海外セレブ御用達のフムスダイエットで美しく!効果と基本の作り方

今では、海外の有名モデルもフムスダイエットを実践されています。

SNSなどを中心として、新情報が拡散されているフムスダイエットですが、女性にとってありがたい栄養成分が豊富で、しかも高たんぱく質低カロリーの食材としても話題です。他にも、フムスは様々な食材とも相性が良いので、具体的にどのようにして食すと良いのか、こちらについても併せて知っておくと良いでしょう。

食べるだけで痩せると話題!?フムスダイエットとはどのようなもの?

フムスはストイックに痩せられるダイエット方法として、各種メディアで紹介されることが増えてきました。元々は、以下のようなダイエット要素を持つ食材として知られていただけなので、今のような人気に驚きを隠せないというメディアさえも存在します。
  • モデル、セレブが食べていた食材
  • 一部の方がスーパーフードとして常食していた
  • 中東の国々の伝統料理に入れる食材

フムスダイエットそのものは、美容や健康に良いことで知られていたのですが、あくまでもダイエット効果が弱い食材として、人によっては食べるかもしれない程度の認識だったのです。しかし、今では海外のモデル、セレブを真似て美を追求される女性が増えてきました。

そんな影響もあり、フムスダイエットの人気に火が点いたというわけです。

・スーパーフード

栄養バランスに優れている食材のことを、スーパーフードと言います。

大まかな定義が存在するだけで、栄養成分豊富という理由のみでスーパーフードに該当するわけではありません。近年では、健康に良いとされる料理に含まれている食材に対して、スーパーフードという言葉が良く用いられています。

フムスについてですが、海外で良く食べられているヒヨコ豆が該当します。

つまり、フムスダイエットというのは、ヒヨコ豆を用いたダイエット、もしくはヒヨコ豆料理で実践できるダイエット方法が該当するのです。ヒヨコ豆料理とは、主にディップのような糊状の料理となりますので、あまり日本では見かけないタイプの料理が該当します。

なぜ人気が高い?海外でも評価されているフムスダイエット

海外でフムスが流行するようになったのは、映画「SEX AND THE CITY」の影響が強いです。

「SEX AND THE CITY」の中でフムスが登場した、もしくは海外の有名人レディー・ガガ、ナタリー・ポートマン、アン・ハサウェイなどが、美容のために食べているという事実が明らかになっているため、有名人を真似てフムスダイエットが大流行するようになりました。

なによりフムスダイエットは、ヘルシーダイエットの最先端をいっているという特徴があります。近年では、日本人だけでなく海外の人たちもヘルシーダイエットに興味を持つようになり、そのため、野菜中心の食生活が大きなブームになっているのです。

野菜中心の食生活というと、欧米人は嫌いそうなイメージもありますが、和食文化が流行しているため、少しずつこのような文化の必要性、そして吸収しやすさが認知されるようになっていきました。なによりフムスダイエットは、あまりお金がかかりませんので、庶民でもすぐに始められるダイエット方法として、各種メディアがクローズアップしているのです。

ベジタリアン、ヴィーガンと呼ばれる人たちが、昔から実践しているダイエット方法でもあるので、副作用の心配が小さいというところも、フムスダイエットの人気を後押ししています。

誰でも簡単にできる!女性に人気のフムスダイエットの始め方

フムスダイエットは、フードプロセッサーさえあればすぐにでも始められます。以下の食材を用意し、後はフードプロセッサーで1分ほど撹拌するだけで、フムスダイエットで用いる料理が完成するのです。
  • ボイルしたフムス
  • 練りごま
  • オリーブオイル
  • にんにく
  • レモン汁
  • 好みで塩少々

庶民的な料理のように感じるかもしれません。ですが、フムスダイエットは大流行しているため、今ではハリウッドスターさえも実践するようになってきました。

フムスを用いた料理の味わいですが、大豆を使用した料理と大きく変わりません。そのため、味わいとしては薄味のポークビーンズといったところで、男性の場合はコンソメスープに近い味わいに仕上げたい、女性の場合は丁度良いと感じるかもしれません。

また、フムスダイエットはスープ料理にしないといけないというルールはありません。そのため、フムスダイエットの始め方は、野菜ディップにフムスを使用するというものでも良いですし、クラッカーにフムスをかけて食べるのも良いでしょう。

