ダイエット男子へおすすめ!基礎体力が構築できる効果的なダイエット

男性におすすめのダイエット方法を特集しているのですが、中にはかなりきついと感じるものも含まれています。

なるべく辛くない男性におすすめのダイエット方法を学びたい方は、腹筋運動、自転車ダイエットではなく、縄跳びダイエット、ヨガダイエットのように、コツを知っていると楽ができるものを前提として、男性におすすめのダイエット方法を学んでいきましょう。どのようなダイエットでも重要なのは、短期的な効果ではなく、継続してダイエットできるかどうかが肝要です。

効果的な腹筋運動!引き締まった男性の体を得たい人におすすめ

今も昔も、ダイエットのために腹筋運動をされている人がいます。ですが、最低限の知識、そしてコツを知らないまま腹筋運動をされても、男性におすすめできるダイエット方法とはなりません。

最低限の知識、コツというのは以下のことなので、まずはこちらを理解してから、腹筋運動によるダイエットを進めていきましょう。

  • 余計な動作を取らない
  • 筋肉繊維を意識する

余計な動作というのは、体を斜めにして無理矢理腹筋運動を繰り返すような動作のことです。

一応このような方法でもダイエットにはなるのですが、これは筋肉が波打つことでカロリー消費が行われているだけです。肝心の腹筋を鍛える動作にはなっていないため、基礎代謝量アップにつながるわけではありません。

なので最初は、「いーち、にー、さーん・・・」と数え上げるような形で、10回1セットを目安にして腹筋運動するようにしましょう。ちなみに、筋肉繊維が鍛えられている状態であれば、腹部に腫れたような痛みを感じるようになりますので、この痛みが発生するまで、何度も腹筋運動をしたほうが良いです。

筋肉繊維を痛めつけると、より丈夫な筋肉繊維を得られるようになりますので、その後は、ダイエット効果が上がりやすくなります。

ここで重要なのは、腹筋運動は辛い運動なのにダイエット効果が出にくいことです。ダイエット開始後、1ヶ月ほど経過しないと効果が出ないことも多いので、すぐにやめてしまっては意味がありません。

そして、以下のような正しい姿勢による腹筋運動の手順を学び、男性らしい体を得るための努力を繰り返してください。

  • 仰向けで膝を曲げた状態で腹筋運動を行う
  • 手に力はいれない
  • 体を丸めるイメージで上体を起こす
  • 上半身はすぐに元の位置に戻さない
  • ゆっくりと上半身を元の位置に戻す
  • 上半身は頭を浮かせた状態で床につけない

可能であれば、息をしっかり吸って吐いてを繰り返しながら、1回1回で丁寧な腹筋運動を行いましょう。

このような運動を繰り返すことによって、より丈夫で厚みのある男性らしい腹筋に変化していきます。また、体を丸めるイメージで運動することは良いのですが、痛みを感じるような丸め方はいけません。

このようなことにも意識を集中させ、男性におすすめされることの多い腹筋運動をマスターすると、ダイエット、トレーニングに対して自信を持てるようになります。

かなり辛い腹筋運動!EMSも取り入れて上手に痩せることが大事

腹筋運動は辛いものですが、だからといって、以下のような注意点を無視した動きにならないよう注意しましょう。

  • 勢いをつけて腹筋運動しない
  • 回数をしっかりと決めて行う

勢いをつけて腹筋運動をしてしまうと、腹筋運動によるダイエット効果、筋肉増強が半減してしまいます。というのも、何度も腹筋運動されていると、腹筋運動の負荷そのものに体が慣れてしまうからです。

すると、負荷が小さい部分に対しては負荷がまったくかからず、常に休まっている状態の筋肉が出来上がるのです。この状態では筋肉が弱まってしまい、運動そのものも楽しくありません。

なので、ゆっくりと腹筋運動することも大事ですが、負荷が弱まったと感じる際は、10回1セットから20回1セットのように、少しずつで良いので辛いと感じる腹筋運動を行うようにしましょう。それと、筋肉痛が酷い場合は腹筋運動を行わずにウォーキングすると良いです。

完全に体を動かしていない場合は、かえって筋肉量が減ってしまいやすいので、運動そのものを休むという発想よりも、定期的に軽い運動を取り入れるようにしたほうが、男性におすすめのダイエット方法となります。

ちなみに、ダイエット効果を少しでも高めたいのであれば、EMSによる電気刺激を利用すると良いです。例えば、腹筋運動、ウォーキングを終えた後に、EMSで腹筋、太ももに電気刺激を送るようにすると、あまり使用されていない筋肉を鍛えることが可能になります。

年齢にもよりますが、あまり使用されていない筋肉というのは、手で触ってもわからないものなので、このような筋肉もEMSで鍛えていると、男性らしいスタイルをより上手に得ることが可能になるでしょう。

