足踏みだけで痩せられる!?足踏みダイエットを徹底的に検証してみた

足踏みダイエットは、屋内でできるダイエット法であり、また、お金がかからない痩せ方としても有名です。

ですが、より効率良く痩せたい場合は、毎回の足踏みを上手にこなさないといけません。なので、記事内では足踏みのコツだけでなく、どのような仕組みで体が痩せていくのか、そのメカニズムについても案内させていただきました。

足踏みダイエットってなに?本当に足踏みだけで痩せられるの?

足踏みダイエットとは、代謝の向上を意識して行うウォーキングのことです。足踏みを行うだけなので、その場ウォーキングという名称で呼ばれることもあります。

足踏みダイエット、ウォーキングの違いですが、以下のような違いがあります。

  • 足踏みダイエット:辛さをあまり感じない、天候の影響を受けない
  • ウォーキング:辛さを感じる、天候の影響を受ける

足踏みダイエットの基本は、その場で何度も足踏みを行うだけなので、いきなり疲れが溜まることはありません。しかも、屋内で足踏みを繰り返すだけで運動を完了できますので、スポーツウェア、スポーツシューズを着用しないでも良いのです。

そのため、0円で始められる運動としても評価されています。

また、どうして足踏みを繰り返すだけで痩せられるのかというと、それは、有酸素運動を行っているからです。

・有酸素運動とは

有酸素とは、酸素を吸い込む、吐くの動作を表しているので、有酸素運動とは、呼吸を行う形で運動を継続することです。

無酸素運動の場合、有酸素運動のように呼吸を行うペースが安定しません。そのため、運動を開始する前に呼吸を一段落させ、その後、息を止めて運動するものが多く存在します。

足踏みダイエット、ウォーキングなどは有酸素運動に分類されるのですが、以下のようなメリットが存在するため、今では、多くの人が有酸素運動でダイエットを行うようになりました。

  • 激しい運動ではないので続けやすい
  • 新陳代謝アップに最適
  • 意外とカロリーを消費する

有酸素運動は、適度な負荷を受ける形で運動を継続できます。つまり、筋肉増強につながる運動でもあるため、基礎代謝と言われている、何もしていない時に消費されるカロリー量がアップしやすいのです。

また、毎日スポーツしないといけないわけではありません。そのため、好きな時にできるというメリットも含めて、今では、評価されることの多いダイエット法になったのです。

さらに、有酸素運動にはデメリットらしいデメリットが存在しません。そのため、安心して始めることができるという評価も数多く存在し、今では、国内に1000万人以上の愛好者がいます。

足踏みダイエットのカロリー!毎日の努力で痩せやすい体質に!

消費カロリー量の計算ですが、足踏みダイエットは、ウォーキングの1.4倍とされています。

ちなみに、運動による消費カロリー量は大まかに定まっており、以下のようなカロリー量であることが多いです。

  • ウォーキング:約200kcal
  • ジョギング:約400~500kcal
  • 水泳:約500~700kcal

上記の消費カロリー量は、1時間中に消費されるカロリー量の予測です。体重が重い人ほど、消費カロリー量が多くなる計算のため、誰もが同程度のカロリーを消費するわけではありません。

補足となりますが、1週間に2回、もしくは3回以上で運動を継続されていると、運動の効果が高まるというデータもあります。そのため、いきなりハードトレーニングに打ち込むよりも、土曜、日曜のみ軽運動を行うようにされたほうが、より効率的に痩せやすい体質を得られるようになるのです。

人目が気になる!そんな人ほど足踏みダイエットと相性が良い

足踏みダイエットが人気の理由は、人目につくことがまったく無いからです。自分から、足踏みダイエットを行っていることを周りに教えない限り、知られてしまうリスクは無いと思って問題ありません。

知られてしまうリスクが無いに等しいのは、以下のような理由に支えられているダイエット法だからです。

  • ダイエット用の器具が不要
  • 運動用の服に着替える必要がない
  • 屋内で運動を終えられる
  • 大きな音を立てずに運動を行える

他にも、5分、10分といった短時間で運動を終えられるので、よほどのことが起きない限りは、足踏みダイエットにかかる時間が長くなることもありません。これらの理由に支えられているため、今では、多くの男女がダイエット目的で足踏みを行うようになったのです。

また、足踏みダイエットを効率良く行うためのコツですが、以下にも注意して足踏みをスタートさせたほうが良いです。

  • 静かな環境
  • 食後に運動
  • 適度な水分補給

足踏みダイエットは、そこそこですが負荷が発生します。人によってはストレスを感じることもあるので、周りが騒がしいと感じる時は、無理に足踏みダイエットを行わないほうが良いでしょう。

