラックス効果をうむというデータも出ているようです。

脳の覚醒効果については、昔からいわれているのでご存じの方が多いですよね。試験勉強のときなど、疲れた時、眠くなったときなどの、コーヒーを飲んだ経験のある方も多いでしょう。

血行促進効果もあるといわれていますが、そもそもコーヒーは身体を冷やすものなのか、それとも温めるものなのか。ちょっと調べてみました。

どちらも正解のようです。コーヒーを飲む量によって変わってくるようです。適量を飲むことで体を温めるものになり、

血行促進効果もあるとされています。飲む量については後ほど詳しく説明さして頂きます。

高血圧のリスクを下げる効果についても同様で、カフェインの効果で血圧を上げると一般的にいわれていたこともありますが、

これも適量を飲むことによって逆に高血圧のリスクを下げる効果も期待できるという研究結果も出ています。

このようにコーヒーには様々な嬉しい効果があります。コーヒーダイエットで痩せた身体を手に入れ、健康にもしてくれるなら、一石二鳥ですね。

コーヒーダイエットの効果的な飲み方

コーヒーはダイエットになるからといって、量を沢山飲めばよいというものでもなく、適量をタイミングよく飲むことが重要になってきます。

では適量とはどれぐらいでしょうか?

だいたい一日多くてもコーヒーカップ3から4杯を目安とすると良いでしょう。飲むタイミングは、毎食後に飲むといいとされています。

というのも、食後にコーヒーを飲むことで、完食を防ぎ、過食を抑えることができます。それに加えてコーヒーの成分的な特徴である脂肪燃焼効果によって、脂肪をがつくのを抑えることができます。

また、運動前、入浴前に飲むのも効果的とされています。というのもコーヒーの脂肪燃焼効果は飲んでから30分程度かかるとされています。

ですからコーヒーを飲んで、約30分後に運動を開始したり、お風呂に入るというのが、ベストのタイミングになります。

次に飲むコーヒーの銘柄ですが、これはそんなにこだわらなくてもいいようです。次のことは参考までにしていただければ結構です。

カフェインが少なめにしたいなら、ギリシャコーヒーです。ギリシャコーヒーは直接火にかけていれる方法で、カフェインが少なく、ポリフェノールが多い飲み物です。

ポリフェノールが多いということはクロロゲンが多いということになり、脂肪燃焼効果が期待できるというわけです。

脂肪燃焼効果も高いアメリカンコーヒーもあります。アメリカンコーヒーは焙煎が浅い豆を使用しています。

そのため豆の成分が強く残っているともいえます。そのためアメリカンコーヒーも脂肪燃焼効果が強いといえます。

このようにコーヒーの特徴によって、脂肪燃焼効果が変わってきます。コーヒー豆には深煎りと浅煎りがあります。その違いは焙煎の違いです。加熱時間が短いのが浅煎りで、長いのが深煎りです。

コーヒーダイエットに向いているのは浅煎りの豆です。抽出方法は、エスプレッソとドリップがありますが、ドリップのほうが効果が高いでしょう。

ですから浅煎りの豆を使用したドリップコーヒーがベストということになります。コーヒーに入れるお湯の温度は80度前後が一番良いとされてるので、こだわる方はやってみたらいかがでしょうか。

ちなみに砂糖、ミルクを入れない、ブラックコーヒーが一番です。

コーヒーダイエットの注意点

では最後に、コーヒーダイエットの注意点についてお話さして頂きます。

まず、空腹時にコーヒーを飲むことは避けたほうがよいです。コーヒーは飲みすぎても胃に負担がかかるということも忘れないでいただきたいです。

貧血症の人は、そもそもコーヒーダイエットは合わないかも。というのはコーヒの成分にタンニンがあるのですが、この成分が鉄分の吸収を妨げてしまいます。貧血症の方がやるのであれば、食後30分以上開けて飲まないといけません。

また、コーヒーは利尿作用が出てきます。むくみ解消になるのですが、水分補給ということを考えるとマイナスです。水分補給をコーヒーでやろうとしないこと。

人によっては、カフェインの過剰摂取による頭痛や不眠を引き起こす場合があるので、注意が必要です。そして、妊婦さんはカフェインのとりすぎで、赤ちゃんの成長の妨げになる場合もあるので、気をつけましょう。

コーヒダイエットをしている時、ミネラルやカルシウムも積極的に摂るようにしてくだい。

コーヒー嫌いな方が無理してコーヒーダイエットをやってもいいことはありません。好きな人はコーヒーの香りを嗅いだりすることで、

リラックス効果を得たりすることができるので、ダイエットを継続してやりやすいでしょうが、嫌いな方は難しいですよね。

自分にあったダイエットを選ぶのも大事です。コーヒがお好きな方は、このような注意点を頭に入れて、コーヒーダイエット試されてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.