お菓子を食べて痩せる?新常識でスイーツを食べても痩せるダイエット

ダイエットは自分に合っていないと途中で挫折してしまうことも少なくありません。そのため痩せるのであれば自分に合ったダイエット方法の方が楽しく痩せる事ができるし、継続もしやすいです。

ダイエットの中には「お菓子を食べて痩せる」という方法もあります。ダイエット中にお菓子を食べると太るというイメージも強いですが、必ず太るという訳ではありません。お菓子を食べながら痩せる事ができるため、その方法を紹介していきます。

お菓子が好きという人は参考にしてみてください。

「お菓子を食べて痩せる」そんな理想的なダイエットがあるの!?

お菓子を食べて痩せる方法は実際に存在します。

ただし好きなお菓子を好きなだけ食べていては痩せる事はできないし、太ることもあるため知らずに始めることはオススメできません。

正しい方法で行えば痩せる事はでき、むしろダイエット中にお菓子を食べることでストレスの発散につながることもありむしろダイエットを効率良くしてくれることもあります。

食べることが好き、お菓子が好きという人はお菓子を食べて痩せるダイエットを試してみてはどうでしょうか。

お菓子を食べて痩せるダイエットはなぜ成功するのか?

お菓子を食べて痩せる事にはちゃんとした理由があります。ダイエット中に普段食べられないものが食べられずにストレスを感じてしまうことも少なくありません。そのストレスが食べすぎや体調不良の原因となり、ダイエットが失敗してしまうこともあります。

お菓子を食べれば食べられないことからくるストレスを解消できるため、ストレスからくる食べすぎや体調不良が起こりにくくダイエットにつなげることができます。

その人の生活習慣もお菓子を食べて痩せるダイエットには重要です。例えばお菓子を食べていたとしても規則正しい生活をしている人は太りにくいです。規則正しい生活をしている場合、自律神経も安定しておりいわゆる痩せやすい体質になっていることが多く、食べても太りにくくなっています。

痩せやすい体質になっていればお菓子を食べても、その分エネルギーを消費できるため太りにくく、活動状況によっては痩せる事も可能です。逆にお菓子を食べていて、生活のリズムが乱れていると太ってしまう可能性が高いため、そういった人は生活の仕方を見直す必要があります。

お菓子を食べて痩せるのであれば、普段の生活習慣も重要になるためダイエットを成功させたいのであれば食べる量、生活習慣に気を付けましょう。

お菓子を食べて痩せるダイエットは食べ方を工夫してみよう

お菓子を食べて痩せるのであれば食べ方を工夫してみましょう。いくら生活習慣が良くても食べ過ぎてしまえば太る原因となってしまいます。そのため1日に食べるお菓子の量はあらかじめ決めておきましょう。

食べても太らない量はだいたい200kcalが目安となります。

それ以上食べてしまうと太ることもあるため、カロリーを計算してお菓子を食べるようにしましょう。食べ方の工夫としては、できるだけ小分けにして食べると食べすぎを防ぐことができます。例えばコンビニやスーパーなどで大きい袋に入ったスナック菓子を見たことがあるでしょう。

こういった大きい袋に入っているお菓子は我慢しようとしてはついつい食べてしまうことが多いためお菓子によっては食べすぎになってしまいます。小分けにしておけば食べすぎを防ぐことができるため、お菓子はできるだけ小分けに分けて食べるようにしましょう。

お菓子は「おやつの時間に食べる」と太りにくい

子供の時にお菓子を食べる時に「おやつの時間」というものがあったのではないでしょうか。時間としてはだいたい15時ごろですが、この時間にお菓子を食べる事にはちゃんとした理由があります。

その理由というのは15時になると代謝が最も活発になり、お菓子を食べても太りにくい時間帯になるからです。全く太らないという訳ではないため、食べる量には注意が必要ですがお菓子を食べるのであれば15時に食べることをオススメします。

  • 朝起きたばかり
  • 寝る前

お菓子は好きな時に食べても良いですが朝起きたばかりや寝る前に食べてしまうと太る原因となるため、朝起きたばかりの時間や寝る前のお菓子は避けるようにしましょう。

お菓子は飲み物と一緒に食べると食べすぎを防げる

お菓子を食べる時に、人によってお菓子のみの人もいれば飲み物を一緒に飲む人もいます。ダイエットにつなげるのであれば、飲み物と一緒にお菓子を食べるようにしましょう。タイミングとしてはお菓子を食べる前がベストです。

