掃除の動きを利用するダイエット法。こまめに動いて綺麗に痩せよう!

今度こそ綺麗に痩せる!…そんな目標を立てては挫折している人、多くいませんか。

世の中には美味しい食べ物が沢山ありますので、ダイエットを決意しても実行する事は難しいですよね。

目標を立てても達成する事が難しい人が殆どだと思います。

頑張りすぎてしまうと、途中で心が折れてしまったりするので、目標を達成しようと思ったら逆に気負いすぎない方が良いのかもしれません。

ダイエットに関しても、日頃からこまめに動くことで痩せ体質に繋がる可能性があります。

例えば掃除の動きを利用してトレーニングする事ができれば、掃除とダイエットを同時に行う事ができます。

その辺りについてまとめてありますので、参考にしてください。

目標を高く掲げすぎると挫折につながる!控えめ設定がダ成功のコツ

ダイエットをしようという意気込みがある人はとても多いと思うのですが、そうなるも最初はモチベーションが高い分、どうしても目標を高く掲げがちになります。

例えば、今から2ヶ月以内に10kg痩せようとか、3ヶ月以内に15kg痩せよう…または晩御飯は絶対に食べないようにする、甘いものは目標達成まで口にしない、必ず毎日30分はウォーキングする等、自分の力以上にハードルが高いものを設定しがちになります。

もしもこれらの目標を達成することができれば、大幅減量につながる可能性が高いですが、自分が大好きなものを絶つというのは正直、想像よりもずっと辛いものです。

もしも上記のようなダイエットを本当に頑張ることができれば、短期間で数十キロ痩せる事は簡単かもしれません。

しかし現実はそう甘くはありません。

ダイエットを始めると、比較的早くモチベーションが下がる人が多いんです。

どうしても好きなものを辞めなくてはならなくなりますので、モチベーションの持続は難しくなるんですよね。

ですのでうまくダイエットを成功させようと思ったら、できるだけ目標は小さく掲げた方が良いんです。

1ヶ月の間で5kg痩せることを目標にするよりも、2kgに設定した方が気が楽になりますし、気楽な気持ちでダイエットに取り組むことができます。

5kg減らすことが辛くても、2kgならばならばなんとかやれるかもしれない!そう思える筈です。

そしてそれがうまくいったら自信につながり、今後も順調に体重を減らしていくことができるでしょう。

達成しやすい目標を掲げてダイエットをする…ここが成功のポイントだと言えます。

掃除の動きをエクササイズに代わりにしてしまおう!

そして運動に関しても外でジョギングをする、ウォーキングをすると気負っても、まず長続きしない可能性のが高くなります。

特に昔から運動があまり好きではない人にとって、毎日、外で体を動かすのは正直キツいものがありますよね。

また天候が悪いときでも運動を継続しなくてはならない…そう思ったら、その時点でダイエットに対しての意気込みが下がっているのではないかと思います。

「○○しなくてはならない」という縛りを自分に課せると、挫折に繋がってしまうんですね。

それならば発想の転換で、日頃を行っている掃除の動きを利用して、ダイエットのエクササイズ代わりとしてみてはいかがでしょうか。

掃除は体を動かすことが基本になりますので、その時間をダイエットのエクササイズとして利用するのは、非常に理にかなっているのではないかと思います。

掃除自体結構体を動かしますので、上手に利用するとしっかり運動をしている時とそう変わらないぐらいの効果がある可能性がありますよ。

それでは、具体的にどのような動きを掃除中に取り入れたらダイエットに効果があるのか、説明していきたいと思います。

掃除機をかけている間はつま先立ち必須!かかとを降ろさない事!

例えば掃除機をかける時、普通にかけるのではなくつま先立ちでかけてみましょう。

普通に歩き回って掃除機をかけるよりも、つま先立ちで歩くことによってふくらはぎから太ももの筋肉を使うことになりますので、カロリー消費が大幅にアップします。

プラス、かかとを上げてつま先立ちをすると体のバランスを崩しやすくなるため、転倒しないように背筋に力を入れることが多くなると思います。

つまりふくらはぎ太もも、そして背筋がきちんと伸びますので、自然と背筋が鍛えられ、代謝量もますますアップするようになります。

たったそれだけのことでも継続すると体は大きく変わりますので、普通に掃除機をかけるだけでなく、できるだけつま先立ちで歩くように頑張ってみてほしいと思います。

ちなみに掃除機をかける時だけでなく、家の中を歩く時は徹底してつま先立ちにするともっと代謝が上がり、背中の脂肪やお腹の脂肪にも効いて痩せやすくなってきます。

つま先立ちでバランスを取りながら掃除をするだけでもかなりの運動量になりますので、おすすめですよ。

拭き掃除をするときは雑巾を持っている手の筋肉を意識して!

掃除は当然、拭き掃除も大切になってきますよね。

特に窓の拭き掃除をする時に、雑巾を持っている手の二の腕を意識しながら力を入れて拭くようにしてみてください。

そうすることで二の腕が引き締まってきます。

窓ガラスの拭き掃除を半分、右手で行った後は、今度は左手で拭き掃除をします。

その時も二の腕に意識をしながら拭くようにしてみてください。

今まで手の平だけを使って雑巾を握り、拭き掃除をしていた方が多いのではないかと思います。

ほっそりとしたセクシーな二の腕を手に入れたいと思った時は、二の腕を筋トレしているようなイメージで雑巾がけを行なってみてください。

おそらく次の日、筋肉痛に見舞われる方も多いのではないでしょうか。

細くしたい部分の筋肉をしっかりと意識して使うことで、ダイエット効果がかなりアップしますよ。

また四つん這いになって床の拭き掃除をする時は、お腹に力を入れて背中に付けるようなイメージで凹ませ、腹筋を鍛えながら拭き掃除をしてみてください。

四つん這いになった場合、お腹の贅肉が床に向かって垂れ下がっていませんか。

それらは全て贅肉となりますので、垂れ下がった脂肪を背中の方に引き上げるような感覚で腹筋に力を入れて雑巾がけを続けてみてください。

継続すると、だんだんとお腹の脂肪が減っていく実感を得る時が来ると思います。

結論!掃除中も十分ダイエットエクササイズが出来る!

掃除をしている時は一生懸命動いていることが多いですので、それを利用して痩せることは可能だということがおわかりいただけたと思います。

改めて運動するとなると面倒くさいなと感じてしまったり、運動そのものが苦手な人もいて、そういう感情がますます運動不足に陥らせてしまうんですよね。

ですので日頃やらなくてはならない家事の動きを利用して体を引き締めれば、家事とダイエットを同時に行うことができ、一石二鳥になるのではないでしょうか。

掃除機をかける時と拭き掃除の時、このたった二つのエクササイズだけでも体は十分に締まってくると思いますよ。

これに少しだけ食事に気をつけるなどの簡単な食事制限を取り入れることで、より一層スリムな体を手に入れやすくなると思います。

さらに余裕が出てきたら掃除の時だけでなく、食事の支度をしている時にもつま先立ちをしてみたり、お腹をググッと凹ませる癖をつけるだけで、ますます痩せ体質に変わっていくと思います。

他にもトイレ掃除やお風呂掃除の時など体を動かす際に、動かしている筋肉を意識して緊張させてみてください。

1ヶ月後にはかなり引き締まった体型になっている可能性がありますよ。頑張りましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.