脂肪燃焼スープで無理なくダイエット!健康的に痩せよう

脂肪燃焼スープって聞いたことありますか?

少し前に流行ったダイエット法で、スープを飲むだけで痩せるというものです。

しかも一週間で効果が表れ、スープは身近な食材で自分で作れるので、お金もあまりかからず手軽に始めやすいダイエットです。

運動が苦手!という人にもおすすめの方法です。早速どんなダイエット法なのかご紹介していきましょう。

脂肪燃焼スープダイエットって?

脂肪燃焼スープダイエットとは、元々医療用の減量プログラムで心臓外科手術前の患者が短期間で体脂肪を落とせるように考えてつくられた食事療法です。

なので短期間で効果が出るようになっているんですね。

ただし、本来は医師の監視の下で行われるダイエット法なので、一般の方が行うと身体に危険を伴う可能性もあるので、短期間で終わらせるということが前提です。

さて、脂肪燃焼スープダイエットの概要を簡単に説明すると、キャベツ・玉ねぎ・きのこ・トマトなど、野菜を煮込んだスープを普段の食事に置き換えて食べるというものです。

ダイエット中は、炭水化物や糖質の多いものは摂取しないということになっていますが、そのかわりスープはいくら食べてもOKです。

このダイエットで必要なのは、「食事の置き換え」と「ご飯やお菓子といった炭水化物・糖質の制限」だけです。

飲むだけで痩せていく?減量のメカニズムとは

この脂肪燃焼スープにはじゃがいもやかぼちゃといった炭水化物を含む食材は入れないことになっているので、普段の食事と置き換えると摂取カロリーは大幅に下がります。

つまり消費カロリー>摂取カロリーという状態になるので、痩せていくというのがおわかりいただけるかと思います。

さらに、野菜のデトックス作用によって体内の毒素が便とともに排出され、身体から毒素がなくなることで代謝がアップし痩せやすい身体になるようです。

普段の食事で野菜をあまり摂っていなかったり、運動不足で代謝が落ちている人にとってはより良い効果が見られるでしょう。

実際にスープを作ってみましょう!脂肪燃焼スープのレシピを紹介!

脂肪燃焼スープに入れる食材はどれもスーパーで手に入るものです。ベースはトマト缶を使います。

この記事では基本のレシピを紹介します。

脂肪燃焼スープの材料(鍋一杯分)

  • キャベツ…半玉
  • セロリ…1本
  • タマネギ…3個
  • ピーマン…1個
  • ニンジン…1本
  • トマト缶…1缶(カットでもホールでも)
  • 水…2~3L
  • ショウガ…1片(チューブでも可)
  • コンソメキューブ…1個
  • 塩コショウ…少々

基本は上記の材料になります。

アレンジとしてカレー粉やチリパウダーを小さじ1~2加えると辛みとうま味が加わって美味しくなります。

飽きがきてしまった場合、とろけるチーズを食べる前に加えてもいいですよ。ただしチーズはカロリーが高いので少量にしましょう。

スープを作る際の野菜の参考価格も載せておきます。

  • キャベツ…半玉 50円
  • セロリ…1本 128円
  • タマネギ…3個 198円
  • ピーマン…1個 40円
  • ニンジン…1本 50円
  • トマト缶…1缶(カットでもホールでも)100円
  • 合計…566円

こちらを一週間で2回作ると仮定すると、脂肪燃焼スープに必要な費用はおおよそ1,132円となります。

作り方

①材料全てを食べやすい大きさに切る。

②①を全て鍋に入れる。

③トマト缶・水・ショウガ・コンソメキューブも加えて、中火にかける。

(※水はひたひたになるくらいに調整して下さい)

④20分ほど煮込み、野菜がやわらかくなったら完成。

(※お好みで塩コショウで味の調整をして下さい)

脂肪燃焼スープを作る時の注意点2つ

上記は基本レシピになります。ご自分でアレンジして作っても構いませんが注意することが2つあります。

①炭水化物の多い食材は使わない。

ジャガイモ・カボチャ・さつまいもなどのホクホクする野菜って美味しいですよね。でもこのダイエットでは厳禁です(ダイエット二日目だけはOK)。炭水化物は高カロリーで脂肪として蓄積されやすいからです。

