ママチャリでダイエットする方法、お買い物ついでに痩せちゃおう!

ママチャリダイエットの魅力は、運動時間にあると言われています。

というのも、30分間の運動で消費するカロリー量は、ジョギングと同程度だからです。ジョギングの場合、かなりの疲れを感じることもありますが、ママチャリダイエットの場合は、そのような苦労が少ないのも魅力的でしょう。

ただし、上手なダイエットのコツを知らないと、体に無理をさせてママチャリをこぎ、ダイエットの継続が難しくなってしまうこともあるので、基礎知識を得てからダイエットに取り組むようにしましょう。

ママチャリが人気!消費カロリー量の高さでも支持されている

ママチャリダイエットが人気の理由は、下の表を確認することで良く理解できます。他の運動方法と比較して、ママチャリによる運動は消費カロリー量が多いのです。
運動方法 運動時間
ウォーキング 約1時間
ジョギング 約30分
ママチャリ 約30分

上の表は、200kcalを消費する際に、どの程度の運動時間が要求されるのかを表したものです。

個人差も発生しますが、ママチャリの運動量であり、消費カロリー量はジョギングとほぼ一緒なので、ママチャリを定期的に利用される生活を送っていると、ダイエットを行っていない人より痩せやすくなります。

しかも、ママチャリは周囲の目をあまり気にしなくても良いので、気軽にダイエットを続けることが可能となっています。例えば、ジョギングの場合だとスポーツウェアを着用し、息を切らして走ることが多くなるでしょう。

ダイエットをやめてしまう人の中には、周囲の目が気になるので続けるのが辛くなったというケースが多いです。このことを知っていると、ママチャリダイエットが人気であることに頷けます。

ママチャリの魅力!美容にも良いダイエットって本当?

ママチャリダイエットには、以下のような美容効果もあることが話題になっています。

  • 足が引き締まる
  • お尻が引き締まる
  • スタイルが良くなる

ママチャリダイエットであり、自転車を用いたダイエットはそこそこ普及している状況です。痩せるのに最適なのであれば、もっと普及していてもおかしくありません。

ですが、ママチャリダイエットを継続して行っていると、足が太くなるのではと思ってしまう人もおられるので、美容の観点から、ママチャリダイエットを好まない人もいるのです。ですが、今では体力作り、美容改善の目的でママチャリダイエットを選択する人も増えてきました。

というのも、ダイエットだけでなく美容に良い運動法であることが、段々と浸透するようになってきたからです。ママチャリダイエットは、足に対して強い負荷をかけますので、人によっては足に良く筋肉が付いてしまうので、体型的に太ってしまうのではと思う人もおられるでしょう。

ですが、プロスポーツ選手として自転車をこいでいる競輪選手の場合、足がパンパンに膨らんでいる人はまったくいません。つまり、長く続けたとしても足が膨らんでしまう要素がないのです。

それどころか、お尻も引き締まる、お腹も引き締まる、筋肉が付いて基礎代謝量がアップするので、人によっては、スタイルがかなり良くなる人もいます。これは男女に大きな違いもなく、前述の競輪選手の中にも、スタイル抜群ということで雑誌の特集を受けている有名選手もいます。

こんな人も最適!ママチャリダイエットをする人が増えている理由

ママチャリダイエットの魅力とされていますが、自転車をこぐ動作は、生活習慣病予防、老化防止、ストレス解消に最適であると言われています。そのため、今ではダイエット目的以外で、自転車をこいでいる人もいるのです。

なぜ、生活習慣や老化に対して良い効果を得られるのかというと、それは、以下のような健康に良い作用が発生するためです。

  • 自転車をこぐ運動法は有酸素運動
  • 呼吸を良く行うため心肺機能が向上しやすい
  • 集中力を保って運動する場面が多い

運動というと、ダイエットに最適なものと認識している人が多いです。ですが、今では老化防止の目的で運動をされている、中高年の方が増えてきました。

その理由ですが、運動によって筋肉増強に成功すると、血の巡りが良くなる、脳に対して多くの栄養が運ばれるようになる、認知症など、脳の問題を予防しやすくなるという利点があるからです。

今まで、筋肉というのは体の丈夫さそのものだと思われていました。ですが、筋肉には多くの栄養を溜め込む性質があり、これにより、体内の栄養が欠乏するようになると、筋肉の力で栄養が体内を駆けめぐるようになるのです。

さらに、自転車をこいでいる時は転倒してはいけない、人と接触してはいけないという心理が発生します。すると、集中力を下げてしまうと事故が起きてしまうと脳が捉えるようになり、段々と集中力が高まっていくようになります。

これにより、脳を動かしている時間が長くなりますので、ママチャリダイエットは老化防止にも最適なのです。

自転車をこぐことで心肺機能が向上するようになると、呼吸を気持ち良く行えるようになります。そのため運動不足解消、もしくは体力作りを真面目に考えている人は、ママチャリダイエットを通じて、気持ち良く体力作りの基本を学ばれてみてはどうでしょう。

上手なダイエット!ママチャリにもコツが多く存在する!

