お菓子を食べ過ぎても太らない!ダイエットに厳禁の糖分も工夫で攻略

お菓子は食べると太るというイメージが強いですが、食べ方によってはダイエットの助けになることもあります。確かにお菓子を食べ過ぎてしまえば太ってしまいますが、工夫をすれば太らないもしくは太りにくくすることができます。

お菓子をダイエットに活かす方法があるため、普段食べているお菓子をダイエットに活かしたいという人は参考にしてみてください。

お菓子は食べ過ぎても太らないは本当なの!?

お菓子を食べ過ぎても太らないと言われることもありますが、それには個人差があります。

つまりお菓子を食べ過ぎても太らない人もいれば、食べた分だけ太ってしまう人もいます。

太らない人、太る人にはそれぞれ特徴・原因があるため太る原因がある人は原因を解消し太らないようにするべきです。ではどんな人が食べ過ぎても太らないのか?と言うと「規則正しい生活している人」が該当します。

規則正しい生活をしている人は自律神経が安定しているため、太りにくい体質になっていることが考えられます。太りにくい体質であればお菓子を食べても太ることは少ないです。

逆にお菓子を食べ過ぎて太るという人は生活が乱れている人が該当します。生活が乱れていると太りやすい体質になりやすく、ちょっとした食事や間食でも太る原因となってしまいます。

お菓子を食べ過ぎても太らないようにするためには「規則正しい生活」をするようにしましょう。

規則正しい生活をしていてもお菓子を食べ過ぎれば太る!

規則正しい生活をしていればお菓子を食べても太りにくいですが、これは太りにくいというだけで全く太らないわけではありません。

規則正しい生活をしている人は、代謝が高く日中活動しているだけで食事などから摂取するカロリーを消費することができます。しかし消費カロリーよりも摂取するカロリーが多くなってしまうと太る原因となってしまいます。

特にお菓子はカロリーが多い食べ物が多いため、少し食べすぎただけでもすぐに太ってしまう可能性があります。お菓子を食べるのであれば1日に200kcalを目安にしておくと太ることはありません。

カロリーの計算は大変ですが、計算してしっかり管理しておけば確実に実になるため、痩せたいという人はカロリー計算をしっかり行っておきましょう。

ダイエット中は工夫して食べる!お菓子を食べても太らないコツ

お菓子を食べ過ぎた場合、太ることもありますが食べ方やダイエットを工夫することで太りにくくすることは可能です。お菓子を食べながら痩せたいという人は工夫してダイエットをしてみてはどうでしょうか。

まずはお菓子を食べる時間帯を工夫してみましょう。お菓子を食べるのであれば午後3時、つまり3時のおやつの時間が最適です。この時間は代謝が活発でお菓子を食べても太りにくいです。

逆に太りやすい時間帯もあり、例えば朝起きたばかりや夜寝る前に食べると太りやすくなってしまいます。お菓子を食べるのであればできるだけ代謝が活発な時間帯に食べるようにしましょう。

お菓子はご飯の前に食べてもダイエットに効果的です。ダイエット前に食べることであらかじめお腹を満たしておきます。お菓子でお腹を満たしておけば食事の量を減らせるため、食事から摂取するカロリーを減らすことでダイエットにつなげることができます。

お菓子を食べる量には気を付ける必要がありますが、ごはんの前に食べてダイエットに活かしてみましょう。最後に、食べるお菓子はできるだけ太りにくく、満腹感を満たしやすいものがオススメです。

  • チョコレート
  • ナッツ
  • ヨーグルト

特にチョコレートやナッツ、ヨーグルトといったお菓子がオススメで、食べて太りにくくお腹も満たしてくれます。栄養も豊富なため、ダイエット中に不足がちな栄養を摂取することもできるため、栄養失調の対策にも効果的です。

食べるお菓子を工夫するだけでダイエットの助けとなるため、お菓子は工夫して食べるようにしましょう。

お菓子を食べるなら筋トレして筋肉を付けよう!

