意外にかんたん。週末断食ダイエットは美肌にも効果あり!

短期間で効果があるとして注目を集めている「断食ダイエット」ですが「断食」という性質上、平日に行うのは難しいダイエットです。

本来はきちんとした専門家の管理の下、1週間から10日ほど行われるものですが、今回はおうちでかんたんにできるプチ断食(ファスティングダイエット)をご紹介します。

「プチ」とはいえ、効果的に行うためには守らなければいけない決まりがあります。間違ったやり方で断食を進めると、逆効果になる場合もありますから、ここで紹介するやり方をしっかり守ってください。

断食ダイエットをすることで実感できる4つの効果

断食と聞くとなんだかすごく辛そうなイメージがあるかもしれませんが、短期集中型のダイエットですから、ストレスは少ないと言えます。

断食をすることによって実感できるダイエット効果は4つです。

内蔵を休ませる効果

飽食の時代と言われる現代、食べないことよりも、食べ過ぎることによって内蔵に負担をかけています。

内蔵はほぼ休みなく働いています。飲み会や食事会、間食や夜食など、思い当たることはありませんか?断食することにより、胃に何もない状態が続くので、内蔵を休ませることができます。

普段消化に使っているエネルギーを、組織の再生に使うことができるので、内臓の機能を回復させることができます。

デトックス効果

私たちは普段の生活で知らないうちに、毒素を身体に取り入れてしまっています。食品添加物や防腐剤など、どんなに気を付けても、多少は体に入ってしまうものです。

体に入ってしまった毒素は脂肪や内蔵に蓄えられてしまうのですが、断食をすることで消化と吸収がストップし、排泄に集中するので、毒素や老廃物が体外に出て行くのです。コレステロールもエネルギーとして消費されるため、コレステロールを下げる効果もあります。

脂肪を燃焼させる効果

★画像1
http://www.nisshin-mct.com/assets/img/page/brain_energy.png

断食を始めると、エネルギーになる食べ物が入ってこないので、蓄積された脂肪を燃やし始めます。

脂肪が燃えるとケトン体という物質が作られます。ケトン体は脳内のアルファ波の発生を促し、集中力を高めたり、心を穏やかにさせる効果があります。逆に言えば、ケトン体が作られているということは、脂肪が燃えているということなのです。

通常はブドウ糖がエネルギー源となる脳ですが、断食中はケトン体がブドウ糖の代わりをします。グラフを見ると、断食中にはケトン体が増えているのがわかりますね。

免疫力が強くなる効果

断食をすると胃や腸が安静な状態になるので、腸内環境が整っていきます。普段消化に使っているエネルギーは免疫系にも回るので、免疫力が上がるのです。また人間に本来備わっている、自然治癒力も高まり、弱った細胞を回復させることができます。

以上、4つの効果がある断食ダイエットですが、個人で三日以上続けることは危険です。長期の断食に挑戦したい方は、必ず専門家に相談しましょう。

必ず知っておくべき週末プチ断食のルール

週末断食ダイエットは金曜日から始まります。飲み会や食事会の予定などを入れないよう注意しましょう。「プチ断食」と聞くといつでも始められる気軽な印象を持ちますが、「プチ」とはいえ断食です。抑えるポイントはきちんと抑える必要があります。

そのポイントとは「食べる量を徐々に減らし、徐々に増やす」ということです。

急に食事をやめてしまうと消化液が胃を傷つけますから、金曜日から少しずつ食べる量を減らすようにします。

金曜日(準備日)

朝は普通に食べて問題ありませんが、ランチから徐々に食べる量を減らしていきます。夕食はさらに減らして、雑炊やうどんなど消化の良いものを食べるようにします。油っこいもの、お酒、コーヒー、またタバコもこの日は禁止です。

土曜日(断食日)

断食本番の日、何も食べません。

水分はこまめにとるように心がけましょう。ミネラルウォーターやノンカフェインのお茶などの水分を取るようにします。コーヒーやカフェインの強いお茶、お酒は禁止です。その他、激しい運動も禁止です。散歩程度の身体の負担にならない運動なら問題ありません。

読書をしたり昼寝をしたり、リラックスして過ごすように心がけましょう。

日曜日(復食日)

断食後の復食は一番大事な工程です。お腹が空いたからといってここでドカ食いしてしまっては台無しです。

ダイエットのつもりが逆にリバウンドになってしまう場合もありますから充分に注意しましょう。胃が空っぽの状態ですので、まずは胃にやさしい、消化の良いものから復食をはじめます。お粥や野菜スープなどがオススメのメニューです。

