顔の集中ダイエット、5つの顔太りの原因とそれぞれの解消法

顔が太っているのには色々と原因があります。その原因を知ったうえで、【顔ダイエット】を行なえば、きっと”顔痩せ”は成功することでしょう。

ここでは、”顔太り”の原因、【顔ダイエット】の大きなタイプ分け、ダイエットの実施する時の注意点などを説明して行きます。

”顔太り”の原因に合ったダイエット法を実施すれば、”顔痩せ”に成功する確率は高くなり、うまく組み合わせて実施すればダイエット効果も上がるということを紹介して行きます。

【顔ダイエット】をする前に5つの”顔太り”の原因を知っておこう!

部分的な肥満の中でも、”顔太り”は最も目立つもので、特に人目を気にするところでしょう。その上、どちらかと言うと”部分痩せ”するには、けっこう難しい箇所でもあるようなのです。

一口に”顔太り”とは言っても、そうなる原因はいくつもあるものです。太った顔を痩せさせたいと思う貴女、まずはその原因を良く知って、それぞれに合ったダイエットを行なった方が効果は上がることでしょう。

”顔太り”の原因として一般的に言われるものはたくさんありますが、それらをまとめると5つのタイプに集約されるものと考えられます。

その”顔太り”の原因の5つのタイプとは、次のようになります。

  • 脂肪太り
  • 筋肉たるみ
  • 筋肉こり
  • 骨格歪み
  • むくみ

全般的に肥満となっている「脂肪太り」から、筋肉や骨などの身体組織からくるもの、単に一時的な「むくみ」によるものまで様々です。そのため、これを解消するにはそれぞれに方法が異なってくるのです。

身体の各所に潜む”顔太り”原因の5つのタイプがコレだ!

顔の「脂肪太り」とは、そのものズバリ顔に脂肪が付いているという状態です。運動不足や食生活に問題があることが多く、全身的な肥満も伴っている場合には、全身のダイエットも考慮する必要があるでしょう。

全身的な肥満として考えると、一般的な肥満対策をとれば”顔太り”は解消できますが、それがうまくいかない場合には、それ以外のタイプの原因も潜んでいると考えた方が妥当です。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動、筋トレやダンベル運動などの無酸素運動の他、食事療法も効果を発揮するのです。

顔の「筋肉たるみ」とは、”表情筋”というものが衰えて、顔全体が垂れ下がったように緩んで見える状態です。主に加齢による筋力の衰えが原因で、うまく感情を表情に表わすことが困難になってしまう、悲しい状況となります。

このタイプの”顔太り”を解消するには、表情筋を鍛えるために、顔体操・フェイスヨガなどの顔のエクササイズが必要となります。通常、表情筋は3割程度しか使われていないと言われており、かなり意識して使うようにしないと衰えていくばかりなのです。

顔の「筋肉こり」とは、表情筋の内、特に頬から顎にかけての頬筋(きょうきん)・頤筋(おとがいきん)が緊張状態となって状態です。この状態では、歯軋りや歯を食いしばっている時のように固まって、顔が大きく見えてしまう状況なのです。

別名「固太り」とも言われるこのタイプの”顔太り”を解消するのは、原因が癖やストレスであるためそれ自体を直すのは少し難しいところがあります。そこで、凝り固まった表情筋を物理的にマッサージをして、揉みほぐしてあげることが一番なのです。

顔の「骨格歪み」とは、骨格のゆがみのために”顔太り”に見えてしまう状態です。この場合には、エステや整骨院、歯並びが悪ければ歯医者さんと、解消するにはお金がかかってしまいますが、簡単にできる「セルフ矯正」という方法も存在しています。

顔の「むくみ」とは、老廃物が適正に体外に排出されずに、体内に蓄積している状態です。この場合には、顔だけでなく全身的にも太った状態となってしまいますので、顔そのもののマッサージに加えて、新陳代謝を促す食事と適度な運動を行なうと、ダイエット効果を引き出してくれることでしょう。

【顔ダイエット】には大きく分けて3つのタイプがアル!

