ダイエット中「だるい」と感じたら…間違った痩せ方は体調不良を招く

ダイエットには「痩せる」ということに目が行きがちですが、場合によってはその他の症状が出てしまうこともあります。よくあるのはダイエットをしている時に引き起こされる体調不良です。

例えばダイエットをしている時に「だるい」と感じる人もいます。その時は気のせいと考えても、実は体調不良という可能性もあるため、だるいと感じたのであれば注意が必要です。

ダイエット中になぜだるいと感じてしまうのか?まただるいと感じた時に対処はどうすればいいのか?紹介していきます。

ダイエット中は不調になりやすい!だるいと感じたら注意

ダイエットをしていると体調不良になってしまうことも多いです。特に早く痩せたいと考えている人は過剰な運動や、過剰な食事制限をしてしまうことがあります。

過剰なダイエットは体への負担も多く、ダイエットの途中でだるさや倦怠感などの体調不良を引き起こしてしまいます。

体がだるいと感じたままダイエットを続けてしまうと、さらに体への負担をかけてしまい余計に体調不良になってしまいます。少しでもだるさや倦怠感などを感じたのであればダイエットを中止しましょう。

ダイエット中に体がだるいと感じる原因は食事制限にある

ダイエットの定番と言えば食事制限が挙げられます。

食事制限はダイエットには効果的ですが、取り組み方によっては体のだるさや倦怠感などの、対象不良になってしまうこともあるため注意が必要です。

より早く痩せたい人の中には「1日に何も食べない」という人や「1日に最低限の食事をしない」などという人もいるのではないでしょうか。ダイエット効果には期待できますが、食事制限をし過ぎてしまうと体に必要なエネルギーが不足してしまい、体のだるさにつながってしまいます。

急いで痩せたいから過剰に食事制限をするという考えは分かりますが、体調不良になってしまうとダイエットの挫折につながることもあるため、効率を考えるとあまりおすすめの方法とは言えません。

食事制限でダイエットをする場合は、あまり過剰な制限をせずに身体に必要な栄養が不足しないようにバランスのいい食事を取りながらダイエットを行うようにしましょう。

糖質制限も身体のだるさにつながることがあるの?

食事制限もダイエットの定番と言えますが、糖質制限もまたダイエットの定番と言えます。

糖質制限も食べるものを制限するダイエット方法ですが、食事制限よりも体への負担も少ないため、体のだるさや倦怠感が起こりにくいです。

糖質制限はその名の通り「糖質」を制限するだけなので、その他の食べ物であればダイエット中でも食べることができます。栄養不足になりにくいため、体のだるさも起こりにくいため、食事制限の代わりに糖質制限をダイエットに取り入れてみることを考えてみてはどうでしょうか。

ただし糖質制限でも、ダイエットの取り組み方を間違えてしまえば体のだるさなどの体調不良につながってしまうことがあります。糖質制限は糖質を制限するだけなため、糖質制限中にその他の栄養が不足しないように注意しましょう。

ダイエット中にだるいと感じた時の対処方法!食事を見直そう

ダイエット中にだるいと感じたり倦怠感を感じたりするのは、エネルギーが不足していることが考えられます。例えば食事制限をすると、体内に取り入れるエネルギーが不足してしまいだるさを感じてしまいます。

またダイエット中に激しい運動をするとエネルギーを大量に消費してしまい、だるさの原因となってしまいます。解消するためには、エネルギー不足にならないように、食事を見直してみましょう。

食事は制限してもいいですが、あまり制限しすぎてしまうとエネルギーの不足や栄養不足となってしまうため注意しましょう。ダイエット中に特定の物だけ食べる人も多いですが、それだと栄養不足やエネルギー不足になってしまうことがあります。

ダイエット中はできるだけバランスの良い食事を食べるようにし、食生活を乱さないようにすることで体のだるさを解消、対処することができます。ダイエット中には高たんぱくで低カロリーの食べ物を食べることで栄養不足が起こりにくいです。

食事制限をする場合は高たんぱくで低カロリーの食べ物を食べてだるさや倦怠感などへ対処すると良いでしょう。

ダイエット中の運動量にも注意!だるさや倦怠感の原因に

ダイエット中を効率よく行うのであれば適度な運動は欠かせません。

しかし運動は過剰に行い過ぎると体がだるいと感じてしまうことがあります。

例えば毎日息が切れるような短距離走を行ったり筋肉痛になったりする運動は体によくありません。確かにカロリーを大量に消費することはできますが、体調不良になってしまうこともあるため、あまり過剰な運動を行わないように注意しましょう。

  • 息切れしない運動量にすること
  • 筋肉痛にならないこと
  • 翌日に疲労感を残さない事

ダイエット中に運動をするのであれば、息切れや筋肉痛になるような激しい運動や翌日に疲労感を残すような長時間の運動はしないようにしましょう。自分の無理のない運動量を見極めて運動を取り入れていくと良いでしょう。

ダイエット中に体がだるいと感じる原因は生活習慣にある!

ダイエット中の体調には普段からの生活習慣も大きく関わっています。

特に睡眠はダイエット中に重要で、睡眠一つでダイエットの効率が変わってきます。

睡眠にはストレスを解消する効果もあり、睡眠が短いとストレスを解消することができません。ストレスをため込んでしまうと体のだるさや倦怠感といった、体調不良を引き起こしてしまいます。さらにダイエットの効率も落ちてしまい、食事制限や運動をしても痩せにくくなってしまいます。

ダイエットに睡眠は関係ないと考える人もいますが、ダイエット中の睡眠はとても重要なため、ダイエット中は睡眠を十分とるようにしましょう。

ダイエットに起こりやすい体調不良を知っておこう!

