チヂミは健康にも良い!?ビタミンなどダイエットに良い成分が豊富

チヂミによるダイエットは、美味しく痩せられると話題のダイエット方法です。

ですが、具体的にどのような栄養成分により痩せられるのか、その辺りを知らない人もいるので、話題の栄養成分を中心にして、なぜチヂミを食べるだけで痩せられるのか、そのことを詳しく案内していこうと思います。また、調理に関する注意も記載されているので、良ければこちらも参考にしてください。

チヂミが体に良い理由!にんにくと同じ栄養成分が含まれている

チヂミに使用される食材の中で、注目されている食材はニラです。ニラというと、風味を良くするために使用されている、このようなイメージが定着しているのですが、アリシンという栄養成分が含まれているため、体に良い食材であることが知られるようになってきました。

アリシンには以下の健康効果があり、ダイエットだけでなく健康促進のために摂取している人もいます。

  • 疲労回復効果
  • 代謝機能改善

アリシンは、ビタミンB1と結合することで、体内に留まりながら疲労回復効果を発揮するようになります。

ただし、熱に弱いという問題点が含まれている栄養成分なので、アリシンを上手く摂取したい場合は、調理油を使用することが大事なのです。調理油でアリシンが保護されていると、ビタミンB1と結合した後も、体内で上手く消化されるようになりますので、栄養吸収率を高めることが可能になります。

アリシンは、ニラだけでなくにんにくにも多く含まれています。なので、少しでもアリシンのダイエット効果を引き出したい場合は、にんにくチップをチヂミに振りかけて、美味しくいただくようにしたほうが良いでしょう。

どのような健康効果がある?女性から支持されているβカロテン

チヂミに含まれているニラには、アリシンだけでなく、βカロテンも含まれています。

βカロテンには以下のような特徴があるため、今ではサプリメントも含めて人気の栄養成分です。

  • 緑黄色野菜に多く含まれる
  • 抗酸化作用がある
  • 体内でビタミンAに変換される
  • 粘膜、皮膚の健康維持で効果を発揮する
  • 生活習慣病の改善に役立つ

注目されている効果は抗酸化作用です。抗酸化作用は、加齢に伴い体力が落ちている人、もしくは肌荒れなど、美容面の問題が見え始めている人などに有用とされています。

細胞そのものの活性化に強い効果を発揮するため、体力の衰えをカバーしてくれるだけでなく、疲労回復を改善してくれる効果もあるので、ダイエット中の疲れ、ストレスを緩和するために、チヂミを食べるのは良いことなのです。

話題のビタミンE!チヂミにはアンチエイジング効果がある?

ニラには、多くのビタミンEが含まれています。近年では、アンチエイジング効果の期待が高まっているビタミンEですが、実は、あまり摂取することができない部類の栄養成分なのです。

ビタミンEには以下の効果がありますので、今では、上手にビタミンEを摂取する方法が、ダイエットを行っていない一般の人にも、良く知られるようになってきました。

  • 抗酸化作用
  • 生活習慣病の改善
  • 血流改善効果

女性から支持されることの多いビタミンEですが、ビタミンEには他の栄養成分よりも強い抗酸化作用があります。抗酸化作用を多く得ていると、その分だけ活性酸素を抑えられるようになり、不飽和脂肪酸の酸化を抑制できるようになるのです。

不飽和脂肪酸の酸化は、血流そのものに悪い影響を与えるのですが、近年の研究成果で、血流そのものが良くない場合は、太りやすくなることがわかってきました。

血流は食生活の改善、運動を頻繁に行うことで改善していきますが、ビタミンEの場合は摂取するだけで効果を発揮してくれます。そのため、今ではチヂミダイエットのようなダイエット方法が人気になっているのです。

ビタミンEの血流改善効果が良く発揮されるようになると、動脈硬化、心筋梗塞も予防できるようになるため、中高年の方から良く支持されている栄養成分でもあります。

ダイエットの味方!チヂミに含まれているビタミンB群

ネットの噂などを確認すると、チヂミを食べているだけで痩せやすい体質になるといった、ダイエット情報を見かけることがあります。

こちらについては概ね誤った情報ではなく、以下のようなビタミンB群の健康効果により、痩せやすい体質に変化するのは事実です。

  • ビタミンB群は代謝機能改善で必要な栄養成分
  • 食の欧米化により摂取量が減っている
  • ビタミンB2、B6は糖質、脂質の代謝機能改善に効果的

ビタミンのほとんどは、肉類、野菜を食べているだけで摂取できるのですが、ビタミンB群のようなビタミンは、意識的に野菜を多く食べるなどしないと、1日の生活で必要となる摂取量に届きません。