昼食、夕食も同じく、消化に良い、野菜の中心の食事にします。昼食は普段の1/3程度の量を、夕食も普段の半分くらいの量を目安にします。

モデルケースのメニューはこちらです。
「徐々に減らし、徐々に増やす」基本を忘れずに!水分も忘れずに取りましょう。

実施日 朝食 昼食 夕食
金曜日 普段通り 半分の量にします お粥
土曜日 食べない 食べない 食べない
日曜日 お粥 お粥、野菜スープ ご飯、野菜スープ

ダイエットだけじゃない!断食による美肌効果

断食による効果はお肌にも嬉しい変化をもたらしてくれます。内臓の不調がお肌の荒れを引き起こす原因です。断食により内臓が空になることでお肌の調子も整っていくのです。

便秘解消、デトックスによる美肌効果

断食にデトックス効果があることは前述の通りですが、デトックスは美肌効果があることでも有名です。

便秘になると、毒物が腸内にとどまってしまい、ニキビや吹き出物ができてしまいます。便秘解消やデトックスにより、吹き出物がなくなり、肌がきれいになり、美白にも効果があります。

デトックスによる美容効果も高く、たるみ・むくみの改善、シミ・しわ・くすみ・美白にも美肌効果を発揮します。
引用元:たかま鍼灸整骨院

内蔵を休ませることによる美肌効果

美肌になるためには肝臓の活動が大切です。肝臓の働きが悪いと代謝が悪くなり、身体に毒素がまわるため、肌荒れの原因になります。また、食べ物の栄養素がうまく吸収できず、ビタミンがBが不足し、肌荒れを引き起こします。血色が悪くなってしまうので、肌がきれいに見えません。

断食で内蔵を休ませることによって、肝臓の機能が回復し、肌がきれいになるのです。肌トラブルは身体の不調の表れです。断食によって身体の不調が回復すれば、つやつやとした健康的な美肌になれます。

頭痛や肩コリ、慢性的なだるさ、肌の不調、便秘、アレルギー(アトピー、喘息、鼻炎)や慢性胃炎、下痢、高血圧(軽症)、生理不順、無月経、更年期障害、不妊症、冷え性、肥満、片頭痛などの改善に効果があります。
引用元:渡辺医院

誘惑に勝つ!断食中の空腹感に負けないためのポイント!

たった一日の断食とはいえ、空腹な時間が続くのはつらいものです。ついついお菓子に手を出して、せっかくのプチ断食が失敗!なんてことにならないように、誘惑に負けないポイントをご紹介します。

うちの中に食べ物を置かない

空腹状態の時に手軽に手に取れる場所に食べ物があるのは危険です。買い置きの食べ物などは、かんたんには手の届かない場所に移しておきましょう。

目につかないところに置くだけでも効果があります。

プチ断食は終了後もすぐにもとの食事に戻れるわけではありませんから、冷蔵庫の残り物なども思い切って捨ててしまいます。お菓子などをストックしている場合も、誰かにあげたりして処分することをオススメします。

味の違う水分をとる

断食中はこまめに水分補給をすることが大切ですが、水分はミネラルウォーターやノンカフェインのお茶に限ります。

しかし、空腹でどうしても我慢できないときは、野菜ジュースや香りのいいお茶などで気分を変えてみましょう。それでも我慢できない時は、具のないスープ飲んでも大丈夫です。塩分の高い物や刺激物の入ったものは胃に負担を与えますから、薄味のものに限ります。

友達と一緒にやる

ひとりだとくじけそうでも、相手がいるとやめられないものです。ダイエット仲間を集めて、泊り込みで一緒に断食をするのもひとつの手です。励まし合うこともできますし、何より見張り役になります。
相手が頑張っている姿を見れば、自分も頑張ろうと思えるものです。

気分転換する

空腹だからといって、食べ物のことばかり考えていると余計にお腹がすいてしまいます。のんびり読書したり、テレビを見たり、普段忙しくてできないようなことをしてゆっくりと過ごすようにしてください。ストレスの解消にもつながります。

ショッピングに出かけるのもいいですが、街には食べ物があふれていますから、その誘惑に負けないように注意が必要です。

また、ホテルなどに泊まり込んでしまう方法もあります。中にはプチ断食プランを実施しているホテルもありますので、そんなプランを利用してみるのも良いかもしれません。

復食を簡単にする

ダイエット後の復食がめんどうで挫折しそうな方は復食を簡単にしましょう。

おかゆといっても自分で作る必要はないのです。いまはどこでもレトルトのパックが売っていますから、それを上手に利用しましょう。

コンビ二食にも野菜スープやサラダなど、量にさえ気をつければ、復食にふさわしいものもあります。

誰でもかんたんにできる!週末プチ断食ダイエット

プチ断食には身体にも美容にも嬉しい、しかも短期間で結果を出せる理想的なダイエット方法だということがお分かりいただけたと思います。週末にできるプチダイエットをよりやりやすくするためのポイントはふたつです。

  • 予定のない週末に行うこと
  • 復食はレトルトでもOK

断食ダイエットを効果的に行うためのポイントもふたつです

  • 食事の量を徐々に減らす
  • 断食後は少しづつ食べる

空腹とうまく付き合っていくことが成功の鍵です。のんびりと過ごしてストレスを貯めないように、楽しみながら断食ダイエットができるといいですね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.