それと、食前に運動するよりも、食後に運動されたほうが良いと言われています。食後と言っても、食事を終えてからすぐにという意味ではありません。

例えば、昼食を終えてから1時間ほど休憩して、そして、10分ほど足踏みダイエットを行うのです。人の体は、ある程度の負荷、振動を受けていると、内臓の動きが活発化するという性質があるため、お通じなどを改善する際に、足踏みダイエットを利用するのも賢い手だと言えます。

また、夏場、冬場は適度な水分補給を行うようにしましょう。というのも、いつの間にか脱水症状に近い状態になってしまうからです。

足踏みダイエットの負荷は小さく、汗を大量にかくわけでもありません。ですが、疲れは溜まっていきますし、体調が悪い時は吐き気、脱水症状を起こしてしまう可能性がありますので、楽な運動と決めつけて、水分補給を行わないのは良くありません。

お金がかからない?足踏みダイエットでかかる費用は?

足踏みダイエット用の器具を購入しない場合、0円で運動を始められると思って問題ありません。

ちなみに、足踏みダイエット用の器具は、5000円~10000円の範囲内で販売されていることが多いです。

さらに、スポーツウェア、スポーツシューズを購入される場合も、合計で10000円前後のお金がかかりますので、今から足踏みダイエットを始めるか悩んでいる場合は、足踏みによる昇降運動に慣れることだけ考えて、無理にスポーツ用品を購入しないようにしましょう。

また、以下のような運動を支えてくれる小物を購入した場合は、以下に記載されている料金が発生しますので注意してください。

  • EMS:10000円~30000円
  • プロテイン:毎月で3000円ほど
  • 経口補水液:毎月で5000円ほど
・EMSとは

電気を一定量発生させることで、体内の奥深くに電気刺激を送り込む装置のことです。

EMSには電気刺激タイプ、低周波タイプ、超音波タイプが存在し、今では、筋力増強に効果的な電気刺激タイプの人気が高い状況となっています。

過去では、EMSの価格が1台で50000円~200000円の時代もありました。ですが、今では体全体を刺激するEMSが減っており、代わりに、腕部、腹部、脚部など定まった部位を強化できるEMSが多く登場し、価格も50000円以内に抑えられるようになったのです。

足踏みダイエットを行う場合、足に負荷が集中しやすくなりますので、脚の筋力増強に効果的なEMSを選択しましょう。

EMSの使用方法は簡単で、足にパッドを貼り付けて電源をONにするだけです。これだけで足の筋肉がリズミカルに動くようになり、あまり鍛えられていない筋肉も鍛えられるようになります。

足踏みダイエットを行う際はプロテイン、経口補水液の購入も検討に入れたほうが良いかもしれません。プロテインは、高たんぱく質のため疲労回復効果があり、経口補水液は水分補給にかかる時間を短くしてくれます。

どちらも代謝を向上させる際に必要なエネルギー、栄養を含んでいるので、力強く足踏みダイエットを続けたいと考えている人は、このような商品の購入も検討に入れたほうが賢明なのです。

足踏み効果を上げてくれる!足踏みダイエットに最適なアイテム

足踏みダイエットに最適な器具の中には、健康ステッパーナイスデイのようなアイテムもあります。

健康ステッパーナイスデイには、以下のような機能、効果があるので、長く足踏みダイエットを続けている人、高い成果を得たい人ほど良く購入されている商品です。

  • 八の字ステップに対応
  • シェイプアップ効果がある
  • 消費カロリー量を計測できる

健康ステッパーナイスデイは、縦方向のみの足踏みダイエットではなく、横、斜めの動きを取り入れた足踏みダイエットをサポートしてくれます。これを八の字ステップというのですが、体を斜めに捻る動作が付与されますので、シェイプアップにも効果的と言われています。

健康ステッパーナイスデイは、下半身の筋肉に最適な動きをサポートしてくれるだけでなく、運動時間、消費カロリー量の表示も行ってくれますので、計画的なダイエットを続けやすくしてくれる運動器具なのです。

コンパクトなだけでなく、高さ調節機能も搭載されているので、自分の足に合った高さに調節することも可能となっております。そのため、健康ステッパーナイスデイを使用している場合は、足、足首などを傷めづらいという恩恵も得られるのです。

低価格の運動器具が欲しいという場合は、エクササイズツイストステッパーがオススメです。

IMC-78と略されて販売されていることもあるのですが、エクササイズツイストステッパーは、以下のような特徴的な機能を有しているので、低価格でも、しっかりとした足踏みダイエットをサポートしてくれます。

