ダイエットを継続するためには?少しずつ習慣化を目指す!

ダイエットはみんなが一度はチャレンジし、辛さのあまり、またはリバウンドの為にやめてしまうことが多いものの一つです。確かにダイエット法はいくつもあり、どの方法で痩せるのがいいのか見つけるのも大変かもしれません。

しかし、何よりダイエットを成功させる為に大切なのは、続けることです。

ただ、実際には忙しい毎日の中、ダイエットの為に運動をしたり特定の食べ物を使って料理をするのは難しいのも事実です。

しかし続けなければ意味がありません。ダイエットを継続させるには、どうすればいいのか。実は習慣にしてしまうことが一番の早道と言えるのです。

どうして継続できない?ダイエットが続かない理由を分析してみる

ダイエットは、チャレンジする気持ちとは裏腹になかなか思うように目標まで辿り着けなかったり、それまでにモチベーションが下がるようなことが多々あります。

それはトラブルが起きたと言う訳ではなく、ただ単にダイエットを続けることが難しくなるパターンがほとんどです。どうして続かないのかは、このような理由が多くあります。

  • 空腹が我慢しないといけないなど、辛いことが多い
  • ストレスが溜まる
  • 運動が苦手でできない  など

これらは一例で、個人で言えばまだまだ他にもあるかもしれません。

一度失敗して新たにダイエットに挑戦するならば、どうして続けられなかったのか自己分析は必要です。自己分析と言われてもわからないと思う人は、難しいことまで考えなくてもいいので、一度自分がダイエットを続けられなかった理由を考えてみましょう。

続かないから私はダメではない!みんな同じだから悲観しない

そもそもダイエットだけでなく、ものごとが「続かなかった」ことはよくあること。例えば、日記が続かない、夏休みの宿題が計画通りにいかない、なんてことは誰もが経験しているはずです。

もちろん、どれも最初から継続できるのが一番なのですが、継続できなかったことを悲観することはありません。続かなくても、「ダイエットしよう」と思い立ったことだけでも進歩です。ダメでも再チャレンジすれば、それが1日2日と続くことが増えていくものです。

そもそも人間は誰もが年を重ねれば新陳代謝が悪くなり太りやすくなります。ということは、大袈裟かもしれませんが、ダイエットはある意味、永遠のテーマにすることができます。人生の中で何度でもチャンレンジすればいいのです。

ダイエットに成功してもそれをキープすると言う意味でも継続が必要!

ただ何度でも再チャレンジすればいいと言っても、やはり目標はあるし、それがいつまででもかなえられなければ気持ちは萎えてしまうものです。失敗してもいいのですが、成功へ向けての努力は必要です。

もちろん無理な内容ではなく、自分でできる範囲の内容で取り組むことも大切です。

また、ダイエットに成功して理想の体重や理想の体型になったとて、そこで全てが終わりではありません。

よく「リバウンドしてしまった」という話が多いように、そこで気が緩んで、また必要以上に食べてしまったり、やるべきことを怠けてしまえば、体重は増えていってしまうかもしれません。

そう言う意味で考えても、ある程度ダイエットで行っていたことをそのままキープする必要があります。そうやって考えると、気が滅入る人がいるかもしれませんが、だからこそ無理なくできることを毎日続けることをするのが大切なのです。

ダイエットを継続するには習慣化すればいい!何なら習慣化できる?

では、肝心のダイエットを継続させるにはどうしたらいいのか、と言う問題があります。継続できないから、今まで失敗しているのです。先にも触れましたが、まず続けられなかった理由を考え、その対策を行います。

どんなことを対策すればいい?ダイエットを続けるために考えること

もちろん人によって細かい理由は違うでしょうが、対策としてはこれらが参考になると思います。

  • ダイエットを長い目で見る
    (短期で痩せようと思わない。)
  • やり直しがきく目標や設定にしておく
  • 食事と運動を合わせて行う
    (いくつかの方法を組み合わせる)
  • 一度に短時間しかできなくても気にしない

目標ですが、できれば「○kg痩せる」という目標よりも、「毎日5分だけ腹筋をする」など、具体的に自分が行うことを目標にした方が、続けやすいです。

また、高めの目標を設定すると続かないものです。そうなると一度失敗するとくじけてしまうので、今例えであげた「毎日5分だけ腹筋」みたいに、できればやり直しがきくような目標設定にした方が継続しやすくなります。

また、一つの方法だけだとやはり失敗した後が継続しにくくなります。ただし、詰め込み式でいつくかを行うのは、ストレスになります。

例えば、「毎日5分だけ腹筋をする」「夜におやつは食べない」など、負担なく自分が出来る範囲ものがいいです。もちろん、厳しいようなら1つでも構いません。

そして、長時間かかるものはやはり続きにくいです。

ウォーキングも20分以上行った方が脂肪が燃焼するとは言われますが、じゃあ20分以上時間がなければやらない方がいいのかというと、20分ないから全くやらずに時間があまった10分は寝ていると言うよりは、少しでも体を動かすこと自体を行った方がはるかにいいはずです。

ちょっとの時間でも気にせず、なるべく毎日、毎日が無理でも継続して行うようにしましょう。

そして、最終的にはそれが習慣化できるようなものが一番継続しやすいと言えます。

そうすれば、ペースはゆっくりだとしてもダイエットに繋がって行きます。

具体的には普段の生活に取り入れできる内容を行うと継続しやすい!

