寝不足は痩せられない?!効率的にダイエット成功するための睡眠法

ダイエットに苦労している方、とても多いですよね。

色々なダイエット方法を試しているのにも関わらず、なかなか結果が出ない方はたくさんいるようで、毎日頭を悩ませているのではないでしょうか。

ダイエットの方法はとてもたくさんあるのですが、どんな方法を試してもなかなか痩せられない方、もしかしたら睡眠不足が原因なのかもしれません。

どうして睡眠とダイエットが関係しているのか…その辺りを知りたいと思いませんか。その部分がもしも解決したら、痩せ体質に変わる可能性があります。

ダイエットと睡眠不足について色々と調べてありますので、気になる方は是非、最後まで読んで、参考にして欲しいと思います。

痩せられない原因は成長ホルモン不足かも!自分の睡眠不足を見直そう

ダイエットを一生懸命しているのにも関わらず、なかなか痩せることができないという方はたくさんいるのですが、そのような状態に陥っている方々は、一度自分の睡眠状況を見直す必要があるかもしれません。

食事制限をしたり一生懸命運動を取り入れているのに、なかなか痩せることができない方は、原因の一つに成長ホルモンが不足している可能性があります。

実はこの成長ホルモン、睡眠不足に陥っていると分泌が妨げられるようになり、その結果、一生懸命ダイエットをしても、なかなか痩せることができなくなる可能性が高いと言われているんです。

成長ホルモンは体の不調な部分を立て直す役割があります。

例えば疲労困憊の状態でも、ぐっすりと眠る事で疲れが取れ、体の不調な部分をしっかりと治してくれます。ですので次の日、朝から精力的に動くことが可能になるんです。

そしてこの成長ホルモンは、肥満に対しても効果を発揮してくれるんです。

適正体重から大きく外れた体型を元に戻そうとする力があり、その働きのおかげで成人病から身を守ってくれたりするわけです。

ところが、睡眠不足が続いたりすると成長ホルモンの分泌が著しくダウンしてしまい、結果、体の不調な部分を立て直すことができなくなったり、適正体重に戻す力がなくなったりするんです。

一生懸命ダイエットをしているのにも関わらず、なかなか結果が反映されない方はもしかしたら成長ホルモンの分泌が下がっているのかもしれません。

心当たりはありませんか。

眠りが浅いなど思い当たるところがある方はまず、しっかりと眠ることができるように改善する必要があります。

時間が肝心!成長ホルモンを活発に分泌させる時間帯に眠ろう!

睡眠不足に陥ると成長ホルモンの分泌が妨げられ痩せにくくなるという話をしましたが、実は成長ホルモンは分泌されやすい時間帯というものがあります。

朝方眠っても、さほど分泌は期待することができないんです。

成長ホルモンが一番分泌される時間帯は、夜の10時から夜中の2時までの4時間と言われています。

つまり、この時間の間にしっかりと熟睡をしていれば成長ホルモンの分泌が盛んとなり、自然と痩せやすい体を作ることができると言うことになります。

今はスマホなど、眠りに着くまで触っている人が多く、夜中の3時ぐらいまで起きているという完全夜型の人が増えてきていますよね。

しかしそんなことをしていたら、成長ホルモンが分泌されやすい時間帯をとっくに通り越すことになります。

そうなると、残念ながらダイエット効果は期待することができなくなります。

成長ホルモンの分泌をしっかりと高めるには、せめて夜の10時から2時までの間には熟睡できている態勢を整えておく必要があります。

早起き必須!規則正しい生活を送る事を考えよう!

