電車の中でも簡単筋トレ!すぐにでも出来る引き締めダイエット法!

ダイエットをするには食事制限も大切なのですが、筋トレなどを含む運動をきちんと取り入れることが重要になって来ますよね。

しかし運動も、毎日継続をしなくては意味がありません。

ただ、ジムに行くのも時間がありませんし、会社から帰宅した後に家で筋トレをするのも面倒くさくなってしまって、長続きしない人が結構いると思います。

そんな時は、通勤などの時間を利用して筋トレをするのがおすすめです。

例えば電車の通勤時間を利用して筋トレを行うだけでも、かなり体は変わってくるんですよ。

電車の中での筋トレ方法、一体どのようなものがあるのでしょうか。その辺りについてまとめてありますので、参考にしてください。

これは効果的!電車の揺れをしっかりと踏ん張り足腰の強化!

ダイエットの成功を目指している人にとっては運動は絶対に不可欠なのですが、帰宅した後の運動はどうしてもやる気が出ない…という人が結構多いと思います。

そんな方は朝の電車での通勤の時間を、トレーニングのための時間に置き換えてしまいましょう。

電車は筋力を鍛えるのにとても良い空間で、あの電車独特の揺れを利用して筋力アップを図ります。

10分以上電車に乗る人にとっては、非常に良い運動になるのではないでしょうか。

ただし、揺れを利用して筋力アップを図りますのでバランスを取ることが多いのですが、どうしても急ブレーキを踏む場合も出てくると思います。

そんな時は思い切り転倒してしまう可能性がありますので、できれば手すりなどをすぐに掴むことができる位置で筋トレを行うようにしてください。

筋トレといってもスクワットなどをするわけではありません。

周りの人には気づかれないようにうまく筋トレをしますので、その辺りに関しても心配は無用です。

おそらく朝の通勤電車の揺れを利用して、体を鍛えている人は意外にも多いと思いますよ。

色々なやり方がありますので少しご紹介したいと思います。毎日の健康維持のため、そしてダイエットのため、毎日取り入れるようにしてくださいね。

それから、女性の方でハイヒールなどを履いている方は怪我に繋がらないように十分に気をつけた上で行なってくださいね。

下半身は大きな筋肉が密集している場所!ここの強化で代謝アップ!

電車の中の揺れを理由をしての筋トレ、そこで鍛えられる部分は主に下半身となります。

揺れる電車を踏ん張るということは、お腹やお尻、太ももやふくらはぎに力をしっかりと入れなければなりません。

人間の下半身には、とても大きな筋肉がたくさん密集しています。

ですので、ダイエットをしたい場合、下半身をしっかりと鍛える筋トレを取り入れると、代謝が上がりやすくなり痩せやすいと言われています。

トレーニングジムなどに行くと、スクワットを推奨されることが多いのですがそれは、しっかりと下半身を鍛えることができるからなんです。

日本人はよく腹筋を鍛える人が多いのですが、腹筋は下半身に比べると非常に薄く、しっかりと鍛えるには非常に時間がかかり、代謝も上がりにくく効率が悪いと言われています。

外国のトレーニングジムなどに行くと腹筋を勧められることはほとんどなく、痩せたい場合はまずスクワットをしてくださいと言われることが多いんですよ。

これからダイエットをしたいと思っている方は腹筋を一生懸命鍛えるのではなく、下半身を鍛える運動に切り替えましょう。

体に付いているできるだけ大きな筋肉を鍛える!…代謝が上がりやすくなり、効率よくダイエット出来るポイントとなりますよ。

つま先立ちで踏ん張ろう!インナーマッスル強化でセクシーボディに!