  • 腰のひねりを意識した形状
  • 繊細な反応を示す作り
  • 運動時間、ステップ回数、消費カロリー量を表示可能

エクササイズツイストステッパーは、足踏みダイエット入門者に最適なアイテムです。ただし、体重制限が80kgとなっているので、体重に問題がある人では使用が困難になることもあります。

イメージも重要!?今ではアスリートもイメージを大事にしている

足踏みダイエットはれっきとした運動なので、イメージトレーニングを行ってから、ダイエットを開始したほうが良いです。

イメージトレーニングの必要性ですが、以下のような恩恵を得られるため、今では、プロのアスリートさえも欠かさず行うことが多くなってきました。

  • 消費カロリー量が改善されやすい
  • 部分痩せに最適な効果を得られる
  • ストレスを低減する効果もある

消費カロリー量についてですが、イメージトレーニングが上手い人では、20%前後の影響を得られることもあります。20%の影響を受けた場合、消費カロリー量が300kcalの場合は60kcalも加算されます。

また、上手にイメージトレーニングを行うコツですが、以下を理解し対処することが重要とされています。

  • 良い成果を得ている自分を想像する
  • 運動を終えて笑っている自分を想像する
  • 自身が尊敬する肉体を持っている人物を想像する

周囲が騒がしい場合、イメージトレーニングの質が下がってしまいます。また、騒音などが定期的に発生する環境で生活している場合、自分が好きな音楽を聴きながら、自分だけのイメージを確立するようにしましょう。

そして、イメージトレーニングを行う際は、ネガティブな思考、想像をやめるようにします。運動中にストレスが溜まるキッカケになりますし、運動中の集中力が散漫しやすく、怪我をしてしまう可能性が高まってしまうので、自分にとって良いことを考える習慣を身につけましょう。

また、リアルなイメージがあると、イメージトレーニングの成果は上がりやすいです。例えば、自分が好きなアスリートのポスターを飾るなど、身近なところにイメージの素を置いておくようにするだけで、より明確なイメージを得ようと努力するようになります。

具体的な対処法!姿勢も意識して足踏みの効果を上げる

足踏みダイエットは、足、腰だけでなく、背中も意識して運動したほうが良いです。

例えば、背中をまっすぐに伸ばしてから、足踏みを開始するようにしましょう。そして、足は水平に動かすイメージを大事にして、強い力で足踏みを繰り返さないようにします。

背筋を伸ばす、足を伸ばしやすい状態にすることは、足踏みダイエットだけでなく、すべてのダイエットで重要とされています。

その理由ですが、人の体は腹、背中、腰の筋肉を鍛えることが難しいからです。また、猫背などで首、肩、背中にストレスを感じることが多く、疲れやすいという人は、足踏みダイエット後にストレッチを行うようにしましょう。

ストレッチとは、上体を起こす、反らすなどして、あまり使うことのない筋肉を使うことです。ストレッチを繰り返し行なっていると、基礎代謝量がアップしやすいだけでなく、運動中の負荷をやわらげる効果も得られます。

健康的な人と比較して、自分は疲れやすいと感じている人ほど姿勢が悪く、その原因が特定できないこともあります。姿勢の問題の多くは、首、もしくは腰に集中していることが多いので、関節の柔らかさを良いものに変える努力をされていると、それだけで、体力が大幅にアップする人もいます。

また、可能であれば以下の努力も継続して行い、痩せやすい体質を得やすい状況を作り出したほうが良いです。

  • 食事は良く噛む
  • アロマを使用し気分をリラックスさせる
  • 日常生活の中でも背筋を伸ばす

食事中にあまりアゴを動かしていない人は、体力に問題があるケース、食べ物を上手に胃腸で消化、吸収できないことが多いです。そのため、体をより丈夫にする目的で、意識的にアゴを良く使用したほうが、健康的な毎日を送りやすくなりますし、ダイエット効果が高まりやすい体になります。

アロマについては、自分の好きなものを選択するだけで問題ありません。アロマの力で気持ちが疲れにくくなると、それだけで、運動のストレス、運動の質が改善されやすくなるため、長期の運動を通じて高い成果を得られるようになります。

最後に、日常生活を送る際も背筋はしっかりと伸ばすようにしましょう。背筋が伸びていると、首、肩、背中の筋肉が良く伸び縮みするようになります。

すると、筋肉が良く動くようになり、基礎代謝量が向上しやすい状況となるのです。近年では、オフィスワークの合間に背伸びを行い、さらに足踏みダイエットを行うことで、痩せやすい体質を目指す人も増えてきました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.