めまいは過度なダイエットによって引き起こされる!原因と対処法

ダイエットで体重が落ちてから、めまいがするようになった人はいませんか。そのダイエットは失敗かもしれません。

ダイエットで注意するべきことは、バランスよく栄養素を摂取し、カットしていくことです。例えば、炭水化物ダイエットなど、一部の栄養素を極端に制限するダイエットが流行っています。制限をかけてコントロールする事は良い事ですが、注意しないとめまいが起きる事があります。めまいを甘く見ないで、健康的にダイエットしましょう。

めまいが起きるのは、食事制限による栄養不足

ダイエットで一番結果が出やすいのが、食事量を減らす食事制限です。

そもそも太る原因は、摂取カロリーより運動カロリーが少ないことによって、余分な脂肪が蓄積されるからです。それを、逆転させて、摂取カロリーを抑える食事制限ダイエットを行えば、ほぼ誰もが痩せる事が出来るのです。

痩せる為には、低カロリーの食事にすることは非常に大切ですが、それ以上に、バランスよく栄養を取る事にも努めなければなりません。

栄養不足は、めまいや貧血などを引き起こし、身体が危険な状態になることもあるのです。

にわかベジタリアンのダイエットは成功しない

すぐに結果が出したくて、絶食や食事制限でダイエットを始める人は沢山います。肉などの動物性食品、米などの炭水化物を、大敵の様に避ける食生活は、にわかベジタリアンの様です。

ダイエットに関係なく、元々ベジタリアンである人は、たんぱく質は大豆で摂取するという様な事は、きちんと理解しています。一方で、ダイエット目的のにわかベジタリアンは、野菜だけを食べ、栄養バランスは完全に無視して、体重の増減ばかりを気にしているのです。

カロリーの低い料理を食べ続ける事で、一時的に体重は減量しますが、ある時、全く減量しなくなります。

めまいを起こす貧血状態の身体からは、これ以上身体を危険にさらさない為に、体重が減量しなくなるのです。当然、ダイエットは成功しません。

ダイエット時のめまいを解消する食べ物はコレ!

めまいの原因は様々ですが、ダイエットを始めてめまいが起こる様になったのであれば、ひとまず食事制限は辞めて、食事を見直しましょう。

ダイエット時のめまいの原因の多くは栄養不足です。ご飯やパンなどの糖質の多い食品を取れば、めまいは緩和されます。また、鉄分不足になっている事も多いので、ヘム鉄の多く含まれるレバーを食べる事をお勧めします。

鉄分には、動物性食品に含まれるヘム鉄と、植物性鉄分に含まれる非ヘム鉄があります。

効率よく鉄分を吸収するのは、ヘム鉄になりますので、レバー、ハツといった動物性食品から積極的に摂取しましょう。

めまいがある時に食べない方が良い食品

ダイエットを行って起きためまいの解消には、積極的に食事を取る事が最優先になります。その際には、できるだけ食べない方が良い食品があります。それは、チョコレートです。

チョコレートは多くの糖と一緒にカフェインを含んでいます。

カフェインは脳の働きを活発にし、興奮状態にします。通常、めまいの場合は脳をリラックスさせる様に、安静にするのですが、その際にカフェインを摂取すると、めまいを悪化させる場合があります。チョコレート、コーヒー、コーラなどカフェインの多いものは控えるようにしましょう。

めまいは、糖質制限ダイエットでも起きる

食事の質を落とさず、太るもとの「糖質」を制限する糖質ダイエットが近頃では人気があります。米、パン、麺、甘いものを控えるだけで、ダイエットできるので手軽さがあります。減量の効果は表われやすいですが、過度な糖質制限は、めまいなどを引き起こしますので注意が必要です。

また、お菓子やお酒には人工甘味料などを使って糖質ゼロを売り文句に、多くの食品が出回っています。

人工甘味料は、血糖値が上がりやすいとか、依存性が強いなどと言われる事もあり、過剰摂取は副作用の心配もあります。カロリーゼロであれば無害だと思って利用するのはやめた方が良いでしょう。

健康を維持できる糖質制限は、4割カットがベスト

糖質は、身体の力の基になります。食品の栄養素を、焚火で例えた場合、たんぱく質を着火剤とするならば、糖質は薪です。この薪が全くない状態では、摂取したたんぱく質は、エネルギーに変える事が出来ない為、糖質の替わりに、身体の筋肉から薪になる栄養素を削ぎ取ります。この状態が続くと、筋力低下やめまいを引き起こします。

糖質を制限する場合は、身体の筋肉を低下させない為に、たんぱく質や、脂質は多めに摂取することがベストです。

早く結果を出したい為に、糖質を完全カットしてしまうと、身体の根幹から痛める可能性がありますので、糖質制限は4割程度に控えるのが、上手にダイエットするコツと言えます。

糖質を減らしたら、たんぱく質や脂質はお腹いっぱい食べよう

減らした糖質の代替として、たんぱく質や脂質を多めに摂取しましょう。通常、ダイエットをするなら、満腹まで食べないでガマンする事も大切とされますが、たんぱく質や脂質は、お腹いっぱいまで食べても大丈夫です。

たんぱく質や脂質は、満腹中枢を刺激する物質が出る為、沢山食べたとしても、食べ過ぎにならない様なメカニズムになっているのです。

対照的に、糖質は空腹感を刺激する物質が出る為、食べれば食べるほど、もっと食べたくなるメカニズムになっています。

めまい予防には、質の高い睡眠も必要

ダイエット中のめまいの多くは、厳しい糖質制限によるものであることが多い様です。先にも述べましたが、糖質制限は4割程度に控えて、たんぱく質や脂質を積極的に取りましょう。めまいは、バランスの取れた食事で予防する事が出来ます。その他に、睡眠があります。

例えば、食事か睡眠どちらかしか取れない場面に遭遇した場合、食事を1食抜く事になっても、睡眠時間を確保する事の方が、体力を回復できると言います。

特にダイエット中で、食事制限もしている場合は、しっかり睡眠を取る事で、身体の疲労感を取っておくことが大切になります。

眠る事でストレスの緩和にもつながりますから、どうしても食べたくてたまらない夜は、早めの就寝もダイエットのコツと言えます。

22時に眠ることで、めまいを防いで、筋力アップ

糖質制限中は、タンパク質と脂質を十分に取る事で、筋肉を落とさずにダイエットする事が出来ます。栄養素の効果的な利用方法としては、筋トレを併用すれば、筋力がアップし、スタイルが良くなります。そこに、睡眠を併用して下さい。

人間の身体は夜22時~24時の辺りで細胞分裂が活発になります。この時間帯に眠る事で筋肉を効果的に増やし、体力を温存しますので、めまいの予防にもなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.