ダイエットを続けるコツを説明したのですが、ちょっとわかりにくいと言う人もいるかもしれません。もう少し具体的な案をあげみます。

  • 洗い物など台所仕事ではつま先立ちで行う
  • 家事をする時に体に負荷を掛ける姿勢で行う
    (掃除機をかける時に腰を落として行うなど)
  • 電車から降りる時は1駅前で降りて、後は歩く
  • 買い物は歩きで行き、1本道を遠回りする
  • 歯磨きしながらスクワットなど、その場でできる運動をする
  • テレビを見ながらストレッチや軽い運動をする
  • スマホをする時は腕を上げる など

いろいろ例としてあげてみましたが、忙しかったり、人によっては「これはできない」と言うのも当然あると思います。

例えば、通勤などで電車を使う場合、1駅前で降りる時間はないでしょう。しかし、代わりに歩く速度を速めると言うやり方もあります。朝は遅刻しそうだから元々早く歩くという人はそれで十分ですし、帰りも早足にするというのもありかもしれません。

スマホも、よく下ばかりを向くので顔がたるみやすいと言われます。ならば、腕を上げて顔を真っ直ぐにして行えば、腕のトレーニングにもなりますし、顔のたるみ防止にもなります。

先の例であげた5分だけ腹筋もいいですが、これらのように普段の行動にちょっと体に負荷を掛けることを継続するのも十分にダイエットになります。

ちなみに時間があれば、散歩もオススメです。散歩をする間は、考え事をするのには意外に最適です。ちょっと考え事をしたい時は、家で悶々とするよりも散歩をしながら行うと一石二鳥です。

モチベーションをキープするのも大切!ストレスを溜めずにのんびりと

これはなかなか難しいと感じる人もいるかもしれませんが、やはり辛いと思い出したら続かなくなります。できれば、楽しく行えるようにしていくのが長く続くコツです。その為には、このようなことを意識するのも大切だと言えます。

  • ストレスを溜めない
  • 成功した状態をイメージできるようにする
  • 目標を口に出してみる・紙に書いてみる
  • 失敗しても落ち込まず、次があると考える
  • 成功した時のご褒美を考えておく
  • 完ぺきを求めない

ストレスが溜まるようだったら、たまにはダイエットを休憩するのもありです。

もちろん休憩ばかりでは意味がありません。しかし例えば、「今日は仕事が忙しくて帰りが遅くなったから体を休めよう」「いつもより忙しくて疲れたから1個だけ甘いのを食べよう」でもいいと思います。そして、また次の日から頑張ればいいのです。

イメージトレーニングも結構大切です。もちろんポジティブにいきましょう。そして、完璧を求めるとやはり続きません。先の休憩日を入れるような少し緩いぐらいが続きやすいです。

他にもこのような方法も一案です。

  • 目標設定を届きやすいものにする
  • 異性のために頑張ると決める
  • 一緒に頑張る仲間を作る

ただ、異性のために頑張ると決めたとしても、それを相手に押し付けないようにした方がいいと思います。「あなたの為にがんばっているのよ。」と言われたら、相手も「そんなことは頼んでいない。」とケンカになる可能性もあるので、言葉には注意しましょう。

一緒に頑張る仲間を作るのも、例えば友達によっては競争意識がエスカレートしてケンカに発展しないとは限らないので、仲間を考慮した方がいい場合もあります。そういう時には、少し離れた仲間の方が冷静にやりとりできるのでSNSを活用するのもありだと思います。

「継続は力なり」はダイエットも同じ!無理せずできることから始める

どんなことでも毎日続けるというのは、行動によっては難しいものです。というのは、食事や睡眠など、必要ですしやって当たり前の行動とは違って、ダイエットは生きていく上で必ず必要としている行動ではないからです。

しかし誰もがみんな、毎日習慣として行っている行動が何かしらあるはずです。例えば、朝起きたら見る番組が決まっているので必ずテレビのスイッチをつける、寝る前は必ず本を読むなど、自分はこれをやらないと気が済まないという行動があったりします。

極端なことを言えば、歯磨きや洗顔もしなくても生きていけるけど、必要だと思うから毎日習慣として行います。

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、 ダイエットの為の行動も同じように習慣にしてしまえば、苦にならなくなります。その為には、苦にならないできることから始めるのもありだと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.