ダイエットが原因の腰痛は回避できる!?腰痛になる理由と防ぐ方法

ダイエットは「痩せる」というメリットに目が行きがちですが、メリットだけではないため注意も必要です。ではダイエットにどんなデメリットがあるのか?聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

まず挙げるのであれば、「腰痛」です。痩せることができても、その結果、腰痛持ちになってしまうということもあります。腰痛になってしまうことにはきちんと原因があり、ダイエット方法によっては腰痛にならずとも痩せることはできます。

腰痛にならずに痩せる方法を知りたい人、もしくは腰痛持ちでもできるダイエット方法を知りたいのであれば、痩せる前に参考にしてみてください。

ダイエットのし過ぎはよくない!?痩せると腰痛になることもある

ダイエットで痩せることは太っている人の目標ですが、あまり痩せすぎてもよくありません。

例えばダイエットに成功した人の中には、腰痛になってしまうというケースがあります。

ダイエット中に腰痛になってしまうことには、ちゃんとした理由があります。理由を知っておくことで、ダイエット後の腰痛を防ぐこともできるため知っておいて損はありません。ダイエットをするのであれば、腰痛にならないように注意して行うようにしましょう。

ダイエット中に腰痛になってしまう原因はいくつかあります。

  • 食事制限
  • 筋肉が落ちる
  • 運動方法を間違っている
  • 姿勢が悪い

食事制限はダイエットで痩せるためには欠かせませんが、下手をすると腰痛になってしまうこともあるため注意してください。ダイエット中にあまり関係ないと思いがちですが、ダイエット中の姿勢はとても重要です。

姿勢一つで痩せやすくなりますし、逆に太りやすくなってしまうこともあります。また姿勢が悪いと腰痛の原因にもつながります。姿勢は意識しないと知らずのうちに崩れてしまっていることも多いため、日ごろから意識することが重要です。

正しい姿勢をしていれば腰痛になることもないため、ダイエット中には正しい姿勢を維持することを心がけましょう。

ダイエットに効果的な食事制限!過度にしすぎると腰痛の原因に

食事制限がダイエット中の腰痛の原因になることもあります。

なぜ食事制限が腰痛の原因になるのか?具体的に紹介していきます。まず食事制限ですが、これはダイエット中に食べる量を減らして痩せるダイエット方法です。

食べる量を減らすということは摂取する栄養も減ってしまいますし、ダイエット中には栄養が偏ってしまうことも少なくありません。そうなると筋肉が作られなくなってしまい、体を支える筋肉も減ってしまいます。筋肉が減ることで正しい姿勢をとることが困難になってしまい、それが腰痛の原因になってしまいます。

食事制限は食生活が乱れてしまい、摂取する成分も偏ったり減少したりするため、ダイエット中に食べる物は栄養をよく考えて食べる必要があります。

また、早く痩せたいという人の中には過度な食事制限をする人がいます。1日に食事を全くとらないなんて人もいますが、これはかえって太ってしまう原因にもなりますし、腰痛の原因にもなってしまいます。

食事制限をするのであれば、栄養が不足したり偏ったりしない範囲で行うことを意識しましょう。

ダイエット中の筋肉量の低下も腰痛の原因になる!

ダイエット中は体が脂肪を燃焼しやすくなっているだけではなく、筋肉も落ちやすくなっていることを知っているでしょうか。特にダイエットの方法に筋トレや運動を取り入れていない場合だと筋肉が低下してしまうことが多いです。

ダイエット中には無意識で体をなるべく動かさないようにするため、筋肉が硬くなりやすいです。筋肉が硬くなってしまうと、腰痛にもつながるため、ダイエット中は筋肉をできるだけ動かす必要があります。

ダイエット中に運動をするケースが多いですが、運動で脂肪を落とすのではなく筋肉を付けるための運動という意識でダイエットをしてみてはどうでしょうか。ダイエット中には体を動かさないことが多くなることがあるため、普段から体をあまり動かさないという人は特に注意しましょう。

ダイエット中の筋トレは正しい方法で行うようにしよう

ダイエット時に筋トレをする人も多いです。筋トレをする人の中には、よく筋トレの仕方を確認せずに取り組んでいるという人も多いのではないでしょうか。よく筋トレの仕方を確認しておかないと間違った筋トレを行ってしまい、体への負担も変わってきます。

間違った筋トレなどは腰へ負担をかけることもあり、腰痛の原因になってしまうことがあります。筋トレをあまりしない人は正しいやり方を知らないと思うので、Webで良く調べるか、専門家の人に指導を受けてから筋トレをしてみてください。

腰痛の人でもできるダイエット方法!腰痛の改善と一緒に痩せよう

ダイエットをする人の中には、ダイエット前に腰痛の人もいれば、ダイエットを続けていく上で腰痛になってしまう可能性もあります。そういった人の中には途中でダイエットを諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな時に活躍してくれるのが、腰痛の人でもでき、腰痛の改善とダイエットが同時にできる方法です。簡単にできる方法は2つあります。1つ目は「ドローイン」という方法です。

ドローインはとても簡単なダイエット方法で、お腹を引っ込めて呼吸をするだけで行えます。腰痛の人は膝を床に付けて四つん這いになって行ってみましょう。その状態から腰だけを上に丸めあげて息を吐いてみましょう。その状態を5秒間維持することで効果に期待することができます。

回数はだいたい10回繰り返すことを目安にしましょう。ドローインは腰痛持ちの人でもできるダイエット方法なため、ダイエットをしたいけど腰が不安という人はドローインを試してみてはどうでしょうか。

腰痛持ちの人には腰への負担が少ないクランチも効果的!

