フランスパンはダイエットに最適!毎日の食事に摂り入れて体質改善

フランスパンを食べるだけのダイエット法というと、それほどダイエット効果が大きいわけではない、そのように感じ取ってしまう人もおられるでしょう。

ですが、フランスパンにはご飯以上のダイエット効果、そして美容に良い効果まで存在するのです。近年では、全粒粉の食パンにもダイエット効果があるとして、脚光を浴びるようになりました。

しかし、フランスパンには他のパンには存在しない健康効果もあるので、美味しい召し上がり方、そして相性の良いオイルなどを案内させていただきます。

シンプルなダイエット法!女性から支持されることが多いフランスパン

全粒粉の食パン、フランスパンが今では女性の間で話題となっています。レシピサイトでも、これらのパンを用いたレシピが投稿されていて、ダイエット効果も注目の的になることが多いです。

全粒粉の食パン、フランスパンが、具体的にどのような形でダイエットに良いのかは、以下のとおりとなります。

  • 余計なものが配合されていない
  • 糖質の摂取量をコントロールできる
  • 通常の食パンより硬い

近年では、パンと言っても色々な原材料が使われているものも存在します。ですが、全粒粉の食パン、フランスパンは酵母に特徴がある以外では、余計なものが配合されていないという利点があるのです。

しかも、乳製品が使用されていない場合、そのことを明らかにして販売されていることが多いため、乳製品を嫌っている人でも、ダイエットのためにフランスパンを食べることが可能です。加工で使用されている原材料は、全粒粉を除くと、小麦粉、イースト、塩、水となっていますので、原材料が安全かどうかを1つずつ探ることも難しくありません。

オーガニック食材によるダイエット法とかなり似ているのですが、なにより全粒粉の食パン、フランスパンはGI値が低い食材としても、注目されることが多くなってきました。

・GI値

食品を食べた場合、食品は体内で消化吸収されます。

その際、血糖値が上がってしまうのですが、GI値は、その血糖値の変化が遅いのか、それとも速いのかを示している指数なのです。

よくGI値100に対してという表現を見かけますが、ブドウ糖を100とした場合に、他の食材はGI値いくらなのかという意味を表現しているだけです。ブドウ糖のGI値は高いという意味なので、GI値が低いものは、血糖値を無駄に上げない分だけ、血流、血管に悪影響を及ぼす割合が小さいという意味になります。

しかも、全粒粉の食パン、フランスパンは硬くなるように調整されて焼き上げられています。そのため、美味しくいただくためには良く噛まないといけません。

良く噛むようになると、食事による満腹感、幸福感が上がりやすくなりますので、このような面でもダイエットに貢献してくれるのです。

ただし、全粒粉の食パンはフランスパンより高いので注意してください。高い価格で売られているものは、5枚1組で250~350円となっているため、フランスパン、通常の食パンと比較しても高い価格で販売されていると言えます。

ふすまの健康効果!?そもそもふすまとはどういうもの?

フランスパンの健康効果は、主にふすまと言われているものの影響を受けて、健康効果が高まる仕組みになっています。

ふすまとは、小麦の外皮、胚芽などを指して用いられているのですが、ふすまには以下の栄養成分が多く含まれています。

  • ミネラル
  • ビタミン
  • 食物繊維

ミネラル、ビタミンともに糖質、脂質の代謝で欠かせない栄養成分です。

・代謝

体内に摂り込まれた栄養が、正しく使用されるために必要な機能のことです。

代謝には新陳代謝、基礎代謝が存在し、新陳代謝は細胞などを新しいものに変える代謝機能、基礎代謝は、栄養を用いてエネルギーを使用する代謝機能が該当します。

つまり、フランスパンを良く食べていると、体内のエネルギーが無駄なく使用されるようになるため、結果的に痩せやすい体質になれるわけです。逆に、GI値が高いご飯、もしくは、糖質、脂質が多いとされる麺料理を食べていると、代謝が上手く機能しなくなり、太りやすい体質になってしまいます。

そして、フランスパンには食物繊維まで含まれているのです。フランスパンには、100g中に約4.0gの食物繊維が含まれているため、一般的な野菜と同量、もしくはそれ以上の食物繊維を摂取できる作りになっています。

食物繊維には以下の作用も存在するため、お通じの問題を改善する際に効果的と言われることも多いです。

  • 整腸作用
  • 悪玉菌の増殖を抑える

整腸作用は、乳酸菌を多く含む飲料、もしくはヨーグルトといった発酵食品を食べることで、腸内が活性化する作用のことです。整腸作用は、食物繊維を摂取することでも作用が起きやすくなるのですが、日本人は、慢性的に食物繊維の摂取不足に悩まされている状況となっています。

