ダイエットとお洒落は両立できる!ハイヒール履くだけダイエット

ダイエットに関する記事ではよく「ハイヒールは履くべきでない」と書いてあります。でも、ハイヒールって美脚効果やお洒落の幅も広がるので、ただ履くだけでも幸せな気分になれますよね。本音はハイヒールもお洒落だってしたい!そんな女性が多いのではないでしょうか。

ダイエットが成功するまでお洒落を我慢するくらいなら、いっそハイヒールを履きながらダイエットしませんか!え、セオリーから外れて大丈夫?そう思った方もご安心下さい。実はハイヒールは正しく履けばダイエット効果があるんです!お洒落とダイエット両方諦めたくない。そんな貴方にハイヒールを履くだけで出来るダイエットのコツをご紹介します!

そもそも、なんで「ハイヒールは履いちゃダメ」なの?

ダイエットではハイヒールは厳禁!そんなことが書かれている記事は多いですよね。ハイヒールは場合によって足に強く負担がかかる靴であることは本当です。

ハイヒールによって起こるトラブルってどういうのがあるの?

★画像1
http://www.nikkei.com/content/pic/20130510/96958A96889DE7E6E4E0E0E0E5E2E2E0E2E7E0E2E3E185E2E1E0E2E3-DSXDZO5462228002052013W03201-PN1-28.jpg

ハイヒールを履いていると、どのような問題が起きるのでしょうか。様々な記事を見ていると、

  • 外反母趾になってしまった!
  • ひどい靴擦れになってしまった!
  • O脚になってしまった!

なんて風に書いてあります。特にアンケート調査の結果では、若い女性の間では外反母趾や足のむくみで悩んでいるという結果が出ています。

“足の悩み”についての調査では、10~20代女性は、30~40代女性と比較して、足の悩みを多く抱えている傾向が見られました。
特に、“外反母趾”の傾向が見られる10~20代女性は、30~40代女性より40%以上も多く、“偏平足”や“浮き指”など、足の変形に関するそれ以外の傾向についても、それぞれ10%以上高い結果となりました。
引用元:足の「おしゃれ障害」に要注意!!

でも、思い出してみてください。スーパーモデルと呼ばれるような方や、憧れの女優さんたちは、皆さん日常的にハイヒールを履いていますよね?なんで、ダイエットに良くないハイヒールを日常的に履けるの?そう思ったことはありませんか?

「ダイエット中はハイヒールを履くな」は実は誤解だった!

ダイエット記事でありがちな「ハイヒールを履くな」という文言ですが、実はこれはハイヒールを履くための正しい知識がないためにそう書かれているんです!

足や膝に負担がかかる、それはつまり逆に言えば履くだけでエクササイズしていることになるということです。もしあなたが足に合った靴を正しく選ぶ方法と、上手な履き方の知識さえあれば…。「ハイヒールはダイエットでは使用しない」どころか、むしろダイエットに効果抜群なアイテムなんです!

効果抜群!ハイヒールを履くだけで実感できる効果!

では実際ハイヒールを履くとどのような効果が実感できるのでしょうか。主要な効果をご紹介します!

履くだけで「-2kg」の見た目!

『脚が一番キレイに見える』といわれる7センチのヒールを履くと、履くだけで7センチ分の身長が高くなります。膝の位置が高くなり、足の甲の分だけスラリと伸びて見えるようになります。

150センチ58kgの女性と、157センチ58kgの女性を想像してみてください。同じ体型なら、背が低い人よりも背の高い人のほうが痩せているように見えますよね。実際、見比べてみた時の印象は身長が150センチの時よりも157センチの時と比べて-2kgほど差が出ると言われています。

つまり、ハイヒールを履くだけで、すらりとした長い脚が手に入るだけでなく、体重すら少なく見えるんです!

姿勢が良くなる!

ハイヒールを履くときは、姿勢を正して立たなければ足に無駄な負担がかかってしまいます。脚が地面についている面積も狭くなり、バランスを取ることが難しくなるので、姿勢を一定に保つだけでも筋力を使わないと保てないためです。ハイヒールを長時間正しい姿勢で履き続けるだけで、後姿も美しい姿勢が身に付きます!

全身が引き締まる!

ハイヒールを正しく履くと、正しい姿勢をキープすることになることは先ほどご説明しましたが、姿勢を保つには、インナーマッスルを鍛えなけば長く続けられません。つまり、ハイヒールは履くだけで体幹を刺激することができるんです。

長時間のウィンドウショッピングはハイヒールだとすぐ疲れてしまう。といった経験はありませんか?これは、全身の筋力が刺激されている証拠です。結果的に、足やくるぶしだけでなく、お腹や背中、お尻の引き締め効果も生まることになり、ハイヒールは履くだけで全身に引き締め効果が生まれるんです!

