芸能人の中でも話題!?酵素ダイエットってどんな方法?

今、芸能人をはじめ美容に敏感な女性の中で「酵素」を使用したダイエット方法が、話題になっているのをご存知でしょうか?

一般的には「酵素ダイエット」と呼ばれています。なんとなく名前だけは聞いた事はありませんか?

「名前だけは聞いたことがあっても、実際にどういったダイエット方法なのかわからない」

イマイチ想像がつきにくいダイエット方法ですよね!

そこで今回は、「酵素ダイエット」とは一体どんな方法なのか?そして効果は本当にあるのか?どんな商品があるのか?など分かりやすく解説します!

酵素ダイエットっていったいどんなダイエットなの?

まず最初は、酵素ダイエットにはどんなものが必要なのか、そしてダイエット効果をはじめ、他にどのような効果があるのか?といった酵素ダイエットの基本的な部分からご紹介していきたいと思います。

その名の通り、酵素の力を借りたダイエットが「酵素ダイエット」

そのまんま…といってしまっては身も蓋もありませんが(笑)、酵素の力を借りたダイエット、それが「酵素ダイエット」です。

酵素を体内に取り入れることで

  • 体内に蓄積している老廃物の排出を促す(デトックス効果)
  • 代謝の改善

という2つの効果が期待され、代謝が上がり痩せやすい体質になり、結果的にサイズダウンが可能…という流れになります。

酵素はそもそもわたしたちの体内にすでにあるものなのですが、年齢と共に酵素の数は減少していってしまいます。その酵素を外部から摂取することによって代謝を保とう!といった健康志向のダイエットとも言えるでしょう。

酵素を取り入れたダイエットは日本だけでなく、海外でも非常にポピュラーなものです(そもそも海外から日本に輸入されてきたダイエット法といえるでしょう)。酵素ドリンクも海外製のものがたくさんあります。

ドリンクタイプとサプリメントタイプが多く、特にドリンクタイプが人気

酵素ダイエットにおける酵素の摂取方法としては

  • ドリンクタイプ
  • サプリメントタイプ

のどちらかであることがほとんどです。しかし王道といえるのはドリンクタイプで、「酵素ダイエット」と言ってもドリンクタイプを指している場合も多いですね。

この2つに成分として大きな違いはありませんが、より手軽、気軽に酵素を摂取したいという方にはサプリメントの方がおすすめですし、しっかり酵素ダイエットを行いたい!という場合はドリンクタイプを選ぶ方がおすすめです。

特にドリンクタイプについては非常に種類が多く、「酵素ダイエット」と検索して出てくる商品のほとんどはドリンクタイプといっても過言ではないでしょう。

少なくとも10以上の会社が酵素ダイエット、ダイエット目的と称しなくても(健康目的として)酵素ドリンクを販売しています。

会社によっては酵素の抽出元の野菜や果物が違ったり、プラスしている成分があるなど細かく違う場合があります。

それはドリンクタイプであることやサプリメントタイプであることは関係なく、野菜ジュースの中身がメーカーごとに違うようなもの…と思っていただければOKです。

酵素ダイエットによって得られるメリットは?

酵素ダイエットを行うことによって得られるメリット、これは女心としては気になってしまうポイントですよね。

痩せることが出来るメリットがあるのは当然として、付加価値があったほうがやる気も出る!というものです(笑)。

健康的なダイエットの付加価値として多く見られるものではありますが、

  • 肌荒れの改善
  • 便秘の改善
  • 内臓機能の改善

といった効果が確認できます。いずれの女性の悩みとして多いものですから、これらが一度に改善されるとなればありがたい!と言わざるを得ませんよね。

ダイエット効果は特に強く望んでいない方でも健康維持の手段のひとつ、美容のひとつとして酵素を生活に取り入れている、という方は多いようです。

「酵素」って身体にとってどんな効果があるの?

身体にいい!美容にもいい!といいことずくめな成分という形でざっくりと「酵素」をご紹介しましたが、もうちょっと深く知りたい!という方もいるはず。

体内に取り入れるとなればどんな成分、どんなモノなのか?を知っておかないとちょっと不安という気持ちもあって不思議ではありません。

そこでここでは、酵素とはどんなものなのか、わたしたちの身体にどのような影響を与えているのか?を丁寧に解説したいと思います。

酵素はたくさんの種類があって、働きも違う!

