水分の取り方がダイエットに影響を与える!?喉が渇く前に水分補給

「水分」もダイエットに関係していることを知っていますか?水分の取り方でダイエットが成功する場合もあれば、失敗してしまうこともあります。

では水分がどのようにダイエットに関わってくるのか?水分を取らず喉が渇いてしまうとどのような状態になってしまうのか紹介していきます。またダイエット中の正しい水分の取り方も知っておきましょう。

意識してみよう!正しい水分の取り方はダイエットの助けに

普段何気なく行っている水分の摂取ですが、水分の取り方によりダイエットつながることもあります。

正しい水分の取り方をすることでダイエットに繋げることもできるため、ダイエット中の水分は正しい方法で取るようにしましょう。

一日の水分量はその人の体重に左右され、目安としては体重の4%と考えておきましょう。体重40キロの人なら一日に1.6リットル、50キロの人なら2リットルが目安となります。水を飲むタイミングは自分で喉が渇いたというタイミングで問題ありませんが、以下のタイミングがベストです。

  • 起床後
  • 食事中
  • 運動前後
  • 入浴前後
  • 就寝前
なぜ水分の取り方でダイエットの成否にかかわるのか?例えば食事中に水を飲むことで満腹感を得ることができ、食事の量が少なくても満腹感を得られます。食べる量を減らすことができ、摂取カロリーも減るためダイエットに繋げることができます。

水分はなんとなく取っていることも多いですが、ダイエットをするのであれば意識して水分を取ってみてはどうでしょうか。

ダイエット中に水分を取るなら適した飲み物を飲もう

正しい水分の取り方をダイエットに取り入れるのであれば、ダイエット中に飲むものも意識してみましょう。ジュースやお酒といったものは太る原因となってしまうため、ダイエット中は避けましょう。

ダイエット時に飲むのであれば「水」もしくは「お茶」がオススメです。

水とお茶はノンカロリーであるためカロリーを気にする必要もないためダイエットに向いています。ただ水のみだと飲みづらいという人も中にはいるのではないでしょうか。

水が飲みづらいという人は水に「レモン」や「オレンジ」といったものを輪切りに入れると飲みやすくなります。水を飲む場合は、冷やした水を飲む人もいますがダイエット中に冷やした水はオススメできません。

冷やした水を飲むと体が冷えてしまい代謝も下がってしまうためダイエットが非効率になってしまいます。水はできるだけ冷やさずに、常温のまま飲むようにしましょう。

お茶を飲む時にも注意が必要で、お茶を飲む時にはできるだけカフェインが入っていないものを選ぶようにしましょう。カフェインが入っていると利尿作用により水分を補給したことにならないためカフェイン入りなのかよく確認するようにしましょう。

正しい水分の取り方は体に良い影響がある!ダイエットにも期待できる

正しい水分の取り方は体に良い影響を与えることもあります。体が健康になりますし、ダイエット効果にも期待できるため、水分の取り方は正しく行うようにしましょう。

  • 代謝の向上
  • 便秘解消
  • 血液がキレイになる
  • むくみ解消

水を飲むことで血流が良くなるため、体内の老廃物をスムーズに排出することができます。血流が良くなると代謝も上がりますし、体の体温の上昇効果に期待することができます。代謝が良くなると、体を動かしたときに脂肪が燃焼しやすくなり痩せやすくなります。

老廃物を排出しやすくなると吹き出物などもできにくくなるため、肌トラブルの予防効果にも期待することができます。水分を取ることで痩せるだけではなく、肌をきれいにすることもできるため、女性の人は水分をこまめに取るようにしましょう。

太る原因になる便秘やむくみ!水分を取ることで解消できる

女性の人が悩んでいることが多い便秘やむくみは水分を取ることで解消することができます。便秘の原因は食物繊維が不足も考えられますが、水分不足が原因となることもあります。

便秘になってしまうと腸内の環境が悪くなり、腸内に不要な物が溜ってしまいます。それが太る原因となってしまいますし、下腹が出てしまう「ぽっこり」も解消することができます。

ただ水分を取って便秘を解消しても、それは一時的な物である場合が多いため根本的な解消するのであれば食物繊維やミネラルなどの摂取も忘れずに行いましょう。

水を飲み過ぎてしまうとむくみの原因となることもありますが、水分の取り方によってはむくみの解消に期待することができます。むくみの原因は「塩分過多」である場合が多く、水を飲まないと濃度が上がってしまいむくみとなります。

水分を取り排尿することで塩分の濃度を下げるとむくみの解消に期待することができます。むくみをそのままにしておくと太りやすくなってしまいダイエット時の邪魔となってしまいます。

むくみの原因はさまざまあるため水分を取ったからと言って解消しないこともありますが、水分不足が原因でむくみにならないようにこまめに摂取するようにしましょう。

ダイエット時は水分をこまめに取ろう!水分不足は太る原因に

水分が不足してしまうと体に悪影響を与え太りやすくなってしまうため、ダイエット時に水分不足を起こさないようにしましょう。

では水分が不足してしまうとどのような影響があるのか紹介していきます。

  • 痩せにくい
  • 肌トラブル
  • 便秘
  • むくみ

水分が不足してしまうと血流が悪くなり血液もドロドロになってしまいます。それにより病気になってしまうこともありますし、代謝が上がらずに痩せにくい体となってしまいます。

水分が不足してしまうと便秘やむくみになることもあり、脂肪をため込みやすくなってしまいます。そのままにしておくとセルライトが付きやすくなってしまい、ダイエットで痩せるのが大変になってしまいます。

ダイエット時に肌トラブルが起きることも多く、その肌トラブルは水分不足が原因である場合もあります。水分が不足してしまうと吹き出物ができやすくなってしまうため、キレイに痩せたい人は水分補給を忘れずに行ってください。

水分を過剰に飲み過ぎてしまうと水中毒になる!