お菓子の前に飲み物を飲んでおくことでそのあとに食べたお菓子が膨れて満腹感を得られやすくなります。満腹感を得られやすくなれば、少量のお菓子で満足できるため食べすぎを防ぎ、食べすぎからの肥満も防ぐことができます。

ただし飲むものには注意が必要です。お菓子と一緒に飲むのであればできるだけカロリーが低い飲み物にしましょう。オススメはお茶です。カロリーが低く太りにくいことはもちろんお茶にはカテキンが含まれており、このカテキンには脂肪の吸収を抑えるだけではなく、脂肪の排出効果にも期待することができます。

お茶に含まれる抹茶や玉露といった物には空腹を感じにくくする効果もあるため、間食を防ぐ効果にも期待することができます。コーヒーもオススメの飲み物ですが、ミルクや砂糖を入れるとカロリーが高くなってしまいます。コーヒーを飲む場合はできるだけブラックに近いものを飲むようにしましょう。

飲み物は温かい飲み物の方が太りにくいです。冷えている飲み物だと内臓を冷やしてしまう代謝の低下や老廃物が溜まりやすくなり、太りやすくなってしまいます。飲み物の種類、飲み方を工夫すればダイエットに繋げることができるため、飲み物にも工夫してみてください。

お菓子を食べて痩せるにはお菓子選びも慎重に!

お菓子を食べて痩せるのであれば、食べるお菓子を工夫することでダイエットを効率的にすることもできます。食べる物によっては太りやすいもの、太りにくいものがあるためダイエット時にはできるだけ太りにくいお菓子がオススメです。

  • ナッツ
  • チョコレート
  • ヨーグルト

ダイエット時のお菓子にはナッツとチョコレート、ヨーグルトがオススメです。ナッツにはビタミンやミネラル、食物繊維といった体に良い栄養が豊富に含まれています。健康にも効果的ですし、美容効果にも期待できるため美しく痩せる事もできます。

ナッツにはいくつか種類があり、種類によっては太りやすいナッツもあるため太りにくいナッツを食べるようにしましょう。「アーモンド」「カシューナッツ」「ピスタチオ」「クルミ」がダイエット時にはオススメのナッツです。

チョコレートは食べすぎなければダイエットにオススメのお菓子

チョコレートと言えば食べると太るというイメージが強いです。確かに食べ過ぎてしまえば太ってしまいますが、200kcal未満に抑えておけばダイエットに効果的なお菓子となります。

  • 動脈硬化予防
  • 冷え改善
  • むくみ改善
  • 美肌

チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれており、動脈硬化の予防や冷え、むくみ予防などの効果に期待することができます。ダイエット時には冷えやむくみ、肌トラブルになってしまうことも多いため、チョコレートを食べて予防することもできます。

チョコレートには食物繊維も豊富に含まれており、便秘の解消効果にも期待することができます。便秘も太る原因になるためそのままにしておかず、解消しておうことでダイエットの邪魔になりません。

チョコレートには種類があり、ダイエットに活かすのであれば「カカオ70%以上」のチョコレートがダイエットにはオススメです。チョコはダイエット時に食べるお菓子にオススメですが、カロリーが多いお菓子でもあるため食べるのであればカロリーには注意するようにしましょう。

ヨーグルトもダイエット時にオススメ!腸内の環境を整えよう

ヨーグルトには腸内の環境を整えてくれる効果に期待することができます。腸内の環境が悪いと便秘や下痢などの症状が出てしまい、ダイエットには悪影響を与えてしまいます。ヨーグルトには腸内を整えて、便秘や下痢といった症状を改善する効果があり、結果的にそれがダイエットの助けとなります。

他にも肌荒れや疲労回復効果のあるビタミン類や骨や歯を丈夫にするカルシウム、筋肉を作るたんぱく質がヨーグルトには含まれています。健康の維持や美容効果にも期待できるため、ヨーグルトは綺麗に痩せる事もできます。

ヨーグルトにナッツを入れて食べることで不足している栄養を摂取することもできるため組み合わせて食べるとより効果的です。ダイエット時には栄養が不足してしまうこともあるため、その分は間食で補う感じで間食を食べてみてはどうでしょうか。

お菓子を食べて痩せるダイエットは良い事ばかりじゃない!

