毎日のジョギングで健康的に痩せる!挫折しそうな時はどうする?

毎日のジョギングにより、生活習慣の問題が改善したという人は多くいます。

また、ジョギングそのものは、それほど楽な運動ではありません。なので、どのようにするとジョギングが楽になるのか、ジョギングは脂肪燃焼にも最適なのか、そのことを先に学んでおくことも大切です。

他にも、ジョギングは美容にも良いので、どのような健康に対する配慮を行っていると、より健康的で美しくなれるのか、そのことも併せて学んでおくと良いでしょう。

毎日のジョギング!辛いと感じないペースは存在する?

ジョギングは、毎日行わないといけないわけではありません。なので、ジョギングをこれから始めたいと考えている人は、以下のペースを守って運動するようにしましょう。
  • 辛いと感じる日は運動しない
  • 体調不良が目立つ場合は運動しない

人によっては、ジョギングを毎日行っていると急激に痩せられるという情報を見てしまい、ジョギングに躍起になってしまう人もおられます。

ですが、ウォーキング、ジョギングともに、ハードトレーニングは体に悪いと言われているのです。その理由ですが、以下のような悪い結果を招く恐れがあるからです。

  • 筋肉を痛める
  • ストレスが溜まりやすくなる

ウォーキング、ジョギングは有酸素運動に分類できます。そのため、ストレス発散に最適な運動として紹介されることが多く、このことを信じて運動される人が多くいるのです。

ですが、ウォーキングの倍以上の負荷が発生しますので、1日に1時間のジョギングを毎日続けるのは困難でしょう。なので、急激に痩せるための運動は行わないようにしてください。

それと、中途半端にジョギングを行っているようでは、かえってストレスが溜まりやすくなるので注意してください。というのも、ダイエット効果が長続きしないからです。

どのような運動でも1ヶ月間に10日間ほど、ダイエット効果がまったく表れないこともあります。これは、リバウンド期であったり、もしくは、生活習慣の大きな変化、食生活の大きな変化によって起きています。

内臓は、生活習慣などが大きく変化するとストレスが溜まりやすくなり、その影響で代謝能力が低下してしまうこともあるのです。これにより、神経、筋肉の消耗が著しくなり、中々、疲れやストレスを癒せなくなってしまいます。

そのため、ストレスを良く溜め込まれているようであれば、運動量を減らすようにして、自分なりのペースを把握するようにしましょう。

ジョギングで楽をする?そんな要望に応えてくれるジョギングのコツ

ジョギングにもコツは存在し、以下のようなペースであれば、ほとんどの人は楽しくジョギングを継続できると言われています。

  • おしゃべりを楽しむことができる
  • 同じ道を延々と走り続けない
  • 途中で休憩できるスペースが存在する

ウォーキングでも言われていることですが、おしゃべりを楽しんでいると、いつの間にか30分、60分といった長い時間を運動に費やすことができます。逆に、1人で運動をされていると、30分以内の時間であっても、60分ほどに感じることがあるので、一緒に運動してくれる相手がいる場合、積極的に相手を誘って運動を行なったほうが良いでしょう。

また、複数で運動をされていると、運動のコツを見出す人、目に見える形で痩せることに成功する人が出てきます。そのため、運動を継続することに意味があることを学べるため、ジョギングであっても、楽しく続けることが可能となるのです。

個人でジョギングする場合のコツは、毎回で同じルートを選択しないことです。例えば、公園の付近を走るという場合は、公園に向かうルートを変えてみると良いでしょう。

景色が変わると、人は景色の移り変わりを楽しむことができますし、どのようなルートであれば、あまり疲れを感じず、且つ、ストレスを減らすことができるのかを把握できます。

ウォーキング、ジョギングは作業感が強まってしまうと、よほど運動に慣れている人でなければ気分が滅入りやすくなります。そのため、休憩することも大事ですし、ペース、ルートの把握も重要になってくるのです。

ジョギングの時間!毎日続けられる時間は20分以上がベスト?

