ダイエットでの皮のあまりはどうするの?たるんだ皮膚を戻す方法

ダイエットに成功できるのはとても素晴らしいことだと思います。しかし、脂肪が燃焼されて皮があまりたるんでしまうケースもあるものです。そうなると、せっかくダイエットできても見栄えが良くありません。

そこで今回は、ダイエットで皮があまる原因やその対処法について探っていきます。ぜひ、ダイエットの参考になさってください。

まずはここを知っておこう!皮がたるむ原因について

最初に、なぜ皮がたるんでしまうのかについて探ってみましょう。それを知っておくと、改善策も見えてくるかもしれません。

急に体重が落ちるとあまって垂れてしまう可能性あり!

まず一番の原因は、急激に体重が落ちることです。

皮膚は伸縮性があるものであり、体重が増えて脂肪がついてくると段々に皮膚が徐々に伸びてきます。短期間でダイエットをすれば脂肪は減るのです。しかし、皮というのは脂肪の減少よりも縮むのが遅いのを知っているでしょうか。

すると、皮膚は支えとしての脂肪がなくなってしまいます。皮膚の表面の内側にスペースが生じることになるのです。それによって、皮膚のハリが失われたり垂れてきてしまったりします。

これはダメ!皮下脂肪を溜めすぎるのも問題

脂肪には2種類あり、皮下脂肪と内臓脂肪とに分けられます。

皮下脂肪はなかなかに減りにくい特性があり、内臓脂肪はダイエットをすれば割と落ちやすい脂肪です。皮下脂肪についてしっかりと落とすことができるのが理想です。ダイエットをする前で皮下脂肪が多い場合には、皮膚は伸びてしまっています。

よって、皮下脂肪が溜まっていると皮膚がたるむ確率が高くなるのです。

やっぱり必要!筋肉量が少なくなることはNG

ダイエットをするにあたっては、有酸素運動をすれば脂肪の燃焼率が高くなるでしょう。例えば、ウォーキングやジョギングなどが挙げられます。それでも、脂肪のみがエネルギーとして使われるわけではありません。

筋肉を分解しエネルギーとしても使うのです。

そうしたことから、ダイエットをしていると筋肉量も落ちやすくなります。

それに伴い、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなるでしょう。そうなると、皮膚があまりたるんでしまうのです。

皮のたるみはこうやって改善する方法がある!

ここで、あまってしまった皮を改善する方法について見ていきましょう。あなたも実践してみてください。

ストレッチを習慣的に行い代謝をアップさせよう!

まずは、手軽にできて効果が得られるストレッチをするのはいかがでしょうか。

たるんでしまった皮膚に刺激を与えられて、細胞が活発に働けるようになります。むくみの解消にも役立ち、皮膚の突っ張りもなくなると考えられます。もし習慣的にやるようにすれば、代謝も向上するでしょう。

ストレッチをすれば、それだけ皮膚もどんどんと再生していき、たるみが解消されるのです。お風呂上りの身体が温まっている状態で行うのがベストになります。血液およびリンパの流れも良好になり、代謝も良くなるためにストレッチの効果もより向上するのです。

たるんだ部分をきちんと伸ばし、瞬時に脱力させます。この動作を繰り返し行って、多くの刺激を皮膚に与えましょう。

ビタミンC誘導体などで保湿をするのも大事!

皮膚の弾力性を維持して引き締めようとするなら、保湿もするのが適しています。ローションもしくはクリームのいずれかを使うのです。それでも配合されている成分には注意が必要になります。

できれば、レチノールやビタミンC誘導体が含まれているものがおすすめです。また、アルファヒドロキシ酸やベータヒドロキシ酸なども該当します。こうした成分には、表皮の新陳代謝および真皮のコラーゲン生成を促進させる効果があるのです。

また、ビタミンC誘導体に関してはビタミンCがよく浸透するものを選ぶのがポイントになります。

マッサージをして皮膚を再生させよう!

皮膚が再生されるのを促すとしたら、マッサージも効果的です。

ストレッチと同じくお風呂上りに行うのが望ましいでしょう。たるんだ部分を揉み解して摩り持ち上げます。すると、血液やリンパの流れも良くなっていくのです。そうすると、老廃物や要らない水分が排せつされてむくみが解消できます。

それに、肌細胞にしっかりと栄養を行き渡らせることが可能です。皮膚の新陳代謝が促されて、真皮のコラーゲン組織が活性され、それにより皮膚のたるみが改善されていくでしょう。

皮あまりの予防法や1か月の減量目安についても知ろう!

皮があまってしまう予防法や1か月間の減量目安に関しても知っておくと便利です。さて、どうなっているのでしょうか。

皮をたるませない!それなら急激なダイエットはNG

皮をあまらせないためには、急激なダイエットはしないというのがカギです。

食べる量を減らして筋肉をつける運動をしていない方も多いかもしれません。そうなると、体重は減少するものの急な体重の変化で皮膚再生が追い付いていかなくなります。それも皮膚のたるみに繋がります。

皮が再生されるサイクルというのは、少なくても4か月はかかるとされているのです。皮をたるませたくないならば、栄養と食べる量のバランスを考慮した食事を心がけるようにするのが重要になります。

そして、無酸素運動をして筋肉をつけるようにして、夜更かしなどをせず規則正しい生活を送るのもカギです。

1か月で痩せるなら2キロほどが目安になっている!

1か月間での減量を目指すなら、目安はマイナス2キロほどが適しています。皮があまってたるまないようにするには、上記のように急に減量をしないようにするのがポイントなのです。要は、皮膚を引き締める期間と脂肪を落とす期間がなければいけないということになります。

1か月で2キロ落とす計算で減量すると、脂肪の減少が緩やかになるでしょう。減りが緩やかになると、皮膚が余ることを気にすることなく減量ができるのです。ダイエットは、どんと気長に構えるのが大事になります。

また、期間を固定してしまうと『この時期までに痩せなくては』と思いかえって心的にも良くありません。気長に続けていくならば、普段の生活に難なくダイエットを取り入れていくのが適しています。

少なくても4か月間は続けることが望ましいです。これは、上記のことも関っているでしょう。

皮のたるみを改善して綺麗なボディを手に入れよう!

皮があまりたるんでしまうのは、急激に体重が落ちることや皮下脂肪の溜めすぎ、筋肉量の減少が考えられます。それを改善するなら、ストレッチや保湿、マッサージなどが有効です。皮膚をたるませないようにするには、急激なダイエットはNGであり、1か月で2キロ程度を落とすのが目安になります。

また、短期間ではなく4か月ほどは期間を使うのもカギです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.