”顔ダイエット”には大きく分けて3種類の方法があり、それぞれに”顔太り”の原因に対応しています。

3つの”顔ダイエット”を、タイプ・原因・事例でまとめると、大体次のようになります。

顔ダイエット
のタイプ
対応する
”顔太り”の原因
顔ダイエット
の事例
顔マッサージ ★骨格歪み
★むくみ
☆ツボ押しマッサージ
☆ローラーマッサージ
☆朝の定期マッサージ
☆冷熱タオルのマッサージ
顔エクササイズ ★脂肪太り
★筋肉たるみ
★筋肉こり
★骨格歪み
☆有酸素運動
☆無酸素運動
☆ベロ体操
☆表情筋のトレーニング
☆好きなものの鑑賞
☆スカルコントロール
☆ガム噛みエクササイズ
☆あいうえお発音法
顔痩せ食事療法 ★脂肪太り
★筋肉こり
★むくみ
☆カロリー制限
☆ビタミンE摂取
☆塩分の制限
☆むくみ解消栄養素の摂取

これ以外にも”顔ダイエット”はたくさんあり、そのやり方も少しずつ違っていたりします。無理をしない程度に少し試してみて、自分の”顔太り”にあったダイエット法を見つけてみてください。

顔ダイエットの第一手法【顔マッサージ】で細かく顔を刺激しよう!

”顔ダイエット”の一番目の方法である”顔マッサージ”では、細かく顔を刺激して、「骨格歪み」や「むくみ」を原因とした”顔太り”を解消します。

「骨格歪み」を原因とした”顔太り”には、「ツボ押しマッサージ」・「ローラーマッサージ」などがダイエット効果を発揮するようです。

顔の「ツボ押しマッサージ」では、顴髎(かんりょう)・太陽・四白という3箇所のツボを刺激して顔痩せを促します。

顴髎は、目尻の真下に位置する頬骨の下側の縁に当る部分です。人差し指でここを押さえてこめかみの方向に向かって持ち上げるようにしてマッサージを行ないます。太陽はこめかみ部分で人差し指と中指で軽く押し、四白は目玉が入る頭蓋骨の穴のちょっと下の部分でここを人差し指で上方へリズム良く押し上げましょう。

顔の「ローラーマッサージ」では、指ではなく「小顔ローラー」を使います。この方法では、指だとなかなか届かない部分まで刺激を与えることができ、ローラーそのものも百均で売られていたりして、お金もそんなにかかりません。

「むくみ」を原因とした”顔太り”には、「朝の定期マッサージ」・「冷熱タオルのマッサージ」などがダイエット効果を発揮するようです。

顔の「朝の定期マッサージ」では、寝起きでパンパンになってしまった顔のむくみを鎮静化します。3本指で口角・鼻・目の下・耳の下・鎖骨の順に、円を描くように優しく揉みほぐしていきましょう。

次に頬の内側から外側に向かって円を描くように揉んだ後、額を引きあげながらこめかみ・耳の下・首の順に揉みほぐしていきます。以上の揉みほぐしを3回くらい、毎朝の日課とすれば良いのです。

顔の「冷熱タオルのマッサージ」では、蒸しタオルや冷やしたタオルで血行を改善します。蒸しタオルは皮膚を温めてむくみの原因である水分や老廃物を体外へ排出しやすくすると言われているのです。

蒸しタオルを顔に乗せるだけでもいいのですが、顔を温めた後で冷やしたタオルで顔を押さえると、肌が引き締められて更に”顔痩せ”効果はアップするのです。この温熱と冷却の合わせ技がポイントなのです。

顔ダイエットの第二手法【顔エクササイズ】で顔の代謝を上げよう!

