コルセットでダイエットする!長時間着用し続けるとデメリットもある

今、ダイエットをしている方はどんな方法で毎日頑張っていますか。

食事制限や運動療法、ダイエット食品への切り替え、ダイエットサプリなど、色々な方法を試していると思います。

そんな中、いま話題になっているダイエット方法があります。

コルセットダイエットを知っていますか?

コルセット自体、着用したことがある人もいると思いますが、コルセットは昔からあるもので、開き気味の肋骨を引き締めて、しっかりとしたくびれを作ることで、細く見せるものです。

それを応用したのがコルセットダイエットと呼ばれるものて、今、注目されることが多くなりました。

それでは、どんなダイエット方法なのか詳しく説明いたします!

見た目細くなる!コルセット着用ですぐに見た目効果がある!

コルセットを一度でも着用したことがある方は分かると思うのですが、かなりハードな触り心地ですので圧迫感がすごく、余分な脂肪を体の内部に押し込むような感覚があり、そのせいで見た目が細くなります。

ただ、脂肪がつきすぎている場合は、コルセットを締めてもその余分な脂肪がコルセットの上部や下部に移動してしまい、そこだけが異様に太って見えたりしますのでたくさん脂肪がついている場合は、少し大きめのコルセットを購入して着用する方が体を平らにすることができます。

値段は高いものから安いものまで豊富にあり、サイズも色々と用意されていますよ。

自分の体型によって色々とチョイスすることが可能です。

インターネットなどで検索すると、海外ブランドのものなど色々と売られていますので、様々なタイプのものが手に入ります。

興味がある方は是非、一枚ゲットしてみるのも、良いのではないでしょうか。

堅いボーンが入っているもの多し!堅い素材の為、姿勢が良くなる!

コルセットダイエットの利点は色々とあるのですが、コルセットの多くはその素材の中に部分的に硬いボーンが入っているものが多いです。

それによって強い圧迫感や窮屈感を感じて体を補正するのですが、体を補正するだけでなく、そのボーンのおかげで上体が引き上げられる効果があります。

上体が引き上げられて姿勢が良くなると首が長く見え、顔が小さく見えて、そしてなんといっても身長が伸びたように見えますのでその分、痩せて見える効果がとても高いんです。

コルセットをつけると脂肪を平らにするだけでなく、姿勢を正しく、そして身長を高く見せる効果がありますので、今の体重よりも3キロ程度、痩せて見える効果がありますよ。

そして抑えつけ効果の非常に高い肝心なボーンなのですが、そのボーンの素材は金属であったり、固くてしなるプラスチックであったりと色々です。

洗濯を繰り返したりしているうちに生地等が摩耗したりしますので、その辺りをよく考えて、どれくらいの強度のものを購入するのかよく検討して、選んでくださいね。

あと、コルセットには白や黒、ベージュなど色々な色味が用意されています。

アウターに邪魔にならないコルセットを選んだ方が何かと便利ですし、着用するのに困りませんよ。

食欲ダウン!腹部圧迫が痩身に効く!

コルセットダイエットは体を平らに見せるために、腹部に強い圧迫感があります。

しかし、その圧迫感のおかげで食欲がダウンすると言った人もたくさんいるんです。

体を締め付けていますので、食べることで胃が膨らむととても苦しくなってしまいます。

ですので、苦しくならないためにもあまり食べられないといった相乗効果が発生することが多いんです。

自分の食欲を意図的に減退させるために、コルセットを常日頃から着用している人もたくさんいますよ。

ただし、コルセットダイエットもある程度着用したら、慣れてしまうというデメリットがあります。

確かに最初のうちは圧迫感があり、胃が押さえつけられているような感覚がありますので、あまり食べることができないといった現象があるのですが、その強度に体が慣れてしまうと、普通に食べられる様になります。

コルセット自体に使われている生地は多少、体のことを考えて伸びる素材を使っていますので、定期的に硬いコルセットを買い直す必要があるかもしれません。

体型の補正のためだけに利用しているのではなく、圧迫感で食欲を落としたいと思ってコルセットを利用している場合は、このコルセットの強度に体が慣れてきたなと感じた時点で、買い直すことをお勧めしたいと思います。

注意!歪んだ骨格に着用することによって、悪化する可能性あり!

コルセットダイエットをすることによってすぐに見た目が変わりますので、好んで着用している方も多いのですが、とても大事なことがあります。

骨格自体が歪んでしまっている人がコルセットをそのままの状態で着用することによって、歪んだ骨格がさらに歪んでしまう可能性があります。

そうすることによって腰痛が起こったり、背中が痛くなったりして、我慢できない痛みに襲われることがありますので、注意が必要です。

特に固くて効果的なコルセットを着用した場合は強く体を圧迫しますので、歪んだ骨格が歪んだままの状態で定着してしまう恐れもありますので、気をつけなくてはなりません。

あくまでもコルセットダイエットを行いたいなと思っている場合は、骨格をきちんとまっすぐに治してから着用するようにしなくてはなりません。

現に骨盤が歪んだ状態で強いコルセットを着用し続けて結果、腰痛が酷くなり、椅子に座ったりする時でも腰に痛みが走り私生活に支障をきたし辛い思いをした人が結構います。

そうならないように自分の骨盤が正しい位置にきちんとあるのかどうかを確認した上で、コルセットを購入して着用するように気をつけましょう。

結論!コルセットダイエットだけでは本当の痩身には繋がりにくい!

さて、コルセットを着用することで見た目は一瞬にして変わるということはわかったと思います。

しかしここからが大事なのですが…コルセットダイエットを続けているからといって本当の痩身に繋がるかどうかという点においては、大きく疑問があります。

圧迫して食欲を落とす効果があるという話をしましたが、これもコルセットが慣れてくれば普通に食事をとることができるようになります。

体が慣れるまでそう長くはかからないでしょう。

ということは結局、コルセットダイエットをしたとしても、コルセットの力によってお腹の脂肪などを引き締めるだけであって、真の減量には繋がっていないということになります。

胃を圧迫し続けてずっと食欲が落ちている状態ならまだしも、結局、その状態にも慣れて食欲が戻るのだったら本当の食欲減退につながっているとは言えません。

結局、本格的に痩せようと思ったら食事制限や運動などをしてダイエットの基本に戻って、毎日を過ごさなくては体重が落ちていかないということになります。

その補助的な役割として、コルセットダイエットを行うには全く問題はありません。

普通にダイエットを行い、体重が落ちてお腹の脂肪などが少なくなってきた頃にコルセットを着用することで、より細くなった体を強調することができます。

インターネットなどを見てみると、コルセットダイエットを行ったことにより、体重が激減したなどという口コミを挙げている人がいますが、中には希にそのような方もいるかもしれませんが、体をコルセットで締めただけで体重が大幅に減るということは基本的にはないと思っていた方が良いでしょう。

あくまでも補助的な役割として、コルセットダイエットを利用するのが一番です。

今の体型よりももう少しだけスリムに見せたい、もう少し格好良く服を着こなしたい、そう思っている人が一時的にコルセットを利用して、スリムに見せる…こういった使い方を推奨したいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.