水分不足にならないように、水を飲み過ぎてしまうと今度は飲み過ぎにより体に悪影響を与えてしまいます。

水を飲み過ぎてしまうと「水中毒」という症状が出てしまいます。

この症状は水分の摂取量が腎臓の利尿機能を上回ってしまう時に起きる症状で、血液中のナトリウム濃度が低下してしまいます。ナトリウム濃度が低下してしまうと疲労や頭痛といった症状が出てしまいます。

症状が悪くなりすぎると呼吸困難になることもあり、命の危機の可能性もあるため侮ってはいけません。水分は不足してはいけませんが、逆に飲み過ぎても体に良くないため飲み過ぎには注意するようにしましょう。

水分の取り方が正しくてもそれだけでダイエットはできない

水分の取り方が正しければダイエットに繋げることはできますが、それだけで成功するわけではありません。水分を取るだけで痩せる事ができると考えている人は、その考えを改める必要があります。

本当に痩せたいのであれば水分を取るだけではなく、食事制限と運動も一緒に行う必要があります。

正しく水を取り食事制限や運動をすることで、水分がダイエットをサポートしてくれるため、水分だけで痩せられるとは思わないようにしましょう。

正しく水分を取り食事制限も行ってダイエットしよう

水分を取るだけで痩せる事はできないため、ダイエットをするのであれば食事制限も同時に行いましょう。食事制限という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

食事制限というのは普段の食事の量を減らして行うダイエットです。食事をどれだけ減らすのか、それはダイエットをする人の自由ですが食事を制限しすぎもよくありません。食事制限を始めるのであれば、始めは少量の食事制限から始めてみてはどうでしょうか。

食事を少し減らすだけでいいため苦痛も感じにくいため初心者の人にはオススメです。食事制限をする時には品数を減らすのではなく1つの料理の量を減らすようにしましょう。

例えば食事で肉料理が出たとします。その肉料理を丸ごと食べないという制限はやめて、その肉料理を半分だけ食べるといったように料理の量を減らすようにしましょう。なぜか?といいますと品数を減らしてしまうと栄養が偏ってしまうからです。

栄養が偏ってしまうと栄養失調によりめまいやだるさ、便秘などといった体調不良になってしまうことがあります。また代謝が低下してしまい太りやすくなってしまうこともあるため、ダイエット前よりも太ってしまうことも少なくありません。

食事制限では食事の抜き過ぎもよくありません。食事の量が少なすぎてしまうと空腹を頻繁に感じるようになりストレスの原因になり挫折の原因となってしまう可能性も高まります。食事制限はあまり食事を減らし過ぎずに行うことが成功の肝であるため、あまり食事を減らし過ぎないようにしましょう。

運動と筋トレも取り入れよう!ダイエットで痩せるには欠かせない

人の日常の中で行動するとエネルギーを消費し脂肪を燃焼させていますが、それだけで痩せる事はあまり効率的とは言えません。食事によってはエネルギーを消費できずに太る原因となるため、体を動かして脂肪を燃焼させる必要があります。

運動をすることでエネルギーを消費することができるため、ダイエットには欠かせません。特に有酸素運動が効果的でジョギング・ウォーキング・水泳・サイクリング・縄跳びなどがダイエットに効果的と言われています。

体を動かすことで代謝の向上効果にも期待できるため、脂肪を燃焼しやすい体質づくりに貢献してくれます。効率よく痩せるために運動はオススメなため、なかなか痩せないという人はダイエットに運動も取り入れてみましょう。

ダイエットをしていると筋肉が衰えてしまうことがあり、筋肉が衰えてしまうと脂肪が付きやすくなってしまいます。よく食事制限をしているのみ痩せない…と聞きますが、それは筋肉の衰えが原因である場合が多いです。

筋トレをしてダイエット中に筋肉を維持することがダイエットの成功の為に必要なため筋トレも一緒に行いましょう。筋トレは屋内でもできる腹筋や腕立て伏せ、スクワットといった筋トレでも効果があるため、時間がある時に行ってみると良いでしょう。

体を動かす前と動かした後は必ず水分を取るようにしましょう。

水分の取り方を間違えないで!正しい方法でダイエットに繋げよう

水分の取り方が正しければダイエットに繋げることができ、痩せやすい体質を作ることができます。水分が不足してしまうと便秘やむくみ、熱中症といった不調を起こすことがあります。

「喉が渇いた」と感じる前に水分を補給して水分不足にならないようにしましょう。

不調を起こしてしまうとダイエットに手が付けられなくなり、ダイエットを続けていくことが困難になってしまいます。不調を起こさないように、水分はこまめに摂取するようにし水分不足にならないようにしましょう。

水分は朝起きた後、食事中、運動の前後、入浴前後、寝る前が水分を取るベストタイミングです。水分の量は自分の体重の4%が目安なため計算はちょっと面倒くさいですが、計算して飲むようにしましょう。

水分の取り方によりダイエットに繋げることができますが、水分を取るだけで痩せる事はできません。痩せるのであれば食事をカロリー計算したものにし、適度に体を動かす必要があります。

水分を取るだけで簡単に痩せられると言われることもありますが、水分だけで痩せる事はほぼ不可能であるため誤った情報には注意してください。水分を摂取する場合はできるだけノンカロリーの飲み物を飲むようにしましょう。

ダイエット時にオススメの飲み物は水とお茶です。お茶を飲む場合はカフェインが含まれていないものを飲むようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.