生理の時に食べるといいものは?女性ホルモンを整える食事ダイエット

生理の時はお腹が痛くなったり、精神的に不安定になったり何かと大変です。アイスクリームやスナック菓子など普段避けているものをやたらと食べたくなることもあります。

生理中はホルモンバランスが崩れ、普段食べないものでも突如食べたくなるのも珍しいことではありません。気にしすぎると逆にストレスになってしまうかもしれません。

生理中に食べるといいもの、悪いものを調べてみました。不快な生理を少しでも快適に過ごすための参考にしてくださいね!

生理の時に積極的に食べるといいものとは

体がだるくてどうしても簡単なもので済ましてしまいがちですが、栄養のバランスのとれた食事をするように心がけましょう。ふだんから、作り置きをしておくと温めるだけでいいので楽ですよ。

ビタミンB群

ビタミンB群にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチンの8種類があります。

食べたものをエネルギーに返還する際に必要な栄養素です。

ビタミンB群は単独で働く栄養ではなく、ほかの栄養分と協力して初めて効果があらわれます。ビタミンB12は動物性食品にしか含まれていません。ダイエット中でも肉、魚は必要です。

魚介類、レバー、卵、海草、緑黄色野菜などビタミンBを含む食品は種類が多岐にわたるので、普段からいろいろな食品を摂るようにこころがけましょう。

ビタミンC

ブロッコリーやゴーヤ、菜の花、キウイフルーツ、いちご、オレンジなどは、ストレスに対抗するホルモンを作る上で欠かせないビタミンを豊富に含んでいます。イライラや肌荒れの改善にも効果があります。

亜鉛

ビタミンB6と一緒にとると、ホルモンを活性化させる働きがあります。貝類、赤身の肉、レバーなどに多く含まれています。 

カリウム

生理のときは血行が悪くなり、むくみがひどくなります。カリウムには、余分な水分を体外に排出する働きがあります。

ほうれん草、バナナ、りんご、じゃがいも、里芋にはカリウムが豊富にふくまれているので、積極的に食べるようにしましょう。

カルシウム・マグネシウム

整理中は生理痛もあって、いらいらしたり気分が落ち込んだりします。こうした症状を解消するには、カルシウム、マグネシウムを積極的にとりましょう。カルシウムは牛乳や乳製品からとりましょう。マグネシウムは大豆製品や緑の野菜に多く含まれています。

ただし、乳製品は取りすぎると体質によっては生理通を悪化させる可能性があります。

量はほどほどにしてください。

生理中に食べないほうがいいものとは?インスタント食品はNG!

動くのが億劫な時期で、つい簡単なものですましてしまいますが気をつけないと生理痛やむくみを増長してしまうこともあります。

体を冷やす食べ物

アイスクリームや冷たい飲み物の摂りすぎは、血行が悪くなり整理痛の原因になります。なるべくあたたかい飲み物や食べ物を摂るようにしましょう。

糖類の多い食べ物

整理中はどうしてもケーキやクッキーのような甘いくたべごたえのあるものが食べたくなります。

しかし、整理中に甘いものを大量に食べるとホルモンバランスが崩れて、生理痛がひどくなる可能性もあります。

どうしても食べたいときだけ、ほどほどにしましょう。 

インスタント食品・スナック菓子などのジャンクフード

添加物の影響で血流が悪くなり、整理通やむくみがひどくなることがあります。食品添加物がふくまれている物もあり、寝つきが悪くなるなどの症状がでることもあります。また、塩分も多いのでむくみがひどくなります

 整理中でなくても極力たべるのはやめましょう。

アルコール類

アルコールをは血流が促進され経血量が増えるので、貧血を起こすことがあります。

付き合いなどで飲まなければいけない場合は、少量にとどめましょう。

生理中に食べていいのか悪いのか?グレーゾーンな食品もある!

一般的に、カフェインは血流を悪くするので生理中は摂らないほうがいいとされています。しかし、アメリカの研究ではカフェインは生理中の無気力を軽減したり、生理通を和らげてくれるとの報告があります。

気分転換にコーヒーやココアを適量楽しむ分には生理中でも問題なさそうです。自分の体調と相談しながら飲むようにしましょう。

我慢しすぎもNG!食べる回数なども工夫してつらい生理を乗り切ろう

甘いものやジャンクフードの食べすぎは良くありませんが、我慢しすぎも余計にイライラしてストレスになってしまいます。

きっちり3食だと空腹の時間が長くなり、それもイライラの種になります。適切なカロリーであれば、食事を1日5~6回に分けてこまめに食べるようにすると、極端な空腹を感じることなく、ドカ食いを防ぐこともできます。

自分に合った食べ方をみつけて、つらい生理を乗り切れるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.