下腹部の筋トレ!他の部位と比較して下腹部は部分痩せしやすい!?

下腹部の筋トレに関する方法を案内しています。

案内の中では、筋トレが流行になっている理由だけでなく、他の部位と比較して、なぜ痩せやすいと言われているのかも案内しているので、良ければこちらも参考にしてください。

また、下腹部の筋トレを行う際の注意点も案内しているため、安全な筋トレも学べるようになっております。

痩せやすいのはなぜ?下腹部の筋トレが効果的な理由

テレビCMを見ていても、痩せるという行為は、下腹部を無視して語れるものではなくなっています。というのも、老化とともに筋力低下が著しいものとなり、その影響は下腹部にこそ表れるからです。

具体的には、以下のような下腹部の悩みを抱えている人が多く、下腹部を集中的に鍛えたい、部分痩せを実現したいと考えている人が多くいます。

  • ポッコリお腹
  • 胃腸の調子が悪い

このような悩みを抱えている人の多くは、若者ではなく、中高年の方である場合が多いです。その理由ですが、メタボリックシンドロームに悩んでいる人が多くいるからです。

・メタボリックシンドローム

筋力低下、運動不足、暴飲暴食などの問題が積み重なり、さらに老化現象も含めて、下腹部に脂肪が溜まりやすい状況のことです。

メタボリックシンドロームは、通常の肥満と違う要素も多く、その中には肥満を進行させてしまう中性脂肪の問題も存在します。

中性脂肪とは、内臓周りに溜まっている脂肪のことで、中性脂肪は、使用されることのないエネルギーが、糖質ではなく、脂肪として溜まっている状態のことです。言い方を変えると、脂肪を燃焼する仕組みが存在する場合、そもそもメタボリックシンドロームに悩まされる心配はありません。

このような仕組みになっているため、下腹部に対して集中的な運動、もしくはダイエット効果のある栄養を摂取していると、下腹部が痩せやすい状況となるのです。つまり、下腹部は太りやすいという特徴があるため、脂肪燃焼が起きやすい部位でもあります。

今のところ、脂肪燃焼を促進してくれる健康食品も存在しますが、運動により脂肪燃焼が促進されると、以下のような良い影響も得られるため、運動を行ったほうが痩せやすいという意見が多く存在します。

  • 免疫力の強化につながる
  • リバウンドしづらくなる

下腹部の筋トレは、ウォーキング、もしくは腹筋運動で行えますし、刺激を与える形でも脂肪燃焼、筋力増強が可能となっています。このように、あらゆる方法で痩せることが可能というところも、部分痩せの中で、下腹部ダイエットが人気になっている理由でしょう。

痩せるとどうなる?痩せすぎるのは危険って本当?

テレビを見ていると、部分痩せは効果的という肯定的なテレビ番組、部分痩せは意味が無いという否定的なテレビ番組が存在します。

ですが、これらのテレビ番組は誤った情報を流しているわけではありません。

というのも、部分痩せには以下のようなメリット、デメリットが存在するからです。

  • メリット:血流が改善しやすい
  • デメリット:他の部位が痩せるわけではない

下腹部の筋トレにも同じことが言えます。部分痩せに成功したとしても、体全体のダイエットに成功したわけではなく、あくまでも脂肪燃焼がスムーズになっているだけなのです。

そのため、食事量を気にしないで生活されている場合、部分痩せに成功したとしても、その後は、他の部位が太っていくこともあります。実際に、下腹部ダイエットに成功されている人の多くは、次に、二の腕ダイエット、太ももダイエットを始めることが多いです。

つまり、どこか一部分のダイエットに成功したとしても、それほど体重の変動が著しいわけではないのです。そのため、近年では全身運動を行いながら、部分痩せは筋力トレーニングで補ったほうが良いと言われています。

筋肉増強に成功すると、基礎代謝が良くなりやすいです。すると、食事量が増えたとしても、すぐに太ってしまうリスクが減りますし、なにより血流量が安定するようになるため、免疫力の強化にもつながります。

・基礎代謝

人の体には代謝能力が存在し、新陳代謝、基礎代謝が有名です。

新陳代謝は新しい細胞、古い細胞を入れ替える代謝のことで、基礎代謝は、体内に取り込まれたエネルギーを使用する代謝のことです。

基礎代謝が低い人、普通の人では、1日のカロリー消費量が10%以上も違うということがあります。そのため、部分痩せに成功したとしても太ってしまう人は存在しますし、バランス良く痩せる努力もされないと、部分痩せは成功しないことが多いのです。

