あまり食べないのに太る!痩せられない!悪夢の脱出方法!

食事量を制限し日々体型を維持するために努力しているのに一向に痩せない、むしろ太ってる!そんな方が少なくありません。なんで痩せないの?あまり食べていないのに太るのはなぜ?
  
あまり食べてないのに太る!食事制限しているのに痩せない!そんなお悩みを解決しましょう。

あまり食べないのに太る原因って?

痩せるために食事量を減らす方や普段からあまり食べない方もいると思います。
  
それなのに一向に痩せない、むしろ太ってる!?
  
なぜ、食べないのに太るのか、意識して食事などを抑えているのに太ってしまうのかを教えちゃいます。

  • 1日の食事が極端に少ない
  • お肉を食べない
  • 好物を我慢している
  • 油類を一切食べない
  • 運動をしない

これだけでお気づきの方もいるかと思いますが、そうです。食べてないからと言って痩せる訳ではありません。

勿論体質的な問題で食べれないのに太る方もいるかと思いますが、本質的には食べない=痩せる、は間違いなのです。 
  

結果として食べないで痩せる事は出来ますがそれは単に体から必要なものが減ることで痩せているケースが非常に多いそうです。 
  
そしてあまり食べていないのに太る方は逆に不要な栄養を体に蓄えてしまい本当に必要な栄養が足りてないそうです。

太る原因というのはなにも食事だけではありません。
  
太る原因で最も大きな理由として挙げられるのは過度なダイエットや食事などを強く意識し過ぎために生まれるストレスなのです。

我慢するということは大きなストレスを生みます。そしてそれはアナタの体に大きな負担をかけてしまい、痩せようとしている行動とは逆に太ってしまうのです。

それに、食事制限などの強いストレスはにも心に負担をかけてしまいます。

それが原因で精神病を患ってしまう可能性も・・・

結局は何事もやりすぎはダメということです。

太ってしまうその原因ストレスかもしれない!

あまり食べないから太らない、は間違っていたと十分ご理解していただけたと思います。

なんで食べないとだめなのかをここではご説明していきたいと思います。
  

まず食事量が少ないのに太るという方は糖質の過剰摂取が原因の一つとして考えられます。だからこそ食事量を減らしているのよ!と言いたいと思いますが待ってください。

食事量を減らして我慢しているからこそ余計なストレスを持ってしまい逆にストレス太りを起こしているかもしれません。

冒頭でお話をしましたが、ストレスとはダイエットするにあたって最大の敵です。
 
多少のストレスは身体に緊張を持たせ健康を維持するのには必要です。
  
ただ、過度なストレスはもはや害悪でしかありません。

  
正しい食事を意識することで心と体に余裕をもって痩せることが出来るはずです。
  
そしてそれはダイエット成功後のリバウンドを防ぐ効果にもつながります!

正しい栄養管理が痩せるための近道

さて、ここまで太る太る太ると嫌な単語ばかりでしたね。
  
ここからは痩せるための方法をご紹介します!
  
あまり食べないのに太ってしまう方はこちらに心当たりはありませんか?
  

  • 食事は1日1回多くても2回な事が多い
  • 日中は事務仕事や屋内での仕事をしている
  • 日中屋内に居る事が多い
  • 運動をあまりしない

  
1日の食事の回数が少ない方にありがちなことなんですが、小腹を満たすためにお菓子などを食べてしまっている。
 
脂質、糖質がメインの食事が多い。

そのうえ室内にこもっており運動あまりおこなっていないとドンドン体脂肪がたまってしまいます。
  
結果あまり食べないのに太るといった事につながってしましますね。

そうならないためには毎日ちょっとした意識に改革が必要です。
  

毎日出来る限り朝昼晩の3回の食事がダイエットのカギとなります。しっかりとした食事をとることでお菓子などの間食減らす効果があります。
 
ただ毎日の食事改善しただけでは足りません、適度な運動も必要です。
  
毎日30分でも構いません最初はジョギングからで十分です。毎日少しづつ無理にのない範囲で大丈夫です。

そうすることで筋肉量が増え基礎代謝もよくなります。適度なジョギングなどの有酸素運動は便秘の改善にも効果的です。

意外と知らない方がいるかもしれませんが無理なダイエットなどを続けていると酷い便秘を招くこともあるそうなので要注意です。

更に運動することで適度に空腹感のおかげできっと普段の食事もより美味しく感じられるはずです。

必要なエネルギー源

運動のほかにも気を付けなければいけない事があります。
  
それは食事です。ただ3食しっかり食べて運動していれば痩せる訳ではありません。
  
必要な栄養をしっかりと理解し意識して体に取り込むことが大切なのです。

さて、ダイエットのために気を付けなければいけない栄養素と言われると真っ先に思い浮かべるのは「炭水化物」と「糖質」「脂質」と答える方が多いかと思います。
  
本当にダイエットを成功したいと思っているならば全ての栄養をバランスよく摂取しなければ痩せる事が出来ないと知ってますか?

