餃子を食べるダイエット!?ご飯が欲しくなるけどそこは我慢!

今や中華料理店などで、定職のメニューに入っている餃子!皆さんはお好きですか?あるいは家庭で手作りでホットプレートで焼くのも美味しいですよね。

実は今餃子を食べると、ダイエットに繋がる情報が持ち上がっているのです。「え~?餃子って油まみれでいかにも太りそう!」ってお考えのアナタ。実は餃子は食べすぎなければ太らないのです。

信じられないのですが、餃子の何処にそんなダイエットの効果があるのか、徹底的に調べてみましょう!

今や日常でよく食べる餃子!いつ日本へやってきたの?

餃子は殆どの方がご存知かもしれませんが、元々は中国の食べ物です。

餃子に使われる皮は、小麦粉で出来ており、その中に具を混ぜで皮で包んで作るやり方は昔からありました。

餃子の発祥地、中国では餃子を主食として食べている習慣が今でも根強く続いております。これは日本人が1日3回お米を炊いてご飯として食べるのと同じことと言えます。

それでは中国の餃子がいつ日本にやってきたのか、その由来を調べてみましょう。

餃子が日本へ初めて来たのは?何と江戸時代であった!

中国の主食と言われている餃子が初めて日本にやってきたのは、何と!江戸時代であったことが判明しました。そんなに古くから餃子は日本へやってきたんですね。

しかもその餃子を始めた食べた歴史上の人物は、テレビドラマで一世を風靡した「水戸黄門」で有名な、徳川光圀です。

しかも徳川光圀は、中国から亡命したチュスンスイから、この餃子の良さを教わりました。

その後明治時代になると、餃子は本格的に日本国内に知れ渡り、中華料理店などで取り扱うことが多くなりました。しかし明治時代から「餃子」と呼ばれていたわけではなく、中国の言語「チャオツ」と言われていました。

どんな形で餃子を作られていたかはハッキリしませんが、明治時代ではメリケン粉を皮にし、具を包んで作っていました。ですが当時の餃子は高級品であったこともあり、一般市民はなかなか口にすることが出来ませんでした。

餃子が一般市民に食べられるようなった!それはいつからなの?

明治時代では、日本の一般市民がなかなか食べられなかった餃子ではありますが、ちゃんと一般市民が食べられるようになったきっかけはあります。

そのきっかけというのが、第二次大戦後、大日本帝国陸軍が中国・満州から多く引き上げたことがきっかけで、ますます広まりました。

戦後の日本が徐々に平和な生活へと変えることが出来たお蔭で、餃子はご飯のおかずとして、一般市民の食卓に並ぶようになりました。

日本国内で、生餃子を売りだしたのは、ちくわやはんぺんなどの製品を作っていることでも超有名な、「株式会社 紀文」です。

現代は餃子は生だけじゃなく、冷凍食品などでもスーパーで多く販売されています。

今では当たり前として食べている餃子も、歴史をさかのぼって調べてみると、こんなに古くからあるんだなとつくづく感じました。

太ると誤解されやすい餃子!でもダイエットには向いてるって何故?

餃子は日本料理ではないので、見た目だといかにも太りやすくて、ダイエットには不向きなのではないか?と誤解されやすいです。

ですが餃子は今やダイエット食品として注目を浴びています。その辺のご紹介をしましょう。

餃子は意外とカロリーが低い!

自宅でホットプレートやフライパンなどを使うと、どうしてもサラダ油を引いて焼きます。ここで見ると、油があるから餃子も太るのではないか?と思われがちです。

ですが餃子のカロリーは1個で約40キロカロリーで意外と低いのです!

例え10個食べたとしても約400キロカロリーなので、ファミリーレストランで定番のハンバーグステーキ定職の約650~800(相場)キロカロリーより、遥かに低いことがよく分かります。

それにレストランで食べるハンバーグステーキは、エビフライや唐揚げなどの付け合わせが多く、カロリーはいささか高めです。

でも餃子の場合は違います!餃子は単品献立として取り入れられているので、他のおかずを作ることはまずありません。

餃子だけで十分献立として成り立つことが出来、高カロリーになることがないことから、ダイエット食品として向いているということで、今や注目されているのです。

これは更なる新しい発見とも言えます!

それって本当なの!餃子って夕飯に食べればダイエット出来るの?

スーパーで売られている餃子用の皮は、一袋が25枚になっています。家庭で作る場合、家族の人数によっては皮が50枚必要になったりする場合も多々あります。

健康的にダイエットするのであれば、餃子の皮に具を混ぜる前に、その材料を考える必要もあります。そんな材料が餃子ダイエットに適しているのか、調べてみましょう。

餃子ダイエットが何故向いてるか?それは野菜が多く取れるから!

餃子が意外とカロリーが低い!だからどうしてダイエットに向いてるかは、やはり多くの野菜を取れるメリットがあるからです。

野菜だけではどうしても栄養が偏りがちになり、ダイエットの最中で体調不良にもなりかねません。手作りで餃子を作る場合は以下の野菜が材料の定番としてよく使われています。

  • ニラ
  • キャベツ
  • にんにく(人によって好みで入れたり、入れなかったりのことが多いです。)
  • ネギ

見てもお分かりの様にこれだけの野菜を多く材料として使い、そして牛ブタのひき肉を混ぜ合わせることによって餃子は、結構体にもいい食品だということがご理解いただけるかと存じます。

何故夕飯にダイエット効果あるの?

多くの女性の場合、ダイエットは夕飯の食べすぎを気にしてる方が多いです。ですが人間の体は、朝や昼間の疲れで、かなりのカロリーを消耗しています。

カロリー消耗と疲労回復にも、餃子はいいのです。

餃子は食べると結構満腹感を感じさせてくれるので、疲労回復にはいい食品なのです。

ですから夕飯に食べるのが一番お勧めなのです。疲労回復+ダイエットにまさしく効果を発揮します。

餃子ダイエットの成功の秘訣!ビールやご飯は一緒にしちゃダメ!

餃子は食べると、結構お腹が満たされて、食べすぎを抑える効果もあります。

ですがいくら夕食にダイエットにお勧めと言っても、餃子との食べ合わせにも注意が必要です。

その辺が何だかアナタはお分かりですか?

それは餃子をご飯のおかずにしない、そしてビールのおつまみにしない、と言うことです。

いくら餃子でダイエット効果があるとしても、ご飯と一緒に食べると炭水化物の取りすぎになりかねませんし、ビールのおつまみにだと、ついつい食欲が増して、必要以上に餃子を食べすぎてしまう可能性が大きいからです。

ダイエットを目指すのであれば、夕飯は餃子のみにしましょう。ご飯やビールが一緒だと何もダイエットの効果には繋がりません。

折角餃子に混ぜた具の栄養素が台無しになってしまうからです。それを常に頭の中に入れておけば、健康的に餃子ダイエットに成功しますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.