ジョギングのペースですが、必ずしも20分以上で運動しないといけないわけではありません。今では、このような考え方が古い考えであることを、指摘する人が増えてきました。

その理由ですが、運動によるダイエット効果には、以下のような仕組みが存在するからです。

  • 汗をかく程度の運動量でダイエット効果が発生する
  • 汗をかく程度の運動量でストレス発散が可能になる
  • 運動は10分程度を小分けにしても効果が表れる

つまり、体力に自信がないという場合は、1回10分のジョギングを1セットとして、2セットを行うという流れでも問題ないのです。重要なのは、運動が辛い、精神に悪影響を及ぼしているかどうかを、運動ごとに判断できているかとなります。

脂肪燃焼は、汗をかく程度の運動量で問題ないため、ウォーキングでは20~40分、ジョギングでは10~20分が妥当と言われています。

インターネット上でジョギングに関する情報を調べていると、30分、60分単位のジョギングを見かけることもあります。ですが、これはジョギングに慣れているだけでなく、運動後のストレッチを休まず行う形で、体力の維持を行える場合に有効なのです。

ジョギングは足首部分に強い負担を強いるので、無理な運動時間でジョギングを繰り返していると、体を壊す、体が回復する状態を繰り返して、無理に運動を継続しているだけになってしまいます。このような運動が元になって、ジョギングをやめてしまう人もいるので、無理なジョギングを継続しないようにしてください。

毎日続けたい!ジョギングで失敗してしまうケースと原因

ジョギングのペースの中には、曜日を指定して続けるというものもあります。

具体的には、以下を理解してジョギングを継続したほうが良いでしょう。

  • 1週間に2回だけジョギングを行う
  • 1週間に3回だけジョギングを行う

2回、3回のペースであれば、2日に1回程度のペースでジョギングを継続できます。筋肉の疲労をやわらげる目的で、このようなペースを守るようにしましょう。

また、休日前、休日後に運動を終わらせておくというのも手です。例えば、土日が休日であった場合、金曜、月曜のみ運動するようにするのです。

なぜ、このような習慣付けを重視するのかというと、それは、運動は定まった曜日に行ったほうが気分が楽になるからです。ダイエットにも同じことが言えるのですが、無理に毎日で運動、ダイエットを行っていると、機械のように定まった動作を繰り返すことが多くなります。

これがストレスになることもありますし、過度な運動、ダイエットにつながってしまうこともあるのです。

定まった曜日のみ運動としておくと、後は自由に過ごせる、休日中にストレ発散できるという思考が生まれるようになり、定期的にストレスが溜まったとしても、そのストレスに違和感を感じなくなるのです。すると、マイペースで毎日の運動、ダイエットを続けやすくなります。

理想的な時間帯!毎日のジョギングに最適な時間は朝、夜?

運動を行う時間帯ですが、理想は朝と言われることが多くなりました。

その理由ですが、朝であれば体内時計をリセットできるからです。

・体内時計とは

体内時計とは、人間の体に存在する機能の1つです。

体内時計がリセットされている場合、朝、夜を体が理解している状態で、毎日を楽しく過ごせるようになります。逆に、体内時計がリセットされづらい生活を繰り返していると、夜になっても眠気が発生しなくなるのです。

朝は夜と違い、日光を通じて大量の光を浴びることが可能となっているため、体内時計のリセットに最適なのです。

ちなみに、以下のような理由で、夜はジョギングに最適ではないという考えも存在します。

  • 夜は天候が変化しやすい
  • 夜は冷え込みやすい
  • 夜は空気が汚れている

夜というと、周りが暗い影響で周囲を見回すことが難しくなります。そのため、夜のほうが朝よりも空気が澄んでいる、運動に最適だと感じるという人もいるのですが、実際は、日中に溜まった汚れが舞い上がりやすく、病気にかかってしまうリスクが高まりやすいのです。

また、空気が冷え込みやすいという特徴もあり、その影響で体調を崩してしまうリスクも高まります。天候が変化しやすい影響で、せっかくのジョギングが台無しになってしまうこともありますので、無理に夜を選択して、夜のみ運動を行う計画を練る必要はありません。

