コーヒーも飲み方一つで痩せられる!そのコツをご紹介

皆さんはコーヒーお好きですか?苦手な人も多いかと思いますが、お好きな方にはとっておきの情報があります。

それは、コーヒーにはダイエット効果がある、と言うことです。飲むタイミングや飲み方を工夫するだけで、脂肪燃焼が促進されるのです。

近年では、老化防止やがん抑制の効果も期待されているコーヒー。今回は、なぜコーヒーにダイエット効果があるのか、効果的な飲み方、注意点などを説明していきます。

どうしてコーヒーがダイエットにいいの?

嗜好品として身近に存在するコーヒーですが、なぜダイエットに効果があるのでしょうか。それは主成分の「カフェイン」と「クロロゲン酸」が影響しています。

ダイエットの味方、カフェイン

カフェインと言えば、コーヒーや紅茶などに含まれる成分として有名です。眠気を覚ましたり、利尿作用があることはよく知られています。

カフェインには「リパーゼ」と言う脂肪を分解する酵素を活性化する働きがあります。 また、脂肪細胞をエネルギーに変える働きのある「カテコールアミン」と言う物質が分泌されやすくなります。

利尿作用も高いので、むくみなどの改善にもなり、自律神経の働きを高め、食欲を抑制する効果があります。

ポリフェノールの一種、クロロゲン酸

コーヒーの成分で最も注目したい成分が「クロロゲン酸」です。コーヒーの香りや苦みを構成するポリフェノールの一種です。

クロロゲン酸は、肝臓での脂肪燃焼を促進し、脂肪の蓄積を抑制したり、糖分の吸収を遅らせる効果があります。

飲むタイミングで絶大な効果!

ダイエットにいいからと言って、いつ飲んでも効果があると言うものではありません。高い効果を期待するならば、飲むタイミングや飲み時も大切です。

運動、入浴前に飲んで脂肪燃焼促進

脂肪燃焼効果を高めるには運動前に飲みましょう。脂肪燃焼効果が発揮されるまでには飲用後30分程度掛かりますので、運動する30分~1時間前に1,2杯程度飲むといいでしょう。

正確にはカフェインを200ml摂取するといいと言われています。一般的なコーヒーカップ2杯で約200mlとなりますので、理想的と言えます。

また、入浴前に飲んでマッサージなどをすれば、効率が上がって脂肪が燃焼されやすくなります。

毎食後に飲んで食欲抑制

食事を終えた後、コーヒー1杯を飲む習慣を付けると、脳が食事を終えたと認識し、過食や間食などを抑えることが出来ます。

また、体に蓄積された脂肪以外にも、消化を助けたり入ってきた脂肪も分解してくれるので、食後のコーヒーは体に脂肪が付きにくくなる効果が期待出来ます。

小腹が空いたなと感じたときなども、カフェインの効果で食欲を抑えることが出来るので、間食を控えることが出来ます。

3,4時間毎に飲んで効果を持続

カフェインの効果は3,4時間持続すると言われています。その持続時間を考慮して飲めば、燃焼効果も持続しますので、タイミングを見計らって飲みましょう。

ダイエットのためのコーヒーの入れ方

ダイエットコーヒーと銘打った商品はいくつかありますが、自宅で入れるコーヒーでも十分な効果があります。

インスタントとレギュラーを比べると、カフェインもクロロゲン酸もレギュラーコーヒーの方が多く含まれるので、なるべくならレギュラーコーヒーを飲むようにしましょう。

お湯の温度は80度くらい

クロロゲン酸は熱に弱いので、80度ぐらいの少し冷めたお湯で入れると効果的です。

また、豆を選ぶときは浅煎りがお勧めです。熱に弱いクロロゲン酸は焙煎の際の熱でも失われてしまうので、浅煎りの方が含有量が高く、効果を発揮しやすくなるためです。

入れたコーヒーはホットで飲むようにしてください。体が温められて脂肪燃焼しやすくなります。

お砂糖、ミルクは少なめに

お砂糖などを入れたらダイエットにならないと思われるかも知れませんが、むしろ少しぐらいなら入れても心配いりません。

脳は糖分を栄養とみなし、一時的に空腹感を抑えてくれます。むしろ微糖コーヒーの方がダイエット向きと言えるのです。

ただし、カフェインは砂糖を入れることで減少してしまいます。入れすぎには気をつけましょう。

他にもこんな効果が期待出来る!