”顔ダイエット”の二番目の方法である”顔エクササイズ”では、顔の新陳代謝を上げて、「脂肪太り」・「筋肉たるみ」・「筋肉こり」・「骨格歪み」を原因とした”顔太り”を解消します。

顔の「脂肪太り」を原因とした”顔太り”には、「有酸素運動」・「無酸素運動」などがダイエット効果を発揮するようです。

有酸素運動とは、ジョギング・ウォーキング・スイミング・エアロビクス・サイクリング・ヨガ・ストレッチなどで、ちょっと辛いものが多いようですが、何かひとつでも自分に合ったものが見つかれば幸いです。

無酸素運動とは、筋トレ・短距離走・ダンベル運動・短距離の高速水泳などで、こちらもちょっと辛いものが多くあります。しかし、有酸素運動と合わせて行えば、脂肪の燃焼は効率良くできるため、顔のダイエットに有効です。

顔の「筋肉たるみ」を原因とした”顔太り”には、「ベロ体操」・「表情筋のトレーニング」などがダイエット効果を発揮するようです。

「ベロ体操」は、1日1分ほどでできる”顔エクササイズ”です。手順は、舌を出して5秒間両肩を上げ、舌を下へ伸ばしたら両肩を下げて5秒、次に下を鼻の方に上げて5秒、次は右下に舌を伸ばして左肩を下げて5秒、逆側も5秒、最後に両肩を下げて舌を右回りと左回りを各5秒かけて一周するというものです。

「表情筋のトレーニング」は、顔のたるみだけでなくシワの解消にもあるようです。まず目を大きく見開いたら、大きく口を開けて”アイウエオ”の動きをするという、とても簡単なエクササイズです。

顔の「筋肉こり」を原因とした”顔太り”には、「好きなものの鑑賞」がダイエット効果を発揮するようです。好きな絵や風景、テレビ番組などを見て表情だけでなく心までリラックスさせることで、顔の筋肉の緊張はほぐれ、”顔太り”の状況は改善されるのです。

顔の「骨格歪み」を原因とした”顔太り”には、「スカルコントロール」・「ガム噛みエクササイズ」・「あいうえお発音法」などがダイエット効果を発揮するようです。

「スカルコントロール」は、割り箸1本でできる歪んだ顔の骨格の矯正法です。奥から2本目の歯で横にした割り箸を噛み、耳の後付近を圧迫し後方へ20秒で10回くらい引っ張るようにし、同様に側頭部後側・顎・頬・おでこも同じように圧迫するのです。

「ガム噛みエクササイズ」は、簡単です。エラの筋肉が鍛えられない程度に、左右の奥歯で交互にガムを噛むだけで良いのです。

「あいうえお発音法」もまたとても簡単な顔痩せエクササイズです。口を大きく開けて”アイウエオ”と発音するだけで、表情筋が刺激されて、小顔効果が生まれると言うのです。

顔ダイエットの第三手法【顔痩せ食事療法】で長い効果を生み出そう!

”顔ダイエット”の三番目の方法である”顔痩せ食事療法”では、「脂肪太り」・「筋肉こり」・「むくみ」を原因とした”顔太り”を解消します。

顔の「脂肪太り」を原因とした”顔太り”には、「カロリー制限」がダイエット効果を発揮するようです。

「カロリー制限」は、運動だけでは落としきれない脂肪を蓄積しないようにすることです。顔だけでなく全身のダイエットにも当てはまることで、1日に必要な摂取カロリーの目安よりも2~300kcal少なくなるような食事を心開けるがけることなのです。

顔の「筋肉こり」を原因とした”顔太り”には、「ビタミンE摂取」がダイエット効果を発揮するようです。

「ビタミンE摂取」は、呼吸によって体内に生じた活性酸素を取り除く抗酸化作用を示し、ストレスで凝り固まった筋肉を解きほぐします。ビタミンEの豊富なアーモンド・抹茶・筋子・唐辛子・ひまわり油・お酢などを上手に食事に取り入れると良いでしょう。

顔の「むくみ」を原因とした”顔太り”には、「塩分の制限」・「むくみ解消栄養素の摂取」などがダイエット効果を発揮するようです。

「塩分の制限」は、体内に蓄積されてむくみの原因になっている水分を減らすことになります。美味しいからといって、ラーメン・漬物・ベーコン・蒲鉾などは減らすようにし、なるべく薄味の食事を摂るように心がけましょう。

「むくみ解消栄養素の摂取」は、体内の塩分を排出するカリウム、代謝を活性化するクエン酸などを多く含んだ食べ物を摂取するという方法です。

カリウムは、ジャガイモ・サツマイモ・キノコ類・海藻類・ナッツ類・玄米・リンゴ・バナナなどに多く含まれています。そしてクエン酸は、柑橘類・トマト・梅干ううかったしなどに多く含まれていますので、これらを使った料理を工夫するとダイエット効果に繋がることでしょう。

【顔ダイエット】を行なう時には注意すべき点も存在スル!

