麺好きはダイエットできない!?麺類を我慢せずにスリム化計画

麺好きの方は沢山いらっしゃると思われます。しかし、麺が好きでもダイエットをしたいという方もいるでしょう。麺類は太るという噂もあり、ダイエットをしている方にとっては避けなければいけないようなイメージもあるかもしれません。

それでも、麺好きな人でもダイエット中の麺類の食べ方という点などについて探っていきます。

実践しよう!ダイエット中の麺類の食べ方や太りにくい取り入れ方とは

まずは、麺好きの方がダイエット中に麺類を食べる際のポイントなどについて、ご紹介していきたいと思います。

麺類を食べるなら野菜をしっかりと摂るのがダイエットのコツ!

太りやすい麺類とそうでない麺類がありますが、どちらを食べるとしても、麺類を食べながらダイエットをするとなると栄養バランスがカギになってきます。

太りにくい麺類であっても、野菜やたんぱく質がない食事になってしまうと、血糖値が上がりやすいので太りやすくなるのです。

よって、麺類を食べるなら野菜やたんぱく質もしっかりと摂る必要があるということです。例えば、青トウガラシやもやし、タデなどの野菜がいっぱい入ったフォーや、野菜が豊富に入っているタンメンなどもうってつけです。

野菜たっぷりのうどん系や冷やし中華もうってつけ!

上記以外のフォーやタンメン以外でも、サラダうどんもダイエット中におすすめです。うどんだけなら炭水化物だけになってしまいがちですが、サラダうどんにすれば野菜も摂取できるのです。

麺だけをおかわりしてしまうのも防止できますし、野菜も沢山食べられます。

また、温かい時期にうってつけのなべ焼きうどんも候補です。色々な具材が入るので、うどん以外でも食べごたえを感じられ炭水化物のみ食べるというのも防げます。夏場なら野菜がたっぷり入る冷やし中華はいかがでしょうか。

冷やし中華も、麺以外の具材でもお腹を満たせるのが特徴です。

これも注目!ダイエッターが麺を食べるなら糖質0グラム麺もあり

ダイエットをしている方が麺を食べるなら、ダイエットに適した麺を選ぶ必要があります。それなら、糖質0グラム麺もうってつけです。

糖質0グラム麺はお昼に色んな食べ方で食べるのも手段!

糖質0グラム麺は、思うよりも量(1食150グラム)が多くはないと思われるかもしれません。なので、もやしを1袋入れてカサ増しをするなども手段もあります。

例えばお昼に最初のうちは焼うどん、続いてはつけ麺、カルボナーラの様にするのも方法です。

朝食や夕食は通常通り食べるようにしますが、野菜やたんぱく質を多く摂り、炭水化物を控えるようにするのも大事です。

1日2回糖質0グラム麺を食べるようにするとダイエット効果も上がる

糖質0グラム麺を食べてダイエットを実行した方は、開始してから初めの1ヶ月で2キロ痩せたのです。ただ、少し気を抜くと戻ってしまいますし、体重が1キロや2キロ増減するのは容易なのだということが伺えます。

それから夕食でも糖質0グラム麺を食べるようにすると、1日2回糖質0グラム麺を食べたことで62キロから58キロまで減らせたのです。

麺が好きな方がダイエットするならソイドルを食べるのもうってつけ!

麺好きがダイエットを敢行するならソイドルを食べるという方法もあります。では、ソイドルとは一体どういったものなのでしょうか。

糖質だけでなくカロリーまでも抑えられているのがソイドル!

大豆100%である麺のソイドルをご存知でしょうか。

ソイドルは糖質が通常の麺の96%オフとなっていて、便秘を解消してくれる食物繊維もうどんの6倍も含まれているのです。

ラーメンや焼きそば、スパゲッティなどどんな調理法でも糖質を90%カットしてくれるのがポイントとなっています。この頃はカロリー制限をするより糖質制限のダイエットがメジャーになっていますが、ソイドルの場合は糖質をカットしていますが、カロリーについても1食110グラム当たり103キロカロリーのため、ダイエッターの方にはうってつけなのです。

ソイドルは使い方色々だけど味が濃い目のスープに合う

ソイドルで大豆麺カルボナーラを作るのも一案ですし、醤油ラーメンにするのもおすすめとなっています。そして、焼きそばを作りブロッコリーなどのグリーンサラダを添えるのもバランスが良いです。

ソイドルは鍋物に合うという声があり、味が濃い目のスープに合うのです。

例えばスンドゥブチゲなどの韓国鍋に使うのも選択肢となっています。

上手に麺類を食べてダイエットに繋げていこう!

ダイエッターが麺類を食べるなら、血糖値が上がりにくくするために野菜やたんぱく質を一緒にきちんと食べるのがポイントです。また、糖質0グラム麺を利用するという手段もあります。

糖質0グラム麺を食べて痩せたという事例がありますので、試してみるのも選択肢です。それに、低糖質でカロリーも少なめというソイドルなら麺が大豆でできていますし食物繊維もたっぷりという点が見逃せません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.