それと、脂肪燃焼は朝のほうが活発です。さらに、朝は胃腸が活発に動きやすくなっているので、適度なジョギングを行うだけで、便秘を改善できることもあるのです。

便秘は、適度に胃腸が刺激されていると、腸内に溜まっているものが排泄されやすくなります。朝の場合、水分補給を行うだけでも胃腸が刺激されやすくなるので、運動前の水分補給をこまめに行ったほうが、より健康的で美容も改善できるジョギングになります。

夜のデメリットを補足させていただきますが、近年では、自動車事故などのトラブルも注意喚起されるようになってきました。もし、夜しか運動を行う時間が無いという場合、黒色など見えづらい色のスポーツウェアを着ないようにして、蛍光塗料が用いられているタスキを着用し、ジョギングを行ったほうが安全です。

ジョギングの注意点!毎日の健康を維持するために必要な知識

健康を改善するためにジョギングを行っている場合、以下にも注意してジョギングを行ったほうが良いでしょう。

  • 1日3食を守る
  • 炭水化物を安易に抜かない
  • 悪天候の日は運動しない

ジョギングなど、運動中に大量のカロリーを消費してしまう運動の場合、急な目まいが起きてしまうこともあります。また、このような問題は食事量が依存していることもあるので、安易に食事量を減らしてしまうのは良くありません。

近年では、健康のための1日3食が良く推奨されるようになりました。

人間の体は、骨、神経、筋肉でできているため、食事量が少ない生活を繰り返していると、代謝機能を維持できなくなります。

・代謝機能とは

代謝機能とは、弱っている骨、神経、筋肉などを正常な状態に修復する機能のことです。

たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、ミネラルが不足していると、代謝機能が上手く機能できなくなってしまうため、食事の回数、食事量を減らしてしまうのは良くありません。

また、炭水化物を摂取していると脂肪が増えると良く言われていますが、炭水化物を過度に摂取すると、使われなかったエネルギーである糖質が、脂肪に変換されてしまうだけです。ジョギングなど、定期的に運動をされている人の場合、そもそも栄養不足に陥りやすいという難点を抱えているので、炭水化物を抜くのは体に悪いことなのです。

運動と天候!毎日のジョギングで注意したい運動の条件

悪天候の日は屋内で運動するようにしましょう。悪天候の場合、周囲を見回すのが困難になったり、雨の影響などで体が冷えてしまうこともあります。

他にも、転んでしまい怪我をしてしまう、道路を使用している人と接触する、道路に置かれているものと接触することもあり、危険性を減らして運動を継続するのが困難です。

そのため、ランニングマシンを購入しておき、屋内で運動を行うようにすると良いのです。また、ランニングマシンの購入がもったいないと感じる場合は、フィットネスクラブを利用すると良いでしょう。

ランニングマシンの負荷は、1時間で6km、もしくは8kmがちょうど良いです。ウォーキングの場合、1時間で4kmほどの負荷がちょうど良いので、運動に慣れていない人は、最初はウォーキングからスタートし、その後は、ジョギングに最適な負荷を設定して、1日に20分程度の運動を繰り返すと良いです。

また、フィットネスクラブでジョギングのトレーニングを行う場合、以下のようなメリットが発生するので、ジョギングの計画を練るのが面倒と感じる人も、フィットネスクラブの会員になったほうが賢明でしょう。

  • スタッフに最適なプログラムを組んでもらえる
  • 筋力トレーニング用のマシンを使用できる
  • 定期的に運動能力の測定、体重測定などを受けられる

プログラムとは、毎日の運動をどの程度の負荷で行うのかの計画表です。人によっては、ジョギングではなくウォーキングが適正という人もいますので、フィットネスクラブを利用されていると、このような負荷の問題を的確に理解することができます。

さらに、筋力トレーニング用のジムも併設されているため、筋力の衰えを理解して、自分に最適な筋力トレーニング用のマシンを理解できます。今では、部位ごとに強い負荷を与えられるマシンも存在するので、部分痩せ、しなやかな筋肉を得ることも可能になっているのです。

これらのサービスだけでなく、筋力、体力の測定も行えます。同じ年齢の人と比較して、具体的になにが劣っているのかも把握できるので、正確に自分を見極めて運動を行いたい人は、フィットネスクラブで重点的に体を鍛え上げると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.