ダイエット中に体調不良を起こしてしまうことも多いです。具体的にどんな体調不良が起きるのか?知っておけば事前に対処することもできるためダイエットをするのであれば知っておいて損はありません。

ダイエットをしていると、体に痛みを感じることがあります。主に背中に痛み感じるや筋肉痛を感じるという場合には注意が必要です。背中の痛みや筋肉痛を感じる場合は、内臓に負担がかかっていることが多く、内臓が正常に働いていないことが考えられます。

特に食事制限をしている場合に注意が必要で、1日食事を抜くなどの過剰な食事制限をしてしまうと背中の痛みや筋肉痛が起きやすくなってしまいます。過剰な食事制限をしなければ防ぐこともできるため、背中に痛みを感じた場合は食生活を確認してみると良いでしょう。

女性の人は要注意!ダイエット中は肌荒れがひどくなる

ダイエット中に肌荒れをしてしまうことも多いです。例えばニキビや乾燥肌、くすみ、目の下のクマといった不調を引き起こしてしまいます。ダイエット中には精神的にストレスを感じてしまうことが多く、ストレスが原因で肌荒れになってしまいます。

またダイエットは正しく行わないと体の新陳代謝も悪くなってしまい、体の老廃物が排泄されなくなってしまいます。それにより肌荒れになってしまうこともあるため、ダイエット中の新陳代謝にも注意が必要です。

新陳代謝が悪くなるとダイエットの効率にも影響するため、ダイエットをするのであれば新陳代謝を上げる方法も知っておくと良いでしょう。

美容に気を使う人が多い女性の人には肌が荒れるということは避けたいと考える人は多いでしょう。ダイエット中にはストレスを感じることも多いため、ダイエット中のストレス発散方法も考えてダイエットをすると良いでしょう。

ダイエット中の栄養不足に注意!貧血や頭痛を引き起こしてしまう

ダイエット中は食事制限により栄養が不足してしまうことがあり、栄養不足で体調不良になってしまいます。例えばダイエット中には鉄分を不足してしまうこともあり、鉄分が不足すると貧血になってしまいます。

またビタミンB12や葉酸と呼ばれる栄養も不足してしまうと貧血になってしまいます。貧血にならないように、ダイエット中は鉄分やビタミンB12、葉酸が多く含まれている物も積極的に食べるようにしましょう。

  • 鉄分→レバー、小松菜、納豆、ほうれん草
  • ビタミンB12→レバー、魚介類、チーズ
  • 葉酸→レバー、大豆製品、ほうれん草

レバーはやはり貧血を予防するために効果的な食べ物です。苦手という人も多いですが、ダイエット中は貧血を予防するために食べてみてはどうでしょうか。また貧血を引き起こすと頭痛や動機、めまい、倦怠感、だるさなどの症状を引き起こすことがあります。

女性の人は貧血気味という人も多いため、ダイエット中にさらに貧血がひどくなるという可能性もあるため女性の人はダイエット中の貧血には注意しましょう。

ダイエットでは便秘や下痢を引き起こしやすい!

ダイエット中に引き起こしやすい症状の中に便秘や下痢があります。便秘や下痢になってしまう原因は主に2つあります。まず一つ目はストレスを感じた時です。ダイエット中は、ストレスを感じやすく、ストレスをため込み過ぎてしまうと便秘や下痢を引き起こしてしまいます。

もう一つが栄養不足によって起きる便秘や下痢です。食物繊維が不足すると便秘や下痢になるという事を聞いたことがないでしょうか。ダイエット中に栄養不足になってしまうことが多く、特に食物繊維は不足してしまうことも多いです。

食物繊維は腸内の環境を整えてくれるという効果を持っており、不足してしまうと腸内の環境が悪くなってしまい便秘になってしまいます。便秘になってしまうと体にもよくありませんし、効率よく痩せることもできなくなってしまいます。

また下腹が出てしまう「ぽっこりお腹」の原因にもなるため、ダイエット中の便秘や下痢には注意が必要です。ダイエット中は睡眠を十分にとりストレスを解消したり、野菜を多めに食べて食物繊維を積極的に摂取したりすることで対処することができます。

食事制限をすると便秘や下痢になってしまうことが多いため、ダイエット中は食物繊維の不足や食事がとれないことでのストレスには注意してください。

ダイエットは正しく行わないと体がだるいと感じることもある

ダイエットの方法は豊富にあり、どんな人でも比較的すぐに始めることができます。ただしダイエットを行うのであれば、正しい方法で行わないと体調不良になってしまうこともあります。

例えばダイエットといえば食事制限がありますが、過剰な食事制限はいけません。食事制限で1日の食事を減らし過ぎてしまうと、食べられないというストレスを感じてしまいますし、栄養不足になってしまいます。それにより体がだるいと感じたり、倦怠感を感じたりしてしまいます。

また過剰なダイエットは、ダイエットの途中挫折になってしまうこともあります。途中で挫折してしまうとリバウンドの危険性もあるためダイエットは正しく行う必要があります。

ダイエット中には体のだるさや倦怠感だけではなく以下のような体調不良を引き起こしてしまうこともあります。

  • 便秘
  • 下痢
  • 貧血
  • 肌荒れ
  • 背中の痛み

もしもダイエット中に便秘や下痢、貧血などの症状が出てしまった場合、それはダイエットが正しく行われていないことが考えられます。何かしら体への悪影響が出た場合は、ダイエットの仕方をもう一度見直してからダイエットに取り組むようにしましょう。

ダイエットというと過剰な食事制限や過剰な運動をすれば痩せることができるというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。過剰な食事制限や運動はむしろダイエット中は避けなくてはいけません。

ダイエットを成功させるのであれば無理のない範囲で地道に行っていることが成功のコツです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.