もしも加えるなら低カロリーなきのこ、鶏胸肉やささみ肉がおすすめです。

②出来たスープは必ず冷蔵庫で保存。

レシピ通りに作ると、お鍋一杯の脂肪燃焼スープが出来ます。

このスープは一日にどれくらい食べても構いませんが、残ったスープは腐敗する可能性があるので必ず冷蔵庫で保存し、一日に一回は鍋全体を温めるようにしましょう。

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

では脂肪燃焼スープダイエットの取り組み方について紹介していきます。

このダイエット法は短期集中型のものなので、必ず一週間で終了して下さい。

基本は毎食脂肪燃焼スープをベースに食事をします。

脂肪燃焼スープだけだと栄養が偏ってしまうので、プラスして他の食べ物も食べるようにします。

ですが主食が食べられないのでかなりきついものになると思います。その分脂肪燃焼スープは、いつどれだけ食べてもOKです。

脂肪燃焼スープダイエットを始める前の注意点

脂肪燃焼スープダイエットを始める前に、注意次項がありますので確認しダイエット中は必ず守って下さい。

  • このダイエット中はお酒、炭酸飲料、甘いジュースなどは禁止で、水・お茶・ブラックコーヒーのみ飲用できます。(フルーツジュースが飲める日もあります。)
  • ダイエットを始める時は最後の飲酒から24時間以上経ってから行います。
  • 炭水化物(ご飯、麺、お菓子など)、砂糖、甘味料は禁止です。スケジュール通りの食生活をしましょう。
  • スープは毎日最低一杯は食べましょう。スープはどれだけ食べてもOKです。
  • できるだけ水をたくさん飲むようにしましょう。
  • お肉を食べる日がありますが、脂身は避けましょう。