つまり、普通に生活している場合のビタミン摂取は、ビタミンA、もしくはビタミンCの摂取量が安定しているだけで、ビタミンB群の摂取量が少ない生活を続けているだけなのです。今では、食の欧米化もあり体質的に太りやすい人が多く、そのほとんどが過剰な糖質、脂質の摂取に悩まされています。

そのため、食事、運動で代謝機能改善を目指さないといけません。チヂミの場合は、ニラだけでなく多種類の野菜をまとめて食べられるため、このような栄養不足の問題もまとめて解決できるのです。

補足となりますが、代謝機能改善が上手くいくに連れて。炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝機能が改善されるようになります。これらの栄養成分は、上手く代謝されていない場合は脂肪として蓄積するため、栄養バランスの悪い食生活を繰り返していると、太りやすい体質になるのは自然なことなのです。

どのように食べれば良い?海鮮チヂミは栄養摂取に最適な料理方法?

体に良いチヂミ料理は、海鮮の具材を多く使用している海鮮チヂミです。

以下のような素晴らしい健康効果があるので、近年では、ダイエットや美容のために海鮮チヂミを食べる人が増えています。

  • 弾力がありアゴが丈夫になる
  • 筋肉、血管、骨の代謝機能改善

海鮮チヂミに使用される具材は、イカ、タコなどを使用した場合も、適度な弾力を含む料理となりやすいです。

アゴを良く動かして料理を食べるようになると、咀嚼回数が自然と増えやすくなります。すると、食材を細かく噛み砕くようになりますので、胃で簡単に消化できるようになります。

胃腸にあまり負担がかからない食生活を繰り返していると、血糖値が上がりにくい健康的な生活となり、血糖値が安定している生活を続けていると、代謝機能も安定するようになるのです。代謝機能の中には、良く汗をかく、体内に溜まっている無駄なエネルギーを使用する機能があり、こちらはデトックス効果も認められている機能の1つです。

デトックス効果が良く出るようになると、排便の量が少しずつではありますが上がっていきます。しかも、海鮮チヂミには多くの野菜、魚介類が使用されていますので、ビタミン、食物繊維のバランスも良く、便秘、下痢などお通じの問題を改善しやすくしてくれます。

ただ、美味しいとは言っても味わいの変化がない料理方法の1つなので、海鮮チヂミを作る際は、コチュジャンなどをベースにして、味の変化をつけるように工夫しましょう。海鮮チヂミは甘辛いタレと相性が良いので、長くチヂミ料理を楽しむためにも、このような工夫を取り入れたほうが良いです。

使用量に注意したい!調理油を多く使用すると体に良くない理由

調理油は、体に良い栄養成分が多く含まれているため、体に悪影響を及ぼす心配が小さいと思われがちです。

ですが、以下のような問題点も含まれているので、過剰に摂取しないように注意してください。

  • 使用後に酸化する
  • カロリー量が多い

近年では、トランス脂肪酸が体に悪いと言われるようになったため、調理油に警戒心を抱く人もいます。

ですが、調理油の場合は酸化に注意するだけで問題ありません。例えば、チヂミを作る際に調理油を使用したのであれば、早めにチヂミを食べるだけで問題ありません。

調理油は、10~20分ほどかけて酸化が進むようになっています。そのため、調理後に素早く食べるようにするだけで、健康上の問題が起きにくくなっているのです。

後は、調理油のカロリー量を気にして使用するようにしましょう。大さじ一杯分で約70~120kcalのカロリー量となっているので、大さじ一杯分以上を使用してしまうと、無駄なエネルギーを摂取してしまうこともあります。

最近になって販売されるようになった調理油の中には、エネルギーとして使用されやすい菜種油、えごま油、米油も販売されているので、チヂミダイエットを行う際は、これらの油の効果にも期待して、ダイエットを進めてみるという手もありです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.