お菓子を食べて痩せるダイエットは好きな物を食べて痩せる事ができるというメリットもありますが、デメリットもあるため良い事ばかりではありません。

そもそもお菓子を食べて痩せるといっても、お菓子だけ食べて痩せられるということはありません。

  • 体脂肪が付きやすい
  • 栄養失調になる

極端な人は1日3食お菓子だけ食べて痩せようと考える人もいるのではないでしょうか。食べるものすべてをお菓子にすれば確かに痩せる事はでき、痩せる事を目標にしているのであれば、特に問題ありません。しかしお菓子だけ食べていると栄養失調になってしまい体に悪い影響を与えてしまいます。

  • 冷え性
  • むくみ
  • 肌トラブル
  • 薄毛
お菓子だけ食べて痩せる場合は、筋肉や骨の密度が衰えてしまいます。お菓子だけ食べて体重が減ると言われるのは、筋肉や骨が衰えることで体重が減るからです。つまりお菓子だけ食べるダイエットは体重を減らすことはできますが、実際には脂肪が付いている可能性も高いため、真に痩せるとは言い切れません。

お菓子を食べて痩せるダイエットをしたいのであればお菓子だけ食べて痩せようとは考えないようにしましょう。

お菓子を食べて痩せるなら運動やその他の食事にも気を付けよう

お菓子を食べて痩せるダイエットは、お菓子だけ食べていても成功しません。先ほども紹介した通りお菓子だけ食べていれば痩せる事はできますが、健康的とは言えないためお菓子だけのダイエットは避けるべきです。

お菓子を食べて痩せるのであれば、バランスの良い食事と適度な運動、規則正しい生活をすることで健康的に痩せるようにしましょう。

食事では特定の栄養が不足しないように、かつカロリーの摂り過ぎにならないようカロリーを計算して食べてください。運動は自律神経の安定につながるため、ダイエットに必要な痩せやすい体質を作るために必要です。無酸素運動と有酸素運動を組み合わせると高価的なため組み合わせてみましょう。

具体的に言うと無酸素運動なら筋トレ、これは腹筋や背筋、スクワットで特に問題はありません。有酸素運動はジョギングやウォーキング、水泳、サイクリングが効果的で毎日行う必要はありませんが、適度に行うとダイエットにつなげることができます。

規則正しい生活というのは毎日3食きっちり食べて適度な運動をして、日付が変わる前に寝ることです。規則正しい生活をしていれば食べても太りにくい体を作ることができ、お菓子を食べても太りにくくなります。

簡単に痩せたいためお菓子を食べて痩せるダイエットを選んだ人も普段の生活には気を付けるようにしましょう。

お菓子を食べて痩せるには食べ方の工夫や生活習慣を見直そう

お菓子を食べて痩せる事は可能ですが、食べ方を間違えてしまうと太ることもあるため注意が必要です。お菓子を食べて痩せるのであれば、1日に食べるお菓子の量はだいたい200kcalまでにしておきましょう。それ以上食べてしまうと太る原因となることもあるため、計算してお菓子を食べてください。

お菓子を食べる場合は時間帯を選ぶようにしましょう。お菓子を食べると太りにくい時間帯があり、15時が太りにくい時間帯です。逆に朝起きたばかりや寝る前に食べてしまうと太ってしまうため、太りにくい時間帯にお菓子を食べるようにしましょう。

お菓子を食べて痩せるとしても普段の食事に手を抜いてはいけません。お菓子を食べることを意識しすぎて、食生活が乱れてしまうと体調不良やダイエットの挫折につながることもあります。

ダイエットにおいて規則正しい生活をすることはとても重要なため、普段から生活習慣が乱れているという人はダイエット時に生活習慣を見直すようにしましょう。バランスの良い食事と適度な運動、規則正しい生活をしていれば痩せやすく太りにくい体質を作ることができ、ダイエットの助けとなります。

お菓子の中には食べると太りやすいお菓子もあれば太りにくいお菓子もあります。

またダイエットをサポートしてくれるお菓子もあるため、お菓子を食べるのであればダイエットの助けになるお菓子を食べるとよりダイエットも効果的です。

お菓子を食べて痩せる事は可能なため、食べることが好きという人は普段お菓子を食べる時にダイエットのことを意識してみてはどうでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.