笑うと痩せるという事実判明!笑ってダイエット考察!

ここ最近、大声で笑うことってありますか。

学生の頃はちょっとしたことでも大笑いしていたのに、社会人になり、どんどん年齢を重ねると大声で笑う機会がなくなったという方、案外多いのではないでしょうか。

笑うという事は体の中のあらゆる機能を向上させ、健康にしてくれる作用があるんです。

そして更には、大笑うことでなんと痩せ体質に変化することが期待出来るんです!笑う事と痩せる事、実は密接な関係がありそうですよ。

それではどうして大笑いすることでダイエットにつながるのでしょうか。

その辺りについて詳しく説明してあります。

笑いとダイエットの関係について興味がある方は、是非、最後まで読んでみてくださいね。

爆笑時に以外と使ってる腹筋!当然カロリー消費もアップ!

さて、爆笑すると体の中の筋肉が一体どうなっているのか、調べてみました。

大笑いをしたことが一度でもある方は分かると思いますが、胸の辺りからお腹の辺りまでの筋肉が痛くなったことはありませんか。

お腹の筋肉が、まるで痙攣しているかのように痛くなる感覚を感じたことがある方、多いと思います。

さらにもっと長時間笑いすぎてしまうと、お腹の筋肉だけでなく頬や、顎の下の筋肉まで痛くなることもあると思います。

つまり大笑いをすると思いの外、下半身の筋肉を激しく使うことになり、カロリーがかなり消費されることがわかってきたんです。

大笑いをするということは、ちょっとした全身運動に近い働きがあると言われているぐらいなんですよ。

お腹の筋肉が痛くなるほどの笑いですので、相当筋肉の収縮が激しくなっているという事がお分かりいただけると思います。

つまり、大笑いをするような生活を毎日を送ることで、全身の筋肉を使う頻度が高くなりますので、痩せやすくなるということになります。

全く笑わない生活を送るよりも、笑った方が体の中の筋肉をたくさん使うことになりますので、必ずその分の差が出てくることは間違いありません。

笑うと顔の表情筋が動く!小顔効果もばっちり!

大笑いすると痩せやすい体が作れるだけでなく、小顔効果もばっちりなんです。

大笑いをする時、思い切り顔の筋肉を使いますのでその分、顔の筋トレにもなり、結果小顔になりやすいと言われています。

爆笑すると頬の辺りの筋肉が痛くなることがあると思いますが、大笑いは相当筋肉を使っていますので、毎日爆笑をするようなことがあると小顔効果が期待できます。

人間は顔の筋肉をあまり動かさないと表情が乏しくなり、相手に良い印象を与えないと言われています。

学生の頃、社会人に比べて生き生きとして見えたのは年齢が若いからというのもありますが、もう一つの大きな理由としてよく笑い、表情が豊かだったからだと言えるでしょう。

恐らく、社会人になった時に比べてかなり顔も小さく、引き締まっていたのではないかと思います。

小顔効果を期待するためにもそして表情豊かなはつらつとした雰囲気を醸し出すためにも、一日一回は大爆笑をしたいものですよね。

笑うことでリラックス度アップ!安眠に繋がりやすくなる!

笑うことがダイエットにとても効果的という裏付けは、まだまだあるんです。

実は笑うということは、心身ともにリラックスしている証拠です。

人間は緊張があったりすると、面白いことがあったとしてもなかなか表情を崩すことができなくなります。瞬間顔が綻んだとしても、すぐにまた緊張状態に戻るでしょう。

しかし心の底から大笑いをしている時は精神的にリラックスしている時が多く、緊張感はゼロに等しいと思います。

精神的にリラックスしている状態というのは副交感神経が優位に立っていますので、夜、安眠に繋がりやすくなるんです。

安眠することは人間の体を正常に保つのにとても必要なことで、なんとダイエットにも密接な関わりがあると言われています。

安眠を得られるということは良い精神状態であり、深い睡眠状態に入ることができるということになります。

次の日、目覚めもよく、疲れも残さず爽やかな一日を送ることができるでしょう。

また、良い睡眠を得ることができると成長ホルモンの分泌が盛んとなりますので、体の不調をしっかりと整えることができるんです。

仕事などでハードな時間を過ごしたとしても、しっかりと睡眠をとることで次の日また元気に一日を過ごせるようになるんです。

また、体が脂肪過多になると、スリムな状態に戻そうと成長ホルモンが熟睡している間に余分な脂肪の処理をしてくれるようになります。

肥満も異常事態だと体が察知しますので、一生懸命成長ホルモンが脂肪分解に力を出すようになるんです。

ところが、安眠することができないと成長ホルモンの分泌が悪くなり肥満を始め、体の様々な不調な部分を元に戻すことができなくなってしまうんです。

従って、成長ホルモンの分泌を良くするためには、快適な睡眠を得なければなりません。

それには副交感神経を優位に立たせて、精神的にリラックスすることが必要となります。心配事などが重なると交感神経の方が活発になり、なかなか眠れないですよね。

成長ホルモンが鍵!夜の10時過ぎには寝る体勢を整えるのが理想!

しかも成長ホルモンの分泌は夜の10時から夜中の2時までのほぼ4時間の間がピークと言われていますので、その間に熟睡をしておく必要があるんです。

よく笑うということは体中がリラックスして、良い精神状態であるということになりますので、そんな時は必ず良い眠気が訪れ、安眠できると思います。

成長ホルモンの分泌を積極的に促すためにも、日頃からよく笑えるような状況に自分を置くことが大切だということになりますね。

そうすることで肥満解消につながる可能性が高くなりますよ。

愛想笑いはNG!ポイントはお腹の筋肉が揺れるほどの大爆笑が胆!

ダイエットに繋がる笑いは愛想笑いではいけません。

気持ちのこもっていない愛想笑いならば、すぐにでも表情を作るだけで出来ますので、それは本当に笑ったことにはなりません。

お腹の筋肉が震えるほど、痛くなるほど大笑いをすることが肝となります。

正直…もうそんなに笑うことがないという方もたくさんおられると思います。

爆笑してしまうなんてことは大人になればなるほど少ない傾向にありますよね。

しかし、必ず人間にはこれが面白いという笑いのツボがあると思います。

そういう笑いのツボを見つけておいて、インターネットの動画サイトなどで見てみるのも良いのではないでしょうか。

動画サイトには本当にたくさんの動画がアップされていますので、必ず自分の笑いのツボに合った内容の動画がきっと見つかるはずです。

たまにはそのようなものを見て心の底から笑ってみましょう。

お腹の筋肉が発達して痩せ体質が出来るだけでなく、笑うことで精神的な緊張から逃げる事ができますので、良い睡眠を得られることができますよ。

成長ホルモンの分泌を促進させるためにも、たまには自分好みの笑いのツボが凝縮されている動画を押さえておいて、じっくり見ることをお勧めしたいと思います。

まとめ!笑いはダイエットに繋がる!大いに笑ってみよう!

いかがでしたか。笑うことは非常にダイエットに大切だということがおわかりいただけたと思います。

大笑いすることで痩せることができるのであれば、そんなに幸せなダイエット方法はありませんよね。

しかし信憑性も高いですので、ダイエットに行き詰まっていたり、精神的に辛い状況が続いている方こそ、面白い動画などを見て、心の底から大笑いしてほしいと思います。

笑うことによって体質が変わり、自分自身も前向きになれる可能性がグンと上がりますよ!

楽しい事を考えて、出来るだけ笑いが多い生活を送る…この前向きな姿勢が大切だと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.