原因別に色々と効果のありそうな”顔ダイエット”にも、タイプ別にそれぞれ注意すべきポイントが存在しています。

”顔マッサージ”の場合、マッサージの専門家であれば問題はないのでしょうが、素人が自分でやるとなれば、”顔ダイエット”ができるどころか、かえって逆効果を生み出してしまうこともあるようです。それらの注意点をあげると、次のようになります。

  • クレンジング時のマッサージ
  • マッサージの力加減

「クレンジング時のマッサージ」は、絶対にやってはいけない行為です。往々にして化粧落としの際にクレンジング剤をマッサージクリーム代わりにしてしまいがちですが、肌への負担が大きすぎて、とてもお薦めできることではないのです。

「マッサージの力加減」も非常に気を使うポイントです。あまり強く顔をマッサージしてしまうと、肌がその力に負けてかえって伸びきらせてしまう危険性が高くなるのです。

”顔エクササイズ”の場合、ランニングなどでは運動慣れしていないととてもハードなダイエットとなってしまいます。これを上手に継続させるための注意点をあげると、次のようになります。

  • 最初はウォーキング
  • 充分な水分補給
  • 食事のタイミング
  • 走り過ぎ

「最初はウォーキング」とは、”顔エクササイズ”としてのランニングを長続きさせるために、運動レベルの低いウォーキングから初めて、徐々に体を慣れさせていくというものです。

「充分な水分補給」とは、ランニングなどの激しい運動を行なう際には非常に重要なポイントです。運動で汗をかいて体内の水分が不足すると、血液がドロドロとなって、筋肉は柔軟性を失って、ダイエット効果を弱めてしまうのです。

「食事のタイミング」とは、脂肪を効率良く燃焼させるためには無視できないポイントです。ランニングは食事後3時間以上の間を置いて行わないと、消化不良・体調不良などに繋がり、せっかくのランニングのダイエット効果を台無しにしてしまうのです。

「走り過ぎ」は、どんなダイエットにも言える注意事項で度を越した際の弊害になります。あまりに激しく急激なランニングをすると、脂肪は確かに落ちるのですが、皮膚の方がその速さに追いつけずに、たるみを生じて見た目にも悲惨な状況となりかねません。

”顔痩せ食事療法”の場合にもやり過ぎは絶対にいけない行為です。ダイエットは健康的に行なってこそ意味があり、過度な食事制限よって痩せたからといって、1ミリも得なことは無いのです。

3種の【顔ダイエット】を織り交ぜて”顔痩せ”を成功させよう!

”顔太り”の原因には5つのタイプがあり、”顔ダイエット”の方法は大きく分けて3種類あるということは分っていただけたことでしょう。これらの特徴から注意点を熟知していれば、必ずや”顔痩せ”は達成できることでしょう。

”顔ダイエット”を紹介したものの中には、1週間などの短期間で”顔痩せ”できるとしている場合もあります。大体は食事療法によるものなのですが、これらは一時的に”小顔”になるだけで、結局はリバウンドで元どおりの”顔太り”に舞い戻ってしまいがちです。

”顔ダイエット”はそれほど容易に達成できるものではないのです。素敵な小顔になりたいのであれば、とにかく根気が必要なのです。

今すぐにでも”顔ダイエット”を成功させたいと焦ってしまうと、やり方によってはかえって老け顔になる危険性があります。

”顔ダイエット”を成功させるには、”顔太り”の原因に合わせた方法を的確に選択し、、”顔マッサージ”・”顔エクササイズ”・”顔痩せ食事療法”の3種類の方法を上手に織り交ぜて行なうことが、最も大事なことなのです。

よくよく熟慮を重ねて、”顔ダイエット”をぜひとも成功させるようにしましょう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.