ホットヨガはデトックス効果あり!常温ヨガと比べて良い点悪い点

健康的にダイエットをするために、通常のヨガまたはホットヨガをしているという方は多いかと思います。

ヨガの魅力と言えばやはり、エアロビクスのような激しい運動をしなくても良いこと、そしてゆったりした気持ちで体を鍛えられるという点ですよね。

そこで「今から始めてみようかしら」という方の中には「通常の常温ヨガとホットヨガ、どっちの方が痩せる効果が高いの?」

「どうせやるなら、効果の高い方で効率よくダイエットしたい!」と考えている方もおられるでしょう。

今回の記事では、通常の常温ヨガとホットヨガの違いはあるのか?についてと、ホットヨガのメリットやデメリットなどについて紹介していきます。

効果の高い方はどっち?常温ヨガとホットヨガに違いはある?

まず最初に、通常の常温ヨガとホットヨガの違いについて紹介しておきましょう。

両者の違いは何か?と言えば「ヨガを行う環境が違うこと」が一番の違いだと言えます。

通常の常温ヨガが、私達が普段普通に生活している環境で行うのに対して、ホットヨガの定義は、気温33℃以上の場所で行うこと、とされています。

常温のヨガ 高温多湿でない環境で行う。適温の室内や屋外、自然の中など、どこでもできるのがメリット。
ホットヨガ 室温33℃以上(38~40℃が適温)であり、なおかつ湿度は55~65%の部屋で行うもの。

ホットヨガの方は、高温多湿の環境で行うため、ヨガの最中に汗をかいて、リフレッシュしやすいのが特徴です。

しかし、ホットヨガの最中に体内で起こる心拍数の変化や、血液中に分泌されるホルモンなどは、常温ヨガを行う場合と、とくに違いはないとされています。

それでは、ホットヨガを行うメリットとは何なのでしょうか。これから詳しく紹介していきましょう。

ホットヨガのメリットは?肝心のダイエット効果は高いの?

