本当に効果があるのか検証!えのき氷で痩せる事は可能?

本当に効果があるのか検証!えのき氷で痩せる事は可能?

いま話題になっているのが『えのき氷』を使ったダイエットです。えのき氷は健康的に痩せられることで評判ですが、認知度は低く未だ知らない女性が多いです。

えのき氷はえのきを粉末にして、氷に入れるというシンプルな物ですが、ダイエットや美肌効果が実際にあるのか疑問を持つ方も多いと思います。

そこで!えのきを好んで食べない人にも、えのき氷はお薦めことが出来る物なのか?分かりやすく説明をしていきます。

料理をしない人でも簡単にできる調理方法や、よりダイエットに効果的な食べ方もご紹介させていただきます。

食物繊維だけじゃない!驚きのえのき氷のダイエット効果とは

えのき氷には食物繊維がキャベツの2~3倍ととても多く含まれているだけではなく、「キトサン」や「リノール酸」といった、ダイエットの際にはまず摂取しておいた方がいいものも含まれています。

特に、えのきに含まれているキトサンには、内臓脂肪の燃焼する効果が多いとされています。同じキトサンでも食べ物によって効用が変わってきます。

えのきのキトサンには、摂取した油分を40~50%を体に吸収しないようしてくれる成分もあります。えのき氷を作る際にえのきを粉末にすることで、キトサンが凝縮されている細胞壁を破壊することになるので、より効率良くキトサンを摂取することが出来ます。
キトサンとは動物性の食物繊維の一種で、一般的には消化吸収されないが特徴です。脂質やコレステロールなどを吸着させる効果があり、肥満や高血圧、LDLコレステロールの摂りすぎを改善する効果が期待できます。

リノール酸の場合も中性脂肪分の解酸素をより活性化することで、内臓脂肪を徐々に減少させていく効果があります。えのきに含まれているリノール酸には、中性脂肪分などを活性化する効果があるので、内臓脂肪を徐々に減少させていく効果があると言われています。

えのきのリノール酸はアドレナリンや脂肪酸が合わさることで、より効率良く内臓脂肪を減らしていってくれるとされています。えのき氷にすることで、これらの成分をより効率良く摂取することが出来ます。

リノール酸とはコレステロール値や血圧を下げる効果がある、不飽和脂肪酸の中の不飽和脂肪酸に分類されている、良質な液体系の油のことを言います。えのきに含まれているリノール酸を摂取することでより効率的に脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

えのきに含まれている食物繊維には、血糖値が上昇してしまうのを防ぐという効果もあります。血糖値の急激な上昇を抑えることで、体脂肪の蓄積が軽減されダイエットにもつながるとされています。

あまり食生活を意識しないと食物繊維はどうしても不足しがちになってしまいますが、えのきに含まれる豊富な食物繊維は知っている方も多いと思いますが、便通を改善する効果が期待できます。

【引用元タグ使用】

ヒト試験による解析の結果、”エノキ氷”を料理に利用して毎日3個摂食した試験群では、「便秘の改善」、「むくみの解消」、「冷え症の改善」などの感想が多く寄せられました。血液検査項目における摂食群への効果は、2カ月目の検査から顕著に観察され、中性脂肪、総コレステロール、総脂質、LDLコレステロールの値が低下しました。
引用元:東京農業大学 実学ジャーナル2014年5月号

えのき自体もカロリーが低い食材なので、ダイエットにはとても適しています。そのえのきを粉末にして、氷にすることでダイエットにとても良いとされる栄養素を凝縮することが出来ます。

えのきはそのまま食べても消化されにくい食材とされていますが、ミキサーでペースト状にして氷にすることで、効率良く栄養を摂取することが可能になります。

えのき氷はダイエットに適した食材ですが、ダイエットをする際の目安としては、3、4個とされています。多めに摂ればいいという訳ではないので、決めた量を食べることを毎日継続してみてください。