まずは「酵素」とはなんぞや。というところから始めましょう。

酵素とはわたしたちの体内にあるもの、野菜など食物に含まれているものなどさまざまです。

そしてその種類は膨大で13000種類を超えるとも言われています!しかもそれぞれが違う役割を持っているのですから驚きですよね。

例えばわたしたちの身体から分泌される「唾液」ですが、その中にもたくさんの酵素…消化酵素というものが含まれています。

デンプンを分解するための酵素である「アミラーゼ」や抗菌作用のある「リゾチーム」や「ラクトフェリン」(ヨーグルトなどに入っているものもありますね!)など、唾液ひとつとっても複数の酵素が入っています。

あとは身近な酵素アイテムとしたら、「発酵食品」ですね。おしょうゆやお味噌をはじめ日本酒なども発酵食品といってもいいかもしれません。あまりイメージはないかもしれませんが、パンにも酵素が使われています。

改めて意識してみると本当に酵素に囲まれている生活をしている…というのがわかりますよね。

酵素には大きく分けて3つの種類がある

酵素には大きくわけて3つの種類があります。それが

  • 消化酵素
  • 代謝酵素
  • 食物酵素

です。

そのうち「消化酵素」と「代謝酵素」はわたしたちの体内で働いてくれる酵素です。

★画像1
http://img13.shop-pro.jp/PA01075/708/etc/nani02.jpg

消化酵素はその名前の通り、わたしたちが食べたものを分解して、身体の中に吸収しやすくしてくれるためのサポートをしてくれる酵素です。

そして「代謝酵素」もその名前の通り、わたしたちの体を動かす…代謝を促すために働いてくれる酵素というわけですね。代謝だけではなく呼吸であったり、脳を働かせたりといったすべての人間の働きには酵素が関わっているといっても過言ではありません。

この2つは独立さえしていますが、お互いで支えあっています。

体内酵素という大元の酵素が、消化と代謝という2種類の酵素の素となっていると考えられています。それぞれの素となる体内酵素の量は決まっていて、消化が忙しくなれば代謝酵素は減少し、病気などで代謝酵素が消費されれば消化にまわる体内酵素は減少します。
引用元:酵素オンライン(大高酵素) – 3種類の酵素|酵素の基礎知識

なので、消化に悪いものばかりを食べていると身体の調子があまりよくなくなり、身体の調子が悪いときは逆に食欲がなくなったり…という現象が起こると考えられているんです。

最後の「食物酵素」は、こちらもその名前の通りさまざまな食品に含まれている酵素ですね。

食物から酵素を取り入れることによって数が少なくなってしまった消化酵素や代謝酵素を補うことが出来ます。この「食物酵素」に当たる部分を酵素ドリンクやサプリメントで摂取しよう!というのが酵素ダイエットのはじめの一歩ですね。

酵素の弱点は熱!生で新鮮なものから摂取しよう

外部から酵素を取り入れる唯一の手段といってもいいのが「食物酵素」の摂取ですが、この食物酵素には弱点があります。

それは、熱に弱いこと。酵素の成分の中にはタンパク質が含まれているので、熱を加えることで成分が変わってしまう可能性があります。

赤身のお肉やお魚、卵などタンパク質を含むものは生と火を通した状態ではひと目でわかるくらいに状態が違いますよね。生であれば酵素を含んでいますが、火を通してしまうと失われてしまう酵素も多いんです。

いくら酵素がたくさん含まれている食品であっても、火を通してしまっては多くの酵素を取り入れることは出来ませんので注意が必要です。

女性の大敵!活性酸素にも酵素が効く

美に敏感な女性であれば天敵とさえ思っているかもしれないのが「活性酸素」。細胞の老化を早めてしまう、いつまでも若々しくいたい女性にとってはまったくもっていらないモノです。

肌などの老化に関係しているだけではなく、体内でもしっかりと働いてくれる細胞も攻撃してしまうという、ちょっと困りものな活性酸素。

しかしこの活性酸素に対しても酵素を取り入れることによって対策が出来るんです。

★画像2
http://www.ligament.co.jp/eoa2/images/f_katuseisanso.gif

活性酸素の対策として働いてくれるのは「代謝酵素」。活性酸素と結びつくことによって有害な物質を体外へ排出してくれる役割を担ってくれます。一般的には抗酸化酵素と呼ばれ、

  • SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)
  • カタラーゼ
  • グルタチオンオキシダーゼ

などが有名です。

健康な身体には酵素が欠かせない!