いったんホットヨガの定義をおさらいしておきましょう。ホットヨガは、室温38~40℃、湿度55~65%の部屋で行うもの、とされています。

このような環境で運動を行うため、ホットヨガには以下のようなメリットが挙げられます。

  • 冷え性が改善される
  • 体が伸びやすいのでケガ防止になる
  • 汗をたくさんかくのでデトックス効果がある
  • 運動をした達成感が味わえる

体におこるホットヨガの良い効果4つを紹介!1.冷え性改善


気温や湿度が高い環境で体を伸ばすと、体温も上がりやすいために体が芯から温まり、続けるうちに冷え性が改善されることがあります。

ですので、「手足のつま先が冷えやすい、寒がりで冬が嫌い」という方には、ホットヨガはオススメのダイエット方法です。

また、寒がりな方は「夏の気候が嫌いではない、冬よりもましだ」という方も多いようですね。

このような方にも、高温多湿の環境で行うホットヨガは、向いているスポーツだと言えます。

ホットヨガの良い効果その2!ケガをしにくい環境で運動できる


高温多湿の環境で体を伸ばすことは、体が中から温まるため普段の状態よりも筋や筋肉などが伸びやすくなります。

筋肉などが伸びやすい、ということはいつもよりちょっと無理をして伸ばしても、筋を痛めたりすることが少ないということです。

このため、ケガをしにくい状態で安心してヨガをすることができ、常温ヨガよりも、のびのびと体を伸ばせる充実感が味わえるでしょう。

ホットヨガの良い効果3!汗をたくさんかいてデトックス

これがホットヨガを行う上での最大のメリットだと言えます。ホットヨガは常温ヨガと比べると、40℃近い高温と、多湿の環境で行うため、汗をたくさんかくことができます。

このため、デトックス効果があるとされています。また、汗をたくさんかくことは、体中にある汗腺の詰まりなどを取り除き、汗腺の働きを良くする効果も期待できます。

その他、定期的に汗をかいて汗腺をスッキリさせることは、イヤなにおいの体臭を予防することにもつながります。

ホットヨガの良い効果4!ちゃんと運動したという達成感

汗をたくさんかくことは、人によっては「運動して良い汗かいた!」と体を動かした達成感を味わえる場合も、あるのではないでしょうか。

常温ヨガでは、普通の気候の中でヨガを行うため、とくに寒い季節などは、ヨガをしても「ちょっと汗ばむ程度で終わってしまった」ということもあるでしょう。

その点ホットヨガは、高温多湿の中で行うため、秋や冬などの肌寒い季節でも、気持ち良くたっぷりと汗をかくことができ、運動した達成感が味わえます。

ホットヨガのデメリットはあるの?ホットヨガに向かない人は?

それでは、メリットを紹介したあとにデメリットも挙げてみましょう。ホットヨガには以下のようなデメリットが考えられます。

  • 汗をかくのが苦手な方には不向き
  • 暑いのが苦手な方には不向き
  • 体が伸びすぎるのがイヤな方には向いていない
  • 普通の室内や屋外ではできない

ホットヨガのデメリット4点を紹介!1.汗をかくのが苦手な人は×

「あまり汗をかきたくない」、「サウナなどが苦手で汗をかくと気持ち悪くなる」…という方も、おられるのではないでしょうか。

また、「貧血気味でたくさん汗をかくようなことをすると、吐き気がしてしまう」など、このような方には、高温多湿の環境で行うホットヨガは、多くの体力を消耗するので向いていません。

ホットヨガは、場合によっては温泉でのぼせたような状態になってしまうこともあります。

体力にあまり自信がない方は、ホットヨガをする前に普通の常温ヨガから始めてみる方が良いかもしれません。

ホットヨガのデメリット2!暑いのが苦手な方には向いてない

ホットヨガは、「夏が大嫌い、暑い場所にいるとストレスに感じる」という方にも向いていないでしょう。

ホットヨガを行う環境は、空調の効いていない真夏の室内でヨガを行うものと似たような感じだと考えて、あまり間違いはないでしょう。

ダイエットのためとは言え、自分のストレスになるような環境にわざわざ足を踏み入れることは、精神衛生上良いことではありません。

以上のような場合は、ホットヨガではなくて、普通の常温ヨガをオススメします。

ホットヨガのデメリット3!体が伸びすぎるのが嫌な方には不向き

体が芯から温まると、筋肉や筋などが必要以上に伸びすぎて、普段の状態よりも関節の可動域が大きく広がる場合があります。

これはホットヨガを行う上でのメリットでもあるのですが、このような体の状態が好きでない、という方にもホットヨガはオススメできません。

「体の素直な可動域で、運動をしたい」という方は、常温ヨガをする方が良いでしょう。

ホットヨガのデメリット4!「どこでもすること」はできない

ホットヨガは高温多湿の環境を作って行うものなので、普通の屋内や自然の中で行うことができません。

自然界で行うなら、真夏の間しか行えないということになります。もしくは、熱帯地域に行かないと、できません。

ヨガを行うことを習慣にしている場合は、「いつでもどこでも」という状態では行えないのがホットヨガです。

ホットヨガの効果に魅力を感じたら始めてみよう!

ホットヨガと常温ヨガの違いや、ホットヨガのメリット、デメリットなどについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

結果的に、「ホットヨガは痩せる効果は高いのか?」という点については、汗をたくさんかくということ以外は、常温ヨガとあまり違いはありません。

ですので、紹介してきたホットヨガの良い効果について「自分に合ってる!」という方はホットヨガを始めてみましょう!

デメリットを見て「自分にはあまり合ってないかも」という場合は、常温ヨガがオススメです。

ホットヨガも常温ヨガも、行う環境が違うこと以外は違いがないのですから、自分に合った方で、キレイを目指しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.