気疲れやストレスで痩せるのは不健康!まずはしっかり睡眠を摂ること

仕事や家庭のいざこざで気疲れしてしまう事ってありますよね。

基本的にストレスに揉まれて生活している方も多く、気苦労が絶えない日々を送っているも事も少なくありません。

しかし、あまりにも気疲れを繰り返した生活をしていると、体に悪影響をもたらすことになってしまい、大病につながることも多くあります。

また、気疲れや気苦労は食欲不振に陥ることも多くなります。ダイエットに繋がるから食欲不振で痩せるのはありがたいなんて思っていませんか。

それがいずれ、ストレス太りに変わる可能性がありますよ。

気疲れとダイエットの関係性を色々とまとめてみました。気になる方は是非、最後まで読んで参考にして欲しいと思います。

気疲れからの食欲不振で痩せる…これ以上、不健康なものはない!

会社や家庭など、様々なストレスの要因に囲まれると毎日憂鬱な日々を送らなくてはならなくなります。

そんな毎日を送っていると、どうしても食が細くなり、食欲不振な毎日が続くことになりかねません。

中には食が細くなることで自然と痩せることができるからダイエットになると勘違いしている人もいるようなのですが、そのような状態で食が細くなってもそれは不健康な痩せ方になるため、結局は体に負担がかかるようになってきます。

また、食欲不振が原因で食が細くなったとしてもやつれたような痩せ方になり、見た目も実年齢より老けて見える様になっしまいます。

やはり同じ痩せるのであれば、健康的で女性らしさを残したまま痩せる方が魅力的ですし、体への負担もありません。

従って気遣いなどのストレスを抱えたままの食欲不振は必ず治すようにしなくてはなりませんし、気疲れの原因がなかなか取り除けないのならば、自分なりのストレス発散方法をきちんと見つけておくことが大切になります。

気疲れ程度はそのうち治るなんて思わず、早急に対処する事が非常に大切になります。

気疲れのストレス、そのうちストレス太りになる可能性あり

気疲れして食欲不振になり、それによって体重が落ちたとしてもそれは健康的なダイエットになりません。

それどころか、そのストレスが原因で近いうちに過食に走る可能性があるので、注意しなくてはならないんです。

ストレスからくる食欲増進、ホルモンバランスの崩れや代謝異常などでどんどんと体重が増えて太ってしまうことも結構多いんですよ。

さほど過食をしているわけでもないのに体重は増えて仕方がないという人がいますが、その方の多くがストレスが原因であることが多いんです。

ストレスを抱えて食欲が落ち、一時期痩せたとしてもその内、ある日を境に太りやすい体質に変わることも多くありますので注意が必要です。

ストレス太りに陥ると、ダイエットに非常に苦労するようになります。

あまり食べていないのにも関わらず、太りやすい体質になってしまいますので、辛い思いをしなくてはならなくなります。

その引き金にならないよう、気疲れやストレスは出来るだけ溜め込まず、発散できるようにしておいてください。

気疲れが不眠の原因に…成長ホルモンの分泌不足で痩せられなくなる?

気疲れなど、ストレスを抱え込んでそれをきちんと発散する術を知らないと、本当に痩せることができない体質になる可能性がありますので注意しなくてはいけません。

先ほどストレス太りの話をしましたが、気疲れを繰り返すうちに考え事が増え、それが不眠の原因となり、その状態が痩せにくい体質を作ってしまう可能性があります。

人間は考え事や悩み事など心が晴れやかでないと、快適な睡眠を得ることができなくなります。

所謂、交感神経が立っている状態が続くため、精神的に落ち着くことができず安眠できなくなるんです。

安眠するためには副交感神経を優位に立たさなければならないのですが、疲れやストレスにまみれるとどうしても副交感神経が優位に立てなくなってしまうんです。

そうなると良い眠りを得ることができなくなるため、痩せるために必要な成長ホルモンの分泌が抑えられるようになってしまうんです。

この状況は非常に厄介で、睡眠中の成長ホルモンの分泌は痩せるための鍵となるため、不足しないようにしなければなりません。

つまりしっかりと眠ることができないと、成長ホルモンの分泌が妨げられますので痩せることが難しくなってしまいます。

痩せたければストレスの減らし方をまず考えるべき!

