原因は代謝?痩せにくい体の原因と改善策について

いくらダイエットを続けても痩せない。そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

しっかり食事制限して、運動もこなしているはずなのになかなか体重が減っていかないことがあります。

それは、もしかしたら体質が原因かもしれません。

そこで今回は、ダイエットと体質の関係を解説していきます。これまで十分なダイエット効果が望めなくてお困りだった方は、しっかり確認していきましょう。

燃えないからだ?痩せにくい体質とは

しっかりダイエットを行っていても、なかなか効果が出ずダイエットを失敗してしまうことがあります。

その主な原因としては、痩せにくい体質であることが考えられます。

痩せるためには、摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが上回る必要があります。そのため食事制限をしたり、適度な有酸素運動を行う方が多いです。

しかし、同じ食事と運動量でも、個人差があります。

脂肪を蓄えやすい方は、食事量が少なくても体の脂肪として蓄積し、なかなか消費しない傾向があります。

そのため、運動をしてもエネルギーを消費せず、痩せにくくなってしまうのです。

また、人が一日に消費するエネルギーのことを、基礎代謝と言います。

この基礎代謝能力も個人差があり、太りやすい体の方は基礎代謝能力が低いと言われています。

適切にダイエットを行ってもなかなか痩せないという方は、体質を改善して脂肪を燃焼させやすくしなければ、十分な効果が望めない恐れがあるのです。

年齢も関係する?痩せにくい体になる原因とは

基礎代謝能力は、筋肉量が大きく関係してきます。

筋肉を維持するためには、体で最もエネルギーを消費し、それに応じて基礎代謝能力も上昇します。

反対に、筋肉量が少ないことで、消費するエネルギーは少なくなり痩せにくくなってしまいます。

筋肉量は、トレーニングでコントロールすることも可能ですが、年齢に応じて減少します。

そのため、年齢が高くなっていくにつれて筋肉量が低下し、基礎代謝能力が低下していきます。

その結果痩せにくい体となってしまい、ダイエット効果を得にくくなってしまうのです。

もちろん年齢以外にも生活習慣などが原因で痩せにくい体となってしまうことがあります。

日頃から適度な運動をして、体の筋肉量が低下しないように対策をとりましょう。

冷え性も油断できない!?

痩せにくい体となってしまう原因の一つとして、冷え性であることも考えられます。

冷え性の方は、体の中に脂肪を溜めやすい傾向があります。それに伴い基礎代謝能力も低下してしまう恐れがあるのです。

体の体温が低い方や、冷え性だという方は、しっかり筋肉量を増加させるか、体を温めて血行を良くしましょう。

交感神経を刺激して体を活発させることで、しっかりダイエット効果を得ることができるはずです。

もし冷え性の体質と疑いがある方は、ダイエット時にはしっかり体温を上げてから行い、十分な効果を得られるようにすることが大切です。

適度な筋肉が必要!痩せにくいからだの解決策

冷え性の方は、十分体を温めてダイエットを行えば、効果を失うことなく痩せることが可能です。

しかし、太りやすい体質を改善するために有効なのは、やはり筋トレが挙げられます。

体がエネルギーを消費するためには、有酸素運動でしっかり脂肪を燃やすことも大変有効です。

しかしながら、筋肉をしっかり付けることで、基礎代謝能力を上げるだけでなくリバウンドしにくい体を作ることが可能なのです。

ただし、筋肉は脂肪より重量があるため、あまり過度に筋トレをすると体重が増加してしまう恐れがあります。

また、体のラインが変わってしまうのを避けたい方もいるでしょう。

その場合は、有酸素運動と合わせて行い、適度な筋肉をつけつつダイエットを行いましょう。

そうすれば、代謝能力を上げることができ、太りやすい体を改善することができるはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.