40代は痩せにくい?40代ダイエット成功への近道を探る!

男性も女性もダイエットは永遠のテーマですが、40代に差し掛かるとなかなかダイエット効果が現れないと嘆いている人が一気に増えます。

色々な方法を試しているのにも関わらず、なかなか成果が現れないとダイエットを続けていこうという意欲がなくなってしまうんですよね。

40代でダイエットを目指す方は、どのような方法をとるのが一番効果的なのでしょうか。

その辺りについて調べています。

悩んでいる方は是非、最後まで目を通してみてくださいね。

しっかり運動!まずは代謝を上げることが大切!

40代に差し掛かると、20代の頃に比べて筋肉量が落ちてしまい、その分、基礎代謝量も減ってしまいます。

この基礎代謝量の変化がダイエットに悪影響を及ぼすんですね…。

一生懸命頑張っているのにも関わらず、なかなか成果が現れないのは昔に比べて代謝量が減っているからだと言えるでしょう。

基礎代謝量を上げるには筋肉をつけるのが一番良いんです!

20代の頃は体の中に生き生きとした筋肉が漲っているような付き方をしているのですが、40代に入ると筋肉量が少なくなり、衰えてしまうんですよね。

筋肉に張りがない感じで、力強さがなくなってしまいます。

しかしちょっと筋肉を鍛えてあげるだけで、代謝量はかなり変わってくるんです。

なるべく、筋肉を使った生活を心がけるようにしてみてください。

そうすることで衰えていた筋力も復活してきますし、その分、代謝量がアップして、今までとは違ったダイエット効果を感じることができる可能性が高くなりますよ。

暴飲暴食は避けるべし!内蔵脂肪にも繋がりやすくなる現実

また40代は内臓脂肪がつきやすい年代だと言えます。

運動することをサボったり、暴飲暴食を続けているとすぐに内臓脂肪につながり、メタボリックシンドロームだと診断されることになってしまいます。

内臓脂肪がたっぷり体の中に付くと肥満体型になるだけでなく、内臓疾患にも大きく関わってきます。

また内臓脂肪はダイエットしても落ち難くかったりしますので、厄介なんですよね。

そうなる前に太ってきたなと思ったら、ちょっとセーブすることをこまめに行う、こうすることによって極端な肥満からは解放される筈です。

ダイエットをするにはなかなか効果が現れにくい年代なのですが、太ってしまう前にある程度自分でセーブをかけることで極端な肥満を避けることができますので、日頃から暴飲暴食を避けることがとても大切になってきます。

通常の食事にも注意!20代と同じ量を食べていたら太る原因に!

暴飲暴食を避けなくてはならないという話をしましたが、実は通常の食事にも注意が必要な年代が40代なんです。

暴飲暴食をしないことは当然ですが、通常の食事も20代の時と同じぐらいの量を食べていたら、悲しいかな肥満につながってしまうんです…。

20代の頃は同じ量を食べていても全然太らなかったのに、40代になると代謝が落ちている分、すぐに脂肪に変わってしまいます。

たとえお腹いっぱいにならなかったとしても、できるだけ腹八分の状態で留めておくことが大切になってくるということになります。

満腹中枢自体は20代と変わっていなかったりするので、お腹いっぱい食べられないのは辛いですが、肥満で悩んでいる方はある程度の空腹を我慢しなければダイエットに繋がりにくいと言うことになるのかもしれません…。

ただ、お腹いっぱい食べられなくてイライラする方はカロリーが抑えられたものなどを食事にたくさん取り入れて、上手に工夫することが必要となります。

ストレスを抱えてしまったら、イライラが募ってダイエットに大敵になってしまいます。

どうしても腹八分の状態で我慢できない方は、ストレスのないダイエット方法を考えなくてはなりません。

カロリーは少ないけれどもたくさん食べることができる食材などを自分流にアレンジして、毎日の食生活に上手に取り入れていってください。

筋トレなどをして筋肉量を上げて基礎代謝を上昇させ、カロリーの低いものを摂取するようにして、なるべく腹八分に抑えておく…これらのポイントが40代のダイエットの成功の秘訣だと言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.