とりあえず、気疲れなどストレスから解放されるための方法を考えなくては安眠できないため、成長ホルモンの分泌は期待できません。

しかし、ストレスは原因そのものを取り除かないとなかなか解消できないと思います。

そして、原因が取り除ける状況にないのならば熟睡出来る様、自分である程度の努力をするしかありません。

しかし、自分で安眠できるよう働きかけるその前向きな努力が、そのうちストレスをうまくかわし、気疲れが解消できる性格に変化する可能性があります。

つまりはクヨクヨしない、なんとかなる、考えても仕方ないなど楽天的であまり色々と考え込まない、ある意味、打たれ強い性格を作ることができる場合があるんです。

この打たれ強い性格が本当に良いのかどうかはわかりませんが、少なくともストレスを感じたりすることが減る分、良いのではないかと思います。

楽天的な性格になれたら安眠することができるようになり、成長ホルモンの分泌が期待できますので、痩せやすくなる可能性が高くなりますよ。

朝日を浴びよう!成長ホルモンを分泌させる方法

気疲れやストレス過多になると、夜、眠れないことが多くなりますが、ストレスの根本を排除することができないのならばストレスに強い、あまり不調を感じない体質に変えることを考えなくてはなりません。

不眠を治す手段として是非、試して欲しい方法が一つあります。

その方法が朝日をたっぷりと浴びることなんです。

不眠を治すだけでなく、日頃から落ち込み気味のテンションを上げて、前向きになれる日が多くなるんですよ。

朝日にはセロトニンと言うホルモン分泌を活発にする働きがあるんです。

セロトニンは別名、幸せホルモンと呼ばれていて、それがたっぷりと分泌されることで生き生きとした明るくそして前向きな気持ちになれるんです。

しかし、これが不足することで気分が落ち込みやすくなり、くよくよして何事に対しても前向きになれなくなってしまいます。

しかし、セロトニンがたくさん分泌されることでストレスから解放されることが多くなり、結果よく眠れるようになるんです。

よく眠れるという事は、成長ホルモンの分泌が期待できますので痩せる体質になりやすくなります。

ストレスや気疲れが重なり、精神的に落ち込みやすい日々が続いていると感じている方は是非、早起きをして朝日を十分に浴びるようにしてみてください。

朝の10分から20分で十分効果があると言われています。

不眠の上、早起きは辛いという人もいると思いますが、少し頑張るだけで体内のサイクルが変わってくる可能性がありますので、とりあえず効果を実感できるまで続けてみてください。

そしてここからが大切なのですが、夜、眠れるようになって体が快調になっても、必ず朝日を浴びることを止めないこと!ここが非常に大切なポイントです!

人間は少しでも症状が良くなると自分が楽な生活のペースに戻そうとしますが、朝日を浴びる習慣を続けることで良い精神状態が持続する可能性が高いです。

是非、継続して行なってください!ここが大きなポイントとなりますよ。

まとめ!気疲れストレスに負けず、痩せ体質を作るには睡眠がカギ!

ストレスに負けないようにするにはよく眠れることが鍵となり、その結果、痩せやすくなりますので、まず眠れるようにあらゆる努力をしてみましょう。

薬に頼るのは何をしてもなかなか眠ることができないと言う時の最後の手段として使うようにして、もしも眠ることができる可能性がある方法が見つかった場合は、諦めずに片っ端からやってみてください。

それで体質が変わり、しっかりと眠れるようになり生活が変わる可能性があります。

それで痩せる事につながるのならば、こんな嬉しい事はありませんよね。

きちんと眠れて快適な毎日を送れるように、まずは自分自身の生活をしっかりと見直しましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.