ホットヨガで美しく痩せる!ダイエット中に効果的なやり方

ダイエットしたいけれど、体力があまりない。疲れるのは嫌。あまり、動きたくない。と、言う考えがあるかもしれません。そんなあなたに、激しく体を動かさずに可能なダイエット方法のホットヨガをお教えします。

ホットヨガとは?

ホットヨガと普通のヨガってどうちがうの? と、思っている人もいるかもしれません。そもそも、ヨガとはヨーガと言って古代インドの宗教的行法で心身を鍛錬して、精神統一をするものです。日本でいう座禅に実は近いのです。

それらが、フィットネス目的のエクササイズとなったのが世間で知られて居るヨガです。そのヨガを室温、35度から39度前後。湿度は60%前後に保った状態で行うのがホットヨガです。

高温多湿と言う環境で行うと、筋肉ののびが良く汗をかく事から新陳代謝の改善に役に立ちます。そのために、美容やダイエットに効果があります。

始めるのに必要な品

ホットヨガは先程も言ったとおり、高温で多湿な状況です。そのために、必要なのは暖房設備と加湿整備です。さらに、高温多湿に耐える部屋が必要です。また、汗をかくのでシャワーが必要ですし、服を着替える必要もあります。

そのために一般的に、ホットヨガをしようとしたら教室に通う人が多かったりします。わりと、人気がある習い事でして特に女性に人気でして女性専用の教室などもあるそうです。

始めるためには、適切な服装を着て十分な水分補給が必要です。汗をかくので普通の水ではなくスポーツドリンクなどがオススメです。

妊娠中の女性の場合は医療機関に相談をしてください。

ホットヨガの効果

ホットヨガには数々の効果があります。

ダイエット効果を初めとしていろんな効果もあります。

  • 冷え性改善
  • むくみや肩こりの解消
  • 便秘の解消
  • 美肌効果

ホットヨガは血行と代謝を促進して冷えにくい体になり、むくみづらい体となります。また、美肌や肩こりの解消などの効果があります。また、リラックス効果から便秘解消にも効果があります。

ダイエット効果の理由

ダイエットで必要なのは、汗をかく事です。高温多湿と言うのは、わかりやすく言えばサウナに似た環境です。(さすがにサウナルームほどの高温多湿な所ではありませんが)また、ヨガでは筋肉を痛めたりする心配もなく体温の上昇も早いのです。

代謝が上がる

新陳代謝が上がれば、脂肪が燃えやすい体となります。つまり、食べても太りにくい体になるのです。もちろん、いくら食べても太らないわけではありませんが痩せやすいと言う体になります。さらに、ダイエットの後の体重維持も楽になりますのでダイエットに成功したんだけれど、しばらくしたらダイエットする前より太ってしまった! と、言う悲しい事が減ります。

自律神経を整える

自律神経が乱れると代謝が低下したり、血行が悪くなり夜に眠れなくなります。この悪影響は、体の消費カロリーが低下してしまうことがあります。ヨガは元々、精神統一などの修行の要素があるので自治津神経を落ち着かせる効果もあります。ダイエットでストレスが溜まる事もあると思いますが、精神を落ち着かせる事があります。

姿勢が良くなる

姿勢が良くなるのは嬉しいことです。モデルや女優などはみんな姿勢が良いはずです。ホットヨガなどでは、普段の生活でゆがんでしまった体の姿勢を正すことが出来ます。普通に歩くだけで美しく見えます。何より姿勢が正しいとぽっこりお腹の解消があります。

ホットヨガをするには

ホットヨガに対していろいろと説明をしましたが、ホットヨガをするには高温多湿の場所が必要です。どこへ行けばよいのか? と、思う人がいるかも知れません。
実際に家では難しいかったりします。なので、

トレーニングジム
ホットヨガ専門のスタジオ

と、言った場所がオススメです。都市部ではホットヨガ専門のスタジオが多くなっています。

お家のお風呂でホットヨガ

設備が揃っているトレーニングジムや専用スタジオでホットヨガ。けれど、時間も必要だしお金がかかる。と、悩んでいる人もいるかもしれません。

そんな人には簡単に室内でできる場所をお教えします。そこは、実はお風呂なんです。

もちろん、お風呂場以外でもできますがヒーターやエアコンで室温を39度に調節して、加湿器で湿度を調節する必要があります。この場合は、自分でヨガのポーズを覚えて起きましょう。

ホットヨガをする環境は、電子機器には負担がかかる環境です。

なので、メモに書いておいたりして一人でも出来るようにしておいてください。

お風呂に浸かりながらする簡単なホットヨガ

お風呂は当然ですが温度は高いですし多湿です。また、汗をかいてもすぐにシャワーを浴びれますし、お風呂に上がればすぐに水があります。必要ならペットボトルなどで水を持ってはいる事も可能です。

それでは、お風呂で出来るホットヨガを幾つかご紹介します。

牛の顔のポーズ
これは、二の腕のたるみを解消するポーズです。二の腕がたるんでいて腕を出したくないと言う悩みの人にオススメです。

  • 湯船で座り右の手を万歳して肘を曲げる。
  • 曲げた肘を左手で頭の後ろから掴み、左へひく。
  • 三十秒そのポーズをキープして鼻で深呼吸をする。
  • 手を入れ替えて、繰り返す。

鶴のポーズ

二の腕から背中を引き締めシェイプアップできるポーズです。肩こりにも効果があるポーズとなります。背中を大きく見せる服なども着られる様になります

  • 湯船に座り両手を体の後ろで組む。
  • 両腕を後ろに伸ばしながら息を吸う。
  • 胸を開きながら顎を少し上に上げる。
  • 三十秒ポーズをキープしながら鼻で深呼吸をする。

一本足のポーズ

ミニスカートを身に着ける上でどうしてもきになる太ももを引き締めるポーズです。

  • 湯船で膝を立てて座る。
  • 両手をお尻の後ろに置いた状態で背筋を伸ばす。
  • 片足が水平になるように持ち上げつつゆっくりと息を吸い、つま先を天井に向ける。
  • 上記のポーズを三十秒、保ちながら深呼吸をする。
  • 足を入れ替えて手順を繰り返す。

お風呂でのホットヨガでの注意事項

お風呂でホットヨガは手軽で簡単にできます。汗をかいたとしても、その後にシャワーを浴びたりすれば良いですし、お風呂から上がったら水を飲むことも簡単です。

けれど、注意点もあります。

お風呂でのホットヨガをする上で気をつける事

気軽に出来る分だけ、注意点もあります。

お風呂の中で転倒をしてしまったりして怪我をする。と、言う事もあります。お風呂場はいろいろとものがごちゃごちゃしている事もありますので、気をつけてください。

また、お湯に浸かる時間が長くなる分だけのぼせる事もあります。のぼせると体調を崩す原因となりますので、無理が無い程度にしてください。

また、あくまでお風呂でのホットヨガは簡単なものなのです。本格的にやりたいのならば、専門家が見ている場所に行くことをオススメします。

再三に注意するようですが水分補給や体調の変化に気をつけてください。

スタジオでしたら、インストラクターがいるので安全面では安心出来ますが自宅でやる場合は、自分の体調管理もきちんと気をつけてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.