心拍数ダイエットについて知りたい!効率よく痩せる方法

運動を一生懸命している割にはなかなかダイエットの効果が出ない…このように悩んでいる方がとても多いんですよね。

運動するということ自体、結構疲れるものですし、運動に慣れていない方は結構億劫になるはずです。

億劫になっても結果がついてきてくれれば良いのですが、ダイエットの成果が全く見られないと、正直へこんでしまいます。

そんな時は自分の運動の仕方に改めて注目してみましょう。

間違った運動方法を取り入れていませんか。

いま心拍数ダイエットというものが注目されているのですが、運動してダイエットをしたい人の救世主になるかもしれません。

どういうものか知りたい方は是非、最後まで読んでみてください!

難しい?心拍数ダイエットとは一体どんな方法?

心拍数ダイエットは心拍数を測り、効率的に脂肪を燃焼させようとするダイエット方法だと言われています。

…正直、これだけ聞いても全く、わからないですよね。

早い話、ダイエットをするなら、うまく体脂肪をエネルギー源として使われる運動強度(運動強度とは凄いダッシュであるとか、早歩きとかゆっくりした歩き方等)が必要で、その運動強度に適した心拍数で運動すること事で効率よくダイエットが出来るというものなんです。

例えば人間の体は急激な激しい運動をすると心拍数があがり、ハァハァと息が切れるようになりますよね。

その状態の時は体の脂肪をエネルギーとして使わず、なんと、脂肪の替わりにグリコーゲンを使うわけです。

100メートルダッシュなど、思い切り運動強度を上げると心拍数も上がり、息が切れるほど疲れるわりには、脂肪はぜんぜん燃焼していないということになるわけです。

脂肪燃焼を目指すなら、息が切れない運動を長く続ける事がコツ

逆に言い換えると、ダイエットをする場合は、心拍数が極端に上がらず、息が切れない程度の持続出来る運動を出来るだけ長く続ける方が、脂肪燃焼に繋がりやすいと言われているんです。

ですので、ウォーキングはダイエットにおすすめ!とか言われるわけですね。

早歩きなど、息も絶え絶え、心臓バクバク、頑張っているわりには全然ダイエットになってないと言う方は、ダイエットに必要な心拍数を知りましょう。

そして、その心拍数を持続出来る運動を長くしたほうが良いという事になります。

あなたの脂肪燃焼に適した心拍数の求め方!

さて、ここからが重要なのですが、あなたの脂肪燃焼に適した心拍数の求め方を覚えておきましょう。

まずは全力疾走などをして自分の脈拍(心拍数と脈拍数は同数値のため)の最大限数値を知りましょう。こうなると、脈拍計測器などが必要になってくるんですよね。

本当は計測器できちんと計ったほうが良いのですが…およそ、「220-自分の年齢」で出た答えが最大脈拍数の目安とされています。

例えばAさん、年齢50歳の方ならば、220-50で170がAさんの最大脈拍数と予想されます。

ここまでわかれば、後は簡単です!

ダイエットに適した心拍数は最大心拍数のおよそ、半分から65%!

Aさんがダイエットをするため、ウォーキングを選択したときの脂肪燃焼効率の良い脈拍数(心拍数)の求め方です。

ダイエットに効果的な脈拍数(心拍数)は最大心拍数のおよそ、50%から65%とされています。

この%を「目標脈拍数」といい、ダイエットをするための運動や、スタミナを付けるための運動に等、目的よって変わってきます。

つまり、最大脈拍数×50%ならば、170×0.5で85が脂肪燃焼効率の良い脈拍となります。

60%ならば170×0.6で102が脂肪燃焼効率の良い脈拍となります。

因みに50%から65%で脈拍は20ほど違います。

脈が多いほど息が切れている可能性がありますので、例えダイエット効果の高い適正脈拍内であっても疲れるようならば、少し、脈拍を落とす%にすれば良いでしょう。

最大脈拍数の50%から65%内で無理の無いよう、調整してください。

いかがでしたか。

本当にダイエット方法はいろいろありますが、ダイエットに運動は欠かせないと言われています。

特に食事を取りながら痩せていきたいと思っている方は、運動は不可欠となります。

しかし闇雲に運動してもただ息が切れるだけで、さほど効果が上がらないという方も多いんです。

そんな時は上記のように痩せやすい心拍数を知って、無駄な運動は避けるようにしましょう。

上記を知っておくことで疲れにくく、そして持続しやすい運動が可能となります。

是非、参考にしてください!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.