食べる際は、オリーブオイルなど体に良いオイルを使用するようにしてください。その理由ですが、塩分、脂質、糖質の摂取量を減らすためです。

フムスダイエットは高たんぱく質低カロリーそのものなのですが、だからといって、その他の栄養成分を多く付け足してしまうと、せっかくのダイエット効果が下がってしまいます。自然に近い食べ方を実践して、自然そのもののダイエット効果を引き出すようにしましょう。

補足となりますが、フムスのカロリー量は100g170kcalです。白米と比較すると、50kcalほどカロリー摂取量を減らすことができますので、ダイエット食として評価されるのも自然なことなのかもしれません。

豆類は体に良い!リバウンド防止の効果でも評価されている

フムスダイエットが人気なのは、リバウンド経験者からも評価されているダイエット方法だからです。

フムスダイエットには以下のような健康効果もあるので、多くの方が実践されるようになりました。

  • お通じ改善効果
  • デトックス効果
  • 暴飲暴食の予防効果

フムスだけでなく、豆類に該当する食材は健康に良いと言われることが良くあります。その理由ですが、豆類は栄養価が非常に高いからです。

しかも、豆類のほとんどは低カロリー食として安全に食べることができますし、熱を加えるほどに味わいが上がるという性質があるため、保温性に優れる食材としても重宝されているのです。保温性に優れる食材は満腹中枢を刺激してくれるため、暴飲暴食を抑えることができます。

さらに、フムスには多くの食物繊維が含まれていますので、不溶性食物繊維の効果によってお通じ改善効果を得られるのです。お通じ改善が上手く進むようになると、減量に成功しやすくなるだけでなく、便秘症に悩まされる日数が減りますので、その影響でストレス発散しやすい体質になるのです。

このような健康効果は、痩せやすい体質になるためにも必要とされているため、今では食物繊維が何度も見直されるようになりました。

また、日本人は海外の人たちと比較して、食物繊維の摂取量が少ないことでも有名です。食物繊維を正しく摂取していないと、デトックスと言われる除毒が上手く行えない体質になるため、今では、このような要素も含めて豆類を食べる人が増えてきました。

なによりフムスダイエットは、料理を食べるだけという簡単なダイエット方法なので、ストレスが溜まりにくくなり、こちらの影響でリバウンドが中々発生しない毎日を過ごせるようになるのです。

女性が喜ぶ成分が盛り沢山!トリプトファンでキレイに痩せられる

フムスには、多くのトリプトファンが含まれていることも、今では知られるようになってきました。

トリプトファンには以下のような健康効果があるため、海外でも注目されている栄養成分です。

  • 抗酸化作用
  • 女性ホルモンの活性化

抗酸化作用とは、健康を維持する上で必要となる細胞の酸化を防ぐ作用のことです。抗酸化作用をあまり受けていない体の場合、疲労を感じやすくなる、ストレスに弱くなる、免疫力低下が懸念されるようになり、このような問題が原因になりダイエットで失敗することもあります。

フムスのトリプトファンは、高い抗酸化作用だけでなく、女性ホルモンバランスを保つ効果もあるため、加齢によって元気が出ない、美容を保つことが難しいという場合は、トリプトファン不足を懸念したほうが良いかもしれません。

女性というのは、寝不足、ストレス、生活環境の変化によって不安、緊張が高まるようになっています。このような状態が続くと過食症、睡眠障害、老化現象が表に出やすい体質になり、その影響で肥満症に悩まされるリスクも高まってしまうのです。

逆に、ビタミンC、ビタミンE、トリプトファンなどのホルモン物質に良い栄養成分を摂取していると、美容、健康が改善されやすい体になります。

近年では、美容にこだわりすぎてしまい、過度な食事制限ダイエットをされる女性が増えてきました。過度な食事制限を行ったところで、美容、健康を保つ上で必要な栄養成分を摂取していません。

これではかえって太りやすい、美容を損ねやすい生活を続けているようなものです。もし、このような状態に悩まされることが多いという場合は、フムスダイエット、そしてオリーブオイル、えごま油、米油などからビタミンEも摂取したほうが良いでしょう。

ビタミンEにも強い抗酸化作用があります。オリーブオイルなどの良質な油から摂取できる脂質は、体内で消化されやすい脂質なので、過度に摂取されない限りは体に悪い影響を与えることもありません。

ベジタリアンからも親しまれているフムスダイエットの方法

ベジタリアンの間でも、フムスダイエットは流行しています。

野菜中心の生活を送っている人たちなので、フムスダイエットの効果を知っているのは当然と思ってしまいますが、フムスダイエットが流行するようになったのは最近のことです。