ここまでざっと説明しましたが、健康面から見ても美しい肌といった美容的な面からみても酵素は欠かせないといっても過言ではないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

そして、それを取り入れることによって行われる酵素ダイエット。なんだか興味が湧いてきませんか?

具体的にどのような方法で酵素ダイエットを行うのかを次は解説していきたいと思います。

酵素ダイエットの具体的なやり方を知りたい!

実際酵素を使ったダイエット方法はどういったものなんだろう?と疑問に思った方は必見!

酵素ダイエットの具体的なやり方についてここからは解説していきます。

酵素を取ることが出来る食品などは本当に種類が多いですが(スーパーで販売されている納豆だって立派な発酵食品です!)、今回は

  • 酵素サプリメント
  • 酵素ドリンク

の2つが主に酵素ダイエットに使用されますので、この2種類を使用した具体的なダイエット方法をご紹介します。

サプリメントの場合は「飲むだけでOK」

まずはシンプルなので酵素サプリメントの方から解説してしまいます。

酵素サプリメントを使用したダイエットは非常に単純で、「飲むだけ」です。

え?これだけ?と思うかもしれませんが、これだけです。とはいえ酵素サプリメントを飲んだからといって飲んだだけでどんどんと体重が減っていく…ということはありませんので注意してください。

ダイエットというよりは体質改善をゆっくり行っていきたいといったタイプの方におすすめです。

酵素ドリンクは様々な飲み方がある

ダイエットとして一般的に使用されるのはこちらの「酵素ドリンク」の方です。酵素がたっぷりつまった液…といってはあれですが、ジュースというよりも原液のようなタイプが多いです。

とろみがあり、味は濃い目であることが多いです。イメージとしてはカルピスの原液をイメージしていただければわかりやすいのではないでしょうか。

商品によってはジュースのようにサラリとしていて飲みやすいものもあるみたいですね。

飲み方としては

  • 原液で飲む
  • 水などで割って(薄めて)飲む
  • 料理に入れる

など、結構自由が効きますので自分の好みやどのようにダイエットを行いたいかといったスタンスによって飲み方を変えていくのがおすすめです。

飲むタイミングは「食前」が一般的

食事制限をせずに酵素ドリンクを使用したダイエットを行う場合は、食事の1時間ほど前に酵素ドリンクを飲むのがおすすめです。

★画像3
http://kouso-diet-life.com/kouso-diet/wp-content/uploads/2013/06/okikae_healty.png

お腹がふくれて普段よりも少ない量の食事で満足することが出来ます。厳密に言えば食事制限なのかもしれませんが、無理してごはんを減らしてお腹が空いてしまう…ということがないので精神的な負担がかなり少ないですよ。

酵素ドリンクダイエットの応用は「断食」

もっと効果を出したい!という方には置き換えや断食がおすすめです。むしろこちらをすすめているメーカーの方が多いかもしれません。

それはなぜかというと、そもそも酵素ドリンクは断食…「ファスティング」のツールとして出された経緯があるからです。

数日間断食することによって体内にたまった老廃物を排出し、体内の環境をリセットして代謝を上げる…というコンセプトの「ファスティング」。

結果的に内蔵の働きがよくなったり代謝がよくなるのでダイエットにも効果が見られるというわけです。

そしてその断食中に摂取するものとして最適なのが「酵素ドリンク」というわけですね。

酵素ドリンクを使用したファスティングを行う場合、

  • 準備期間
  • 断食期間
  • 復食期間

の3つをきちんと構成する必要があります。

種類 内容 日数
準備期間 断食を始める前の期間。
身体に優しいものを取るようにし、
あげものなどの脂っこいものは避ける
1日~3日
断食期間 酵素ドリンクと水のみ取るのが基本。
場合によっては野菜ジュースの摂取のみOK。
飲んでいい酵素ドリンクの量などは
メーカーごとに違うので説明書など参照。
(大体2日~3日で1~2瓶を飲みます)
1日~5日
復食期間 通常の食事に戻すための準備期間。
味がほとんどついていないおかゆや
うどんなどお腹にやさしいもののみOK。
1日~3日