ダイエットに筋肉が影響していることを知っているでしょうか。

筋肉が衰えてしまうと体の代謝が低下してしまい、太りやすい体質となってしまいます。特に食事の制限だけで痩せようと考えている人は注意が必要で、全く体を動かさないダイエットは筋肉が衰えてしまうことが多いです。

筋肉が衰えて太らないように、適度に筋トレをするようにしましょう。筋肉が増えれば代謝も上がり脂肪も燃焼しやすくなるためダイエットの効率も上がります。ジムに通う必要はなく、自宅でできるような腹筋や背筋、腕立て伏せでも筋肉を付けることは可能です。

もし筋トレが続かないという人はジムに通う、人を誘って一緒に筋トレをすることが長続きのコツです。筋トレをして筋肉が付けば見た目も美しくなり、キレイに痩せる事もできます。

綺麗に痩せたいという人にも筋トレはオススメなため、筋トレもダイエットに取り入れてみましょう。

お菓子を食べ過ぎても太らない!油断しているといきなり太る!?

お菓子を食べても太らないという人がいますが、太らないからと言って食べすぎはよくありません。

すぐに太らなくてもある時に突然太ってしまうということもあるため太らないからと食べ過ぎないようにしましょう。

特にお菓子は満腹感を得られにくいためついつい食べ過ぎてしまうことも少なくありません。しかもお菓子を食べて太っているとしても体重自体に変化がないことも多く、自覚がないまま太ってしまうということもあります。

食べたものが脂肪になるまでにはだいたい2週間ほどかかります。食べ過ぎてしまった場合はその後の2日~3日はお菓子を食べないようにしてカロリーの管理を行いましょう。

お菓子の食べ過ぎて太ると体重が減らず見た目も悪くなる

お菓子を食べ過ぎてしまうと、当然ですがそれは脂肪として体に表れてしまいます。一度脂肪になってしまうと燃焼させることも大変ですし、なかなか体重を減らすこともできません。

自分は太りにくいから普段から毎日お菓子を食べているという人はどんどん脂肪が付いてくる可能性があるため食べすぎには注意してください。

お菓子を食べて太ると見た目はお腹などがたるんでしまい、見た目がとても悪くなってしまいます。食事を食べることで太ることもありますが、食事を食べて太った場合とお菓子を食べて太った場合を比べると、お菓子を食べて太った方がより太って見える体型になってしまいます。

それには理由があり、お菓子を食べて太った場合は炭水化物やたんぱく質といった筋肉に欠かせない栄養が不足してしまうことがあります。またその他の栄養も不足してしまい、皮膚はたるみで太く見え、肌荒れや血色などで不健康に見えてしまいます。

またお菓子だけ食べていると便秘や生活習慣病になってしまうこともあるため、健康にも良くありません。お菓子を食べても体重が増えず太らないからと言って食べていると、いきなり太ることもあるため、お菓子は食べすぎないようにしましょう。

ダイエット方法にはお菓子だけ食べて痩せるという方法がありますが、この方法はオススメできません。栄養失調による体調不良になりますし、痩せたとしてもそれは一時的に過ぎません。ダイエットをする場合、健康的に痩せないとそれは成功とはいえないため、ダイエットで痩せるのであれば健康的に痩せるようにしましょう。

お菓子を食べ過ぎてしまう!理由は栄養不足にある

普段生活している中で、突然無性に食べたくなってしまうという経験はありませんか?たとえは甘いものが急に食べたくなる、しょっぱいものが食べたくなるなど食べたくなるものは人それぞれです。

無性に食べたくなってしまうことには理由があり、理由は栄養不足の可能性が高いです。

例えば甘いものが食べたくなった場合は以下の栄養が不足している可能性があります。

  • タンパク質
  • 炭水化物
  • 脂質

他にもストレスを感じていると糖分が欲しくなることがあり、それが原因で甘いものが食べたくなってしまいます。しょっぱいものが食べたくなった場合は以下の栄養が不足している可能性があります。

