逆立ちの効果とは?新陳代謝を向上して身体をキレイにシェイプアップ

今まで逆立ちダイエットはあまり聞いたことがありませんでした。ただ健康法として逆立ちを取り入れているという話は聞いたことがあります。

そんなに悪いイメージもありません。むしろ手軽にできて、「体にはいいのではないか」と思っています。

まずは、健康法としての逆立ちをご紹介して、そのあとダイエットになるかどうか検証していきたいと思います。

逆立ち健康法による効能はどんなものか

逆立ちは、どちらかというと健康法のイメージが強いのですが、逆立ちをすることでどんな効能があるのでしょうか。

1. 肩こりの予防
2. 頭に血液が流れ、スッキリする
3. 内臓が元の位置に戻り、「ぽっこりお腹を解消」してくれる
4. 下半身の血液が上半身にも循環する。

逆立ちすることで

日頃鍛えることのできない肩を鍛えることになるので、肩こりを解消してくれる。

頭に血液が流れ、スッキリするに関しては個人差があると思うのですが、そういう意見もあるということです。

禅僧の座禅やヨガの瞑想に近いものかもしれません。素人がすぐにスッキリする感覚が得られるかは疑問です。

一定期間、継続した方には、良いものになるのかもしれません。

胃下垂などになっている方は、積極的に逆立ちをすることで内臓を元の位置に戻す効果があります。下腹がポッコリしている方などは改善するかもしれません。

下半身の血液が上半身にも循環するということは、血液循環が良くなるということです。冷え性改善にもなり、むくみの解消、健康にも良いでしょう。

では次は逆立ちダイエットのやり方についてです。

逆立ちダイエットのやり方

普通の逆立ちができる方は、壁に足をつける形で逆立ちをしてみましょう。

時間的には1分を目安にしてください。

逆立ちダイエットのを調べていると、「3分くらいしてください」というものもありましたが、そんなに長くやる必要はありません。

逆に危険なのではとも思います。適度な時間やるのがベストです。

これが通常のやり方ですが、腕力のない方などはなかなか逆立ち自体できないという人もいらしゃるのではないでしょうか。

そういう方は「肩立ち」と呼ばれるポーズがオススメです。

やり方は

1. 仰向けの状態になる
2. 腰を持ち上げながら足を上げていきます
3. 手で腰を支え、肘を床につけてキープします。

この体制をキープできない人は、壁を利用してください。

逆立ち健康法の、肩こりの解消はこの方法では難しいかもしれませんが、後の3つの効能については問題ありません。

背中から下の部分が逆立ちと同じ状態になるので、逆立ちと同じ効果が期待できます。

あと通常の逆立ちに代わるものとして、三点倒立もあるのですが、自信のある方はいいのですが、結構体勢を維持するのも難しいので、あまりお勧めはできないです。

逆立ちダイエットをやるときの注意点は以下の通りです。

  • 四十肩、五十肩など、肩に以上のある場合はやらないこと
  • 高血圧の持病がある人はやらないこと
  • 食後など、満腹の状態でやらないこと

このような点に気をつけて、逆立ちダイエットをやって見てください。

逆立ちダイエットの効果

逆立ちダイエットの効果についてですが、実際のところ1日1分を2、3回するだけで、痩せる効果を謳っているサイトもありましたが

たいていの逆立ちダイエットの紹介記事では、ダイエット面よりも健康面でのメリットを強調しているところが多い印象です。

ですから

ダイエット目的で逆立ちをやることは、あまりオススメしません。しかし、健康法としての逆立ちは、けっして悪いものではないでしょう。

普段と全く違う血流を体験することができるので、血液循環は良くなるでしょうし、瞑想に近い状態を味わうこともできるかもしれません。

ストレス解消にもなりそうですし、やって見る価値はあるかもしれません。

ただ、痩せることを期待して、逆立ちをしても望む結果は得られないのではないでしょうか。

結論、「ダイエットとしての逆立ちは期待できないが、健康法として取り入れるのはアリかも…」です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.