聴くだけでもダイエット?!音楽がもたらすダイエット効果

皆さんは音楽は好きですか?音楽には様々なジャンルがあり、その時々の気分で聴きたい音楽は違います。

もし、大好きな音楽でダイエットできれば、きっと辛いダイエットも楽しく感じられるはずです。

今回は、その音楽でダイエットをしようと言うお話しです。音楽は精神的にも、また身体的にも様々な影響を及ぼします。その効果を利用するわけです。

聴きながら行うと効果が上がるダイエット方法もありますから、併用するのもお勧めです。音楽を聴きながら、楽しくダイエットしていきましょう。

聴くだけでも凄い!音楽の力

そもそも音楽はどのような効果をもたらすのでしょうか。嬉しい時は楽しくてさわやかな曲、悲しい時はテンポがゆっくりな静かな曲を聴くとその気分に浸りますよね。実は、心だけではなく身体にも影響を及ぼします。

体への良い影響でダイエット効率アップ

音楽を聴くと、ストレスが軽減されたり、リラックスして心が安定したりします。そのような効果を期待して気分転換に聴く人も多いでしょう。

音楽がなぜメンタル面に影響するかと言うと、音楽を聴くことでセロトニンと言う幸せホルモンといわれている脳内物質がたくさん分泌され、脳がリラックス状態になるからです。

セロトニンが分泌されると自律神経が整い、体調が良くなります。自律神経が乱れると、代謝の悪い太りやすい体になってしまいます。

自律神経が整ってくると食欲を抑えたり、満腹感を得られやすくなると言う効果が期待できるのです。

もう一つ注目すべき物質があります。ドーパミンです。ドーパミンはイライラを抑え、集中力を高める効果があります。この物質が多く分泌されることによって、やる気が持続しダイエットの辛さも軽減されるわけです。

ダイエットにストレスは厳禁です。ストレスはやる気と集中力を奪ってしまいます。音楽を聴くことによってストレスを軽減し、やる気と集中力を持続させ、ダイエット効果を高めることができます。

また、音楽を聴いていると一種の興奮状態になりやすくなりますので、心拍数が上がり血流が良くなります。体温も上がりますから、代謝アップも期待できます。

ダイエット方法で音楽を選んでみよう

一口に音楽と言っても、様々なジャンルがあり好みもあります。好きな音楽を選んで聴くのも良いですが、どのような場合にどのような音楽を聴くと効果的なのか、と言うことを考えて選曲してみても良いと思います。

食事中はスローテンポの曲で

皆さんも経験があると思いますが、アップテンポの曲を聴きながら歩いたりすると、自然と早歩きになったりします。つまり、アップテンポの曲を聴きながら食事をすると、早食いになったり食べ過ぎたりする可能性があるのです。

満腹中枢から脳へ「お腹がいっぱいになった」と言う指令が来るのは、食後30分ほどしてからになると言われています。

早食いになると、その指令が届く前にたくさん食べてしまうため、食べ過ぎの状態になってしまうのです。

食事をする際は、スローテンポの曲で、ゆっくり良く噛んで食事を摂ると効果的です。

運動系ダイエットならアップテンポの曲がお勧め

最近は手軽に音楽を持ち運べる環境があるので、音楽を聴きながらジョギングやヨガなどの運動をしている人も多いと思います。

音楽を聴きながら運動すると、音楽に合わせて体をリズム良く動かすことができます。そのため、呼吸や心拍数が一定になり、運動を持続的に行いやすくなります。

呼吸や心拍数が不安定だと、運動が嫌になったり、疲れやすくなり体に負担がかかり、運動時間が短くなってしまいます。

脂肪燃焼が始まるのは、運動を30分以上経ってからですから、長く続けなければ脂肪は燃えずカロリーも消費しません。

音楽を聴きながら運動すると、ハードな運動でも疲れにくく運動が楽しいと思えるようになりますから、運動時間も長くなりカロリー消費量も高まると言うわけです。

折角なら、運動効率を上げるアップテンポの曲を聴きながらダイエット効果を高めましょう。

朝はアップテンポの曲で自律神経を目覚めさせよう

自律神経がエネルギーの消費に影響を及ぼしていることは説明しましたが、朝にアップテンポの曲を聴くことによって、眠っていた自律神経を目覚めさせることができます。

朝から活動的になれば、自然とカロリー消費も増えますので、起き抜けに元気になれる曲を聴いてみてください。

究極は「ラジオ体操」

皆さんは小学校の夏休みなどにラジオ体操をしたことがあると思いますが、ラジオ体操は音楽を聴きながらする運動の好例です。

ゆっくりしたテンポのリズミカルな音楽で体操をしますが、ストレッチもできる有酸素運動なので、とても効率が良いのです。

ダイエットのために運動がしたいけど辛いのは嫌だと言う人は、体全体を動かし、身近で簡単なラジオ体操をしてみてはいかがでしょうか。

歌ったり演奏したり楽しみながらダイエット

音楽を聴くと、メンタル面や身体面に様々な効果を及ぼしダイエット効率を上げられることは説明しましたが、歌ったり演奏することによってもダイエット効果が得られます。

演奏して脳に運動させよう

脳は運動している時、食事している時、計算、読書、会話などによって活動している部分が違いますが、楽器を演奏すると脳全体が活性化すると言われています。

脳の活動にもエネルギーが必要です。頭を使うことによって脳を活性化させるので、カロリー消費が期待できるというわけです。

身近に食べても太らない頭脳労働者の人はいませんか?脳は私たちが思っている以上にカロリーを消費します。楽器演奏は音楽が好きで演奏してみたいと言う人にはもってこいのダイエット方法だと思います。

カラオケ歌ってダイエット

皆さんの中にはカラオケが好きで良く歌いに行く人もいると思います。聴くだけではもったいない、どうせなら楽しく歌ってダイエットと言うのはいかがでしょう。

1曲歌うと消費されるカロリーは、歌う曲や歌い方にもよりますが、10~20kcalと言われています。ダイエット目的で歌うのであれば、背筋を伸ばして立って歌うとカロリー消費は上がります。

更に詳しく説明すると、足を少し開き、重心をしっかり安定させることによって横隔膜が動きやすくなり、お腹から声が出やすくなります。

横隔膜を意識して行う呼吸を「腹式呼吸」と言います。腹式呼吸は脂肪燃焼効果の高い有酸素運動です。

歌う時は横隔膜を意識してお腹から声を出してみてください。実際には声はのどから出るのですが、この横隔膜を大きくたくさん動かす腹式呼吸でカロリーは大幅に消費されます。

歌うのは好きな曲を好きなだけ歌えば良いと思います。もし効果を期待するのであれば、ゆっくり歌い上げるようなバラードや演歌がお勧めです。

好きな音楽を聴いて楽しくダイエットしよう

いかがでしたでしょうか。音楽を楽しみながらダイエットすることによって、効率の良いカロリー消費が期待できることはお分かりいただけたと思います。

聞き流すだけでも体に様々な影響を及ぼしますが、食事をしながら、運動しながら聴くことによって食欲を抑えたり運動効率を上げることができます。

また、楽器を演奏したりカラオケなどで歌ったり、およそダイエットとは結びつかないことで、カロリー消費や運動量を増やすこともできます。

聴く音楽は歌詞付きがいいのか、インストゥルメンタルの方がいいのかと悩む人も出てくるかも知れませんが、あまり気にしなくていいと思います。気になるなら歌詞のない曲を選べばいいだけです。

ダイエットが長続きしないという人は、自分の好きな音楽を聴きながら、楽しみながら続けられるダイエットをしていきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.