ダイエットで背中の肉を落とそう!不要な贅肉は体調不良の原因に

背中の肉はそのままにしておくと体に悪影響を与えてしまうことを知っているでしょうか。背中に付いた肉は確認しづらく気が付いたら付いていたということも少なくありません。

そのため普段からよく肩こりや首のこり、お腹が出てしまう人は背中の肉が原因の可能性もあります。背中の肉もダイエットで落とすことができるため、ダイエット方法を紹介していきます。

またなぜ背中に肉が付いてしまうのか?ダイエットをするとどんな効果が得られるのか?知っておけば太らないように対処できますし、ダイエット長続きのコツにもなります。背中の肉のダイエットをする前に読んでみてください。

気づいたら背中に肉が!?ダイエットで脂肪を落とそう

背中にも肉がついてしまい、太く見えてしまうことがあります。日頃から背中を見る機会は少ないため、きづいたら背中の肉がつまめるまでついてしまうということもあります。

一度ついてしまった脂肪を落とすことは大変ですが、努力することで背中の肉も落とすことができます。まずは自分の背中を確認してみて、脂肪が付いていないのか確認してみてはどうでしょうか。

背中に脂肪が付いてしまうことにも原因があるため、ダイエットをする前に知っておいて損はありません。

背中の肉はなぜついてしまうのか?

背中の肉がついてしまう原因を考えたことはあるでしょうか。知っておくと、対策もできるため背中に肉を付けにくくすることもできるため知っておきましょう。

  • 加齢
  • 姿勢
  • 運動不足

背中の肉がついてしまう原因としては主に上記の3種類です。歳を重ねていくとだんだん体の代謝も低下してしまい、脂肪が付きやすくなってしまいます。それにより背中の肉もついてしまうため、代謝を上げるなどの対処が必要となります。

姿勢が悪いと太る原因になると良く言われますが、背中の肉がついてしまう原因にもなります。特に背中を丸めた状態の猫背の姿勢をよく取る人は背中の肉が付きやすくなってしまいます。

パソコンやスマホを使う機会が多いですが、パソコンやスマホを使う時に無意識に猫背になってしまうこともあります。それにより背中の肉がついてしまうため、よくパソコンやスマホを使う人は姿勢には注意してください。

背中の肉だけではありませんが、運動不足や不規則な生活をしていると筋力も低下してしまいますし、代謝もどんどん下がってしまいます。簡単なストレッチをするだけでも背中の肉を付けにくくなるため、簡単に体を動かすようにしましょう。

女性ならではの原因になりますが、ブラジャーの使いすぎも背中の肉がついてしまう原因となります。ブラジャーを付けると肉が背中に移動してしまい、背中に無駄な肉がついてしまいます。

原因を知っていれば痩せるに役立つため、背中の肉を落としたい人は、まず背中に肉がついてしまった原因を探ってみてはどうでしょうか。

無理をせずに背中の肉のダイエット!体を壊さないようにしよう

背中の肉を落とす方法はいくつかあります。ダイエットというと激しい運動をした方が効果的であるというイメージが強いですが、激しい運動しなくても背中の肉を落とすことは可能です。

激しい運動でのダイエットだと長続きせずに、リバウンドなどさらに状況が悪化してしまうこともあるため注意が必要です。背中の肉を落とすのであれば、まず簡単な動きでダイエットをしてみてはどうでしょうか。

手軽な方法としてはまず「肩回し」が挙げられます。名前から何となくわかると思いますが、肩を回すだけで簡単にできるダイエット方法です。具体的な方法としては右手で左肩を持ち、左手は軽く肩に添えましょう。その状態から肩甲骨を意識して肩を回してみましょう。

回数は10回ほどを行い、10回行ったら逆の方も回します。朝、昼、晩に1セットを行うことでダイエット効果に期待できます。すぐに終わりますし、辛くないダイエット方法となっているため、女性の人でもおすすめです。

簡単な筋トレやストレッチも背中の肉のダイエットに効果的

背中の肉のダイエットは簡単な筋トレやストレッチでも行えます。

筋トレであるならば、イメージしやすいのは「背筋運動」です。うつ伏せ状態になり、その状態から上半身を起こすことで、背中の筋肉が鍛えられます。

脂肪燃焼にもつながりますし、適度に筋肉も付くためたるみの改善にもなります。あまり上半身を起こしすぎると体を壊してしまうこともあるため、体を壊さずに適度に体に負荷がかかるように背筋運動をしてみてください。

タオルを使ったストレッチで背中に肉のダイエットをする方法もあります。こちらの方法もとても簡単なため女性の人でも行いやすいダイエット方法です。このダイエットは立ったまま行うもので、まずは両足を肩幅に開いて立ちましょう。その状態で左右の手でタオルの両端を持ち、頭の上まで持ち上げます。

その状態から肘を引き、体の後ろに手を下ろすようにします。そして息を吸いながらタオルを上に持ち上げるという方法が、タオルを使ったダイエット方法です。

10回ほど繰り返し行うことでダイエット効果に期待できるため試してみてはどうでしょうか。

姿勢を正すだけで背中の肉を落とすことができる!?