皆様はダイエットの敵と言えば炭水化物を多く含んだ食べ物だと思います。それはあながち間違いではありませんが炭水化物は体を維持するために必要不可欠です。 

更に無理な節制をしていると最悪脳卒中などの重い病気になるかもしれません。

炭水化物は必要ですが、ただ欲しいものを欲しいだけ食べていても効果はありません。
  
炭水化物は体を動かすうえで大切なエネルギーとなりますが、これを過剰摂取することで太るすなわち肥満のもとになります。
 
炭水化物を多く含む食品と言われてます何を想像しますか?まず主食と言われている「食パン」に「白米」それからお菓子類と答える方が大勢かと思いますが大体はあっています。

砂糖類が最も炭水化物を多く含む食材とされています。それを使用した食品である食パンやケーキ等のお菓子は特に多くの炭水化物を含んでいます。
  
そして白米は炭水化物を多く含む食材の一つではありますが、砂糖類ほど多くの炭水化物を含んでおらずしかも腹持ちがとてもよい食材なのです。

痩せやすい体作りは朝から始まる!

3食しっかり食べるだけでも十分効果張りますが、出来れば毎回に食事にも気を使ってほしいところです。

例えば朝食の主食は何を食べていますか?白米だったりパンだったりコーンフレークだけと言った方もいるかと思います。

朝は何かと忙しくて朝食に時間をかけることができなかったり、朝から食事はちょっとという方もいます。

朝は誰しも忙しものです。なので、むしろ手間をかけ過ぎで途中で疲れてやめてしまうかもしれません、それでは意味が全くなくなってしまいます。

なので全力で手を抜きましょう

慣れてきたら少し凝った物を作るのもいいかもしれませんが、最初は簡単に早くパッと出来るを意識することが大事です。

ストレスフリーで長く続けていくのが何よりも大事なことなのです。

出勤前にコンビニで好きなパンと野菜ジュース一つ買って食べる。
 
食パン1枚焼いてコップ1杯の野菜ジュースと一緒に流し込む。

好きなフルーツジュースや野菜ジュースなど簡単に摂取出来て軽いものを選ぶ。

小さなことで十分です。

簡単な食事でも結構、それを1週間も続ければ人は次第に習慣付くもので次第に体が覚えて意識しなくとも今日も食べたいなーと思えるようになります。

毎日の健康!美味しく食べて痩せる体作り

普段お米を食べるときどんな物を食べていますか?
  
いきなり変な事を聞いてすみません。

普段お米は日本に住んでいれば食べる機会が多いかと思いますが、そのお米に一工夫するだけでも効果があるってご存知ですか?
  
偉そうには言っていますがご存知の方も大勢いらっしゃると思いますが、それは「玄米」です。

そんなこと知っているよ、聞こえてきそうですが、簡単に玄米の説明をさせてもらいます。
  
玄米は白米(精米)の前段階で糠(ぬか)と胚芽(ハイガ)を取り除き、胚乳(はいにゅう)のみにしたお米です。

巷で完全栄養食とも言われてる所謂スーパーフードです。

通常の白米とは違いとても腹持ちがいいことでも有名です。

更に食物繊維やミネラル、ビタミンなどを豊富に含んでおり、健康を保つために必要な栄養素のほとんどを摂取出来てしまいます。

非常に優れた食材である玄米ですが、単体では食感が白米よりずっと固い為お子様などには少し食べずらい所があります。
 
なのでおすすめの食べ方として白米と玄米を混ぜて炊く方法をご紹介したいと思います。

作り方は簡単、玄米と白米を1対2の割合で入れます。(玄米1に対して白米2)

水加減は適量よりやや多く入れてください。
 
浸水は1時間から2時間を目安にしてください。

ご飯を炊く際は通常の「白米モード」で炊くようにしてください。機種によっては玄米モードがありますが、白米の割合が多いので必ず白米モードにするように。
 
蒸し時間は10分から20分を目安にしてください。

 
玄米を混ぜる事によってプチプチとした食感がプラスされて腹持ちもよくなります。
 
単体で炊く時よりもお子様が簡単に食べやすくなるのでは思います。

一つ注意点として玄米は腹持ちが良い分消化に時間がかかるため病気や疲れで身体が弱っている時は消化の速い白米を食べるようにしてください。

日々の努力は無駄にはならない!コツコツ頑張ろう!

あまり食べないのに太ってしまう。食事制限をしているはずなのに痩せない。

そんなお悩みを抱えている方に向けて書かせて頂きましたが、少しは参考になりましたでしょうか?
 
この機会に一度日々の食事や行動を見直してみてはいかがでしょうか?
 
気づいて下さい、食べないから太らないではないのです。

勿論だからといって無理して食べる必要はありません。

嫌々運動をするする必要もありません。

無理して新たなストレスを生んでしまっては元もこうもありません、ご自身が出来る範囲でやれることだけやればいいのです。

ダイエットはすぐに努力が実を結ぶ訳ではありません。

ですが、最初は意識して取り込まなければいけません。

それは次第に日常生活の一部となるはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.