成長ホルモンの分泌を促したいと思ったら、まず早起きすることを習慣化してみましょう。

人間は早起きをすると、必ず夜になると眠たくなるという習性を持っています。

つまり、規則正しい生活を送るようになると自然と体は夜になると休みたがるようになるんです。

それが人間の本来持つ力になりますので、早寝早起きの習慣は少し意識すればすぐに順応できるようになります。

私は夜型人間だからなかなか眠たくならないという方がおられるのですが、精神的な不安や緊張があり、なかなか眠ることができないという方は致し方ないとしても、単に夜更かしをしてそれが当たり前となっているのであれば、1日2日程度で構いませんので、早寝早起きを実行してみてください。

体はすぐにその状態に慣れ、夜になったら比較的早く眠たくなるように体質がどんどん変わっていきますよ。

早く寝るためのリズムを、体に覚えさせるようにしてみてください。

そうすることによって、今までよりも成長ホルモンの分泌が活発なることは間違いありません。

適度な運動をすることも効果的!歩く疲労させることで眠りを誘おう!

グッスリと睡眠を取る方法は色々あるのですが、朝、早起きするだけでなく、軽い運動をすることで体を疲労させ、深い眠りに陥りやすくするというやり方もおすすめです。

この方法を取り入れている方もとても多く、仕事から帰ってきてストレッチをしたり、筋トレをしたりして安眠に繋げているようです。

運動を取り入れる事で心地よい睡眠を得ることができたという方がとても多いですし、何より、運動そのものがダイエットに繋がりやすくなりますので、体を動かすことは非常に大切であるということが改めて分かります。

何もがっつりとランニングをしたり、長い時間ウォーキングをしたりする必要はありません。

本当は長くすればそれだけダイエット効果も高まるのですが、仕事終わりにそこまで本格的にするのは正直きついと思います。

しかし、家の中でも簡単な筋力トレーニング程度ならば出来ると思いますので、継続して行なってみてほしいと思います。

運動することと、しっかり眠ることでの成長ホルモンの分泌が相乗効果を発揮して、効率よく早く痩せることができる可能性がありますよ。

ちなみに家の中でできる筋トレは非常にたくさん種類がありますので、インターネット等で検索の上、自分の体力に合った出来そうなものを選んで行なってみてくださいね。

日頃から運動不足の方は、少し筋トレをするだけでもかなりの効果を期待することができるかもしれません。

朝日を浴びることも重要!朝の散歩は良い睡眠を得るきっかけになる!

実は朝の太陽の光をしっかりと浴びることで、睡眠の質を上げることが分かっています。

朝日を体に浴びると、体が朝であることをしっかりと認識して、体の中の体内時計が本来の人間のリズムを取り戻そうとしてくれるんです。

朝、早起きをするだけでもその効果があるのですが、それにプラスして朝日をしっかりと浴びることで、体の中はより強く体内時計を元に戻す力を発揮するんです。

また、朝日を浴びることによってセロトニンというホルモンが分泌されやすくなり、そのホルモンが気持ちを穏やかにし、精神的にゆったりとした気分にさせ、それが良い眠りを誘い込むと言われています。

不眠症などで病院に通院している方は、先生に朝日をよく浴びてセロトニンをたくさん分泌するようにしてみてくださいと言われる方が非常に多いんです。

それぐらい朝の太陽の光は規則正しいきちんとした生活を送るためにも、そして成長ホルモンの分泌を促すためにも非常に重要であるということがおわかりいただけたと思います。

結論!睡眠不足はダイエットに大敵!しっかり眠れるように整えよう

睡眠不足に陥ると成長ホルモンが減り、なかなか痩せ体質にならないということがおわかりいただけたと思います。

ここ最近しっかりと眠れていないという方は是非、自分の生活環境を見直して、良い睡眠を得られるようにできることから変えていくことが大切です。

朝早起きをしてみる、外に出て朝日を浴びてみる、体を疲れさせるように運動を取り入れるなど、自分でもできることを積極的にやってみてほしいと思います。

その結果、前よりもしっかりと眠ることができるようになり、いつのまにか痩せ体質を手に入れることができるかもしれません。

まずは諦めずにチャレンジしてみること!ここが一番大切です。頑張りましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.