まさかダーツで痩せるとは!ダーツの消費カロリーとダイエットのコツ

この世の中には色々な遊戯があるのですが、それ中でもダーツはとても人気があり、色々な場所で大会も催されているぐらいです。

年齢に関係なくできる遊技ですので、常に注目度が高いんですよね。

一日中ダーツをしている人もいて、完全に生活の一部になっている人もいるぐらいなのですが、このダーツを利用してダイエットすることは可能なのでしょうか。

もしも趣味を通して痩せることができたら、嬉しいですよね。

果たしてダーツで痩せることができるのか…その辺りについて調べてみました。

ダーツを趣味としている方、これから行ってみようと思っていた方は必見です!是非、最後まで読んで参考にしてくださいね。

意外!神経集中は予想以上にカロリー消費に繋がる!

ダーツといえば、何といっても神経を集中させる遊戯になります。

神経を集中させるという行為は思いの外、カロリーを消費していることをご存知でしょうか。

例えば受験生が勉強に集中することで痩せやすくなるといわれているのですが、ダーツの集中はそれに似ている部分があります。

神経を集中させることでカロリー消費がアップして、痩せ体質になりやすいと言われているんです。

ただ、カロリー消費に繋がりやすいと言っても食事制限などを本格的に行っているわけではありませんので、大幅なカロリーの消費は期待できません。その辺りに関しての誤解は無いようにしてくださいね。

そしてダーツは神経を集中する時に背筋をまっすぐにして投げることが多いと思います。

その姿勢を保つ時、背筋や腹筋を意識して使いますのでカロリー消費アップに期待できるんです。

毎日普通に過ごすより背筋や腹筋に少しでも力を入れた方がその分、カロリーは消費されますので痩せやすくなるのは当然なんですよね。

確かにきちんとした運動よりもカロリー消費は少ないかもしれませんが、期待はできるはず。

従って、非常に緩やかなダイエットになる可能性が高いでしょう。

腕の曲げ延ばしの単純動作、これだって立派にカロリーは使う!

ダーツといえば腕の曲げ伸ばしを何度も行います。

意外とそのような単純な動きでもカロリー消費は当然、あります。

腕の曲げ伸ばしだけですので全身運動のような効果には及びませんが、それでもカロリーを消費していることは確かです。

そして腕の曲げ伸ばしを繰り返す分、二の腕が細くなったという報告もあるんです。もちろん本格的な筋トレを行っているわけではありませんので、そこまでの期待はできません。

ただじっとしている状態から比べると、腕に動作があるわけですから、その分、エネルギーは必ず消費されているはずです。

動かないより動いた方がカロリーアップにつながる…これは当たり前のことですので、ほんの少しの動きだからといって侮ってはいけません。

大幅なカロリーダウンに繋がるわけでもありませんが、それなりの効果は必ずあるんです。

中にはそれぐらいでは効果がない!という方もおられるかもしれませんが、ほんの少しのカロリー消費であっても長時間行うとその分、消費カロリー数はアップするはずですよ。

なんでも否定するのではなく、ダーツもしっかりと腕を動かし、腹筋や背筋を使うのですからそれに意識しつつ、ダーツを楽しみながらカロリーアップを狙いましょう!

出来るだけ立ったままで遊技!座らない様にしてみよう!

ダーツを行いながらダイエットしたい場合は、できるだけ長時間遊技することが大切です。

長い時間立ったままということはそれだけ、カロリー消費がアップしますので効率的に痩せることが期待できます。

ダーツは激しい運動ではない分、椅子などに座る機会を少なくすることでダイエット効果を期待することが可能です。

例えば、電車などでも座って乗車するよりも立ったままの方がダイエット効果が高くなりますのでダーツもできるだけ座らず、最低でも1時間は立ったままで遊戯するようにしてください。

立ったままでダーツを続けると当然疲れてきますし、集中力も欠けてくると思います。

しかしそんな中で敢えて集中力をアップさせることで、カロリー消費がさらに期待できるようになります。

最初に触れたように、集中力をアップさせるだけでもカロリーの消費量が上がります。

立ったままで遊戯をする→疲労度が増す→集中力を敢えて上げる…というこの三つの相乗効果でダイエット効率をうまくあげるようにしましょう。

足首や手首に負荷をかけよう!さらに効率よく痩せる!

ダーツをしながらもっと効率よく痩せたいと思う方は、少し筋トレ要素を入れてみましょう。

家でダーツを楽しみたい時に、足首や手首に重りの入ったバンドを巻いてみる事で効率よく筋トレができます。

要するに、ダーツをやりながら筋肉などに負荷をかける方法ということになります。

普通に生活をしている時でも筋トレをしたい人は日頃から重りの入ったアームバンドなどをしているようで、このお陰で知らず知らずのうちに筋トレができるようになるんです。

そしてその状態で腕を伸ばしてダーツをするのですから、二の腕などは当然、引き締まってくると思います。

また足に着けると効果は抜群で、地元が重くなるため足を少し動かすだけでも、相当な筋力を使うことになります。

スポーツ用品店やインターネットなどでたくさんの種類が売られていますので、好みに合ったものを購入してみてください。

ただし、一番最初からあまりにも重いものを購入すると疲れてしまい、ダーツ自体が出来なくなってしまう可能性があります。

効果を早く得たい気持ちはわかりますが、欲張ると長続きしないようになります。

少しお金がかかるかもしれませんが、段階を踏んで購入するようにしてください。

ちなみにさほど高価なものではありませんので、気軽に購入できると思いますよ。

この方法はお勧めですので、是非、取り入れてみてくださいね。

真剣な筋トレ導入!ダーツ上達とダイエットは深い関係あり!

ダーツを初めてすると、結構筋肉痛になる人が多いという話を聞きます。

おそらく日頃から使っていない筋肉を刺激するからだと思いますが、そう考えるとダーツも体のあちらこちらを使っているということになります。

思っているよりも各筋肉を使っているんです。

ですので本当にダーツが上手くなりたい人は、日頃から筋トレを行っているそうですよ。

つまりは筋トレをしてインナーマッスルを鍛えることで、ブレずにダーツを行うことができると言われているんです。

インナーマッスルを鍛えることでダーツが上手くなりやすいのと同時に、お腹の脂肪にも大変効果的で自然とダイエットすることが可能になるんです。

ダーツをただの遊びとして捉えるのではなく、真剣勝負として捉えている人は筋トレをしている場合が多いので、みんな引き締まった体になっているそうですよ。

意外だったのですが、上半身も下半身も共に鍛えている人が多いそうです。

筋トレを本格的にやるようになったら、当然、身体全身がスリムになります。

ですので、ダーツをただの遊びでは無く、本当に極めたいと思った方はガチの筋トレを考えてみるのも良いかもしれません。

今よりもずっとスリムになりますよ。

結論!ダーツで急速ダイエットは無理でも工夫で痩せやすくなる!

いかがでしたか。

ダーツでは痩せられないという方もいますが、やり方によってはダイエットすることが可能です。

もちろん運動量が多くありませんので、急激に痩せることは難しいですが、家でダーツをする時は手足に重りをつけて筋肉に負荷をかけるなど工夫することで運動量がグンと上がります。

また姿勢を正しくすることでインナーマッスルを鍛えることができますので、諦める必要は一切ありません。

もしもこれからもダーツをやって行こうと思っている場合、そしてその時間をダイエットのために有効活用したい時は上記の方法を積極的に取り入れるようにしてみてください。

それだけでも普通にダーツをするよりも、変化があるはずですよ。

まずは最初から諦めず、トライすることが大事になるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.