背中に肉がついてしまう原因には姿勢も大きくかかわってきます。

猫背になりやすい人は注意が必要です。猫背が習慣になっている人は背中の筋肉が低下してしまい、脂肪が付きやすい状態になっています。

そんな人は猫背を治すだけでも、背中の肉の改善につながるため、正しい姿勢を維持するように心がけてみてはどうでしょうか。正しい姿勢としては息を吸ってお腹を引っ込める意識をし、内臓を持ち上げるようにイメージしてみましょう。

肩は下に押し下げるようにし首は後ろを伸ばすようにイメージします。ヒップは力を入れてその状態を保ちましょう。歩くとこの姿勢は崩れやすいですが、できれば歩くときにもこのイメージで姿勢を保つようにしましょう。

正しい姿勢になれないと最初は負担がかかりますが、姿勢を正すだけでも背中の肉に効果的なため、普段の生活の中でも意識してみてください。

背中の肉のダイエットは過剰にしない方が効率的

ダイエットというと毎日筋トレや、運動をするイメージがあります。毎日体を動かした方が確かに健康的ですが、背中の肉を落とすのであれば効果的とは言えません。毎日同じ筋トレばかりしていると、筋肉が衰えてしまうことがあります。

筋肉が衰えてしまうと、逆に脂肪が付きやすくなってしまい背中に肉がつきやすくなってしまいます。そのため、背中の肉を落とすための筋トレは毎日行うのではなく、何日か置きに行うことをおすすめします。

1日または2日空けてダイエットをすると効果的にダイエットすることができます。1週間に2回から3回筋トレをすれば、十分背中の肉のダイエットに効果があるため、目安として筋トレは1週間に2~3回と考えましょう。

背中の肉を落とすための筋トレは体への負担にならないように

背中の肉を落とすために、背筋運動をすることは少なくありません。

あまり過剰に背筋運動をしてしまうと、上半身をそらしすぎて腰への負担となってしまいます。

その結果、腰痛になってしまうこともあるため注意が必要です。腰痛になってしまえばダイエットの継続も難しくなり、効率的に痩せることはできませんし、普段の生活にも苦労することになります。

例えば仕事ができなくなってしまったり、腰の痛みで寝られなくなってしまったり、体に悪影響を与えます。また腰をかばって姿勢が悪くなると、背中の肉が付きやすくなってしまうため、腰痛にならないようにする必要があります。

先ほども紹介した通り、筋トレは1週間に2~3回で問題ないため、無理のない範囲でダイエットを行うようにしましょう。もしも腰に違和感を感じたら、ダイエットは中止して、医師に相談してもいいですし、痛みが引いたのちにダイエットを継続してみてください。

背中の肉の悪影響といい影響!ダイエットで実感しよう

背中の肉は付きすぎていた場合は体に悪影響を与えてしまい、逆に背中の肉を落とすことができれば体に良い影響を与えてくれます。

では背中の肉の有無でどのような効果があるのか紹介していきます。まず悪影響ですが、背中に肉が付いている状態は見た目が悪くなってしまいます。老けて見えてしまうこともありますし、太って見えてしまうため女性には致命的な問題点と言っても良いでしょう。

背中に肉が付いているとお腹が出てしまうというデメリットもあります。ポッコリお腹の原因となってしまいますし、脂肪も体に付きやすくなってしまうため良いことはありません。さらにお尻も垂れてきてしまうこともあり女性の人は注意が必要です。

背中の肉は腰痛の原因にもつながってしまいます。特に何もしていないのに腰が痛いという人はいないでしょうか。それは背中の肉が原因となっている可能性もあるため、腰が痛いと感じる人は背中の肉のダイエットをしてみてはどうでしょうか。

背中に肉がついてしまう場合、姿勢が悪いことが原因である場合が多いです。姿勢が悪いと背中の肉が付きやすいことはもちろん、腹回りの肉が付きやすくなったり、肩こりや首の凝りの原因にもなったりします。

背中の肉は過剰についていて良いことはないため、背中の肉を確認して脂肪が付いているようであればダイエットすることをおすすめします。

背中の肉を落とすと体に良い影響を与える!ダイエットの目標にしよう

背中の肉を落とすと体に良い影響を与えてくれるため、ダイエットのモチベーションのために知っておいて損はありません。良い効果はいくつかあるため確認していきましょう。

  • 見た目が若返る
  • ポッコリお腹の解消
  • ヒップラインが上がる
  • 腰痛の改善
  • 肩こり・首のこりの改善
  • 脂肪燃焼効果があがる

このように主に6つの効果に期待できます。見た目が若返るというのは、背中の肉が落ちると姿勢もよくなり、若く見えるようになります。ポッコリお腹やお腹周りの肉も解消されるため、太っているというイメージも解消することができます。

ヒップラインが上がることで、ヒップのたるみも解消できます。背中の肉を落とすと腰痛の改善にもつながるため、普段から腰痛を感じている人は腰痛が改善される可能性もあります。

肩こりや首のこりも解消されるため、日ごろから肩こりなどで悩んでいる人にはうれしい効果なのではないでしょうか。最後に背中の肉を落とすために、筋肉を付ければそれだけ代謝が上がることになるため、脂肪の燃焼効果が上がります。

同時に痩せにくい体にもなるため、リバウンドの可能性も減ります。このように背中の肉を解消するだけで体に良い影響は与えるため、ダイエット時に思い出してみてください。

背中の肉は放置せずダイエットで解消しておこう!

背中の肉は知らずのうちについてしまっていることも多いため、何日かに1度は確認してみてください。

背中の肉が付いていると外見的見た目がふけてみえてしまいますし、体に悪影響を与えてしまうこともあるため放置はよくありません。

背中の肉は筋トレや運動、マッサージで落とすことができるため試してみてはどうでしょうか。筋トレだけでのダイエットだと効果が出にくいこともあるため、筋トレや運動、マッサージを一緒に行うと効果的にダイエットを行えます。

背中の肉を解消できれば、太りにくい体を作ることもできますし、外見的な見た目を若くすることができます。腰痛や肩こりなどの体の不調も解消できるため、ダイエットが続けられるように目標としておくと良いでしょう。

自宅で簡単にできるダイエット方法もあるため、始めようと思えばすぐに背中の肉のダイエットを始めることができます。簡単に行えるダイエット方法も多いため、まずは簡単なダイエット方法から始めてみてください。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.