ママチャリをこぐ際ですが、以下のコツを意識してこぐようにしてください。

ダイエットのコツ 具体的な対処法
かかとでペダルをこぐ 力を少しだけ入れてこぐのがコツ
体を少しだけ前に倒す お腹を少しだけ丸めるのがコツ
呼吸はゆっくりと行う 体調を意識して、疲れすぎないようコントロールする
空腹状態を維持する お腹が空いていると消費カロリー量が増える
週に3回ほど行う 休みを取ったほうが筋肉増強に効果的

体力作りは、激しいトレーニングを行わないのが最適です。もし行ってしまうと、筋肉がつってしまうこともありますし、身動きを取るのが難しくなることもあるからです。

筋肉は、適度な負荷がかかっているだけで丈夫になります。なので、無理に立ち漕ぎを行う必要もありませんし、なるべく安定した呼吸を意識したほうが良いでしょう。

また、体力は休日中に回復、向上することが多いです。まったく休みを取らないと、精神的に参ってしまうこともあるので、辛すぎるだけの運動はオススメすることができません。

体力作りにも最適!足を良く動かして筋肉増強を目指す場合のコツ

呼吸をコントロールすることに慣れると、運動、ダイエットで良い結果が生まれやすくなります。

呼吸の基本となりますが、吸って吐いてを正しく行うようにしてください。呼吸は長く行うことが重要となり、吐く時は肺の奥に空気が溜まっているイメージを持ち、すべて外に吐き出すイメージが良いです。

呼吸を上手に行えるようになると、運動中の消費カロリー量が20%ほど向上する人もいますし、痩せやすい体質に変わっていくことで、リバウンドを抑制することも可能になります。

なにより、疲れを適度に感じるようになると食事が楽しくなります。すると、食事中の集中力がアップしやすくなり、アゴを良く動かして料理を食べれるようになるのです。

アゴを良く動かして食事を行っていると、唾液量が多くなり免疫力がアップする、お通じの改善につながることが多いため、実は、美容を改善する上で重要な行いでもあります。これらの対応は慣れてしまうと辛さを感じないので、可能であれば、ダイエット開始日から意識するようにしてください。

それと、運動時間は20分以上が最適であると言われています。

その理由ですが、運動と消費カロリーの関係には、以下のような性質が存在するからです。

  • 10分以上の運動で脂肪燃焼が始まりやすくなる
  • 運動量は汗をかく程度が好ましい

運動は、適度に運動するだけで筋肉増強といった、体に良い作用を得られるようになっています。また、脂肪燃焼を意識して運動される場合は、20分以上を目安にして運動を行うようにしましょう。

10分ほどの運動で休憩を挟んでしまうと、その間に体が冷えてしまい、汗を上手くかけないこともあるので、汗を良くかくようになってから体を休めることも大事です。汗を良くかくように工夫すると、それだけで、体内の老廃物が汗に混じって排出されやすくなります。

・老廃物とは

体内には使用されないで残っている水分、栄養が存在し、これらは老廃物と言われるものになってしまいます。

老廃物は汗に混じって排出されることが多く、そのため、あまり汗をかかない生活を送っていると、老廃物による悪影響を受けやすくなるのです。老廃物はリンパの流れを悪くし、その影響で内臓の働き、血液の流れが悪くなることもあります。

小さな工夫も重要!ダイエット継続のために知っておきたいポイント

ママチャリダイエットの運動効果を上げたい場合は、以下のことに注意し工夫されると良いです。

  • サドルを高くする
  • ハンドルの高さをサドルと同じにする
  • オイルをチェーンに使用する
  • タイヤの空気を適切にする

これらの工夫は、運動効果を上げるだけでなく、運動中のストレスを緩和する目的で行います。

サドル、ハンドルの調節は、引き締まった体を得るために必要とされています。姿勢は、なるべく前傾に近い姿勢が良いとされており、その理由は、背中、腰に対して適度な刺激が発生し、これが気持ちの良い負荷を生み出すからです。

姿勢が良く伸びた状態になっていると、体を少しだけねじった状態で運動できますので、下腹部に力を入れて運動している状態になります。すると、あまり使用することのない筋肉を動かす工夫となり、その影響で、スポーツの継続に必要となる筋力を得られるのです。

また、定期的にタイヤ、チェーンの確認を行っておきましょう。タイヤはパンパンに膨らんでいる状態が好ましく、これは、自転車がリズミカルに動くために必要です。

タイヤの空気が適切でない場合、パンクしやすい、負荷がいきなり高くなることが多く、自転車をこいでいて楽しくありません。ママチャリダイエットを継続して行うためには、このような工夫も必要なのです。

チェーンの手入れについては、必ずチェーンオイルを用いるようにしてください。用途が不明のオイルを使用してしまうと、チェーンからガチャガチャという嫌な音が出るようになりますし、いきなりチェーンが動かなくなることもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.