ぱっちり目を目指したい!瞼の脂肪はダイエットで解消できるのか

パッチリとした目というのは、女性にとって理想なのではないでしょうか。しかし、瞼に脂肪があるとどうしてもたるみができてしまい、目が小さく見えてしまうのです。女性ならば、そうしたことは避けたいのではないかと思います。

そこで今回は、瞼の脂肪はダイエットをすれば改善できるのかについてスポットを当ててみましょう。

それは避けたい!瞼に脂肪がついてしまう理由等を知っておこう

最初に、女性が避けたいであろうと思われる、瞼に脂肪がついてしまう理由などについて知っておきましょう。

瞼の筋肉が減ったことにより脂肪が増加!

なぜ瞼に脂肪がついてしまうのかは、瞼の周辺の筋肉が減ったことが1つに挙げられます。

この点に関しては、お腹の筋肉を使わないとお腹に脂肪が溜まってしまうのと同様の原理であり、瞼の周りにある筋肉が減ってしまうと、やはり瞼の周辺の筋肉を使わなくなってきますので、脂肪がつきやすくなるのです。

それに、瞼周辺の筋肉が減ることは瞼の周りの血流までも悪化させてしまいますし、皮膚の老化によりハリや弾力も失われてしまいます。そうなると、瞼についた脂肪と皮膚の重みが支えられなくなって、重力によって瞼が下にたるんでしまうのです。

瞼に脂肪があると額にシワも作る可能性がある!

瞼のたるみというのは、額のシワまで作ってしまいかねません。

瞼がたるみ目が小さく見えるようになると、視界が狭くなってしまうためにそれの改善のために目を自然と大きく開けようとするものです。

目を大きく開ければ額にシワが寄ってしまうので、そのことが癖となり額にシワができてしまうと考えられます。額のシワが気になるなら、瞼の脂肪を落とすことが解決策になることもあるのです。

これで瞼もスッキリ!むくみを解消することも改善の手段

瞼が重たく見えるようなら、むくみを解消すると改善できる可能性があります。その詳細について見ていきましょう。

睡眠不足や寝すぎまたは塩分の多い食生活を見直そう!

睡眠不足であれば、老廃物や水分が排出されにくいのでむくみを引き起こすことが考えられます。

また、反対に寝すぎてしまえば同じ体勢がずっと続きますので、水分や血液、リンパが顔に溜まりむくみやすくなるでしょう。よって、むくみを解消して瞼をスッキリさせたいなら、睡眠不足や寝すぎはNGになるのです。

そして、塩分の多い食事は塩化ナトリウムの浸透圧の作用で水分が誘引されます。不必要な水分が体内に残れば、瞼に加えて全身がむくんでしまいます。例えばファストフードもしくはインスタント食品は塩分が多いですし、控えるのが賢明です。

多量のお酒はむくませるけれど水分は適度に摂ろう!

お酒を一気に多く飲めば、血管が拡張されます。血管の中の水分が血管の外に漏れだしてしまい、それがむくみを引き起こすとされているのです。

とは言え、体内の水分の循環のために水に関しては1日で1.5リットルから2リットル程度は飲むのが適しています。

そうしたことから、水分はきちんと補給するのが得策です。

炭酸水パックで腫れぼったい瞼のむくみが改善できる

朝起きて何だかまぶたが腫れぼったいなと思ったなら、最初に冷やしてみるのが適しています。コットンを冷水で濡らして、アイマスクのように目の上に乗せるのです。

この際には、単なる水ではなく冷たい炭酸水でパックするのがより適しています。

あなたもぜひ、お試しになってみてはいかがでしょうか。

瞼の脂肪を落とすならエクササイズも効果が見込める!

瞼の脂肪を落とすのであれば、エクササイズをするという方法もありますので、ぜひご参考になさってください。

このエクササイズで瞼の脂肪を落とせる可能性がある!

まず、タオルとお湯を使いホットタオルを作りましょう。そのホットタオルで瞼を温めて、瞼周りの血行を良くします。それから、左右の眉が動かないように両手の人差し指を使い眉を抑えるのです。

そして目を大きく開けて上目遣いになって、30回の瞬きをします。眉に置いた指を離して、目を閉じて5秒維持してから、目を見開いて5秒キープするというのを5回繰り返すのです。

このエクササイズは、初めに行ったホットタオルで瞼を温めるというのが、ポイントになります。

眼輪筋のエクササイズをするのも一案だからやってみよう!

目の周辺にある眼輪筋(がんりんきん)という筋肉があり、瞼を閉じることや涙嚢(るいのう)という涙が通る道を開く役割を担っています。

この眼輪筋を鍛えることで、瞼のたるみの解消につながるのです。

そのエクササイズとは、まず両手の人差し指を両眉の間に当てて、僅かに上に引っ張ります。それから、軽く親指を目尻に当てましょう。目尻にシワができないように、親指に力を入れ過ぎない点がポイントです。

続いて目線をやや上にあげて、下瞼を持ち上げるようにして下瞼に力を入れます。下瞼に力を入れるというのは、10回程度繰り返すのもカギです。それから、下瞼に力を入れつつ目を40秒間だけ強く閉じましょう。

額を固定!額を動かさずに瞼のエクササイズをしよう

額を固定して動かさないようにして、瞼を動かしエクササイズをするという方法もあります。この方法を試すと、効率的に瞼の脂肪が落とせますし額にシワができてしまうのを防止できるのです。

最初に両手を額に当てて動かないようにします。この際には、小指がちょうど眉の上にくれば適切です。次に、眩しい時のように目を細めるのですが、目を閉じてしまわないように注意するのも大事になります。

そして、目の周辺に力を入れて10秒キープしましょう。続いて、額を動かさずに目を大きく開いて、10秒キープするのです。額に手を当ててからの工程を3回繰り返します。

瞼をスッキリさせてパッチリ可愛い目を目指そう!

瞼に脂肪がついてしまうのは、瞼周辺の筋肉が減ったことが考えられます。また、瞼に脂肪がついているというのは、額のシワにも影響する可能性があるのです。さらに、睡眠不足などを改善し瞼のむくみを取ることも、瞼をスッキリとさせる効果があります。

そして、眼輪筋などのエクササイズをすることも、瞼の脂肪を落としスッキリとした瞼にダイエットするのに適しています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.