ヒップやバストアップ効果も!

全身引き締め効果は、バストアップやヒップアップの効果も見込めます。体幹が鍛えられ、全身が引き締められることに加え、姿勢が正されてすっと立てるようになると、バストとヒップの位置が相対的に上がります。結果的にヒップやバストも理想の位置へと移動して、全身モデル体型になれるんです!

気分はバレリーナ!?つま先の筋力を鍛えよう!

基本的に、バレリーナのつま先立ちと同じことをしているのがハイヒールです。ハイヒールを正しく履くにはつま先の「踏ん張り」が重要です。この筋肉が鍛えられないと、足に悪い負担が掛かってしまい、結果として一般的な記事のように「ハイヒールを履くな」という状況になってしまいます。

そこで、つま先の筋肉をほぐし、長時間ハイヒールを履くための筋力を鍛える簡単ウォーミングアップエクササイズを紹介します。

所要時間2分!簡単つま先の筋力の鍛え方

やり方:

1.イスに座りかかとと膝はくっつけたまま足を直角に下ろす

2.足指を指で上から押して外へ外へと伸ばす

3.足指を床につけたまま踵を引き上げ、扇のように指を広げた状態で、30秒キープ*1 

4.そのままさらにかかとを上げて、ゆっくり押し出すように足の指を内へ折っていきます。バレリーナのように垂直な状態になったら、30秒キープ*2

ポイント:

*1 かかとと膝はくっつけたままで!

*2 つってしまいそうになるかもしれませんが徐々に慣れます。ココが出来るようになるとラクになれます!

その他にも、土踏まずを指で押したりなにかボールを踏んだりして、足裏をマッサージするとより効果的です。

正しいハイヒールの選び方と、そのコツ

どういったハイヒールが自分の足と合っているのかわからない!そんな悩みを解決するためのポイントをご紹介します。

正しいヒールの高さってどうしたらわかるの?

まず、どれくらいのヒールなら無理なく履けるのか?を確認しましょう。つま先立ちのまま、かかとをつけないように部屋を歩いてみてください。歩いた時のかかとの高さが、無理なく今の自分の脚で体重が支えられるヒールの高さになります。

気になるデザインの選び方は?

高さが決まったら、今度はデザインですよね。こちらは、TPOに合わせて靴を選ぶことをオススメします。

どうしても可愛くて、足が痛くなるのはわかっていてもお洒落のために使いたい!そんな場面もあり得ます。そういったお洒落靴の場合は、日常で歩くための靴とは別物と考えて、履きかえたり車で移動するなど、足に負担の少ないように工夫するようにしましょう。

一方で、長時間履くハイヒールはデザイン性より歩きやすさを重視して考えるべきです。幅や甲の高さは、足指が縮こまらず、ゆるまないものを基準に考えます。

特にかかとはかぽかぽしてしまって、蹴り上げたときに脱げないようなものを選びましょう。滑り止めやバンドも必要なら積極的に使用検討することをオススメします。

また、一般的につま先が厚みがある方が歩きやすいと言われています。ピンヒール>太めのヒール>ウェッジソールの順に履きやすいと覚えましょう。

正しいハイヒールの選び方はズバリ、これだ!

http://www.nikkei.com/content/pic/20130510/96958A96889DE7E6E4E0E0E0E5E2E2E0E2E7E0E2E3E185E2E1E0E2E3-DSXZZO5476274008052013000000-PN1-26.jpg

以上をまとめると、

  • 無理のない高さのヒール
  • かかとがかぽかぽしたり、脱げたりしないもの
  • 幅、かかと、甲の高さがぴったりと合うもの
  • デザインよりも履き心地重視

以上に気をつけて自分にあったハイヒールを選びましょう!

履いている時のコツ・歩く時のコツ

ハイヒールを履いて立ったり歩いているときに気をつけたいことがあります。

  • つま先と膝の方向
  • くるぶし
  • お腹を意識すること

つま先と膝の方向は常に同じ方向に向くように意識し、くるぶしは正面から内くるぶしを見せるよう少し開いて立つとキレイに見えます。踏み出す時は、脚をクロスさせるように前へ出し、一本の線にかかとを内側へ着地するように歩きましょう。

着地する時は、かかととつま先同時にすると足に負担がありません。少しだけ親指側に体重をかけるよう意識するとより良いです。膝が曲がらないようにまっすぐ伸ばし、脚先まで一直線にぴったりくっつけることを意識すると、足痩せ効果が高まります。

また、腹筋の辺りに重心をもっていくように歩くとバランスが安定して歩きやすくなります。目指すはいわゆるモデル歩き!少し意識するだけでも、全身の筋肉が鍛えられます。

立っているだけで出来る簡単エクササイズ

ハイヒールを履くことになれたら、立っているだけででいる簡単エクササイズに挑戦してみましょう!どれも2~3回を3セットすると、よりよい効果が見込めます。呼吸は止めずに鼻呼吸を心がけてくださいね!