以下一週間の食事スケジュールです。

1DAY 脂肪燃焼スープとくだもの

一日目は脂肪燃焼スープとくだものを食べましょう。飲み物は、水やお茶、果汁100%ジュースならOKです。

くだものはバナナ以外でしたら何でもいいです。

スープの後にくだものを食べればデザート感覚で満足できるかもしれません。

価格参考…キウイ(2個):105円、リンゴ(1個):138円、果汁100ジュース(1,000ml):150円

2DAY 脂肪燃焼スープと野菜

二日目は脂肪燃焼スープにさらに野菜をプラスして食べることができます。

調理法は、油を使わなければOKなので茹でるか、生で食べるかですね。ドレッシングも油を使っているものはNGです。

食べてはいけない野菜が2つあって、豆類ととうもろこし(スイートコーン)はNGです。

それ以外でしたら、じゃがいもやさつまいもレンコンもOKです。ただし高カロリーな野菜は食べすぎには気を付けて下さい。

参考価格…じゃがいも(1個):30円、さつまいも(100g):200円、ほうれんそう(1束):170円、エリンギ(1パック):108円、もやし(1袋):20円

3DAY 脂肪燃焼スープとくだものと野菜

三日目は一日目と二日目を組み合わせた日ですね。

スープとくだもの、野菜を好きなだけ食べて良い日です。

ただしこの日は、バナナ、じゃがいもやさつまいも等の高カロリーな食材はNGになります。

参考価格…パイナップル(1個):300円、グレープフルーツ(1個):150円、レタス(半玉):80円、大根(二分の一):70円

4DAY 脂肪燃焼スープとバナナとスキムミルク

四日目は甘~いバナナが食べられます。逆に言うと、この日は野菜やくだものは食べられません。脂肪燃焼スープにプラスしてバナナとスキムミルクです。

スキムミルクは、バナナとお水でミキサーにかけ、シェイクにすると美味しく食べられます。

またスキムミルクがない人は、無糖のヨーグルトで代用もOKです。

参考価格…バナナ(ひと房):130円、スキムミルク(1袋175g):350円、無糖ヨーグルト(400g):168円

5DAY 脂肪燃焼スープと肉とトマト

五日目…終わりが見えてきたところでお肉の登場です。

この日はお肉OKですが、脂肪が少ない肉を選んでください。例えば、牛の赤身や豚のヒレ、鶏肉などです。一日で300g~700g食べましょう。

肉が苦手な人は魚で代用も可です。

トマトはスープにも入っていますが、それとは別に普通の大きさのトマトを最低2つ、最大6つまで食べられます。

トマトにはデトックス作用の他、血流を良くしたり脂肪燃焼の効果があるそうです。水もいつもより多めに飲むと、デトックスにさらに効果的です。

参考価格…鶏ささみ(300g):201円、牛ももブロック(200g):354円、トマト(3個):368円

6DAY 脂肪燃焼スープと牛肉と野菜

六日目は牛肉に加え、炭水化物の多い野菜以外ならいくら食べてもOKです。

牛肉の部位は問いませんが、できれば脂身の少ない肉がいいでしょう。スープも必ず飲むようにします。

参考価格…牛ももブロック(200g):354円、牛肩ロース肉(200g):423円、牛すじ肉(300g):264円、ブロッコリー(1個):160円、アスパラ(3本):198円、しめじ(1パック):100円

7DAY 脂肪燃焼スープと玄米と野菜とフルーツジュース

ついに最終日です。

この日は徐々に普通の食事に戻していくために玄米も取り入れていきます。

玄米は白米に比べ血糖値が急激に上がりにくいため、リバウンドの予防になります。玄米が用意できないという人は、白米でも可とします。

玄米は食べ過ぎに注意して、脂肪燃焼スープと野菜と果汁100%のジュースを摂りましょう。

参考価格…玄米ごはん(レトルト3パック):480円、きゅうり(3本):128円、トマト(3個):368円、果汁100ジュース(1,000ml):150円

これで、脂肪燃焼スープダイエットは終了となります。お疲れ様でした!

ちなみに一週間分の参考価格を全部足してみると、以下の通りになります。

  • 一日目…393円
  • 二日目…528円
  • 三日目…600円
  • 四日目…648円
  • 五日目…923円
  • 六日目…1,499円
  • 七日目…1,126円

脂肪燃焼スープ二鍋分と合わせると、一週間で使う食材の金額は、約6,849円ということになります。

食べるものや量によって変わってきますが、一人で挑戦するにしても5,000円以上は費用がかかると覚えておきましょう。

短期集中型の脂肪燃焼スープダイエット。体調に合わせて取り組むことが大切

脂肪燃焼スープダイエットは、スープも簡単に作れて、一週間くらいなら食事制限もできそうですよね。

ですが、人によっては頭痛やめまいなど、身体に不調が出ることがあります。もし体調が優れないなどの症状が出たらすぐにダイエットを中止しましょう。

またダイエットを始める時は、女性は生理期間を避け身体のコンディションが良い時に始めてください。

脂肪燃焼スープダイエットは、体重が8㎏減った!3㎏減った!など、体重を落とすことを主な目標としていますが、本当にただ単に体重を落とすだけでいいのでしょうか?

実はこのダイエットをしていると、筋肉量も落ちてしまうんです。原因はタンパク質の不足と運動不足です。筋肉量の減少が体重減少にもつながるわけですが…。

肉を食べる日もありますが、2日間だけなのでバランスがいいとは言えないですし、脂肪燃焼スープダイエット期間中は体調不良になることがあるため運動は推奨していません。

なので、単に体重を落とすだけでなく、筋肉量を維持しスタイルもよく綺麗に痩せたいという人は、例えば脂肪燃焼スープを三食のどこかで置き換えて食べるようにする方が食事のバランスも取れるのでおすすめです。

さらに運動や筋トレも取り入れると代謝と筋肉量が上がりますので、ダイエット効果もアップです。

脂肪燃焼スープダイエットがおすすめできるのは、社会人の方が健康診断前に行うことでしょうか。体重も落ち、飲酒も控えている為コレステロール値も下がることが期待されます。

または、食生活が乱れていて、肥満気味な人はデトックス作用や整調作用のあるこのダイエット法なら、身体の調子を良くしてくれる効果が期待できます。

そして最後に注意していただきたいのが、脂肪燃焼ダイエット終了後についてです。

ダイエットが終わったからと言って、ドカ食いは血糖値が急激に上昇するので危険です。リバウンドにもつながります。

ダイエット終了から一週間程度は炭水化物は少量から摂るようにし(できれば玄米を食べるのが良い)、野菜スープなどを食事に取り入れるようにしましょう。また甘いものや脂肪の多いもの、お菓子などは控えましょう。

その後も継続してダイエットを続けるなら、上記で紹介したように一日一食脂肪燃焼スープに置き換えたり、定期的に運動をするのがGOODです。

ぜひ正しい方法で脂肪燃焼スープダイエットに取り組んでみてくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.