クランチという筋トレ方法があり、この方法は腰への負担も少ないため腰痛持ちの人にもおすすめの方法です。クランチという方法を聞いたことが無い人も多いのではないでしょうか。分かりやすいイメージでいうと腹筋です。

まずはうつ伏せに寝て椅子などに足を置きます。その時に膝は90度になるようにしましょう。その状態から腹筋をするように上体を起こしていきます。腹筋と違う点は上半身を完全に起こすのではなく、肩甲骨が離れる程度体を起こすだけという点です。

イメージとしては背中を丸めるイメージで頭を上げてみましょう。息を吐いたら1秒間キープして、それを20回ほど繰り返してみましょう。3セットを続けることでダイエット効果に期待することができます。

ドローインとクランチは比較的腰への負担が少ないダイエット方法です。腰への負担を極力減らしたいという人、腰痛になりたくない人は試してみてはどうでしょうか。

腰に痛みがある時にはダイエットをしない方がいい?

ダイエット中の人の中には何が何でも痩せたいという人もいます。そんな人の中には腰痛にも関わらず筋トレや運動を続けようとする人もいます。

痩せるためには体を動かした方が良いですが、腰痛の時にはあまり動かさない方が良いと言えます。

理由としては腰に痛みがある時に筋トレをしても姿勢が悪くなってしまうからです。姿勢が悪くなると、腰痛の悪化にもつながりますし、その他の部分を痛めてしまう可能性もあります。

さらに太りやすくなる可能性もあるため、腰に痛みを感じる場合はできるだけ動かさないようにしましょう。ダイエット中の人にすぐに痩せたいという気持ちはわかりますが、焦りはよくありません。

自分の出来る範囲で、自分のペースで行うことがダイエットを成功させるためには不可欠です。無理のない範囲でダイエットを行うようにしましょう。

効率よく痩せるために知ろう!ダイエットからくる腰痛を防ぐ方法

ダイエットをしていると腰痛になる可能性がありますが、それは工夫することである程度抑えることができます。

ダイエットからくる腰痛が心配という人は、実際にダイエットを始める前に試してみてはどうでしょうか。まずはダイエット中に腰痛になる原因の一つに食事制限があります。

食事制限により栄養が不足してしまったり、偏ってしまったりすることで腰痛に繋がります。それを防ぐためにはダイエット中にはたんぱく質を適度に摂取してみてください。

タンパク質は不足してしまうと筋力が低下してしまい腰痛の原因となります。そこでたんぱく質を撮ることで筋力の低下も防げるため、筋力の低下からくる腰痛を防ぐことができます。ダイエット中には適度にたんぱく質を摂るようにしましょう。

ダイエット中の筋力低下に注意!運動をして筋肉を付けよう

ダイエットをする人の中には運動が苦手という人もいます。そういった人は、ダイエットをしていても全然体を動かさないという人もいます。筋肉も低下してしまいますし、筋肉が硬くなってしまうため腰痛になってしまうことがあります。

それを防ぐためには筋肉を付けるしかありません。せっかくタンパク質を摂っても運動で筋肉を付けないと意味がなくなってしまうため、運動で筋肉を付けるようにしましょう。

筋肉を付けることで美しく痩せることもできますし、健康的に痩せることもできます。ただし、筋肉を付けようとして激しい運動をすることは避けましょう。激しい運動は腰痛の原因にもなってしまうため、自分の動ける範囲で体を動かすようにしましょう。

腰を痛めないために!運動をした後には準備運動も必ず行おう

何かしら運動をする前には準備運動をする場合が多いです。なぜ準備運動をするのか知らない人は少ないでしょう。簡単に説明しておくと、準備運動をすることにより、事前に体を温めいざ運動を始めた時に体を痛めにくくします。

また運動が終わった後には整理運動を行うようにしましょう。準備運動と同じで運動が終わった後に行う運動の事を指します。整理運動をすることで、体の疲労を軽減できるため腰への負担も減らすことができます。

どの程度の準備運動、整理運動をすればいいのか?分からない人もいるでしょう。イメージしやすいのは、学校の体育の授業で行った準備運動というとわかりやすいのではないでしょうか。体育の授業や部活の前に行う運動でも問題ないため、軽く体を動かしてから運動をするようにしましょう。

ダイエットからくる腰痛は避けられる!工夫して痩せよう

ダイエットをすると体に悪影響を与えることもあります。具体的に例を挙げるのであれば腰痛です。

腰痛になってしまう原因はいくつかあり、まず1つは筋力の低下や硬化があります。

筋力が低下してしまうと姿勢の維持や、無意識のうちに使わないようになってしまいます。姿勢が悪いと腰痛になってしまう原因となりますし、筋力が使われないと筋肉が硬くなり腰痛の原因となってしまいます。

また食事制限も腰痛の原因となります。

食事制限をすると摂取する栄養が不足してしまったり、偏ったりしてしまいます。栄養が不足してしまうと筋肉も減ってしまうことになり、姿勢が悪くなってしまい腰痛のもととなります。

ダイエットは痩せる反面このようなリスクも存在します。今までダイエットをしたことが無いという人は、筋肉の低下や栄養の不足には注意する必要があります。

ダイエットをするのであれば、腰痛にならないように筋力も付けるようにし、栄養が偏らないように食事を摂る必要があります。初めてダイエットをする人には大変ですが、慣れてくると自分でできる範囲のダイエットができるようになってきます。

確かにダイエットから腰痛になることはありますが、無理のない範囲で痩せれば腰痛になることもありません。痩せる人は過剰な運動や食事制限をせずに自分の出来る範囲でダイエットをして行くようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.