ファスティングについては非常に詳しいサイトなども多いですし、メーカーによっては自社の酵素ドリンクを使用したファスティングの方法を説明してくれているところもありますので、参考にしてみるといいでしょう。

この日だけやる!と土曜日1日酵素ドリンクだけの生活をして日曜日にいきなりファストフードを食べる…なんていったやり方では効果はあまり出ないので注意してください。

絶食は辛い…そんな方は「置き換え」で

★画像4
http://autumnsea.com/img/kousohouhou.png

ファスティングは実際に効果があり、定期的に行っている方も多いです。

ただファスティングダイエットを行うには準備期間なり再開期間なりとなかなか手軽に出来ないのも事実ですよね…。

そういった方の場合は「置き換え」で酵素ドリンクを飲むのがおすすめです。朝と昼は自由に食べて、夜は酵素ドリンクで過ごすといったように、1日1食、お好みの食事を酵素ドリンクに変えてみましょう。

ファスティングに比べると効果はゆっくりですが負担になりやすいのがメリットです。

置き換えとはなっていますが甘み(糖分)が含まれているため空腹感を感じにくく、かつ体内に酵素が吸収されますので健康面でも問題はありません。

酵素ドリンクをダイエットに使用する際の注意点

結構勘違いしている方が多いらしいのですが、酵素ドリンクを飲めば飲むほど痩せるというわけではありません。

むしろ多くの酵素ドリンクは糖分やカロリーが結構あり、「飲めば痩せる」と思ってゴクゴク飲んでいると逆に栄養過多になって太ってしまう可能性が非常に高いです。

先ほども触れましたが、酵素ドリンクはダイエットのために作られたドリンクというわけではなくファスティングをサポートするための栄養ドリンクのようなものです。

なので食前に飲む場合も、飲んだからいくらでも食べてOK!と、普段以上にごはんを食べてしまうとただカロリーを多く摂取しただけになってしまいますから、ざっくりでもいいのでカロリー計算をしたほうが痩せやすくなります。

一番気になるポイント!酵素ダイエットは実際に効果はあるの?

食前に飲む、断食、置き換え…そういった酵素ドリンクを使用したダイエットは実際に効果はあるのでしょうか?

極端な話、食前に水を飲んでも、断食中に水を飲むだけにしても、置き換えは別の置き換えダイエットにしても一緒なのでは?酵素ならではの効果ってきちんと出てるの?といった点は、非常に気になるところですよね。

ここまで一般的に広まってきているのもありますし、実際に痩せた!という声も非常に多いです(中にはサクラや広告もあると思いますが)。

酵素ドリンクの効果を否定している人もいるのは事実

実際、酵素ダイエットをはじめとした酵素ドリンクなどによる酵素の摂取は意味が無い、という説を唱える人も多いのは事実です。

どういった点から否定されているのかをご紹介しましょう。

酵素のしくみは先ほど説明しましたが、タンパク質が多く含まれています。

肉や魚などにふくまれているタンパク質は「消化」というわたしたちの身体が持っている機能によって分解され、体内に吸収されます。これはよくよく知っていることだと思います。

もう少し細かく言うと、タンパク質は「アミノ酸」に分解されて体内に吸収されます。

それは酵素も同様で、せっかく口から酵素を取り入れてもアミノ酸に分解されてしまうため、酵素という本来の働きをしてくれない、つまり酵素を取っても意味が無い…というものです。