筋トレが重要!?下腹部のダイエットに成功する人の特徴

現代のダイエットは過去のように、食事制限のみでダイエットを行うケースが減っています。というのも、過度なダイエットを行ってしまうと以下のリスクが発生するからです。
  • 拒食症、過食症に陥る
  • 太りやすい体質になる

これは、下腹部の部分痩せにも同じことが言えます。筋トレを避けてダイエットを行っていると、食事制限を行わないと痩せられないと思ってしまうことが多く、その影響で甚大なストレスを溜め込んでしまう体になりやすいのです。

人の体は、表面的になんの問題が起きていない場合でも、しっかりと内臓にダメージが蓄積していく仕組みになっています。そのため、ストレスが溜まりやすくなるだけでなく、食事制限に対して恐怖心を抱く人もいますし、その影響で拒食、過食が目立つようになる人もいるのです。

すると、何度食事制限ダイエットを行っても、部分痩せを実感できないまま終わってしまいますし、なにより筋肉量が減ってしまうリスクを高めているだけなので、実は、太りやすい体質になる条件を満たしているだけの行為なのです。

実際に、現代ではモデルであっても過度なダイエットを慎むようになりました。過度なダイエットを行って部分痩せを実現した場合、筋肉量が減ってしまう問題もあり、美容そのものを損ねてしまうこともあるからです。

また、下腹部の筋トレ、ダイエットで成功する人は以下の問題に注意し、運動、ダイエットを行っていることが多いです。

  • 1日3食を守る
  • 野菜だけでなく肉も摂取する

最近では、1日3食は重要だと言われることが増えてきました。その理由ですが、食事をしっかりと行っていない場合、かえってお腹が減ってしまう、もしくは、エネルギーとして消化、使用されるエネルギーであっても、体に溜め込もうとするようになるからです。

これは野菜中心の生活を行っている場合でも発生し、たんぱく質を定期的に摂取していない体は、筋肉、骨が弱まりやすく、エネルギーを多く溜め込むことが難しい体となります。すると、エネルギーが体内に送られてきた時に、エネルギーを使用せず、中性脂肪として溜め込むリスクが発生しやすいのです。

この一連の流れこそリバウンドの原因です。若い時であれば脂肪燃焼の速度が高いため、大きな問題になりづらいだけなので、年齢的にもう若いと言える年齢でない場合は、食事量、食事のタイミングにこだわって生活するようにしましょう。

辛いだけの筋トレ!我慢をしているだけでは下腹部が良くならない?

今まで、下腹部の筋トレを行った経験がない人は、次のような失敗を失敗だと認識できないことが多いです。

その失敗とは、辛いと感じるレベルで筋トレを継続するというものです。

筋トレの経験が少ない人は、部分痩せを重点的に行っていれば、簡単に痩せられると思っている人、もしくは、痩せられないと困るので、重点的に運動してしまう人に分類できるケースが目立ちます。ですが、過度な運動はダイエット効果を生まないので注意してください。

というのも、以下のような問題が発生しやすくなるだけだからです。

  • 筋肉が細くなってしまう
  • 骨、神経に悪影響を与える

筋肉というのは、適度に疲れを感じる程度で筋繊維が切れやすい状態になります。そのため、何度も適度に疲れを体に感じさせていると、その影響で筋肉がより丈夫なものへと変化していくのです。

しかし、体の疲れがピークを超えているのに、さらに運動をされている状態では、筋トレではなく、過度な運動で体を強く傷めているだけなのです。最初は筋繊維が治りにくい状態となり、その後は神経が熱を持つようになってしまい、肉離れのような症状が良く起きるようになります。

骨に対して傷を与えるようになると、関節に痛みを感じるようになりますので、節々に痛みを感じる際は運動をやめたほうが安全でしょう。筋トレは加減こそが重要なので、負荷を理解して運動したほうが良いです。

ちなみに、下腹部の部分痩せを意識している場合は、以下のような運動を行ったほうが効果的と言われています。

  • 腹筋運動を10回
  • 腹筋のストレッチを20回

下腹部の筋トレは、上記の対応を1セットとし2セット、3セットとセット数を増やせるように調整します。いきなり50回、100回という運動をされても、肉離れのような症状を良く引き起こすだけとなり、症状が悪化すると、病院で治療を受ける羽目になるので注意してください。

食事だけのダイエット!下腹部の部分痩せに効果的ではない?

