気軽に続けられる緑茶ダイエット!飲むだけで効果が得られる

日本人にとって、食事や休息時などにお茶を飲む習慣は根付いており、様々な場面で飲まれています。

お茶の種類の中でも、緑茶は日本人になじみが深く、お茶の葉本来の色が感じられ、すっきりとした飲みごたえになっています。

そんな緑茶ですが、実際に飲んでみると体に様々な効果が期待できるといわれ、特にダイエットで注目されています。

緑茶を飲むだけで効果が得られるダイエットは、どのような方法で効果的に痩せられるのでしょうか。

飲むだけで続けられる!緑茶ダイエットの効果

緑茶ダイエットは、その名の通り緑茶を飲んで痩せる方法で、緑茶に含まれる成分によって効果が得られます。

お茶は日本人になじみが深く、親しみやすい味であることから長く続けられやすく、気軽に効率よくできます。

緑茶はダイエットに向いている飲み物でもあり、緑茶自体にはカロリーはほとんどなく、ダイエット時に余分なカロリーを得ることはありません。

緑茶に含まれているカテキンやカフェインという成分が、体内の脂質などを排出する働きがあり、脂肪を燃焼させやすくします。

食事で摂取した脂肪を分解する効果が緑茶の成分にあり、脂肪の分解と燃焼を同時にできる飲み物でもあります。

脂肪に働きかけるので、緑茶は食事の際に飲むと効果が得られやすく、運動前に飲むことでも効果があります。

飲み物を選ぶ際にもカロリーは気になりますが、緑茶にはカロリーがないので、カロリーを気にせず飲めるのが大きな特長です。

効果を得るためには?緑茶ダイエットの方法

緑茶ダイエットは、緑茶を飲むタイミングや方法によって得られる効果が異なり、様々なダイエット効果が得られます。

  • 運動前に飲む
  • 食事の前に飲む
  • 食事の後に飲む

これらのタイミングで緑茶を飲むときは、温かい緑茶を飲むことがおすすめで、体が温まり新陳代謝が高まります。

運動する前に温かい緑茶を飲むことで、新陳代謝がよくなり、脂肪が燃焼しやすくなるので、より効果的に痩せられます。

食事の前に飲むと満腹感が得られて食欲を抑えることができ、食事の後に飲むと摂取した脂質や糖質の吸収を抑えることができます。

冷たい緑茶よりも効果が出やすい温かい緑茶を飲むことが最適で、濃い目の緑茶にするとカテキンやカフェインの摂取量が増えます。

ダイエットに最適!おすすめのヘルシア緑茶

緑茶にはカテキンという成分が含まれ、脂肪の吸収を抑える効果がありますが、そのカテキンを多く含んだ緑茶があります。

それはヘルシア緑茶というもので、特定保健用食品として人気があり、健康に良いお茶としてよく飲まれています。

カテキンを多く含まれていることから、従来の緑茶よりも渋味が強いものになっており、これが健康にいいとされています。

ヘルシア緑茶を飲んでダイエットすることができるので、通常の緑茶よりも脂肪の燃焼が早く進むようになります。

カテキンを多く摂取することで、少し運動しただけでも体の内面が熱くなっているのがわかるほどで、少し動いても汗をかくことがあります。

ヘルシア緑茶は冷たい状態でもカテキンからの効果が得られるもので、温めて飲むとさらに効果が期待できます。

飲んだ時に気になる!ダイエット以外の効果と注意点

緑茶にはダイエットに効果的なカテキンやカフェイン以外にも、様々な栄養素が含まれているので、その他の効果にも期待できます。

その中でも緑茶に含まれているビタミンCは、コラーゲンを作る働きがあるので、ダイエットとともに美容にも効果があります。

緑茶は殺菌作用を持っている飲み物でもあり、飲んだ時に口の中で殺菌作用が働き、虫歯予防にも期待できます。

緑茶はダイエットなどに効果的で飲み続けられますが、実際に飲み続けるときには注意点があります。

緑茶に含まれているカフェインが体に様々な影響を与えるため、眠りにつきにくくなるときは夕食時に飲むのを控えるようにしましょう。

妊娠中の場合は飲みすぎに注意しなければならず、下痢や胃痛になる場合はカフェインが刺激になることがあるので、避けたほうがいいでしょう。

緑茶はダイエットに効果的ですが、これらの注意点があることも忘れず、より効果が得られるように飲むことが大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.