痩せるテーピングの巻き方ってある?始める前にデメリットを知ろう

ダイエットして行く中で、たるんだお腹や腕、ヒップなど気になりだすと何とかしなければ!って気持ちになりませんか?

日頃の食生活を反省し、毎日ダイエットを志すことで何とか痩せることに成功させたいのは、女性であれば誰もが考えることであります。

特に気になる下半身の状態。現代ではテーピングを巻くことによって、痩せる効果が出ている情報があると聞きますが、果たしてどうなんでしょうか?

真相を調べてみましょう。

いつからあったの?痩せるためのテーピングの巻き方って

一時期「リンゴダイエット」「バナナダイエット」などが流行し、これらが本当に痩せることに成功したかどうかの情報は、曖昧な形で消えてしまいました。

しかし、痩せるための情報については、コロコロと変わりやすいもので、テーピングを巻いて痩せられるのがいつから始まったのかは、正直なところ分かりません。

でもなるべくなら、食事制限をしないで、激しい運動も必要ない、楽に痩せられる方法があるのなら、どんな方法があるのかすぐにでも知りたいところが女性の本音でもあります。

今、テーピングで痩せる方法の情報が沢山出回っており、それで体重を落とすことに成功した、あるいはテーピングしたお蔭で部分的に痩せられたなどの良い情報もあります。

どんな良い情報があるのか、簡単にご紹介します。

手の指にテーピングを巻く!すると体が引き締まった感覚になる

今痩せるための専用のテーピングが販売されており、それを使って部分痩せを目指す仕組みになっています。

やはり急に体重を落とすやり方は、さすがに体にはよくありませんので、まずは部分的に痩せてみようといった形からスタートさせる方が多いです。

それがどんなテーピングの巻き方をすれば痩せられるのか?なのです。

手足の指にテーピングをするのです。その巻き方の方法としては何があるのでしょうか?

  • 下半身太りが気になる場合は、手の中指にテーピングする
  • お腹まわりは骨盤の部分をグルグル巻いて、2時間ほど置く
  • 足の太さが気になる場合は、足の指にテーピングをする

確かに、くびれた部分にテーピングをすると何だか体が引き締まったような感覚にはなります。

でもテーピングをしたところで、本当に部分痩せの効果ってあるのでしょうか?それが疑問です。

しかしテーピングをどんな形で巻いたらいいのか?やはり痩せるためですから、きつめに巻いてしまうことになるのでしょう。

それで期待できると言えるのでしょうか?

テーピングを巻くと!固定されて動かしにくいデメリット発生する

従来テーピングというものは、腱鞘炎など腕を痛めた時に固定するものに使われています。実際自分自身、腱鞘炎で治療を受けた際、テーピングをされて腕を固定する処置をされました。

痩せるためにテーピングをする場合、部分痩せのためにそこをテープで巻いてしまうと、動かしにくくなるデメリットが発生します。

どんなデメリットが出てくるのでしょうか?

テーピングで動かしにくい事例①家事に支障が出る

下半身太りが気になると、手の中指にテーピングをするといいということですが、怪我をした時ならともかく、痩せるために指にテーピングを巻いてしまいますと、家事に支障が出てきます。

  • 料理が上手く作れない
  • 包丁が握りにくくなる
  • 食器の後片付けがスムーズにいかない
  • 洗濯物を干したり、取り入れがしにくくなる
  • アイロンがけが上手くいかない
  • 拭き掃除がしにくい

テーピングで手の指が固定されてるわけですから、日常の家事にこんなに支障が出るのです。

家事でも結構体を動かすことが多いので、指にテーピングをしても返って動きが鈍くなるだけで、何にもなりません。

テーピングで動かしにくい事例②体が動かしにくい

お腹に出来た贅肉を引き締めるために、テーピングを巻くといいということですが、ここでも動作に支障が出てきます。

  • 前かがみがしにくい
  • 夏の暑い時期などはむれやすくなる
  • テーピングで固定されたことによって、思うように体が動かない

特に自動車の運転や自転車に乗った時に、お腹にテーピングしたままでは大変危険です。前かがみになれないので、事故を起こすリスクが高まります。

如何です?テーピングをするといかに日常の動作に支障が出るということがお分かりになるかと存じます。

余り期待できない!痩せるためのテーピングは体に悪影響だ

今現在、指にテーピングをすると痩せることに成功するなどの情報が沢山ありますが、100%成功できる保証はどこにもないと思います。

痩せるためなら、どんな努力も惜しまない方もいらっしゃいますが、果たしてテーピングを巻くことが体にいいのでしょうか?

きつめにテーピングしすぎると、アナタの体だけでなく、皮膚にも悪影響を及ぼしかねません。

どんな悪影響が出るのか?

人間の皮膚はとてもデリケートに出来ています。テーピングは素材によって人に合う合わないがハッキリしています。

痩せるためにどんなテーピングがいいとも限りません。

高温多湿の時期など、夏の暑い盛りは汗が出て、テーピングした部分は特にむれて「かぶれ」の原因を引き起こすことになります。

折角痩せるためにテーピングを巻いても、かぶれてしまっては皮膚科に治療費がかかるので、ダイエットにお金をかけないで済むとは言えません。

かぶれた時のかゆみは半端じゃなく、酷くなると幹部が赤くただれてしまうこともあります。

それからお腹まわりに長時間テーピングするのもお勧め出来ません。確かに体を引き締める効果は得られても、アナタの体の中ではよくない現象が起こっています。

  • 痩せるためといっても、結局は内臓を無理矢理締め付けている
  • 血行が悪くなる
  • 自律神経の働きに影響が出てくる
  • 体をテーピングで巻くストレスが出てくる

皮膚がかぶれたり、内臓を無理に締め付けることで、意外にもアナタの体は知らない間に痛めつけられているのです。

それで体を痛め、医療費がかかっていては本当に痩せた効果は全然なかったといえます。いかに痩せるには個々の努力が必要なんだ~と改めて分かりました。

真剣に痩せたいなら!テーピングは巻かない方が無難である

一度たるんだ腕やお腹をスッキリ引き締めるのは、大変難しい課題です。

どうせ痩せるんでしたら、健康的にやりたいものです。それにはやはり栄養バランスの良い食生活、規則正しい生活、そして適度な運動です。

テーピングを巻いて痩せることは、効果が薄いので期待できません。テーピングを巻いてたるみを抑えることは出来ても、取ってしまえばまた元の木阿弥です。

痩せたいんだけど、好きなものが止められないなら、ノンカロリーの食品も沢山出回っていますし、外で運動が面倒かな~って思われる方には室内でラジオ体操をすることをお勧めします。

ラジオ体操は第1、第2を両方すると、所要時間は約6分くらいです。ラジオ体操は室内で出来る有酸素運動です。毎日ラジオ体操を2回すると、結構体が楽になり、肩こりや腰痛も改善します。

そしてわずかずつではありますが、体重も落とせて、足の浮腫みなどが取れる効果が出てきます。

ラジオ体操は結構体に良く、痩せるにも良い運動です。ですから痩せるのにテーピングは巻かない方が無難と言えます。-

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.