また、摂取不足に陥っている場合は腸内が荒れやすく、有毒物質を生み出す悪玉菌が増殖しやすくなるのです。腸内が荒れやすい状況では、食欲がわかない、便意を催す頻度が減る、排泄量が減るなどして、体質が太りやすいものになってしまいます。

そのため、フランスパンのふすまを食べることで、腸内の活性化を図ることは、ダイエット、悪玉菌の問題を解決する上でも重要となるのです。

カロリー量ではわからない!フランスパンダイエットの魅力

ご飯はカロリー量が多いと言われています。ですが、フランスパンなどの食パンも、ご飯と比較して、それほどカロリー量が少ないと断言できるわけではありません。
  • ご飯:約170kcal
  • フランスパン:約280kcal
  • コッペパン:約270kcal
  • 全粒粉のパン:約270kcal
  • ライ麦パン:約260kcal

上記は100g中のカロリー量となっているのですが、ご飯はそれほどカロリー量が多いわけではないというのは、実際に比較してみると良くわかります。

ただ、ご飯にはGI値の影響だけでなく、食べ過ぎてしまう問題もあるため、今では、ご飯よりパンを食べたほうが、ダイエット効果が高まると言われるようになりました。ご飯の場合、パンのように切り分けて食べることができませんし、正確な容量でおにぎりを作るのにも手間がかかります。

このような背景が存在するため、ご飯でダイエットするのは難しいと言われているのです。

他にも、ご飯は良く噛まずに食べられるという問題があります。ご飯は、パンと比べて見た目がツルツルとしているので、噛む必要を感じない人もおられるでしょう。

ですが、これでは食事時間が短くなってしまうのです。食事時間が短い場合、長い場合と比較して血糖値が上がりやすく、その分だけ内臓に負荷がかかるようになります。

すると、消化そのものが曖昧になってしまったり、栄養を上手く使用する、内臓に蓄えることが難しくなってしまいます。このようなエネルギーは糖質から脂肪へと変化し、やがて内臓脂肪と言われる、脂肪燃焼を高めることが難しい脂肪になってしまうのです。

女性の多くは、パン食によるダイエットを推奨することが多いです。このような隠れた問題も含めて、パンのほうが勝っていると言えるところが多いため、今では、パン食を支持する人たちが増えているのです。

食事の小顔効果!フランスパンには小顔効果を得られる要素が多い

何度か案内しましたが、全粒粉の食パン、フランスパンは通常の食パンより硬いです。

また、これにより食事時間が長くなるようになりますが、他にも、以下のような健康効果、美容効果も得られるようになります。

  • お通じ改善効果
  • 小顔効果

食べ物は、良く噛むことにより段々とふやけていくようになります。パンの場合、良く噛むことで水分を多く含んだ状態となり、さらに胃腸で消化吸収が早まるようになるのです。

すると、食物繊維の健康効果が高まりますので、フランスパンのダイエットは、硬いフランスパンを用いたほうが良いというのは、それほど大げさなことを言っているわけではありません。日本人の場合、食事の欧米化が進んできているため、昔に比べてアゴを使って噛む頻度が下がっています。

アゴを良く使わない食事は唾液量が減り、また、満腹中枢をあまり刺激しない食事になってしまうのです。

このような食事が長く続くと、お通じそのものが悪化することもありますし、なにより食事量が増えやすくなってしまうのです。なので、食事によるダイエットを行う際は、アゴのことも考慮に入れて、健康面の増強を果たすように調整したほうが賢明でしょう。

また、女性の間ではフランスパンには小顔効果があるため、ダイエットよりも小顔効果を得るために、食事の一部をフランスパンに変える人も出てきました。

ご飯などを食べても、しっかりとアゴを使っているようであれば、小顔効果を得ることは可能です。しかし、ご飯を主体とした食事を行っていると、食欲を満たすことに傾注するようになるため、中々、アゴを使用する頻度、ダイエットに良い食事を覚えることが困難になります。

このような観点を含めてフランスパンを評価すると、フランスパンは、女性の多くの悩みを解決してくれる素晴らしい食材なのかもしれません。

女性にとってありがたい効果!フランスパンで便秘解消が可能

フランスパンには、便秘解消効果があるとされています。

一説には食物繊維の健康効果により、お通じそのものが改善されるため、便秘解消効果があるとされています。ですが、その他の説には副交感神経を刺激するため、フランスパンで便秘を解消することができるという説もあるのです。