アミノ酸としては働いてくれても、酵素としては働かない(働きが変わってしまう)ので酵素ドリンクは意味が無いという結論ですね。

他にはこのような説もあります。

酵素は一般的にpH3以下では失活(成分が変わってしまって活性…効果を失うことです)されると言われています。

pH3とは胃酸の濃度。つまり、胃酸で酵素(のタンパク質)が分解されてしまい失活してしまうので、酵素ドリンクを飲んでも酵素は体内で働いてくれない(失活しているため)。

また、仮に失活しなかったとしても胃の中でタンパク質が分解されてしまうため、結局取り込むことは難しい

というものです。

いずれも「酵素はタンパク質なので分解されてしまい、酵素として残らない」といったところでしょうか。インターネットサイトをはじめ、テレビでもこういった見解がなされていることもありました。

ふむふむ、なるほど~…と思わず納得してしまいますよね。

酵素は簡単に分解されないものだってある!

しかしながら、本当に酵素は効果がないのか?という点では疑問が残るところがあります。

体験談となってしまいますが。実際酵素ドリンクを食前に飲んでいる私の知人は10kgも体重が減少しました。(特に食事制限はしていないですが、食前に酵素ドリンクを薄めたものを飲んでいるため全体的に食事量は減ったそうです)

私自身も酵素ドリンクを飲んでいますが肌の調子がよくなったり、便秘が解消されたりと何かしらの効果は感じています。

もしかしたらいわゆるプラシーボ効果な部分もあるのかもしれませんが、酵素の効果が全くない!とは考えにくいのが本音です。

そこで、それぞれの酵素が意味が無いと思われる根拠について調べてみました。

まずは酵素はタンパク質なのでアミノ酸に分解されて酵素として残らない…という点です。

そこについてはまず酵素の構成からの見直しが必要になります。酵素は確かにタンパク質を持っている(成分としてタンパク質がある)のですが、すべてがタンパク質というわけではありません。

タンパク質で包まれてはいるものの、タンパク質そのものではない、ということです(ややこしいですね)。

酵素栄養学によると、酵素はタンパク質の一種ではなく、酵素という独立した物質なのだそうです。なので単純にすべてが分解されてしまう、というのはいささか強引だ…という見解のようです。

次に、胃酸で酵素が分解されてしまうという点です。

こちらも酵素の種類によっては壊れてしまうものがあります。そして、その数は決して少なくはありません。

しかしながら胃酸のpHでも生き残る酵素もあれば、一度失活してしまっても腸に移動した時点でまた働きが活性化する酵素もあるのだそうです。

なので、胃に入ってしまうとすべて酵素が壊れてしまう…というのも単純な見解であり、それだけではないことが言えそうです。

酵素ドリンクを販売している大高酵素によりますと、

栄養素が体内の酵素を活性化する例として、ブロッコリースプラウト(ブロッコリーが発芽したばかりのもの)を食べると、発がん性物質を解毒する体内酵素が増加することが説明されていました。

食物酵素はそのまま体に吸収されることはほとんど無いのですが、栄養素を強化し消化・吸収を高めることで、体内酵素に働きかけ、活性化し、健康な体を作ります。
引用元:酵素オンライン(大高酵素) – 3種類の酵素|食物酵素は体に吸収されないの?

ということですので、酵素は体内に取り入れても意味が無い…と言い切ってしまう必要はないのかな?と思いますね。

健康や美容目的でも酵素は有効!気軽に始められるのもオススメ

ちょっと駆け足気味にもなってしまいましたが、いかがでしょうか?

酵素を取り入れるダイエットとひとくちにいっても絶食に使うものからサプリで手軽に…というところまで、かなり幅広く利用できることはわかったのではないかと思います。

普段朝食を取らない人がエネルギー補給源として朝に酵素ドリンクを飲む生活を始める…というところから始めてみるのもおすすめです。飲み過ぎた次の日の夜ご飯は控えめに酵素ドリンクで置き換えをしてみる、なども有効ですよ。

もちろん合わせて他の食生活なり運動なり気をつけるポイントはありますので、酵素を飲んでいればOKにはなりません。

しかしわたしたちの身体の中でしっかり働いてくれる酵素は健康目的としても非常におすすめです。まずはサプリメントから軽く取り入れてみては?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.