電車の中の揺れを利用して筋トレをする方法はいくつかあるのですが、まず一つ目につま先立ちで揺れに耐えてみてください。

これが案外きついんですよね。

電車は思いもよらない揺れ方をする時がありますので、そんな時でも、つま先だけでできるだけキープするようにします。

かかとを着かない様に自分の足だけでキープするということは相当な足の筋力を使いますし、お尻やお腹の筋肉も同時に使わなくてはキープすることが難しくなります。

どうしてもキープすることが難しく、かかとが着いてしまったとしても、またすぐにかかとを上げてつま先立ちで踏ん張るように頑張ってみてください。

この時に注意しなくてはいけないのが、自分の体が転ばないようにとっさの時に掴まれるよう、手すりの近くに立つ事と、もう一つは、上げたかかとの下に他の人の足先が入り込んでいない状態でつま先立ちをキープするようにする事です。

そうでないと、かかとを着地してしまった時に他人の人のつま先を踏んでしまうことになりますので、この点に関しては十分注意した上で行うようにしてください。

できれば、満員電車の中ではこの方法は行わない方が良いかもしれません。

しかし安心してください。

電車の中での筋トレ方法はまだ他にもあります。

下記では違うタイプの筋トレ方法をご紹介しますので、是非、実行してほしいと思います。

深呼吸を利用したドローイン!背筋を伸ばしてへこませて!

満員電車でつま先立ちでの筋力トレーニングができない方は、電車の揺れを利用しながら思い切りドローインと言う筋力トレーニングをやってみてください。

ドローインとは深呼吸をする時にお腹を思い切り凹ませて、そのままの状態でキープするやり方になり、非常にインナーマッスルを鍛えることができます。

しかも電車が揺れていますのでその揺れに抵抗しながら、ドローインをしますので、よほどお腹に力を入れて凹ませた状態を意識的にキープしなければ、揺れた拍子と同時にドローインが解除されてしまいます。

お腹をへこませた状態で長い間キープしておかなくてはならないというのは非常にキツく、お腹からお尻にかけての筋肉を存分に使うことになります。

電車の揺れに抵抗しながらドローインを長くやっていると、額に汗がにじんでくるほどの運動量なんですよ。

ただ、正しくドローインをしなければ腰の辺りの筋肉を使ってしまい、腰痛の原因になりますのでお腹にしっかりと力を入れることが大切になります。

これならば周りの人達にも筋力トレーニングをしていることがバレることはありませんし、インナーマッスルがしっかりと強化されますので、体脂肪の減少につながります。

お腹周りの脂肪にとても効果があると言われるドローイン、是非、通勤の時間を利用してやってみてほしいと思います。

停車中のインターバル、駅から駅の間隔を利用しよう!

筋トレもずっと力を入れ続けることができれば良いのですが、継続することがキツすぎていつのまにか力が緩んでいるということもよくあります。

しかしそうなってしまうと効果が半減してしまいますので、基本的には筋トレの間にインターバルを挟むことが多いですよね。

電車の中で揺れなどを利用して筋トレをする場合は、駅に停車中の間だけ、体の力を抜いて休ませるようにします。そして、動き出したと同時にまた鍛えたい部分に力を入れて筋トレを始める…このようにすると非常に効果的だと思います。

そうすることで改めて力を入れ直しすることができますので、効率よく体を鍛えることができると思いますよ。

まとめ!席が空いていても座らない!電車内は立つことが基本

いかがでしたか。

電車の中でも十分、体を鍛えることができるということがおわかりいただけたのではないかと思います。

そして大事なことは、空席があってもできるだけ座らないようにすることです。

たとえ電車の中で筋トレまでする元気はなくても、できるだけ座らないように努めるだけで、かなり体幹が鍛えられるようになります。

どうしても朝の通勤や仕事帰りなどは座りたくなるのですが、そこをぐっと堪えて立っているだけでもかなり足腰が強くなりますので、ちょっとした筋トレになります。

できればドローインや、つま先立ちなどをして積極的に筋トレをするのが理想的なのですが、疲れてなかなかできないという方は、少し我慢して座らないようにもう一踏ん張りして頑張ってみましょう。

電車の中の時間を有効利用するだけで、かなり体が変わってくると言われています。

やらないよりかはやった方が絶対にダイエットにつながります。

綺麗なボディラインを作りたい方は是非、実践してみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.