ダイエットは食事だけでも行えると言われていますが、今では効果はそこそこで、あまり効果的と言えるものではないという意見が増えています。

その理由ですが、食事だけでは体内に存在するストレスが減っていかないからです。

ストレスというと、体に悪いものと思われていることが多いのですが、ストレスにも良いストレス、悪いストレスがあるので気をつけましょう。

  • 良いストレス:発汗を伴うストレス
  • 悪いストレス:疲労が残るストレス

下腹部の筋トレで良いストレスも得たい場合は、ウォーキング、ストレッチも行うようにしましょう。どちらも疲れが長く残る運動ではありませんし、好きな時間のみで運動されても効果があります。

また、食事のみで部分痩せを行っていると、体内に多くのエネルギーが溜まってしまうこともあるので、適度にエネルギーを使用するという目的で、ウォーキングなどを行うと良いです。ウォーキングは1日に10分以上を2回、3回程度行うだけで問題ありません。

ウォーキングを行っていると、体が縦に良く揺れるようになりますが、これは胃腸に対して刺激を与える行為として行う人が増えてきました。下腹部ダイエットで失敗する人の多くは、ポッコリお腹に悩まされている人が多く、その原因は出るものが出ない、つまり便秘が原因のケースが多いのです。

また、下腹部の筋トレを行う際の注意点となりますが、運動前に大量の水を飲む、冷たい水を飲むのは避けたほうが良いです。というのも、運動中に催すことが多くなるだけでなく、下痢が起きやすくなるからです。

良く下痢が起きるようになると、便秘を誘発するリスクが高まってしまいます。すると、運動そのもので得られるダイエット効果が弱まってしまったり、体調不良が目立つようになるので注意しましょう。

下腹部と他の部位!比較してみると多くの違いに気づくことができる

下腹部の筋トレについてですが、他の部位の筋トレと比較すると、次のようなことに気づけます。

下腹部の筋トレ ・痩せやすい
・多種多様なダイエット方法が存在する
・運動方法によっては痩せにくい
・食事方法のみでは効果が出づらい
・リバウンドの可能性がある
上腕部の筋トレ ・痩せにくい
・運動方法が定まっている
・ダイエット効果を実感しづらい
・食事方法の効果を実感しやすい
・リバウンドの可能性が小さい
太ももの筋トレ ・痩せにくい
・部分痩せそのものが難しいとされている
・ダイエット効果のあるグッズが少ない
・他の部位よりダイエット期間が長くなりやすい
・リバウンドの可能性がある

下腹部は、他の部位より痩せやすく、リバウンドのリスクを見極めることが重要です。

また、多種多様なダイエット方法についてですが、筋トレを除くと、以下のようなダイエット方法が存在します。

  • エステのマッサージ
  • 低温の熱刺激
  • EMSによる電気刺激

下腹部の筋トレというと、とりあえず運動を行い、筋肉に刺激を与えないといけないという先入観が発生しやすいです。しかし、今では部位に対して広く刺激を与えるほうが、ダイエット効果が高くなりやすいことがわかっています。

そのため、あまり使用することのない横腹の筋肉を、エステのマッサージでもみほぐすようにすると基礎代謝がアップする、低温の熱刺激をお腹に与えるようにすると、燃えにくい中性脂肪が、燃えやすくなることが知られるようになってきました。

・EMS

一定の電気刺激を発生、特定の部位に対して電気刺激を送る装置のことをEMSと言います。

EMSは、筋トレと同じ効果を生むものばかりではなく、下腹部の筋トレといった、定まった部位に対しての運動プログラムも存在し、これらの効果は、ボタンの操作のみで得られるようになっています。

EMSは、運動強度そのものをコントロールできるようになっているのですが、ベルトを巻くだけで下腹部を集中して鍛え上げられるなど、部位の筋トレに適したエクササイズマシンとして人気を集めています。

EMSは運動の効果を高めるだけでなく、運動で疲れてしまった筋肉をもみほぐすといった、マッサージマシンに近い効果を筋肉に与えることも可能です。筋肉に対して、適切なマッサージを行っていると新陳代謝、基礎代謝がアップしやすくなるため、今ではベストセラーのEMSも数多く存在する状況となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.