とりあえずやれば良い!?ヨガダイエットの上手な始め方

辛い運動が嫌という人は、ヨガダイエットから男性らしいスタイルを得るためのダイエットを、始めてみると良いでしょう。このような考えのダイエット方法は、今では男性におすすめのダイエット方法として注目されています。

なぜヨガが人気なのかというと、以下のような条件を満たすダイエット方法の1つだからです。

  • マット1枚で開始できる
  • エクササイズ効果がある
  • ヨガダイエットの情報が簡単に集まる

ヨガは女性だけでなく、男性にもおすすめのダイエットと言われることが多く、その理由は、場所を取らずに運動ができるからです。ダイエットの多くは、特定の施設内で行える、ハードトレーニングに属するものが多いため、忙しい現代人にとっては、継続そのものが困難というダイエット方法も増えてきました。

しかもヨガは、エクササイズ効果が認められており、フィットネスクラブのような運動施設では、プロのアドバイザーさえもいるのです。

個人的にヨガダイエットを始めたいという場合も、ヨガダイエットのDVD、もしくは動画投稿サイトに置かれている、ヨガダイエットの動画を確認するだけで、すぐにでもダイエットを開始することが可能となっています。お金がかからない、ダイエット効果がある、キツい運動ではないというところは、ヨガダイエットならではの魅力と言えるでしょう。

ただし、ヨガダイエットを開始する際は、以下について理解されてから開始したほうが良いです。

  • 食前にヨガダイエットをしたほうが良い
  • 食後の場合は食後から2時間後が目安

実際にヨガダイエットを始めてみるとわかりますが、腹部に対しての刺激が強いです。

そのため、とりあえずでヨガダイエットを始めてしまうと、胃が気持ち悪い状態になり、運動を継続することが困難になります。また、ヨガにはエネルギーを循環させる力もあるので、栄養がエネルギーに置き換わりやすい食前を狙って、ヨガダイエットを行うようにしたほうが、より効率的にダイエット効果を得られるようになるのです。

副交感神経にも良い!ヨガダイエットで肉体、精神を改善する

近年では、以下のような目的でヨガダイエットを始める人も増えてきました。

  • 副交感神経を優位にする
  • ヨガの呼吸法を習得する

副交感神経というのは、本来であれば交感神経、副交感神経がセットになって機能しているのですが、近年では、学業、仕事の影響で夜中遅くまで起きている人が増えてきました。すると、交感神経優位になりやすく、交感神経優位の場合は血の巡りが良くなるのですが、神経が疲れやすい状況を繰り返すことも多くなってしまうのです。

このような状態を改善する場合は、ヨガダイエットのような呼吸法を習得することが大事です。

呼吸法を習得すると、交感神経優位の問題を軽減できますし、夜中になると、自然と副交感神経が優位になるようになります。するとリラックスしやすくなり、自然な眠気を得られるようになるため、睡眠の質が向上するようになるのです。

睡眠の質が向上するようになると、以下のような恩恵を得られるため、ヨガダイエットの人気が少しずつ高まるようになりました。

  • 基礎代謝量アップにつながる
  • お通じが正常になる

人の体はストレスが溜まると疲れやすくなるだけでなく、実は体が冷えやすい状態にもなるのです。これでは上手に体内に蓄積しているエネルギーを使えなくなり、男性らしいスタイルを維持することが困難になることもあります。

体が冷えやすい状態では、お通じの問題を抱えることが多くなり、これが元になって太りやすい体質になってしまう人も増えてきました。ヨガダイエットの場合、室内のみで運動を終えることができるため、運動している際の姿を他人に見られる心配が小さいというのも、ヨガダイエットが男性に受けている理由です。

室内、室外でもOK!体がシュッとなる縄跳びダイエット

縄跳びというと古臭い運動方法に感じる人もいますが、プロボクサーなど、厳しいダイエットに取り組まないといけない人ほど、体重減少のために縄跳びを取り入れています。

縄跳びダイエットには以下のような効果があるため、今では男女に関係なく、縄跳びダイエットでスリムボディを獲得している人が増えてきました。

  • 二の腕が引き締まる
  • ホルモンバランスが改善する

縄跳びダイエットで必要なものは縄跳び、後は運動用の服装、靴です。

縄跳びダイエットを実際に行ってみるとわかりますが、手にかかる負荷がかなり強いです。しかも、腕力も駆使して縄跳びをしないと、高度な縄跳びテクニックを習得できないため、縄跳びダイエットにはやりがいもあるという声が増えてきました。

二の腕を酷使することが多いので、最近になって肌、筋肉のたるみが目立つようになってきたという人は、このような男性におすすめのダイエットを始めてみるのも良いでしょう。

ただし縄跳びダイエットを始める際は、家の前の人通りの少ない道路を探っておき、こちらで運動を開始するか、もしくは、近所の公園、空き地など、人の迷惑にならない場所で運動を始めたほうが良いです。縄跳びダイエットは想像以上に音が出ますので、長時間の運動を避けるようにして、10~30分を目安にして運動を行うと良いでしょう。

縄跳びダイエットは、男性におすすめのダイエットと言われているのですが、その理由は、ジャンプするなどして足に衝撃を与える運動だからです。

男性は加齢によってホルモンバランスに問題が生じるようになるのですが、ホルモンバランスは運動による刺激で改善することが多いです。特に足は繊細にできているため、ホルモンバランス改善の目的で、縄跳びダイエットを始める男性も増えてきました。

安いものはダメ!?男性におすすめの縄跳びの選び方は?