シワや乾燥対策にも!えのき氷の効果はダイエットだけじゃない

えのき氷はダイエットはもちろんですが、肌の調子が良くなったという人も多いです。えのき氷はダイエットだけではなく美肌の効果もあります。

えのき氷には「トレハロース」という成分が含まれています。トレハロースは美肌やアンチエイジング系のサプリメントなどでもよく使われていることの多い成分です。

トレハロースには肌の水分の保持を促進する機能があります。肌が潤いを保つことで美肌やアンチエイジングの効果が期待することが出来ます。

トレハロースは保湿効果を期待することの出来る天然由来の成分で、化粧品やサプリメントなどにもよく使われています。その他にも食品の甘味料としても使用されることも多いです。
その他にも、えのき氷には食物繊維が豊富なので、身体に溜まっている老廃物も多く排泄することが出来ます。基礎代謝が良くなると免疫力が上がるだけではなく、肌の調子が良くなる効果も期待できます。

基礎代謝が良くなることで、他の食品の栄養素もより効率的に摂取することが出来ます。特に、えのき氷の場合だと色々な料理に応用することが可能なのでおすすめです。

えのき氷の食物繊維には血糖値が急激に上昇してしまうのを和らげる効果もあります。血糖値が気になる料理にえのき氷を足してみると良いと思います。

えのきを毎日食べることで血流が良くなることで、加齢臭が防ぐことが出来るとも言われています。加齢臭が気になる方にもえのき氷はおすすめです。

血糖値が上昇してしまうとインシュリンの分泌が促進されてしまい、体脂肪などを蓄積してしまう状態になってしまいます。血糖値の上昇を防ぐことで、体脂肪が蓄積されてしまうのを防ぐことが出来ます。インシュリンの分泌を減少させる効果があるので、糖尿病の方にもえのき氷はおすすめすることが出来ます。

えのき氷は一度まとめて作っておくと保存が利くのでかなり便利

えのき氷は一度作り方を憶えると、作り方自体はそこまで難しくもないのでとてもおすすめすることが出来ます。氷なので保存が利くので、一度にまとめて作っておくと何かと便利です。

製氷皿に入れて作っておきブロック別に使うこと出来るので、様々な料理に使用することが出来るのもえのき氷の特徴の一つです。その様なえのき氷の作り方を紹介していきます。

えのき氷の作り方

http://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/276d7872375e06d9a8ca7dfba08e92e10bd70ae3.46.2.3.2.jpg?thum=58

えのきを大よそ四等分位で切っていきます。えのきの根本にある石づきは必要ないので切り落としてください。

カットしたえのきと400ml位の水を入れて、ミキサーに1分前後かけてペースト状にします。水の量とミキサーにかける時間は大よその目安なので、ペースト状に上手くならない場合は状況に応じて変えてみてください。

ペースト状になったえのきを鍋に移して火にかけていきます。軽く煮出し始めたら火は弱火にして、40、50分位そのまま弱火にかけて煮詰めていきます。

煮詰めていって量が半分ぐらいなると完成の目安になります。40、50分過ぎても量が減っていない場合は、そのまま半分位になるまで煮込み続けてください。

煮詰めている間は焦がしてしまわないように、ペーストをある程度かき混ぜることが必要なので気をつけてください。

えのきはペースト状にして弱火で長時間煮込み続けることで、えのきに含まれているキトサンやアミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸が多く抽出されて、ダイエット効果がより期待出来ます。また、氷にすることでえのきの成分がさらに抽出され栄養分が増すとも言われています。

煮込み終えたらそのまま定温になるまでペーストを冷ましておきます。最後に、製氷皿にペーストを均等に移していって冷凍庫で氷になれば、えのき氷の完成です。

製氷皿によって大きさが異なるので、出来上がるえのき氷はそれぞれ異なってしまいます。実際にえのき氷を使って調理をする時には、使用する量を気をつけてみてください。

料理をしない方にもお勧め!えのき氷の手軽な調理方法を紹介

えのき氷は色々な料理に混ぜるだけで調理が完了してしまうので、とてもお手軽で使いやすいです。料理によってはコクや風味が出る物も多いので、ぜひ色んな料理にえのき氷を活用してみてください。