ぽっこりお腹の引き締め

やり方:

1.少し足を前に出し、逆足の土ふまずのあたりにかかとをつけてまっすぐ立ちます

2.前の足を後ろへけり上げ、おしりの後ろまで上げたら5秒キープ

3.逆足も同様に繰り返します。

ポイント:足首は垂直に保つこと!

足首を細くするエクササイズ

やり方:

1.膝とくるぶしをくっつけてまっすぐ立ち、お腹を意識しましょう

2.かかとを上げて、つま先立ちをします。そのまま5秒キープ!

3.ゆっくりと戻す

ポイント:かかとは外に開かないように!アキレス腱を伸ばすイメージでやりましょう。

ふくらはぎを引き締める

やり方:

1.まっすぐ視線は前を向いて、膝とくるぶしをくっつけてまっすぐ立ちます

2.そのまま足首をお尻へつくまで蹴り上げます。足首が直角を保つように注意しましょう。3回繰り返します。

3.反対側も同様に3回繰り返します。

ポイント:ひざ裏を伸ばすことを意識すると、ふとももの裏に効果的です。ふらついてしまうときは、どこかにつかまるようにしましょう。

キーワードは「腹筋」!もっと痩せるために意識すべきこと

ハイヒールを正しく履くことで体幹が刺激されることは先ほど述べました。このとき、「腹筋」を意識するとさらに痩せる身体になれるんです!

たしかにハイヒールを履くと、姿勢が悪くなったり膝が曲がってしまうことがあります。その膝を伸ばすために重要なのが、お腹(=重心を内側に)を意識することなんです!

美しい立ち姿を保つためには意識すべき、内くるぶしを外へ向ける、尾てい骨を下げる、肩甲骨を中心に寄せる、という3つのポイントがあるのですが、筋肉を意識すると、それらの姿勢が自然に活性化されるようになります。

つまり、腹筋を意識してハイヒールを履くだけでさらに痩せられる体になれるんです!

クールダウンのための柔軟ストレッチがキモ!

一日ハイヒールを履くことは足に負担になることは事実です。過度に脚に負担をかけると、脚を痛めてしまったり、痛めた部分をかばって変な歩き方になっていしまい、結果的に外反母趾といった怪我につながります。

こういったトラブルを避けるため、足首や足先などのストレッチによる脚への負担の予防、毎日のケア方法をご紹介します。

両足のリラックス:あおむけになって寝そべり、足を上に持ち上げそのまま30秒ぶらぶらさせる

ふくらはぎのマッサージ:足首ふくらはぎひざ裏を下から順に押し上げるマッサージ

股関節のストレッチ:片足膝縦、両手を前足の膝上へ、そのまま状態は倒さずにゆっくりと前に押し出る。目線は前で。両足3回ずつ

ひざ裏のストレッチ:片足で立膝。上半身を折りながら後ろ足のひざ裏を伸ばす

足裏ほぐし:自分で指を曲げたり伸ばしたりする

ポイントはリンパを意識して、やさしくマッサージするようことです!この他にも、股関節や背中もストレッチなどで伸ばすとより効果を出すことが出来ます。

ダイエットとお洒落を両立!一石二鳥のハイヒールダイエット!

ダイエットとお洒落、どちらも諦めたくない。そんな方にオススメなのが、ハイヒールダイエットなんです。ハイヒールダイエットのメリットは

  • 足がスラリと長く見える
  • 体重が軽く見える
  • 全身が引きしまる
  • バストアップ・ヒップアップ効果がある
  • 姿勢が良くなる
  • 痩せる身体になる

です!ダイエットをしながらお洒落もできる!こんな楽しいダイエットはなかなかないと思います。

筋力が付くまで少し大変かもしれませんが、「~ながら」で出来るダイエットの中では運動量も多くかなり効果的です。ハイヒールを履いたことがないという方も、ダイエット中でハイヒールを我慢しているという方も、ぜひ一度チャレンジしてみることをオススメします!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.