  • カルシウム
  • 鉄分
  • ナトリウム

これは明確ではないと言われていますが、しょっぱいものが食べたくなった場合はカルシウムなどが不足している可能性が高いです。カルシウムや鉄分などは体の中で作ることができず、不足してしまうことが良くあります。

特にダイエット中には特定の栄養が不足してしまうということが良くあるため、突然何かを食べたくなるということも少なくありません。無性に食べたくなった時に、そこでお菓子を食べ過ぎてしまうと太る原因になることもあるため、考えずに食べるのはよくありません。

無性に食べたくなった時の対処方法もあるため、正しい対処をして太る原因を作らないようにしましょう。

無性に食べたくなった時にはどうやって対応するの?

例えばしょっぱいものを突然無性に食べたくなった場合、それはたんぱく質と炭水化物、脂質のいずれかが不足している可能性があります。これを抑えるには不足しているタンパク質などを摂取することで対処することができます。

ただ不足している栄養を摂取する場合には、できるだけ血糖値が上がりにくいものを選ぶようにしましょう。次にしょっぱいものが食べたくなった時、この場合はミネラルが不足していることが考えられます。

対処方法はミネラルを摂取することで対処ができ、カルシウムや鉄分は不足しがちなため突然しょっぱいものが食べたくなる経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。しょっぱいものが食べたくなった時にはナッツやヨーグルトがオススメです。

ナッツやヨーグルトは食べても太らないお菓子としても有名なため、間食にオススメです。雑穀入りのパンやご飯はたんぱく質とビタミン、ミネラル、タンパク質を一緒に摂れるだけではなく、血糖値も上がりやすいためダイエット時にオススメの食べ物です。

無性に何かを食べたくなった時に考えずに食べてしまうと生活習慣病や太る原因となることもあるため、食べ過ぎは避け、体に良いものを食べて栄養を摂取するようにしましょう。

また無性に食べたくなる原因にはストレスも関わっています。ストレスを感じやすい人は、ストレスが異常な食欲になることもあるため、ストレスを感じやすい人は特に注意が必要です。ダイエット中にはストレスを感じることは多いため、ダイエット中のストレス発散方法をしっかり確保しておくべきです。

適度な運動や質の良い睡眠がダイエット時のストレス解消方法にはオススメなため、運動や睡眠でストレスを発散してみてはどうでしょうか。無性に何かを食べたくなってしまう原因は普段の食生活に問題があるためです。

普段の食事でバランスの良い食事を摂り栄養も満遍なく摂取していれば栄養が不足することはないため、異常な食欲になることはありません。

バランスの良い食事と正しい食生活は異常な食欲を抑えて、ダイエットの助けにもなるため正しい食生活を心がけましょう。

お菓子は食べ過ぎれば太る!太らないためには工夫が必要

お菓子を食べても太らない人は代謝が高く、太りにくい体質になっているからです。しかし太りにくいといってもお菓子を食べ過ぎてしまえば太ってしまうこともあるため、太らないからと言ってあまり食べ過ぎてはいけません。

お菓子を食べるなら1日に200kcalまでに抑えることで太りにくくなります。お菓子を食べる時間帯にも工夫をし、15時ごろに食べると代謝が活発なため食べても太りにくいです。

ダイエット時にオススメのお菓子は「チョコレート」「ナッツ」「ヨーグルト」で、食べても太りにくく、栄養不足の解消にもつながります。食事をする前に食べると特に効果的で、お菓子を事前に食べお腹を満たしておくことで食事量を減らせます。食べ過ぎを防げるため、食べ過ぎからの肥満予防効果にも期待できます。

ダイエット中にお菓子を食べるというと、太るイメージもありますが食べ方を工夫すればむしろダイエットを効率的に行えるため工夫してお菓子を食べるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.