このような説は、最近になって言われるようになったのではなく、昔から存在している説の1つです。

ですが、今までは以下のような問題が起きにくい生活を行っている女性が多く、その影響で、これらの説が有名になることはほとんどありませんでした。

  • 睡眠不足
  • ストレス

睡眠不足は、生活リズムが狂っている場合、もしくは、正常な自律神経の動きが認められない場合に起きやすいです。現代人は、昔の人に比べて夜遅くまで起きている人が多く、これは男性だけでなく女性も該当するのです。

年齢的に若い人ほど、睡眠不足が顕著になりやすく、また、食事バランスの悪さも指摘されるようになってきました。食事に関しては、インスタント食品、コンビニ食品に頼る人が増えてきたため、自炊される人が減ってきたのも、睡眠不足、ストレスに大きな影響を与えていると言われています。

しかし、フランスパンなど硬い食べ物を良く食べている人の中には、アゴが丈夫なだけでなく、食事そのものに気を遣う人が多いのです。

このような食事を通じて健康を学ぶ人が増えてきたため、前述の副交感神経に良い食べ物についても、段々と注目されるようになってきました。フランスパンの場合、傷みづらい、保存しやすい、色々な料理と相性が良いため、女性から支持されやすいのは当然のことかもしれません。

主食をフランスパンに変えるだけ!それがフランスパンだけの強み

フランスパンによるダイエットですが、ダイエット方法は至ってシンプルです。

というのも、主食をフランスパンに変えるだけで、簡単にダイエットを継続できるようになっているからです。

ご飯をフランスパンに変えた場合、炭水化物の摂取量が減るため、内臓脂肪を減らす際も効果的となります。

・内臓脂肪

お腹の腸間膜(ちょうかんまく)に蓄積している脂肪のことで、通常の脂肪とは異なり、少し運動した程度では燃焼しない特徴を有しています。

ただし、食事の節制、そして運動を繰り返す努力をされている場合、皮下脂肪並みの速度で燃焼するという事実も存在するのです。

ですが、内臓脂肪は付けないように努力するほうが楽です。そのため、ダイエットを通じて内臓脂肪の量を減らしたい場合は、新しく内臓脂肪が付いてしまう食生活を改善し、さらに、食事量を制限して運動に励んだほうが良いでしょう。

ダイエットの際に、カロリー量ばかりに気を取られていると、このような脂肪の性質を忘れてしまうこともあります。ですが、フランスパンによるダイエットの場合は、このような脂肪の対策が標準で付与されているため、ダイエットに詳しくない人にも最適なダイエット法なのです。

菓子パンでダイエット!?フランスパンと同等の効果は得られる?

注意となりますが、フランスパンがダイエットに良いので、菓子パンもダイエットに良いのではという考えは早めに捨てましょう。菓子パンを食べて食事量が調節されていると、その恩恵でダイエットに成功するのは事実です。

摂取エネルギーが少なく、代謝エネルギーが増えている状況なのですから、体重減となるのはおかしくない話でしょう。ですが、菓子パンには多くの糖質が含まれているだけでなく、味わいが濃厚であるという事実も存在します。

すると、甘みを味わうだけの目的で、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるため、性質的にフランスパンのダイエットに近くても、フランスパン並みの効果を得るのには時間がかかります。なにより、菓子パンは1個70~150円で売られていることが多いため、ちりも積もれば山となることを考えると、コストパフォーマンスで優れていると言いづらいのです。

また、パンのダイエット効果を引き上げたい場合ですが、オリーブオイルを加えるようにしましょう。

オリーブオイルというと、近年では、えごま油並みに売れるようになった、健康、美容の面で高評価が続いている調理脂の1種です。しかし、オリーブオイルには以下の作用が存在するため、パンから得られる健康効果を高める、そのような効果を期待して使用することも可能となっています。

  • オレイン酸(不飽和脂肪酸)で代謝量アップ
  • コレステロール値を下げる

オレイン酸の作用ですが、血液中のコレステロールを除去する効果があります。そのため、オレイン酸を良く摂取している体は、コレステロールの問題だけでなく、内臓の問題も改善することができるのです。

コレステロールは一定量を超えて体内に存在すると、内臓の働きを弱めてしまうことがあり、その影響で代謝量が下がってしまうこともあります。暴飲暴食だけでなく、老化によりコレステロール値が上がる人もいるため、今では、オリーブオイルなどに含まれるオレイン酸が注目されるようになりました。

また、オリーブオイルを加えるといっても、小さじ一杯分をパンにかける、パンの一部をオリーブオイルにひたすだけで問題ありません。オリーブオイルは、中性脂肪の減少でも効果を期待できますので、メタボリックシンドロームの問題を抱えている場合も、フランスパンを通じてダイエットを行うことが可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.