もし、本気で縄跳びダイエットをされる予定なのであれば、1000円以上の縄跳びを購入するようにしましょう。

その理由ですが、安物の縄跳びには以下のようなデメリットがあるからです。

  • 中心部分が脆い
  • 重さがない、もしくは重量に対する種類が少ない
  • 縄跳び時の音が良くない

どのようなダイエットでも、期間にして30~90日間でダイエット効果が出ることが多いため、長く使用できる丈夫な縄跳びを購入するようにしましょう。

探そうと思えば、100円ショップでも縄跳びを購入することは可能です。しかしこのような縄跳びはグリップ、縄部分ともに壊れやすい性質があるため、おすすめすることが難しいという特徴があります。

男性の場合、すぐに筋肉増強に成功するケースもあるので、丈夫な縄跳びのほうが男性におすすめの縄跳びとなるでしょう。安物の縄跳びでは音が良くないので、縄跳びテクニックを習得した際の爽快感が弱まります。

このようなデメリットもあるので、安物の縄跳びは、あまりおすすめすることができません。

姿勢が良くなる!自転車ダイエットの基礎知識、注意点

学業、仕事の都合で、イスに座っていることが多いという場合は、自転車ダイエットで姿勢を良くしたほうが良いかもしれません。

自転車はママチャリ自転車よりも、スポーツ自転車のほうが良いです。その理由ですが、スポーツ自転車には以下のような性質があるため、自然と体力、姿勢が良くなるからです。

  • 前傾姿勢を維持する必要がある
  • スピードが出るため爽快感がある

ママチャリ自転車の場合、上り坂で多くの体力を奪われることが多いだけでなく、カゴが大きいので、スポーツ自転車に比べて速度が出ない、バランスが悪いという問題を抱えています。

スポーツ自転車は高いというイメージもありますが、実際は5~10万円で売られているものが増えているので、ママチャリ自転車よりも性能の良い自転車を求めた場合、少しだけ高いスポーツ自転車を購入したほうが、自転車ダイエット中のストレスを減らすことが可能です。また、スポーツ自転車は前傾姿勢を維持することが簡単なので、スピード感を堪能できる数少ない自転車モデルです。

このような要素もあるので、自転車ダイエットではスポーツ自転車が推奨されやすくなっています。

ちなみに、ママチャリ自転車であっても、時間にして30分前後の運動量で、ランニング並みのカロリー量を消費することが可能です。なので、ママチャリ自転車でダイエットをされる場合は、わざと遠くまで移動するようにして、自転車に乗っている時間を増やすと良いでしょう。

すでに、マウンテンバイク、クロスバイクといった、ロードバイクと呼ばれるものを所持しているのであれば、こちらで自転車ダイエットをされても問題ありません。

これらの自転車に乗っていると、上体を伸ばして運動することが多くなり、自然と猫背を矯正できる、新陳代謝アップにつながることが多くなります。学業、仕事の影響で体重が増えたという人の場合、姿勢が良くないので代謝量が減ってしまった、こちらによって太っている可能性もあるため、自転車に乗るだけのダイエットでも、効果的に痩せることが可能となるのです。

男性におすすめ!日常的に痩せられるダイエット方法でもある

もし、自転車ダイエットを継続することが困難な場合、通勤、買い物のために自転車を用いると良いでしょう。

このようなダイエットは男性だけにおすすめなのではなく、女性であっても、良質なダイエット効果を得られるようになっています。

というのも、自転車を良く漕ぐことによって、姿勢が良くなるだけでなく、肺活量が上がる、全身の運動量が改善されるといった、良い効果を得られるからです。また、ペダルを漕ぐ際は足を良く動かさないといけません。

このような時には血流量が改善されやすくなり、これによって脂肪燃焼効果を得やすくなるのです。

ただし、自転車に乗る際はチェーン、ハンドル、ブレーキ、ペダルなどを確認してから、自転車ダイエットを行ったほうが良いでしょう。余裕があれば、自転車修理屋も調べておき、何かあった時に素早く駆け込める、このような状態もキープしたほうが無難です。

その他の注意点として、革靴など滑りやすい靴は履かないようにしましょう。このような格好で運動をしていたため、自転車ダイエットで怪我をする、事故を起こすという人もいます。

また、大量の発汗を伴うことが多い運動でもあるので、男女に関係なく、汗ふきタオルも用意してから、自転車ダイエットを開始するようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.