ジュースクレンズダイエットでスリムなボディーを手に入れる方法

今、ダイエットをしている人は日本の中でどれぐらいいるでしょうか。今まさに効果的なダイエット方法を探している人もたくさんいると思います。

ダイエットって本当にたくさん選択肢があって、どの方法が自分に合っているのか分かりにくかったりしますよね。

そんな中、今、注目を浴びているダイエット方法があるのをご存知でしょうか。

ジュースクレンズダイエットという方法があるのですが、日本の芸能人の中でもこれで減量している人もいるようです。

ただし、ジュースクレンズダイエットは一体どのような方法で行い、何かルールがあるのでしょうか。

それらについて色々とまとめてあります。是非、参考にしてくださいね。

みるみる痩せる!ジュースクレンズダイエットのやり方はコチラ!

実は新鮮な野菜や果物が使われているジュースだけを飲むことで、ダイエットやデトックスの効果があるんです。

それを続けることで体重を減らそうというダイエット方法がジュースクレンズダイエットなんですよ。

それではやり方をみていきましょう!

朝一番にまず、体の準備として、常温の水を飲んでください。

そして1日3食の代わりに、1日3リットルのジュースを飲むだけ。

ジュースの味は変えてオッケーです!

添加物の入っていない純粋なジュースがおすすめで、今ではジュースクレンズバーなどもあり、そういった専門店で作ってもらうのも良し、自宅でミキサーを使って野菜か果物のみでジュースを作るのも良し!

難しい事を考えずに、冷蔵庫にある野菜や果物で作れます。

カフェイン、アルコールは一切NGです。

結構覚悟が必要!三日間固形物を食べられないので辛く感じる事多し

ジュースクレンズダイエット今はちょっとしたブームになりつつあるのですが、ジュースしか飲めませんのでお腹が空いてしまう人もとても多いんです。

そこを乗り越えないと、このダイエットは成功することができません。

固形物を口に入れないわけですから、咀嚼行動が行えず、食べたという感覚が脳に送られませんので空腹感に苛まれる事も多く、それなりの覚悟が必要です。

有名タレントなどがこのダイエット方法を試していますが、何度も音を上げそうだったと自ら告白しているぐらい、ジュースだけで過ごすというのは相当辛いものがあるんです。

このダイエット方法を試そうと思っている方は、それなりの大きな高い壁があるということも覚えておきましょう。

最初から長期間頑張るのは挫折の元。一日から三日程度で慣らそう

今まで絶食経験などがない人は、ジュースクレンズダイエットをいきなり長期間やろうとしても挫折することがほとんどです。

ダイエットを何度も試している人で失敗に終わってしまうと
、また今回も挫折してしまったと自己嫌悪に陥り、精神的に落ち込む人も結構いますので、幾ら効果的だからとは言え、いきなりハードなジュースクレンズダイエットに挑むのは危険だと言えるでしょう。

ですので欲張らず、最初は1日程度から始めていくと良いかもしれません。

たった1日でもジュースだけで過ごすのは結構厳しいものがあるという方は、朝だけ、朝と昼だけ…等工夫してジュースだけで過ごしてみましょう。

体が慣れてきたら1日3回、朝昼晩ジュースクレンズダイエットだけで過ごすようにすると自信もついて、それを2日3日と伸ばしていくことができるでしょう。

絶食系ダイエットはある程度の慣れが必要です。

ダイエットに対して自己嫌悪に陥らないためにも、短く区切って実践するようにしてください。

短い期間でも成功するとそれが喜びに変わり、自信に繋がり次のダイエットへの励みになります。

工夫次第で成功する可能性が高いですので、徐々に体を慣らしていって実践してください。

ダイエット終了後はいきなりがっつり食べない事、徐々に胃を戻そう

見事ジュースクレンズダイエットに成功したら徐々に普通食に戻していかなくてはなりません。

いきなりがっつりとした固形物を食べるのではなく、最初は重湯程度のものから始め、徐々に固形の量を増やしていくように工夫をします。

ジュースクレンズダイエットが終了してすぐにいきなりがっつりしたものを食べると、今まで休んでいた胃や腸がびっくりしてしまい、体に変調をきたす可能性が高くなります。

休んでいた臓器にいきなり食べ物を流し込んでも動きが悪く、消化不良になったりする可能性もありますので、必ず胃や腸を起こすためにも負担のかからない食べ物からスタートすることが原則です。

ジュースクレンズダイエットは、非常にダイエット効果の高い減量方法ですので注目されてはいますが、それなりの覚悟が必要なこと、アルコールやカフェインを取らないなどいろいろルールがありますので、それに則って実践するようにしてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.