これまでで、コーヒーのダイエット効果とその飲み方を説明しましたが、コーヒーにはダイエット以外にも様々な効能があります。

がん予防の効果に期待が上がっている

クロロゲン酸には、がん細胞を抑制する効果があるとされて、近年研究が盛んに行われています。

例えば、毎日飲む人と飲まない人とでは、肝臓がんや胃がんなどのリスクが半分になるとも言われており、今後の研究結果が待たれるところです。

肝機能を改善し、肝機能障害や脂肪肝の改善

海外では以前より、コーヒーには肝機能の改善、肝硬変の予防に関する研究がされており、日本でも肝がんの棒に繋がると言う研究データが発表されました。

脂肪肝にも有効で、定期的に飲んでいる人の方が脂肪肝を抑えられるとされています。

アンチエイジングや美容効果も

クロロゲン酸にはアンチエイジングにもなる抗酸化作用があります。体の中のサビを取り除き、細胞を若々しく保ちますので、美肌効果も期待出来ます。

また、カフェインには利尿作用がありますので体に溜まった老廃物を排出するデトックス作用があります。

コーヒーの香りで精神安定

コーヒーの香りには精神安定させるアロマ効果があります。コーヒーが飲めない人でも、リラックスしたいと思ったときには、香りを楽しむだけでもいいと思います。

コーヒーダイエットの注意点

さて、コーヒーがダイエットなどにとても効果があることはお分かりいただけたと思います。ですが、いくらいいからと言って飲み過ぎたりしたら、それはそれで弊害も起きてしまいます。

一日のコーヒー摂取量は3杯程度

一日のカフェイン摂取量は300ml~350mlと言われています。濃さにもよりますが、コーヒーカップ3杯程度が適量だと言われています。

個人差はありますが、500ml以上飲むと動悸やめまい、胃痛や吐き気などの症状が出る場合がありますので、くれぐれも飲み過ぎには注意してください。

運動前に飲む場合は一日の摂取量を考えて飲むようにしてください。また、2,3時間おきに飲むと言う人も上記目安を考えながら飲んだ方が無難です。

コーヒーを飲んではいけない人

カフェインには高い利尿作用がありますので、腎臓に負担をかけてしまう場合があります。腎疾患のある人も飲み過ぎには注意してください。

妊娠中のカフェイン摂取は流産などの危険性が指摘されています。コーヒーの好きな人はかかりつけの産婦人科で相談してください。

その他、カフェイン摂取を控えた方がいい病気の人もいるので、何かしらの持病を持っている人はかかりつけ医師に相談をしてから飲むようにしてください。

飲まない方がいい時間帯がある

朝8時~9時、昼12時~13時、夜17時半~18時半の間はストレスに反応するコルチゾールと言うホルモンが分泌されます。

この間にコーヒーを飲むとカフェインに対する耐性が出来てしまいカフェイン中毒の元となる言われています。

なるべくなら、この3つの時間帯に飲むのは避けた方がいいでしょう。

また、カフェインには覚醒作用がありますので、寝る直前も控えた方がいいでしょう。

自分に合った飲み方で

いかがでしたでしょうか。何気なく飲んでいたコーヒーでダイエットが出来るとは意外だった思います。

コーヒー嫌いだけど、ダイエットのために飲んでみようかなと思った人もいると思います。

生活リズムや体調など、自分に合った飲み方を見つけてコーヒーダイエットに挑戦してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.