また、どのようにして食べるようにすると、ベジタリアン好みの食べ方になるのかは、以下を参考にしていただければと存じます。

  • サンドイッチに挟む
  • サラダ料理に含ませる

サンドイッチは美味しいのですが、糖質を多く含む食材を用いているので、ダイエット中は敬遠されることが良くあります。ですが、中身をフムスに変えると、それだけで健康に良い栄養バランスになるのです。

フムスには味がついているので、追加で香辛料などを使用する必要はありません。もし、フムス入りサンドイッチのダイエット効果を上げたい場合は、すり潰した黒胡椒を振りかけるようにしましょう。

黒胡椒には、以下のような健康効果があるため、ダイエット中にオススメの香辛料としても有名です。

  • 優れた発汗作用
  • 唾液分泌を促進する

人の体には、体外に上手く排出することができない水分があります。こちらが体内に残ったままだと、体内に蓄積している水分が有毒化していくため、皮膚、血管にとって悪い作用が発生することもあるのです。

しかし、黒胡椒の健康効果で良く汗をかくようになると、発汗時にあまり使われないまま残っている水分が含まれるため、これによってデトックスを促進することが可能となります。しかも、免疫力の向上で重要となる、唾液分泌を促進する作用も黒胡椒に含まれているのです。

唾液分泌が安定するようになると、口腔内は適度な湿潤性を保てるようになり、こちらが菌、ウィルスの増殖を抑える影響に繋がります。黒胡椒は、すり潰されている状態のものを購入しても良いので、わざわざすり潰す必要があるわけではありません。

どんな口コミが見つかる?フムスダイエットの良い、悪い口コミ

フムスダイエットの口コミを探ると、以下のような口コミが数多く見つかります。

  • ヘルシーなので続けやすい
  • 確実に痩せていくのを実感している
  • まったくリバウンドしなくなった

世界中で大流行しているダイエット方法ということもあり、フムスダイエットの口コミのほとんどは良い口コミばかりです。しかし、以下のような悪い口コミが見つかることもあります。

  • あんまり美味しくない
  • 調理するのが面倒臭い
  • 高たんぱく質という感じがしない

海外のセレブ、モデルの中には筋力増強を意識して、フムスダイエットを始める人もおられます。ですが、フムスそのものはプロテインのような、筋力増強向けの調合が行われているわけではないので、こちらも理解してフムスダイエットを始めたほうが良いでしょう。

豆類のたんぱく質は、アミノ酸が豊富という以外では肉類と大きく変わりません。フムスがスーパーフードと持て囃されているのは、あくまでも高たんぱく質、そして低カロリーという事実があるからです。

もし、ハードトレーニングも含めて体力作りを目指しているのであれば、プロテインも飲むようにして筋力増強を目指したほうが賢明でしょう。

フムスについてもっと詳しくなりたい方向けの基礎知識

色々とフムスについて案内しましたが、フムスには、以下のような栄養成分も多く含まれています。

  • 鉄分
  • 葉酸
  • ビタミンB6
  • カルシウム

注目して欲しい栄養成分はカルシウムです。ありきたりな栄養成分として、誰もが知っているカルシウムですが、実は、たんぱく質の消化吸収効率を上げるために必要な栄養成分なのです。

カルシウムというと、骨を作る際に必要ということを知っている人が多いため、このような事実を知らない人は結構多かったりします。また、人によっては牛乳、小魚などからカルシウムを摂取するのが苦手という人もいるでしょうが、フムスの場合は、糊状のものを野菜ディップに付けるだけで問題ありません。

今では、強い体を作る目的でフムスダイエットを始める人も増えてきました。

フムスは高たんぱく質低カロリーなだけでなく、鉄分、葉酸、ビタミンB6も含まれているのです。これらの栄養成分は、体内に蓄積しているエネルギーを正しく消費するために必要で、不足している場合は脂肪が蓄積しやすい体になるのです。

女性の場合は、フムスダイエットを始めてから女性らしさが改善されたという人もいます。このような効果を得られるのは、フムスに含まれているトリプトファンだけでなく、女性らしさを維持する上で必要な鉄分、葉酸、ビタミンB6も摂取できるからです。

現代人の食生活では、これらの栄養成分の摂取量が少ないので、健康促進を意識して、フムスを食べるというのも体に良いことです。

補足となりますが、鉄分、葉酸が不足しがちな生活が続く場合、疲労感、精神的ストレスが溜まりやすくなるだけでなく、集中力、記憶力が下がってしまったという事例もあります。なので、このような事例も意識して、健康に良いフムスダイエットを始めてみるのも良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.