えのき氷のお味噌汁

えのき氷とお味噌汁はとても相性がいいだけではなく、一度作り方を憶えると誰でもお手軽に作る事が出来ます。お味噌汁の味もまろやかになるので、えのき氷を使った料理の中でもおすすめの一品です。

[材料](一人前の場合)

  • 水 コップ1杯
  • 味噌 小さじ一杯
  • えのき氷 2~3個

お味噌汁は基本的には鍋を使いますが、一人前だけでいい場合はフライパンを使って調理してみるのもいいかと思います。先にえのき氷を入れて調理してみるのがおすすめです。

丁度良い具合にえのき氷が溶けてきだしたら、コップ一杯分の水を加えてください。沸騰をしてきたら小さじ一杯の味噌を加えて煮ていくと完成です。

えのき氷の炊き込みご飯

炊き込みご飯にえのき氷使うとご飯の味にコクが出ます。作り方もそこまで難しくないのでおすすめです。

[材料](一人前の場合)

  • お米 (人数分)
  • 水 適量
  • しょうゆ 大さじ2
  • かつおだし 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 塩 適量

人数分のえのき氷をレンジで事前に解凍しておきます。

お米を研いで調味料をお釜に入れておき、先ほど解凍したえのき氷も入れて炊飯器で炊き込みます。

炊飯器がご飯を炊き終えると完成です。きざみ海苔をかけてみても相性が良いのでおすすめです。

えのき氷のうどん

うどんにえのき氷を使うことでダシに風味が出ます。作り方もお手軽なので疲れている時でも手軽に作ることが出来ます。

[材料]

  • うどん 一玉
  • めんつゆ 適量
  • 水 適量
  • 大場 (好みで)
  • しょうが (好みで)
  • 青ねぎ (好みで)
  • えのき氷 1~2個

器の中にめんつゆと適量の水を入れて、そこにえのき氷も入れていき電子レンジで加熱していきます。

うどんを茹でていきます。最近では電子レンジで調理可能な物もあるのでこちらもおすすめです。

調理したうどんを器の中に入れて、そこにお好みの薬味を入れると完成です。

えのき氷は色々な料理に応用することが可能!

この様にえのき氷は色々な料理にお手軽に加える事が出来るので、使い勝手が良いです。料理の他にもダシやソースなどの代わりに使用することも出来たりするので、自分の好みに合った使い方を見つけてみて、毎日継続することをぜひ心掛けてみてください。

まずは試してみて!えのき氷はダイエットや美肌にもとても良い

上記のことをまとめてみると

えのきには食物繊維がとても豊富に含まれていて、キトサンやリノール酸などダイエットの際には必要な成分も取ることが出来る。

えのき氷にする際に、えのきをミキサーにかけることで、キトサンが多く含まれている細胞壁を壊して、より効率的にキトサンを摂取することが可能。リノール酸は摂取した油分を体に吸収しにくくする効果が期待することが出来る。

えのきはカロリーも低くてダイエットにはとても適した食材だけれども、えのき氷の一日の目安は3~4個を毎日継続することが大事。

えのき氷にはダイエットだけでなく、トレハロースという美肌に良いとされている成分も多く含まれている。身体に溜まっている老廃物も排泄するので、基礎代謝も良くなる。

インシュリンの分泌を抑える効果もあるので、体脂肪を抑える効果もあります。糖尿病の方にもえのき氷はとてもおすすめ。

えのき氷は作り方もシンプルで難しくないので、一度覚えると手軽に作る事が出来る。まとめて作っておくと保存も利くので便利。製氷皿を使うので、ブロック別になるので、色々な料理に使うことも出来る。

えのき氷はダイエットととても相性が良いだけではなく、美肌や血糖値改善など様々な効果があります。料理の上にえのき氷をのせるだけ、ととてもお手軽で続けやすいので、とりあえずでいいのでまずは試してみることをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.