美尻の鍛え方。ヒップアップ効果のあるトレーニング法公開

綺麗な身体を目指すなら、美尻も大きなポイントになるでしょう。しかし、魅力ある美尻になるためにはどういった鍛え方が有効なのか分からないよいう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、美尻を維持したり作ったりするための、鍛える方法について探ってみたいと思います。

ぜひあなたも、美尻を目指してしっかりと鍛えてみてください。

まずはここ!美尻目指すために鍛えるのはこの部分

最初に、美尻を目指すためには身体のどの部分を鍛えれば良いのかを知っておきましょう。それは一体どこなのでしょうか。

お腹の周辺にある筋肉も大事になってくる!

美尻になりたいのなら、お尻の筋肉だけでなくお腹の筋肉が大切になってきます。お腹周辺を引き締めると、後ろや横から見た場合のシルエットについてお尻とお腹の曲線の対比がもっと改善されて、より美尻に見えやすくなるでしょう。

また、お腹周辺の筋肉の中でも骨盤の近くにある『大腰筋』という筋肉の腹筋のインナーマッスルを、鍛えておく必要があります。

それは、大腰筋を鍛えておけば骨盤を前に引っ張れるようになり、立たせられるようになるからです。そうすれば、ヒップアップが叶いもっと美尻に近づけます。

脚の筋肉だって美尻には欠かせない要素!

お腹周りと同じく、脚の筋肉も美尻には欠かせません。

日常的に太股の裏にあるハムストリングの運動をしていれば、横からの見た目としてヒップと脚の付け根のシルエットも美しくなるでしょう。

それだけでなく、セルライトを予防することにもつながるでしょう。それに、健康に見える脚は美尻をも際立たせてくれますので、太股の裏に加えて太股前の太腿四頭筋および内腿の内転筋群についても筋トレすることを忘れないことがカギとなります。

美尻になりたいならお尻の筋肉もやはり大事!

さらに当然ではありますが、美尻を目指すのであれば、お尻の筋肉のトレーニングも大事になってきます。大臀筋というのはお尻の後ろ側から横までに覆うようにして存在していますが、この筋肉は太腿を後ろに振るような動作によって鍛えることが可能です。

ヒップアップをしたいなら、この筋肉が特に大切になってきます。

この大臀筋を主軸として運動しつつ、中臀筋や小臀筋も同様に筋トレすると、全体的にハリがあって綺麗な美尻になれるでしょう。

中臀筋と小臀筋は、大臀筋の深い部分にありどちらとも脚を外側へと振る動作で鍛えられます。

実践してみよう!美尻のための筋トレ方法を伝授

ここで、美尻になるための筋トレの仕方について迫っていきます。ぜひ実践してみてください。

相撲スクワットで大臀筋の刺激をしよう!

まずは相撲スクワットをご紹介します。肩幅に比べて広く両足を開き立ちますが、この際につま先に関しては外側に向けるようにするのがポイントです。ダンベルなどを両手に持ち行うのも手段の1つとなります。

それなら、ダンベルを肩の上に乗せるようにするのがカギです。背筋を伸ばして胸を張りつつ、徐々に膝を曲げ越しを下ろしていきましょう。太腿が床と平行になったらそこで止め、段々と身体を元に戻します。

これを12回繰り返すのです。この動きにより、大腿四頭筋やハムストリング、内転筋群だけでなく、ヒップアップに特に重要な大臀筋が刺激できます。

ケトルベルデッドリフトで大臀筋などを鍛えよう!

続いては、ケトルベルという道具を用いた筋トレ方法です。両足を肩幅ほどに開いて直立します。両手を真っ直ぐにして身体の前面に伸ばし、ケトルベルを両手に持ちましょう。背筋は伸ばしたままに、ケトルベルが床に着きそうになるまでに上体を前屈させていきます。

大臀筋を意識しつつ徐々に上体を起こして元に戻していくのです。こちらも12回続けて行い、ケトルベルがなければダンベルもしくはペットボトルでも代用できます。この筋トレでは、主として大臀筋や太腿の裏にあるハムストリングを鍛えられます。

それに、背中の脊柱起立筋にも効果があるため、横からのビジュアルも良くなるでしょう。

ドクターキックは収縮がポイントのトレーニング!

ドクターキックというのも、大臀筋に効果が期待できます。

筋肉の使い方がスクワットとは異なりますし、収縮する動きなのがポイントです。

まず四つん這いになって手を肩の真下に置き、膝を90度とします。膝を90度に曲げたままで、天井を蹴るような動作で脚を上げましょう。お尻が収縮しているなと手ごたえを感じられたら、元に戻ります。

慣れてきたら、ゴムバンドを用いてより負荷を加えるのも一案です。

何がある?美尻を目指すために筋トレの他にできることとは

筋トレ方法をご紹介いたしましたが、その他にはどういった美尻を目指す方法があるのでしょうか。その点をご紹介いたします。

美尻になるために!脂肪を無くしていこう

美尻になりたいなら、幾らかは脂肪を無くすというのもカギです。美尻になるというのは、ただお尻を痩せさせるだけというのが大切なわけではないでしょう。女性らしいヒップラインや美尻を目指すとしたら、脂肪もある程度は必要です。

それでも、お尻に脂肪が付着するとお尻が垂れてしまいます。

脂肪が増加すれば、脂肪細胞自体が大きくなる可能性があるのです。それでは、どうしても皮膚と骨や筋肉同士の結びつきが緩くなると考えられます。結合が緩くなれば、脂肪組織やお尻が全体的に重力に勝てずにお尻が垂れるでしょう。

運動で脂肪を無くしていくことで美尻が手に入ります。

筋トレをしてから有酸素運動をするのも美尻への道!

美尻の大敵となる脂肪を無くすためには、有酸素運動が効果的でしょう。

筋トレをしてから有酸素運動をすると、もっと効果はアップすると考えられます。具体的には、先にご紹介したような筋トレをしてから、ランニングもしくはサイクリング等を続けて行うのが適しています。

時間がとれないようでしたら、筋トレでも有酸素運動にもなるような方法を取り入れて仕上げとするのもおすすめです。

しっかりと鍛えて綺麗な美尻を手に入れよう!

美尻を目指すためには、お腹周辺や脚、お尻の筋肉が重要になってきます。美尻へのトレーニングとしては、筋トレが有効であり相撲スクワットやケトルベルデッドリフトなどといった方法も適しています。

それに、美尻になるならある程度は脂肪を燃焼させるのがポイントであり、有酸素運動も一緒に行うようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.