40代でも諦めない!リバウンドせずに確実に痩せて綺麗になる方法

「ダイエッター」なんて呼ばれることもある、ダイエット情報に詳しく、またダイエット経験がとても豊富な人。かつてトライしてきたダイエットにはそれなりの効果もあったけど、その体型や体重をずっとキープできていたというわけではない。必要に応じてダイエットを重ねるけれど、だんだんと効果が感じられなくなっていく…。

これって、実によくある話なんです。

20代から30代前半くらいまでは、ダイエット効果に満足が得られやすい。しかし、30代後半から40代にさしかかってくると、痩せにくいカラダになってきてしまうのです。

30代後半〜40代になるとなぜ痩せにくいカラダになってしまうの?

いま現在の30代後半から40代はファッションもライフスタイルも若々しく、10年前、20年前に「中年」と呼ばれていた世代とはまったく違います。

昨今、「見かけ年齢は×8」という考え方があって、40歳で計算してみると、40×8=32。いまの40歳は見かけ上、20年前の32歳くらいの若さを保っていると言われてます。

しかし、30代前半と比べて基礎代謝は確実に落ちています。そう、これが若い頃に比べてダイエットが成功しにくくなっている最大の理由です。

現代人に特有の「運動不足」もダイエット失敗に拍車をかける!

20年前、30年前と比べて生活のオートメーション化はすさまじいばかり。マイカー利用者の増加から、ふつうに「歩く」こと自体が少なくなっているであろうと容易に想像できます。

さらに「階段の上り下り」や「雑巾がけのための四つん這い・小走り」という動作に至っては、日常的にほとんどしない・できないというような人が増えているのではないでしょうか。

見かけ的には若さを保っている今の日本の40代。しかし、総じて運動不足傾向にあり、基礎代謝も低いと考えられます。

いまの40代が、痩せようとすることは難しいのでしょうか?

ダイエットしてもムダだった、なんてことにならないために!

若い頃に比べて基礎代謝が落ち、確実に痩せにくくなる30代後半〜40代でも、リバウンドせず確実に痩せられる方法はないわけではありません。

しかし、30代後半〜40代の人がダイエットにより確実に体重は落とすことができたとしても、気をつけたいことがあります。

それは、若い頃と違って、肌のツヤやハリが衰えていく、加齢が少しずつすすんでいく年代なので、痩せることで「綺麗」になるというより、「やつれた」「老けた」という印象を与えかねないということです。

痩せにくい40代でもリバウンドせず綺麗に痩せる方法はある!

ダイエットに成功して痩せても、周囲から「あのひと、最近めっきり老けちゃったな」などと思われるくらいなら、むしろダイエットなど頑張らないで好きなモノを好きなだけ食べて、暢気に過ごしていた方がよっぽどマシ、というものです。

ただ痩せただけ、やつれた、老けた…、なんてことにならないように、どうせダイエットに挑むなら、若々しく綺麗に痩せたいものですね。

また、必死で頑張って体重を落としたのもつかの間、あっという間に元の体重・体型にリバウンド…。なんて残念な事態も防ぎたい!

痩せにくい40代でもリバウンドせず綺麗に痩せる方法はあります。

その方法をこれから見ていくことにしましょう!

体重減少にこだわらないのが30代後半〜40代ダイエット成功の秘訣

若い頃、「食べないダイエット」に何度か成功していて、すっかり味を占めて30代、40代になってしまった人も案外少なくないようです。

とくに過食しがちな人は、食べた分量の重さがそのまま体重を増やしてしまうのだ、などと考え、「食べなければ体重は増えない」と一食抜き、あるいは過激に二食抜きをして、「体重が減った」と喜んでいたりします。

食事抜き“間違い”ダイエットが正しいダイエットの成功を邪魔する!

実はこれ、大きなカンチガイ。食事抜き・食事減らしでによる体重の減少はあくまで一時的なもの。

さらに、食事を大幅に減らしたり、あるいは抜いて、体重を減らすことは、ちっともダイエットにならないどころか、確実に綺麗に痩せることができるダイエットの成功を阻む要因にさえ、なってしまうんです!

食事抜き・食事減らしダイエットの大きな問題点は、次の3つです。

  • 即座にリバウンドする
  • 低栄養状態(栄養失調)になる
  • ストレスがかかる

食事抜き“間違い”ダイエットで即座にリバウンドしてしまう理由は?

