痩せるホルモンGLP-1の分泌促進!ダイエット効果がぐんと上がる

さまざまなダイエット方法を試行錯誤してきたかたも多いと思います。今回は「痩せるホルモン」についてです。

どんな魅力的なダイエット方法も、基本は食事制限、運動を行なって痩せるものです。でも痩せるホルモンと聞いてちょっと今までのダイエット方法とは

一味違う印象を受けます。その辺のところを詳しく調べていきたいと思います。

痩せるホルモンてどんなもの

痩せるホルモンにはどんなものがあるのか。脂質の少ないタンパク質、GI値の低い炭水化物、食物繊維と良質な資質をとることを意識すると

脂肪燃焼を促すグルコガンを活性化できます。満腹感を感じさせる腸内のYYペプチドなどのホルモンもアップさせてくれるものです。

このグルコガンやYYペプチドなども痩せるホルモンです。この痩せるホルモンのGLP-1が今注目されています。

GLP-1はあまりお腹が空いた感じがせず、糖質の吸収を抑えたりとする性質がありダイエットにうってつけのホルモンかもしれません。

*GLP-1は「グルコガン様ペプチドー1」の略です。

痩せるホルモン(GLP-1)の特徴

痩せるホルモン(GLP-1)の特徴を挙げると

  • 食事をすると分泌される
  • 満腹中枢を刺激する
  • 糖質の吸収を抑える
  • インスリンを分泌しやすくなる

痩せるホルモン(GLP-1)は食事をすると分泌され、その分泌量が多ければ満腹中枢を刺激し、食べ過ぎるのを防ぐ効果があるとされています。

また糖質の吸収を抑えられると、体に脂肪が蓄積されにくくなります。そのうえインスリンが分泌されることで血中に増えた糖質から変化したブドウ糖をエネルギーに変換してくれます。

ただ痩せるホルモン(GLP-1)の分泌量は個人差があります。

この痩せるホルモン、できたらいっぱい出したいと思いますよね。そうしたらダイエットしやすくなるのだから、その方法を次の章でご紹介します。

痩せるホルモンはどうしたら増えるのか

痩せるホルモンをたくさん分泌するようにするためには、腸内環境を整える必要があります。腸内環境がよければ、多く分泌されます。

では腸内環境を整えるにはどうしたらよいのでしょうか。それは乳酸菌を増やすことです。

乳酸菌を増やすためには、乳酸菌を摂取することや、オリゴ糖、食物繊維を積極的に取る必要があります。

オリゴ糖や食物繊維は、乳酸菌を増やす手伝いをしてくれるものです。

乳酸菌はサプリメントでも摂れますが、食事としてはヨーグルト、キムチ、漬物、味噌などから摂ることができます。

オリゴ糖を摂れる食事としては玉ねぎ、ネギ、キャベツ、ごぼう、アスパラガスなどが挙げられます。

このようにして乳酸菌を多く摂るなどして、腸内環境をよくして、吸収のいい体になったところで、今度は痩せるホルモン(GLP-1)をどう取り込むかについてです。

痩せるホルモンは青魚に多く含まれているらしい

いよいよ今度は痩せるホルモン(GLP-1)を腸内に取り込むためには、どういうものがあるかについてです。ズバリ青魚に多く含まれているということがわかっています。

青魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれており、このEPAを多く摂ると痩せるホルモンが多く分泌されることになります。

青魚の代表的なものを食べればよいということになります。

EPAの多い青魚としては、さば、いわし、あじ、さんまなどがよいでしょう。食べ方としては青魚を刺身にすると、多くの EPAを摂ることができます。

青魚のお刺身が苦手な方は、手軽なサバ缶(水煮)などでもEPAは摂れますので、頑張って食べてみてください。

青魚以外ではチラコイドという成分が痩せるホルモン(GLP-1)を多く分泌させるダイエット成分として注目を集めています。

チラコイドはホウレンソウなどに含まれている成分です。サバ缶とほうれん草を食べるといいかもしれませんね。

痩せるホルモン(GLP-1)を注射して痩せる?

今までは腸内環境を整え、痩せるホルモンをたくさん分泌させるための食事などを考えてきましたが、痩せるホルモンを直接、注射するダイエットも可能になってきているようです。

この方法はアメリカなどで糖尿病に対しての治療に用いられていたものを、ダイエットに転用したものです。

それを日本でも、やっているところがあるみたいです。簡単にできるものではありませんが、医師に遠隔診察でも受けて、処方箋を出してもらって注射を手に入れるようです。

「食欲が自然と落ち、ダイエットも可能です。」みたいなキャッチコピーでお医者さんのクリニックを紹介しているサイトがあります。

もし興味を持たれたら、一度見てみてはいかがでしょうか。

ただ、もともとは病気を治療する目的でするダイエットになるのでしょうし。保険を適用できないとなるならば、かなりの高額なお金が必要になるのでしょうね。

私は、ヨーグルトで腸内環境を整え、サバ缶の水煮派ですけど…

痩せるホルモン(GLP-1)を利用したダイエットの注意点

前節では少しダイエットでもかなり変わったダイエット方法に話が脱線してしまいました。

元の、食事で痩せるホルモン(GLP-1)を分泌させる方法に戻りましょう。

ここでの注意しておきたいのは、甘いものやアルコールを控えるということです。

これだったら通常のダイエットとなんら変わりないじゃないかとお怒りの方も出てくるかもしれませんが、やはり腸内環境を良い状態でキープするためには必要なことなのです。

腸内にはカビの一種「カンジダ菌」があります。それが甘いものや、アルコールを摂取するとカンジダ菌が繁殖して。痩せるホルモン(GLP-1)の分泌の邪魔をしてしまいます。

特にアルコールの弱い方は極力飲まないことをお勧めします。

また鉄分を補給しておく。腸内をいい環境に保つためには解毒作用を発揮する鉄分も摂っておきましょう。

鉄分補給にいいものはレバー、赤身の肉、パセリ、シジミなどがよいでしょう。積極的に摂るようにしてください。

痩せるホルモンダイエットのあり方

今回痩せるホルモンのダイエット方法を調べてみて、ダイエットも色々あるのだなあとつくづく考えさせられました。

私が考えるダイエットは、食事や運動を中心としたダイエット方法を普通のものだとおもっていました。

しかし、ダイエットでも病院の脂肪吸引やGLP-1注射など

もうダイエットではなく治療の域に入ったやり方も存在するのだとびっくりしました。

そして、それを利用したダイエットもお金を出せば利用できる時代になっていることにも驚かされました。

皆さんもダイエットには興味があるけれど、ここまでのダイエット法に手を出す方はまだまだ主流ではないと私は思っています。

この記事を読んでくださっている方は、そんな医療行為が必要になっているほど肥満な方は少ないと思いますし

このお腹周りがなんとかなればいいですとか、二の腕がもう少し引き締めたいとか思われている方に、

気軽にこのダイエットのやり方試してみようかなあと思ってもらえる記事を書けたらなあと考えております。

今回の痩せるホルモンのダイエット法もそんな風にお気軽に、試していただけたら幸いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.