食事抜き・食事減らしダイエットで即座にリバウンドしてしまう理由は、二個目の「低栄養状態」とも関連性があります。

食事から摂取する栄養分が取れなかったカラダは、栄養分の飢餓状態。空腹状態を我慢して、次の食事が体内に入ってきたとき、前回摂れなかった栄養分もしっかり吸収してしまおう!と頑張り、通常より、栄養素を溜め込んでしまうのです。

普段排出されている量の栄養素が体内に過剰にとどまってしまったら…?体重増加につながることは容易に理解できると思います。

精神的にストレスを抱えている状態ではダイエット成功は望めない!

「ストレスがなくなっただけで、とくにダイエットしたわけでもないのに簡単に痩せられた」。こんな経験をしたことがある人、結構少なくないんですよ。

精神的にストレスをまったく感じていない状態であれば、気持ちよくダイエットに臨めますし、ダイエット成功もとってもスムーズです。

痩せにくい、ただ体重を減らすだけでは老けた印象を周囲に与えがちな30代後半〜40代がリバウンドせず、確実に綺麗に痩せるための心得をまとめます。

  • 体重を減らすだけをダイエットと考えない
  • ストレス要因をできるだけ排除する
  • 食事抜き・食事減らしダイエット厳禁

40代のための“老けないダイエット”鍵となるのは食事と生活習慣!

30代後半〜40代が確実に綺麗に痩せるダイエットに成功する秘訣は、体重減少にばかりこだわらないこと、ストレス要因を減らすこと、一時しのぎにすぎない食事抜き・食事減らしダイエットは厳禁、ということでした。

この3つを満たし、ダイエット成功への鍵となるのが、何を隠そう食事と生活習慣なのです。

日々の食事から得られる“美しさ”への栄養素を疎かにしない!

三度の食事以外のおやつ、間食は、長らくダイエットの大敵とされてきましたが、これ、忘れてください。

間食は30代後半〜40代のダイエットのための近道。むしろ、食事全部を間食と考えてしまってもよいくらいです。

大切なのは、食べ過ぎないこと。食事を減らしすぎることや、抜くことはもちろん御法度ですが、一日に必要な食事量を細かく分けて食べることは、ダイエットの近道ともなります。

噛むことで満足が得られるナッツ類やドライフルーツなどは“美しさ”につながる栄養素も豊富でダイエットの強い味方。積極的に摂取することを心がけましょう。

運動をしなくても姿勢を意識するだけでダイエット効果が得られる!

運動を日常的に取り入れて代謝をあげることがダイエット効果を高めるということは理論的には分かっていても、運動をするのが苦手、運動をする時間がない、という人は多いと思います。

とくに運動をしなくても、日常的に姿勢を意識するだけで確実にダイエット効果が得られます。

簡単な方法としては、猫背を解消する。首を少し伸ばして肩を落とすイメージで姿勢をつくってみましょう。

首がスッと伸びて、肩を落とすので腕が長く細くなった印象が生まれ、さらにお腹がひっこむのが分かりますか。体型が若々しくなったはずです。体重が減らなくても、これだけでだいぶ見た目印象が変わります。

普段からこの姿勢を意識することで代謝もあがり、ダイエット効果を実感しやすくなります。

美しい歩き方を意識しながら、積極的に歩くことでダイエットになる

運動はしなくてもいい。とにかく歩きましょう。カラダ全体を支える足。普段からよく歩く人は日常的に運動をしていなくても足にほどよく筋肉がつき、バランスがよい。

次に歩き方ですが、がに股、内股、どちらもNG。真っ直ぐに歩くことを意識しましょう。がに股、内股、どちらの人も、両膝のあたりを交互にすりあわせるよう、意識して歩くと真っ直ぐきれいに歩くことができます。四六時中でなくともよいので、気づいたとき、この歩き方を意識してみて下さい。

また、歩くことはストレスの解消にも繋がります。思い悩むことがあるとき、誰かの言動に傷ついたり、怒りを抑えられないとき、とにかく歩いてみましょう。

綺麗さっぱり悩み解消、気分爽快…、とまではいかなくても、なにもしないよりはるかに気晴らしになることは請け合いです。ストレス解消、ウォーキング、どちらもダイエット効果を高めます。ぜひトライしてみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.